• このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛専門サロンと脱毛クリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違いは、費用と期間だけではない?!

脱毛サロンとクリニックの違いについて

脱毛サロンとクリニックの違いについて

自己処理をやめて「脱毛」を始めようと思った際に、脱毛サロンやエステでの脱毛と、病院・美容外科・美容皮膚科などの医療脱毛クリニックによる脱毛がありますが、違いが分からずにどちらにしようかと悩む方も多いのではないでしょうか。

多くの脱毛サロンやエステで導入されている光脱毛と、クリニックで導入されているレーザー脱毛は、ともに「メラニンに反応する波長を持つ光を当てることで、毛の皮膚に埋まっている部分に熱変化を起こし脱毛する」という方法ですが、それぞれ脱毛機器の出力、つまり照射パワーに差があります。
ここでは、それぞれの特徴について比較していきましょう。

クリニックと脱毛サロンでの脱毛の特徴

クリニックと脱毛サロンでの脱毛の特徴

クリニックでは、医師によりお手入れが行われます。 医師の管理下でお手入れを行うことによりレーザーの出力を強くでき、短期間で効果を得ることができます。
ただ、パワーが強い分、痛みを感じやすく、肌への負担も大きい傾向にあります。
また、クリニックは医療機関であるため、多くの場合は初診料や投薬代が掛かりますが、万が一の肌トラブル時には、医師が迅速に対応を行ってくれます。

一般的に脱毛サロンやエステでは、エステティシャンによる光脱毛が主流です。
光脱毛は医療レーザーに比べて出力が穏やかなため、肌への負担が少なくなっています。レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて痛みも少ないので、脱毛サロンでのお手入れは、できるだけ肌の痛みや負担を抑えて脱毛したいという人に適しています。クリニックに比べてリーズナブルな料金で脱毛できるのもポイントです。 しかし、出力が低い分、脱毛の効果が出るまでに必要なお手入れの回数は、クリニックより多くなってしまいます。
また、脱毛の悩み相談が行える無料カウンセリングがあるのも脱毛サロンならでは。お手入れ後には美肌や保湿のためのスキンケアも念入りに行われます。肌への負担はもちろん、価格も抑えたい方には脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

Expert Voice

皮膚科ドクター 神島輪

皮膚科ドクター
神島 輪

元々のお肌の色が暗めな方は、メラニンに反応する波長での光脱毛は向かない場合があります。
また眉毛下側の脱毛はデザインに合わせて細かいスポットでの照射が必要になります。これらの場合はクリニックでのレーザー脱毛の方が向いています。
一方、脱毛サロンでの脱毛は痛みが少ないので、麻酔の必要がありません。お手入れ後にもエステティシャンによる美肌や保湿のスキンケアをしっかりしてもらえるのがメリットですね。


Profile

神島 輪
東京女子医科大学卒 業。日本レーザー医学会認定医。 2010年よりレーザー治療専門 の都内美容皮膚科に勤務。
ミュゼのお肌の相談医。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。