脱毛中の日焼けがダメな理由は?脱毛とお肌のデリケートな関係

脱毛におススメの時期と紫外線対策は?

美容脱毛専門サロンでは、脱毛期間の前後に日焼けをしているとお手入れを受けることができません。
それはなぜでしょうか?
ここでは、日焼けと脱毛の関係や脱毛におススメの季節、美容脱毛専門サロンと医療クリニックの脱毛方法の違いなどについて、詳しくご紹介します。日焼けがダメな理由をきちんと理解することで、安心して脱毛を受けることができます。


脱毛期間の日焼けを防ぐ理由は?脱毛中のデリケートな肌を守るため

脱毛コース中に日焼けをするとお手入れが受けられない理由

脱毛期間の日焼けを防ぐ理由は?

美容脱毛専門サロンでお手入れをする際の注意事項に、「お手入れ箇所の日焼け」が入っています。
日焼けした肌は、紫外線のダメージを受けているため、赤く火照り、乾燥をしている状態が続きます。
これは、やけどをしているときと同じ状態です。

美容脱毛専門サロンのお手入れ方法は、制毛成分配合の専用ジェルを塗布した肌にライトを当てる美容脱毛です。お手入れに用いられる「ライト」は、黒いものに反応するようになっており、ムダ毛だけでなく、日焼けした肌にも刺激を与えてしまう可能性があります。

美容脱毛専門サロンでは、日焼けした状態でのお手入れを受けないように案内するだけでなく、お手入れ期間中も肌は焼かないように注意喚起しています。

脱毛後の肌は敏感!日焼けをしてはいけない理由と防ぎ方

脱毛した後の肌は、普段より敏感になっています。そのため、脱毛の後の「日焼け対策」は重要です。
紫外線の影響を受けないためにも「紫外線の強い時間帯の外出を避ける」「帽子や日傘、日焼け止めを使う」などの日焼け対策を行い、肌を守りましょう。日焼け止めを使うときは、紫外線量や紫外線に当たっている時間の長さを考えて、SPF(紫外線B波を防ぐ)とPA(紫外線A波を防ぐ)の数値を見て選ぶようにしましょう。一度塗ったからと安心してはいけません。時間が経つとともに効果が減ってくるため、こまめに塗る必要があります。


脱毛期間と、お手入れ後の日焼けを防ぐ理由について触れてきましたが、肌の露出が気なる夏に向けて脱毛を検討される方が多くいらっしゃいます。
次は、そんな夏のレジャーにおける肌の負担や紫外線対策と、お手入れ時期についてみていきましょう。


夏のレジャーを楽しみたい!脱毛を始めるのに最適な季節は冬

紫外線は年中無休!夏以外でも肌を守ることが美しさの近道

脱毛を始めるのに最適な季節は冬

紫外線は夏以外も含め、年間を通して降り注いでおり、季節や時間、天候により、紫外線の量の割合は変化しています。
紫外線の浴び過ぎは、しわ、シミなどの原因となるため、季節問わず紫外線から肌を守ることが重要です。

紫外線から肌を守る方法として、以下の6点が効果的とされています。

(1)紫外線の強い時間帯を避ける
(2)日陰を利用する
(3)日傘を使う、帽子をかぶる
(4)衣服で覆う
(5)サングラスをかける
(6)日焼け止めを上手に使う
出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015

一年で一番紫外線が多い季節は?春の外出にご用心

地域によって多少の差はありますが、日焼け対策が重要となるほど紫外線が強い時期は、4月~9月です。
特に5月は注意が必要です。気象庁が公開している、2017年の日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフによると、5月の平均したUVインデックスは5.7となっており、8月の5.5よりも上回っています。


夏季はしっかり対策する方でも、まだ涼しい春先は油断してしまいがちです。外出の際には、時期を問わずに意識して対策をしましょう。


また、紫外線の量は、時間帯によっても変化します。11時~12時の正午前後は紫外線が非常に強くなるため、特に警戒が必要です。この時間帯に外出する際には、日傘を使うなど、万全の紫外線対策を心がけましょう。


脱毛を始めるなら秋から冬の時期がおススメ!その理由とは?

夏は肌の露出が多い洋服や水着を着るため、多くの人が脱毛を意識する季節です。そのため美容脱毛専門サロンや脱毛クリニックは混みあって予約が取りづらく、思うようにお手入れが進まないこともあります。
効果を実感するためには、定期的な複回数のお手入れがしやすい秋冬がおススメです。その理由は以下の3つです。


(1)予約が取りやすいこと
肌を魅せる夏は、美容脱毛専門サロンが特に混む時期になっています。予約がうまく取れずお手入れのタイミングが合わずに、お手入れの効果が期待できなくなってしまうこともあります。


(2)紫外線量が少ないため日焼けが気にならない
夏に比べて秋冬は紫外線量が比較的少なく、日焼けをする機会も少ないため、お手入れしやすくなります。


(3)脱毛は効果が実感できるまでに回数が必要
毛周期に合わせてお手入れをします。だいたい6回程度で脱毛を実感できるといわれているため、秋冬から始めると、次の夏には、ステキな水着で海やプールを楽しめるでしょう。ただし、個人差があるため、あくまでも目安として考えてください。


秋冬に脱毛をする際の注意点として、肌の乾燥が挙げられます。気温・湿度ともに下がり、室内では暖房も使っているため肌が乾燥した空気にさらされてしまいます。肌が乾燥している場合には、お手入れができない場合があります。化粧水やクリームなどでしっかり保湿をしておきましょう。


肌への負担を考えたときに重要なのは日焼けだけではありません。脱毛方法にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。


脱毛エステの脱毛方法は大きく分けて3種類!それぞれの特徴と費用

ニードル式脱毛は毛根に電子針を通して電気の熱で処理

脱毛の方法は、大きく分けて以下の3つです。


・ニードル脱毛
・レーザー脱毛
・S.S.C.方式の美容脱毛


この中でレーザー脱毛とS.S.C.方式の美容脱毛は、特に「日焼け」の影響を大きく受けます。


ニードル脱毛は効果的な方法であり、1本1本の毛に対して働きかけていくことができます。効果ということを考えれば、頼りになる方法といえるでしょう。しかし、時間のかかるやり方でもあります。
1本1本の毛を処理していくやり方であるため、「1本○円」としているクリニックも少なくありません。そのため、広範囲の処理では、多くの時間とお金がかかります。


レーザー式脱毛はレーザー光を肌表面に当て毛と毛根を処理

レーザー脱毛は、S.S.C.方式の美容脱毛よりも強い威力の機械を使って処理をしていく方法です。そのため、効率よく処理できるといったメリットがあります。また、クリニックでの施術といった側面から、安心感をもつ人は多いでしょう。
ただし、この方法は強力です。痛みが強く、特にデリケートな部分の脱毛や痛みに弱い人などは、受け続けることが難しくなる場合もあります。


なお、ニードル脱毛とレーザー脱毛を行うには、医師免許が必要です。医師が常駐するクリニックでしか行えません。また、初期費用が高額になることもあり、金銭面で大きな負担を感じる可能性もあるでしょう。


S.S.C.方式の美容脱毛はジェルとライトの相乗効果で制毛処理

美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」が使っている「S.S.C.方式の美容脱毛」は、ジェルとライトを使ってお手入れしていく方法です。
6回程度で脱毛の効果が実感できます。痛みが比較的少なく、1秒で約200本、両ワキのお手入れにかかる時間は約3分と、1回のお手入れが短時間で済むのも大きな特徴です。肌へのダメージもほとんどなく、最初にかかる金額も多くはないため、手軽に始めることができます。


ミュゼプラチナムでは、ワキやVラインのように気になる部分については、何度でも通っていただけるプランもご提供しています。


ミュゼプラチナムでは、このようなお手入れに関する不安や疑問は、「よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450)にて、経験豊富なスタッフが、丁寧に対応させていただきます。


また、はじめての方も安心してお手入れを受けていただけるよう、無料カウンセリングも行っております。カウンセリングでは、ムダ毛の悩みをはじめ、肌や毛の状態・自己処理方法や体調などをお伺いし、毛周期や毛のしくみ・脱毛方法について、詳しくご説明させていただきます。


[まとめ]


美容脱毛専門サロンで脱毛する場合、お手入れ前はもちろん、お手入れ期間中も肌は焼かないように注意しなければなりません。美容脱毛専門サロンでお手入れのときに用いられる「ライト」が黒いものに反応するため、ムダ毛だけでなく、日焼けした肌にも刺激を与えてしまうからです。


また、脱毛した後の肌は、普段よりとても敏感になっているため、脱毛の後の「日焼け対策」も重要です。
肌の負担という意味では脱毛方法も深く関連します。美容脱毛専門サロンで行うS.S.C.方式の美容脱毛は、医療クリニックのニードル脱毛やレーザー脱毛に比べ、痛みが比較的少なく、1回のお手入れが短時間で済むのが大きな特徴です。6回程度で脱毛の効果が実感できます。


そのため、脱毛をはじめる時期としては、


・混雑せず予約しやすい
・「日焼け」によるリスクが少ない
・ある程度効果を感じるまでに回数が必要なこと


を考えると、脱毛を始めるなら秋冬がおススメです。



脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。

<