鼻下脱毛とは

脱毛と言っても、どこまで脱毛できるのか、どんな施術をするのか、気になることは多いと思います。
ここではいろいろな部位の脱毛について、分かりやすくご案内します。

鼻下脱毛とは

一般的に鼻下脱毛では、縦は鼻のすぐ下から唇の上まで、横は唇の幅と同じくらいの範囲を脱毛します。

鼻下は顔の中でも目立ちやすいうえ、密集した毛が生えやすいので頻繁に処理している女性も多いでしょう。しかし自己処理をすると、男性のヒゲ剃り跡のように青っぽく見えてしまって恥ずかしい……。そんなお悩みもよく聞きます。

鼻下脱毛2つのメリット

自己処理から解放される

鼻下はムダ毛が密集して生えたり、太くて濃い毛が生えたりしやすい部位。毎日自己処理をしているという人も少なくありません。しかし365日ムダ毛処理をするのは面倒ですし、鼻下は皮膚が薄くデリケートなため、頻繁な自己処理は肌にダメージを与え、黒ずみなどの原因にもなりかねません。

ミュゼプラチナムの美容脱毛は肌を傷つけにくく、ダメージを減らすことができます。

化粧ノリがアップ

鼻下は凹凸があるため、ただでさえ化粧をしづらい部位。さらにムダ毛が邪魔をして、「うまくファンデーションがのらない……」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。鼻下脱毛をすると、産毛がなくなりファンデーションが肌にスッとなじみます。さらに化粧水の浸透力向上の効果も期待できます。

現在ミュゼプラチナムでは「鼻下脱毛」のお手入れのサービス提供は行っておりませんが、その他の箇所・回数を自由に選べるフリーセレクト美容脱毛コースをご利用ください。

お手入れの流れ

お手入れ前の準備

前日もしくは当日にお手入れ箇所の毛を自己処理してください。
また、乾燥や肌荒れに注意してください。

  • 日に焼けやすい部位なので、日焼けには特にご注意ください。
  • ケガやあざ、タトゥーなどがある箇所はお手入れから除外されます。
事前処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおススメです。デリケートな部位なので、毛抜きでの処理は避けてください。
また事前処理を忘れてしまった場合、せっかくご来店いただいてもお手入れすることができませんので、ご注意ください。

お手入れ当日

1.鼻下もしくはあごだけのお手入れなら、着替える必要はありません。そのままの服装でお手入れいたします。

2.スタッフがお手入れ箇所の肌をチェックいたします。小さなほくろやケガ、あざのある部分は専用のシールで保護し、大きい部分はペンで印を付けてお手入れ箇所からはずします。同時に、拭き取りとムダ毛の剃り残しチェックも行います。

  • サロンへお越しいただく際の服装は、どんなものでも構いません。
  • 以下のイメージはどのお手入れにも共通の流れですが、部位によっては一部変更することもあります。
肌状態チェックその日のコンディションをチェックします。
ジェルを塗布専用ジェルで準備OK
クールダウン(冷却)照射後もしっかりケア。
トリートメントプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌ツルツル。

所要時間は全体で約20分程度です。

お手入れ後のアフターケア

お手入れ直後に日焼け止めやファンデーションを塗ることは可能ですが、肌をこすらず、優しく押さえるように塗ってください。

  • お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えてください。
  • お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。
  • 乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことができます。
  • 日焼けしないようにご注意ください。
  • お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、サロンへご相談ください。
POINT
お手入れ前の準備やアフターケア、ご注意いただきたい事項についての詳細はQ&A-お手入れ前・当日・お手入れ後についてからもご確認頂けます。

お客様の声

  • 顔全体の印象がパッと明るくなった気がします。化粧ノリもよくなったみたいで嬉しい!

  • 近い距離で会話しているときも「ヒゲあったらどうしよう……」と気にならなくなった!

現在ミュゼプラチナムでは「鼻下脱毛」のお手入れのサービス提供は行っておりませんが、その他の箇所・回数を自由に選べるフリーセレクト美容脱毛コースをご利用ください。

箇所・回数を自由に選べるプラン「フリーセレクト美容脱毛コース」をチェック

ご自身で気づいていなくても、お顔の中心ということもあって見られていることが多い箇所です。ここをお手入れしておくことが、素敵な女性の身だしなみです!

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。