ほくろがあっても脱毛できる?

疑問点や不安を解消!美容脱毛専門サロンのお手入れ方法

「デリケートゾーン(VIO)や腕、足、背中など全身のさまざまな箇所の脱毛を考えているけれど、ほくろがあっても大丈夫だろうか」「サロンでのお手入れに支障がないだろうか」と、心配している人もいるのではないでしょうか。ほくろは小さいものから大きいものまでさまざまあり、中には数がたくさんある人もいます。
サロンでは、ライトを使って脱毛を行いますが、このライトは黒い色(メラニン色素)に反応するようになっています。ただし、ほくろにライトが当たらないように対処してお手入れを行うため、基本的には、ほくろがあっても安心してお手入れを受けることができます。本記事では、サロンで行う脱毛の仕組みをはじめ、ほくろに対してどのような対応をしているのかについて、詳しくご説明いたします。

美容脱毛専門サロンで行う脱毛の仕組みを知ろう

サロンでは黒い色(メラニン色素)に反応するライトを当てて脱毛

美容脱毛専門サロンで行う脱毛の仕組みを知ろう

「ほくろと脱毛の関係」について知るためには、まずサロンでのお手入れ方法の仕組みを知らなければなりません。サロンによってお手入れ方法には多少の違いはありますが、基本的には「ライト」を使った脱毛器でお手入れをしていきます。この「ライト」は、ムダ毛に含まれる黒い色素(メラニン色素)に反応し、毛根を弱らせる効果があるものです。毛が生えた状態でライトを当てると、お手入れ後、2~3週間前後で自然に毛が抜け落ちます。「1回だけ受ければ、二度とムダ毛が生えてこない」というわけではなく、お手入れを繰り返すことでムダ毛の気にならない肌になっていきます。

例えば、除毛クリームは肌のたんぱく質を溶かし、カミソリは肌の表面を削ってしまうなど、肌へのダメージを与えてしまう可能性があります。しかし、ミュゼプラチナムが採用している「S.S.C.方式」の脱毛方法は、肌を守るジェルの上からライトを当てる方法で、ジェルとライトの相乗効果で制毛を行います。自己処理で生じるような、肌へのダメージを受ける心配がなく脱毛が行えます。

ほくろの近くから生えている毛は脱毛できるの?

美容脱毛専門サロンで使うライトは、「黒い色素のみに反応する」というものです。「ムダ毛」にだけ選択的に反応するのではなく、全ての「黒い色素」に対して反応してしまうため、ほくろがあった場合は、そのほくろにも反応してしまいます。また、日焼けした肌も同様です。ライトが、ほくろや日焼けした肌全体を傷つけてしまう可能性があるため、原則としてその部分には照射することができません。

しかし、日焼けした肌とは異なり、ほくろは一部分にだけ存在するものです。ほくろに直接光を当てないような対処をすることで、ほくろの近くから生えているムダ毛のお手入れを行うことはできます。
ほくろそのものへの対処法については、次でご説明しましょう。

美容脱毛専門サロンのほくろ対応について。不安や疑問はきちんと解消しよう

シールなどで直接光を当てない方法で対応します

脱毛サロンの場合、ほくろの部分には、ライトを当てることはできません。「シールを貼って、直接光を当てない」という方法で対策を取ります。中にはシールを使わず、白いペンでほくろを塗るというところもあります。


クリニックでの脱毛(医療脱毛)の場合は、医師の判断でほくろの大きさや量により、光やレーザーを当てて施術できない可能性もあるようです。その際は、脱毛サロンと同じ、シールなどで保護をします。


ミュゼプラチナムでは、ほくろに白色のシールを貼って保護しています。ムダ毛のお手入れに使う光は白い色に反応しないため、直接ライトが当たることはありません。安心してお手入れを受けていただけます。


ただし、「ほくろの周りの毛(シールからはみ出ている部分)」については脱毛サロンで対応できますが、「ほくろから生えている毛そのもの」については脱毛サロンではお手入れできないため、ご注意ください。

脱毛後の肌トラブルは?予防と対応策を知ろう

脱毛後の肌トラブルは?予防と対応策を知ろう

ミュゼプラチナムをはじめ、多くの脱毛サロンでは、ライトの照射前には肌トラブルを防ぐための処置を行います。そのため、極端な肌トラブルが起きる可能性は高くありません。

それでも、
「万が一、肌トラブルが起きたときにどうしたらいいか知っておきたい」
「起こりうるトラブルにはどんなものがあるの?」
と不安に思う人もいるでしょう。ここではそんな人のために、サロン脱毛の後にやってはいけないことについてご説明します。

まず、脱毛後の肌は非常にデリケートな状態です。そんな状態の肌に、さらにダメージを与えるような行為をすることは避けてください。
例えば、脱毛後すぐにカミソリで自己処理をしたり、毛抜きでムダ毛を引っ張ったり、刺激の強い除毛クリームを使ったりする行為はおすすめしません。大きな肌トラブルにつながる可能性があります。


また、 “体温が上がる行為”も避けてください。


「友達との急な約束で、サロンの後に温泉に行くことになった」
「午前中にサロンでお手入れをしてもらったから、午後からはスポーツジムに行って汗を流そう」
「サロンでのお手入れが終わったらお酒を飲みに行こう」


など、ついついやってしまいがちですが、脱毛サロンでのお手入れの直後は控えましょう。体温が上がることで体内に熱がこもりやすくなり、赤みやかゆみが出る可能性が高くなります。


また、「日焼け」もお手入れ後の肌へダメージを与える要因です。紫外線はデリケートな肌の大敵!脱毛後の肌は敏感なため、日焼け止めクリームなども使用せず、帽子や日傘、長袖、長ズボンなどで肌を守ることをおすすめします。


このように「肌トラブルが起きそうな原因」を知り、その予防策を考えておくことで、肌トラブルが起きる可能性は格段に下げられます。


脱毛後のアフターケアについて、詳しくは以下をご参照ください。

もし、気をつけていても肌トラブルが起きてしまった場合、まずは肌の状態を確認してください。赤みやヒリヒリが出たら、かいたりこすったりせずに、まずは冷たいタオルなどで肌を冷やしてみましょう。体温が上がったことが原因なら、これで落ち着くこともあります。
それでも症状が落ち着かないという場合は、まずはお手入れを受けた美容脱毛専門サロンに相談をしてください。ミュゼプラチナムでは、専門スタッフが丁寧にカウンセリングを行います。
なお、「非常に痛みが強い」「明らかに異常な状態だ」ということであれば、病院に足を運ぶことをおすすめします。

こんなときは脱毛できる?疑問や不安を感じたらサロンに相談しよう

サロンで脱毛する場合、お手入れできない条件には、どんなものがあるのでしょうか?ほくろについては、白色のシールなどを使い保護してお手入れするため、一般的には問題ないことをご紹介してきました。ここからは、ほくろ以外で、「こんな状態のときにはお手入れができるのか?」という疑問に答えていきましょう。


1.日焼けをしている場合はお手入れをしてもらえないの?
脱毛サロンで使う「ライト」は、日焼けした肌にも反応してしまいます。日焼けした肌が元の色に戻るまでは、お手入れを行うことができません。また、日焼けした肌は乾燥しやすいため、しっかりと保湿ケアをしてください。


2.肌が元々黒い場合はどうすればいいの?
ケースによってはお手入れができないこともあるため、事前にスタッフに相談することをおすすめします。


3.肌トラブルが起きている場合は?
ニキビや炎症がある場合は、肌の状態を見て判断します。該当箇所を避けてお手入れする場合もありますが、お手入れを断念する可能性もあります。


4.タトゥー(刺青)があってもお手入れできる?
刺青部分はお手入れができません。5センチ以上間隔をあければ、お手入れができます。


5.アトピー肌の場合は?
肌の状態がよければお手入れはできますが、薬を塗っている場合はお手入れできません。また、アレルギーなどをお持ちの方は、カウンセリングのときに相談してください。


脱毛に対する不安や疑問は人それぞれです。「分からない」「不安だ」ということがあれば、どんなことでも、まずはサロンのスタッフに相談してみましょう。


ミュゼプラチナムでは、初めてご利用される方には事前にきめ細やかなカウンセリングを行い、疑問点や不安点を取り除いてからお手入れに当たるようにしています。

脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。

<