アンダーヘアの処理ってどうしてる?おすすめのお手入れ方法をご紹介

アンダーヘアの基礎的な知識や自分に合ったお手入れ方法とは?

アンダーヘアとはVライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のムダ毛のことを指します。アンダーヘアの処理は、海外セレブではもっともポピュラーなものとなっています。
日本でも意識が高い女性はアンダーヘアの処理を施していますが、自己処理で間違ったお手入れをすると、肌が荒れたり、黒ずみを起こしたりと大変なことになります。
ここではアンダーヘアのお手入れについて、基礎的な知識やお手入れ方法などをご紹介します。お手入れしてから後悔する結果にならないよう、ぜひ参考にしてください。


アンダーヘアを処理するメリットは?

アンダーヘアのお手入れ率は87.5%!

水着や下着になったとき、気になるのはアンダーヘアの処理がきちんとできているかどうか。一般的にはどのくらいの人がお手入れしているのでしょうか?
若い世代では、アンダーヘアのケアについて肯定的な意見が多く見られます。美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」の調査では、脱毛経験のある女性の「アンダーヘアのお手入れ率」は87.5%以上でした。10人に8人以上の方が、サロンでの脱毛や自己処理でアンダーヘアのお手入れをしています。
また、男性は約6人に1人が、女性のムダ毛に幻滅してしまった経験があるそうです。さらに半数以上が、女性のムダ毛が気になることがあるというアンケート結果があります。

※脱毛女子のアンダーヘア事情
※女性のパーツ別ムダ毛処理率

アンダーヘアのお手入れは恥ずかしいことではありません。むしろしっかりお手入れをしておくと、好意的に受け止めてもらえる可能性が高いのです。

アンダーヘアのお手入れは、見た目だけでなく、衛生面のメリットも

アンダーヘアはデリケートな部分ですから、お手入れに興味はあるものの、処理するキッカケがなかなかつかめないという方もいるはず。あるいは「もし失敗したらどうしよう」と、不安を抱かれている方も少なくないでしょう。
見た目だけではなく衛生面から考えても、アンダーヘアのお手入れは重要です。ここでは、アンダーヘアをお手入れするメリットをいくつかご紹介します。


<ニオイの軽減>
湿度が高く通気が悪くなりやすいため、デリケートゾーンからニオイがすることもあります。アンダーヘアのお手入れを行い、通気をよくすることで、ニオイを抑える効果も期待できます。

<ムレ・かぶれの軽減>
生理中は特に、ムレたりかぶれたりすることがあります。これまで、かゆくなってしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。アンダーヘアを全てなくさなくても、少し整えるだけで軽減しやすくなります。

<ファッションを楽しめる>
水着や下着など、ステキなデザインのものを着たいと誰もが思うはず。そんなとき、やはりアンダーヘアを気にせず楽しみたいものです。お手入れをきちんとしておくことで、直前に慌てることなく身に着けられます。


アンダーヘアを処理するメリットは、見た目や衛生面などさまざまありますが、処理方法によっては、お手入れ後の肌のケアをしっかりしないと、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。次では、処理方法ごとに手順やメリット、デメリットを見ていきましょう。


アンダーヘアの処理方法は?自宅でできる人気のお手入れ方法をご紹介

ヒートカッターでのお手入れの場合、チクチクしないが火傷に注意

ヒートカッターで処理をする場合のメリットやデメリットを手順と共にご紹介します。


・手順
アンダーヘアの中で、どの部分をカットするか、毛の長さもどのくらいにするのか決めておきましょう。ヒートカッターの電源を入れ、処理したいムダ毛の毛先をつかみ、切っていきます。このとき、ヒートカッターを近づけすぎると火傷をする可能性があるので、肌から少し離してカットするようにしましょう。一通りカットし終えたらバランスが悪くないか確認し、気になるようでしたら再度カットしていきます。

・メリット
ハサミやカミソリでお手入れした場合、毛先が鋭くチクチクしますが、ヒートカッターは熱で焼き切るため、毛先が丸くなり、チクチクしません。

・デメリット
熱で焼き切るため、肌から近いと火傷をする可能性があります。また、ムダ毛の焦げるニオイがしてしまいますので、換気しやすい部屋でお手入れをする方がよいでしょう。



カミソリ・電気シェーバーでのお手入れの場合、広範囲にお手入れできるが、アフターケアが大事

カミソリや電気シェーバーで処理する場合のメリットやデメリットを、手順と共にご紹介します。


<カミソリ>
・手順
せっけんを泡立てて、優しくカミソリを当てます。肌に直接カミソリを当てると肌を傷つけやすくなるので、注意しましょう。せっけんの他、シェービングクリームなどを使ってもいいでしょう。肌を傷つけないよう、毛流れに沿ってシェービングしましょう。処理した後は、保湿も忘れずに行ってください。

・メリット
カミソリは手に入りやすく、値段も安価です。また、自分の都合に合わせてお手入れできます。

・デメリット
肌を傷つけやすく、カミソリ負けを起こすことがあります。かぶれたり、カサカサに乾燥したりする場合もあるでしょう。


<電気シェーバー>
・手順
毛の流れに逆らってそります。このとき、ジェルやせっけんなどは必要ありません。お手入れを終えたらしっかり保湿してください。

・メリット
カミソリよりも肌への負担が少なく、せっけんなども不要のためどこでも手軽にお手入れできます。寒い季節でも暖かい部屋でお手入れ可能。量販店やネット通販で購入できます。

・デメリット
カミソリよりも値段が高く、電動のため音がうるさい場合があります。出先でさっと使いたいと思っても、難しいかもしれません。


いずれの場合も値段が安く、一度に広範囲をお手入れできる点が共通のメリットです。また、気になったときに手軽に使える方法といえます。
ただし、処理してもすぐにムダ毛が生えてきてしまいます。また、伸びてきた毛先がチクチクする他、肌への負担が大きい点はデメリットとなるでしょう。
もし肌や粘膜を傷つけてしまうと、傷口から雑菌が入って化膿することがあります。自己処理をする場合は、無理のない範囲でお手入れしてください。


脱毛ワックス・クリームでのお手入れの場合、肌の負担に気を付けましょう。

脱毛ワックスや除毛クリームを利用する方もいるでしょう。その際の手順について、メリットやデメリットと共にご紹介します。


<脱毛ワックス>
・手順
脱毛したい部分の汚れや水分を落としたら、ワックスを塗ってシートで覆います。勢いよく剥がした後は、念入りに保湿してください。

・メリット
毛根から引き抜くので、ムダ毛が伸びてくるまで時間がかかります。カミソリや電気シェーバーに比べ、毛が伸びてきた後のチクチク感は少ないでしょう。ワックスが塗れるところであれば簡単にお手入れできます。

・デメリット
勢いよく剥がすので、毛が抜ける際に強い痛みがあります。皮膚へのダメージが大きく、炎症や埋没毛を引き起こす可能性も。また、ワックスは一度にあまりたくさん塗れません。少しずつお手入れする必要があり、時間がかかります。


<除毛クリーム>
・手順
クリームを塗ったら10~15分ほど待ち、シャワーで洗い流します。キレイに流したら、化粧水やクリームで保湿してください。

・メリット
塗るだけなので、とても手軽です。手が届かないところは、スパチュラなどで簡単に塗れます。皮膚を傷つけてしまう心配もなく、一度に広範囲へ塗ればすぐにお手入れが終わります。

・デメリット
肌への負担が大きく、薬剤によるかぶれや炎症、アレルギーを伴う場合があります。脱毛ではないため、すぐに毛が生えてきてしまうでしょう。粘膜を痛める可能性があるため、アンダーヘアのお手入れはあまり推奨されていません。


気になる部位だからこそ、こまめにお手入れしたいと考えるかもしれません。もちろん悪いことではありませんが、何度も肌にダメージを与えれば、どんどん肌が荒れてしまいます。
自己処理を続けると肌への影響が大きく、肌トラブルを引き起こす要因になりかねないのです。


アンダーヘアの処理は美容脱毛専門サロンにお任せ!

プロに任せて安心!サロンに通うメリットは、肌の負担がなく仕上がりがキレイ

ここまで、自分でできるアンダーヘアの処理方法についてご紹介してきましたが、美容脱毛専門サロンなどに通い、プロに処理を任せる方法もあります。ここでは、サロンに通うメリットをご紹介しましょう。


・プロのお手入れで安心
自己処理では肌を傷つけてしまい、菌の感染などトラブルの可能性が拭えません。しかし、プロに任せることで、安心してアンダーヘアの処理を行うことができます。 また、細かく希望を伝えれば、理想通りに仕上げてもらえます。特に希望がない、あまりよく分からない方は、人気のある形などをサロンで聞いてみるとよいでしょう。仕上がりのキレイさも安心です。

・自己処理に比べて肌へのダメージが少ない
何度も繰り返し自己処理をすると、肌へのダメージが蓄積する恐れがあります。サロンで行うのは、肌を傷つけにくいお手入れです。肌をいたわりながら、アンダーヘアを安全にお手入れできます。

・自己処理のストレスから解放される
サロンでお手入れを継続すれば、回数を重ねるごとにほとんど自己処理の必要がなくなってきます。そうすれば、肌への負担も軽くなるでしょう。自己処理ではすぐにムダ毛が生えてきてしまい、いつまでもお手入れを続けなければいけません。


美容脱毛専門サロンは高い?サロンに通う前に知っておきたいこと

自己処理による肌トラブルを心配する方は、美容脱毛専門のサロンでプロに頼むのが安心です。細かく要望を伝え、理想の形にお手入れしてもらうこともできます。美容脱毛専門サロンには、さまざまな内容・価格のプランが用意されているので、自分に合ったものを選びましょう。

ムダ毛が完全に目立たないつるスベ肌になるためには、何回かお手入れする必要があります。どんなお手入れ方法でも、1回だけでムダ毛をなくすことはできません。そのため、自己処理と比べて時間がかかることは理解しておいてください。
特にデリケートなアンダーヘアは、効果を実感できるまで回数がかかりがちです。毛周期に合わせてお手入れしますが、だいたい6回程度で脱毛効果を実感できるといわれております。ただし、個人で差がありますので、あくまで目安として考えてください。

なお、サロンでアンダーヘアをお手入れする場合、覚えておくべき注意事項があります。お手入れ前後は入浴や飲酒、運動を控えましょう。お手入れ当日は入浴せず、シャワーで済ませます。また、肌の弱い方など普段から薬を塗っている場合は、お手入れできないことがあります。その他、注意事項やお手入れできないケースなどについては、「よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450)にてご連絡ください。

長期的に見ると、自己処理よりサロンでお手入れをする方がコストパフォーマンスは高いでしょう。もちろんプロによる処理ですから、自己処理より仕上がりもキレイです。また、自己処理は手間がかかるだけでなく、すぐにムダ毛が生えてきてしまいます。煩わしいムダ毛処理から解放される意味でも、サロンでのお手入れはメリットが大きいといえます。アンダーヘアのようなデリケートゾーンのムダ毛を処理するなら、自己処理よりサロンでプロに任せることをおススメします。


「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」のお申込みはこちら。無料カウンセリング予約

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。