ライフスタイル 女医さん教えて! アソコのかゆみ・ムズムズどうしたらいい?

女医さん教えて! アソコのかゆみ・ムズムズどうしたらいい?

Created date

Up date

デリケートゾーンの悩みって、なかなか人には言えないですよね。かゆくなったりムズムズを感じたり、トラブルがある時ってみんなはどうしてる?
今回はそんなデリケートゾーンのトラブルの原因、解消&予防方法を女性医師に聞きました!

監修:喜田直江医師
監修:喜田直江医師

なおえビューティークリニック 院長。京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。2011年に東京・銀座で美容婦人科治療専門クリニック、なおえビューティークリニックを開院。TV、雑誌など多数のメディアに出演中。

デリケートゾーンのかゆみ、ムズムズの原因は?

外出中にも襲ってくる、デリケートゾーンのかゆみやムズムズ。一体どうして起こるのでしょうか? 悩みを持つ女性のための婦人科形成「なおえビューティークリニック」院長の喜田直江先生に、原因を聞きました。

かゆみ・ムズムズはこんな時に起きる!

  • 汗によるムレ
  • 生理時に敏感になっている
  • 下着の繊維や生理用品・おりものシートが合っていない
  • 洗いすぎによる乾燥
  • トイレ時の強い摩擦
  • ムダ毛によるムレ
  • ムダ毛が多い、長いことで不衛生になる
  • きちんと拭けていない
  • カンジダなどの感染症や皮膚炎

など

まず、かゆみやムズムズが起こるのは、肌がダメージを受けているから。そのダメージになる原因が、上に挙げたような項目です。
不潔、摩擦、乾燥などは、肌ダメージを起こすので注意してください。

かゆみが長引く、かぶれている、おりものの様子が違うなどの症状を感じたら、湿疹などの皮膚炎や、細菌・ウイルス・真菌(カビ)に感染して起こる、カンジダやトリコモナスなどの感染症の可能性も。
悩まずに医師に相談してくださいね!

かゆみ・ムズムズを起こすNG行為

  • トイレットペーパーで強く拭く

  • 締め付ける下着やタイツ・ストッキングをはく

  • 素材の合わない下着やナプキンをつける

  • ムレやすい素材の下着をはく

  • 洗浄力の強いボディソープや固形石鹸で洗いすぎる

  • ストレスなどでホルモンバランスを崩す

  • ナプキンを長い時間変えない

  • ムダ毛を処理しない、または間違ったムダ毛処理

ナプキンはマメに交換を。トイレに行くたびに交換するのはもちろん、尿意などがない場合でも2〜3時間ごとに替えてくださいね。

かゆみが続く場合はナプキンが肌に合っていないのかも。最近ではオーガニックコットンなどの肌にやさしい生理用品も多くあるので、刺激の少ないものを選びましょう。

また、ストレスなどの影響で免疫が落ちると、感染症などにかかりやすくなることも。
規則正しい生活、バランスの良い食事、ストレスを溜めないようにするのも大切ですよ!

【VIOケア】自己処理How toや疑問を解説します!

先生教えて! デリケートゾーンのかゆみケア

かゆみやムズムズの原因がわかったところで、実際のケアや予防には3つのポイントがあるみたい。ポイントを押さえて、いつも快適な状態に!

デリケートゾーンケアの3カ条

【その1】清潔に保つ

固形石鹸はアルカリ性なので、できればデリケートゾーン用の酸性の洗浄料がオススメ。
アルカリ性の石鹸はしっかりと汚れを落とすことができる反面、洗浄力が刺激となってしまうことも。一方、酸性の洗浄料は肌のpHに近いためマイルドに汚れを落とせます。
清潔に保ちたいあまりに、膣の中を洗うのは絶対にNG。膣には自浄作用があるので、洗うと逆に感染症などにかかりやすくなることもあるので注意!

【その2】しっかりと保湿をする

顔のスキンケアでも感じるように、乾燥は肌の大敵。デリケートゾーンを清潔にしながら、適切なうるおいを保ちましょう。できればデリケートゾーン専用の保湿剤がオススメですが、無ければ肌にやさしいタイプのボディミルクでも◎ 保湿剤が膣に入らないように気をつけて。

【その3】VIOのムダ毛をケアする

ムダ毛はすべて処理してもOK。その際、肌ダメージを与えるカミソリや毛抜きを使うのはNGです。ムダ毛を残す場合は、尿などがつきにくいよう、またムレないように短く整えるなどの処理を。VIOの処理を難しく感じる場合は、無理せずサロンやクリニックでプロに頼って!

私のクリニックには、デリケートゾーンに悩みを抱える女性が多く来院します。かゆみなどのトラブルは、適切に洗えていないことも原因にあると感じますね。

若い人の中には、自分の性器を一度も見たことがないという人も少なくありません。性器の形や構造を知ることで洗い方も分かってくるので、鏡を使って一度じっくり観察してみてくださいね。

また、かゆみ予防のうえでもムダ毛ケアは大切です。ただ、毛抜きやカミソリなどでの処理は肌にダメージを与えて、逆にかゆみの原因になるので注意してくださいね。

まとめ

悩ましいデリケートゾーンのかゆみやムズムズの原因は、不潔、摩擦、乾燥にあるみたい。清潔に保ってうるおいをキープし、肌にダメージを与えないようにしましょうね!

イラスト/黒猫まな子
構成・文/本間香奈、vivace

あわせて読みたい

関連記事