高校生でも脱毛できる?

高校生がお手入れを受けるための条件について

脱毛は大人の女性がするものというイメージがあるため、脱毛したいと思っても、高校生の場合はためらってしまうかもしれません。しかし、思春期に入ると、「夏服や体操着でワキ毛が見えてしまい、男子の目が気になる」「友達と比べて足のムダ毛が濃いかも」など、ムダ毛に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


気になるからといって、カミソリなどを使っての自己処理を続けていると、肌荒れや黒ずみができる要因になります。本記事では、高校生の脱毛事情や、美容脱毛専門サロンでお手入れするための方法についてご紹介します。


毎日のムダ毛処理から解放されたい!高校生の脱毛事情

自分でムダ毛のお手入れしている?高校生が脱毛したいと思う箇所

毎日のムダ毛処理から解放されたい!高校生の脱毛事情

全身のムダ毛の中で、高校生が一番気になっている箇所はどこなのでしょうか?
美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」の調査では、10代に人気の脱毛コース・ベスト3は、「両ワキ+Vライン」「ワキ」「Vライン」でした。


高校生は、やはり「ワキ毛」や「アンダーヘア」が気になるようです。体育の授業やプールなどでは、肌の露出が多い服装で活動することが多くなるため、男子や友達の視線が気になります。恥ずかしい思いをしないためにも、お手入れはしっかりした方がよいでしょう。


自己処理と美容脱毛専門サロンでのお手入れ方法の特徴を見ていきましょう。


【自己処理】
<カミソリ>
せっけんを泡立てたものや、シェービングクリームをワキに塗り、T字カミソリを使って、肌を傷付けないように毛の流れに沿って剃る。処理をした後は保湿が必要。カミソリは手に入りやすく価格が安い反面、肌を傷付けやすく、カミソリ負けを起こすことがある。


<電気シェーバー>
せっけんやジェルなどは付けずに、毛の流れに逆らって剃り、処理後はしっかり保湿を。カミソリより値段が高いものの、肌への負担が少なく、せっけんなども必要ないため手軽。


<除毛クリーム>
クリームを塗ったら10~15分ほど待ち、シャワーで洗い流す。その後、化粧水やクリームで保湿を。塗るだけなので簡単に自己処理できるが、肌に合わないと薬剤によるかぶれや炎症を起こす場合も。


【美容脱毛専門サロン】
多くのサロンで採用しているのは、制毛成分配合の専用ジェルを塗布した肌に、ライトを当てて行う美容脱毛。お手入れ後のクールダウン、肌のトリートメントを含め、短い時間で完了。肌への負担が少ない。
ただし、高校生がお手入れをするためには保護者の同意が必要。


間違った方法でムダ毛の処理を続けると、ぶつぶつや黒ずみなどの肌トラブルを招いてしまう可能性が高くなるため、自分で処理する場合は、無理のない範囲でお手入れしてください。


高校生が「憧れのつるスベ肌」になったらしたいこと

気になるムダ毛を脱毛して、つるスベ肌になったら、夏場でも気にせずに半袖やノースリーブを着ることができます。電車のつり革をつかもうとして、「あっ、ワキの毛が…!」と焦ることもありません。また、水泳の授業や友達との海水浴でも、ムダ毛の心配をする必要もないでしょう。ムダ毛のお手入れは、「おしゃれ」というよりも、「自分の生活のちょっとした不便やコンプレックスを解消するための手段」なのです。


もちろん、カミソリなどを使って自分で処理するのも悪い方法ではありません。手軽ですし、安価です。ただし、カミソリや除毛クリームでの処理は、肌が弱い人にとっては肌荒れを引き起こす危険があるもの。場合によっては、肌の黒ずみなどを生んでしまいかねません。
また、「いちいち自分で処理をするのが面倒」という人も多いことでしょう。
そんな人には、脱毛サロンがおすすめです。
脱毛サロンで継続してお手入れをすると、回数を重ねるごとにほとんど自己処理の必要がなくなってきます。肌への負担も少なく、仕上がりのキレイさも安心です。


高校生でも美容脱毛専門サロンに通える?未成年の脱毛は保護者の承諾が必要

サロンはどんなところ?高校生が通うための条件

高校生でも美容脱毛専門サロンに通える?未成年の脱毛は保護者の承諾が必要

高校生の身体は成長途中です。そのため安全を考えて、肌に何らかのお手入れをするには保護者の同意・承諾が必要となります。


脱毛には、大きく分けて「クリニックでの脱毛(医療脱毛)」と「サロン脱毛」があります。

医療脱毛は医療機関ならではの強力なレーザーやニードルなどでのお手入れができ、ムダ毛処理の効果が高いのが特徴。しかし、強い痛みを伴うことも多く、費用も高額になりがちです。
また、成長途中の高校生へのお手入れを行わないクリニックも少なくありません。


一方、サロンでの脱毛は、痛みも費用も抑えることができます。


ミュゼプラチナムでは、肌へのダメージが少なく、痛みも少ない「S.S.C.脱毛」を採用しています。肌の状態をしっかり確認した上で、肌をケアしながらお手入れを行います。制毛成分配合の専用ジェルを塗布した肌にライトを当てる美容脱毛です。


「痛みが少なく肌への負担もない」といっても、高校生の場合、本人の判断だけで通うことはできません。契約の段階で「親権者同意書」が必要になります。契約時に同席が難しい場合は、電話で保護者の確認を取った上でのご契約となります。保護者が電話に出られない、もしくは保護者の同意が得られない場合はお手入れができません。


さらに、生理が順調に来ているか、16歳以上か(「両ワキ美容脱毛完了コース」「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」をご希望の場合のみ)などの確認も、カウンセリング時にさせていただきます。


同意書について、詳しくは以下をご覧ください。


ムダ毛の悩み。保護者の理解を得るためには

保護者の説得はなかなか難しいかもしれません。しかし、高校生であってもスポーツの時間(特に水泳など)や夏場はムダ毛が気になるもの。
また、成長途中の未熟な肌に、カミソリなどの自己処理を繰り返すとムダ毛が減らないばかりか、肌を余計に傷付けてしまいかねません。


ミュゼプラチナムでは、保護者とお子さんが一緒にカウンセリングを受けていただくことも可能です。メリットだけではなくリスクや安全性への取り組みも、納得いただけるまで専門スタッフが説明します。


保護者の許可が得られたのなら、「親権者同意書」をお持ちください。これは最初に決めた契約以上の契約をしないために交わすものであり、金額の上限などを記すものです。費用面でも安全面でもリスクや不安がない状態でお手入れできるように、ミュゼプラチナムではさまざまな工夫をしています。


ムダ毛が薄くなるまでの期間はどれだけかかる?

保護者の同意を得て、脱毛サロンに通えるようになった場合、気になるのが「どれくらいの時間をかければキレイになるの?」「予約はちゃんと取れるの?」ということでしょう。


光脱毛でもレーザー脱毛でも、「1回だけ受ければ、2度とムダ毛が生えてこない」というようなことはありません。必ず、複数回受ける必要があります。
効果が出始めるまでの期間には個人差がありますが、だいたい4~6回程で自分でのお手入れが楽になり始め、8~12回程度でムダ毛の心配がいらなくなる人が多いのが現状です。ミュゼプラチナムでは、1~3カ月に1回(特別制度に入会の場合は2週間に1回)のお手入れを原則としています。ただし、日焼けしたり生理中だったりするとお手入れのタイミングが遅れ、期間が延びる場合があるのでご注意ください。


お手入れを開始した方には、予約・変更・キャンセルがオンラインで簡単に行える「ミュゼプラチナム会員サイト」のご利用をおすすめしています。空きがあれば当日の予約が可能ですし、予定の変更もできます。また、予約日時が近くなるとメールでお知らせする機能もあります。


また、スマートフォンユーザーに便利な公式アプリ「ミュゼパスポート」もご利用いただけます。
①24時間いつでも予約・変更・キャンセルが可能
②アプリ限定機能:ご希望の条件で空きが出たらお知らせ。予約に空きが出た際、プッシュ通知でお知らせ。お手入れしたい部位や曜日等、ご希望の条件を登録しておくだけの簡単設定
③「今日行く」「明日行く」「今週行く」ボタンでサクサク予約。当日・翌日・1週間以内の予約が簡単にできる
などの機能がある他、クーポンプレゼント企画や会員限定のお得なキャンペーンなどもあります。


高校生に人気の脱毛コースは?気になるのはワキとVライン

「美容脱毛をしたいけれど、料金が心配」「何回も通うとそれだけ料金も高くなる?」など、料金面を心配する高校生もいるでしょう。
そんな人におすすめしているのが、「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。
このコースは、ワキとVラインの処理ならば、回数と期間無制限で受け続けられるというものです。ご自身が満足のいくまで、お手入れに通っていただけます。また、Vラインのお手入れの際は、紙ショーツを履いた状態で受けられるようにしているなど、恥ずかしさを軽減する工夫もご用意しています。


なお、このコースは、「16歳以上で、ミュゼプラチナムが初めての人」限定となっています(16歳以下の場合は6回コース)。また、お手入れには1~3カ月かかります。


大人になってから美容脱毛サロンに通おうとしても、仕事などでなかなか都合がつかないもの。高校生のうちに通って、お手入れを完了させておくと、 夏服やプール、修学旅行のときにムダ毛を気にしなくてよくなるなど、美容脱毛サロンでのムダ毛のお手入れには数多くのメリットがあります。高校生がサロンでお手入れを受ける場合は、保護者の許可が必要となりますが、不安なことは保護者と一緒に、何でもスタッフに聞いてください。


脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。

<