Oラインの脱毛は必要?自己処理のリスクとサロン脱毛のメリットとは

恥ずかしさへの配慮もある専門サロンの安全・安心な脱毛コースを利用しよう

アンダーヘアの中でも、Oラインは自分でチェックしながらお手入れするのがとても難しい部位です。デリケートな部分ですから、「恥ずかしい」という気持ちが先に立ち、プロに任せるより、自己処理に頼りがちです。しかし、自分で見ることが難しいため、出血や肌荒れなど危険も伴います。
ここではOラインの処理について、自己処理と美容脱毛専門サロンそれぞれで行うメリット、デメリット、恥ずかしさを軽減する脱毛サロンの工夫などについて、詳しくご紹介します。


人には聞けないOライン処理!自己処理の方法とメリット・デメリット

Oラインってどこのこと?ヒップ奥のデリケートゾーン

Oラインってどこのこと?

Oラインは、一般的に「ヒップ奥の部分」のこと。肛門周りの部位(粘膜を除く)を指します。
Oラインのムダ毛の特徴は人によって毛の太さや量が違うことです。Oラインの処理をしたら、併せてVライン・Iラインも処理した方が、見た目のバランスが整うのでおすすめです。ここでは、Oラインのお手入れのメリットをいくつかご紹介します。

・おしゃれでかわいい水着や下着が選べる
ムダ毛を気にする心配がないため、大胆な水着・下着にも思い切ってチャレンジできるようになります。

・清潔な状態が保てる
Oラインの毛に排泄物や生理時の経血が付着しやすく、かぶれやにおいの原因になることもあります。Oライン周辺のムダ毛を脱毛することで、清潔な状態を保ちやすくなり、不快感を軽減することにつながります。

Oラインの処理をするメリットは見た目や衛生面などさまざまあります。その一方で、お手入れ後の肌のケアをしっかりしないとトラブルを起こしてしまうことがあるため、お手入れ方法は、十分考えて選ぶことをおすすめします。

Oラインの毛を自己処理するのは大変?処理している自分の姿を想像してみて!

Oラインのムダ毛を自己処理するなら、肌を傷付けないためにもガードが付いた電気シェーバーを使うのがいいでしょう。ここでは電気シェーバーで処理をする場合の手順をご紹介します。


■自分でお手入れする方法
Oラインを自分で処理する場合、以下のものをご用意ください。


・鏡
・電気シェーバー
・蒸しタオル
・濡れタオル
・保湿剤


それではここから、実際に処理をする方法を見ていきましょう。具体的な手順は以下の通りです。


<お手入れの手順>
1.お風呂に入り、Oラインを清潔な状態にする
2.水分をしっかり拭き取る
3.鏡の前で足を開いたり、鏡にまたがったりしてOラインが見える状態にする
4.蒸しタオルでOライン部分を温め、肌を柔らかくしておく
5. Oラインに電気シェーバーを当て、毛の流れに沿って処理をしていく
6.処理後のほてった肌を濡れタオルなどでクールダウンし、その後、しっかり保湿を行う

チクチクしちゃう?Oラインの毛を自己処理するメリット・デメリット

次に、Oラインの自己処理の手順を踏まえて自己処理のメリット・デメリットをご紹介します。


〈メリット〉
自己処理は基本的におすすめできませんが、費用も時間も抑えられ、自宅で処理も可能です。


〈デメリット〉
自分で直接見ることができず、難しい体勢で処理をするため、苦労や危険が伴います。剃り残しができたり、カミソリで傷付けたりする恐れもあります。また、ムダ毛が伸びてきたときにチクチクして不快に感じてしまうこともあるでしょう。繰り返し自己処理を行うにはリスクや負担が大きい箇所です。


どうしてもOラインを自己処理したいときは、お手入れには電気シェーバーを使いましょう。カミソリの刃が直接当たらないように、ガードの付いたタイプがおすすめです。


美容脱毛専門サロンで行うOラインのお手入れ方法と費用

Oライン脱毛の恥ずかしさを軽減してくれる工夫

自分でできるOラインの処理方法についてご紹介しましたが、美容脱毛専門サロンなどに通い、プロにお手入れを任せる方法もあります。ここではサロンに通うメリットをご紹介しましょう。


そもそもOラインの処理は、デリケートな部分だけあって、万が一トラブルが発生すると、自分ではどう対処すればいいのか分からないという人が多いのではないでしょうか。トラブルを防ぐためにも、経験を積んだスタッフがお手入れをしてくれる脱毛サロンにお任せするのがおすすめです。


「Oラインのようなデリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしい」と思う方も多くいらっしゃるでしょう。そういった気持ちに配慮して、美容脱毛専門サロンでは紙ショーツを用意するなど、恥ずかしさを軽減する工夫をしています。


「ミュゼプラチナム」では、紙ショーツを履いていただき、お手入れする部分だけが見えるように、少しずつずらしながらお手入れをしていきます。
お手入れ中はリラックスできるよう、スタッフからの説明を行いながら、手早く進めることで、恥ずかしいといったお気持ちを感じることがないよう、最大限配慮したお手入れを実施します。
デリケートなゾーンのため、安全性への配慮も怠りません。安心してお手入れを受けていただけるよう、経験を積んだスタッフが担当します。

Oラインは美容脱毛専門サロンで処理してもらうのがおススメ

間違った自己処理で、デリケートゾーンを傷めると肌トラブルの原因になります。脱毛サロンのような、経験を積んだスタッフに任せた方が、安心してお手入れを受けることができます。サロンでは、カウンセリング時に次のようなことを相談することが可能です。


「アンダーヘアをこんな形に脱毛したい」
「VゾーンやIラインとのバランスを取りたい」
「Oラインのアフターケア方法を知りたい」

など、さまざまな相談事項に、脱毛のコツを知っている経験豊富なプロが答えてくれます。


また、クリニックで行われるレーザー脱毛と比べると、美容脱毛専門サロンの「光」による処理は痛みが少ないというのが大きな特徴です。ミュゼプラチナムで採用している「S.S.C.方式」の美容脱毛は、ジェルの上からライトを当てて脱毛するため、個人差あるいは部位によって違いはあるものの、痛みはほとんどありません。そのため、デリケートゾーンには特におススメです。また、何よりも剃り残しなどがなく、きれいにお手入れすることができます。

Oライン処理にかかる費用は?費用相場とキャンペーンのチェック方法

Oライン処理にかかる費用は?

Oライン処理の費用に関しても見ていきましょう。
ミュゼプラチナムでは、Oライン脱毛について次のコースがあります。


・フリーセレクト美容脱毛コース
・ハイジニーナ7VIO脱毛コース
・全身脱毛コース


フリーセレクト美容脱毛コースはOラインを含む、手指や襟足など全11カ所の中から好きな箇所を選び、好きな回数で脱毛していくもの。ハイジニーナ7VIO脱毛コースは、トライアングル上・トライアングル下・Iライン・Oライン・へそ下・Vライン上(腰のあたり)・Vラインのすべてを処理することのできるセットコースです。その他、全身脱毛のコースにもOラインの脱毛は含まれています。


ミュゼプラチナム」ではさまざまなキャンペーンを行っており、月によって値段が異なることもあります。詳しくはカウンセリングの際にご相談ください。キャンペーン内容はミュゼプラチナムのWebサイトの上部メニュー「キャンペーン・特典」のほか、トップページに期間限定の「おトクなキャンペーン」を記載しています。ぜひ、ご覧ください。


ミュゼプラチナムのOライン脱毛のコースです。どのコースが自分に合うか、ぜひチェックしてみてください。






[まとめ]

ミュゼプラチナムでは、Oラインの処理は、肌の状態をしっかり確認し、肌をケアしながらお手入れを行います。紙ショーツを使うなど、恥ずかしさに配慮した対応をしています。


なお、サロンでアンダーヘアをお手入れする場合、覚えておくべき注意事項があります。お手入れ前後は入浴や飲酒、運動を控えましょう。お手入れ当日は入浴せず、シャワーで済ませます。
また、肌の弱い方など普段から薬を塗っている場合は、お手入れできないことがあります。その他、注意事項やお手入れできないケースなどについては、「 よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450)にてご連絡ください。


Oライン脱毛は「気持ち」もケアしてくれる「ミュゼプラチナム」で。
Oライン(ヒップ奥)の脱毛もできるコースやおトクなキャンペーンは こちらから確認できます。

脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。

<