スキンケア 【はじめての美容医療入門】肌悩み別オススメ施術

【はじめての美容医療入門】肌悩み別オススメ施術

Created date

Up date

美容医療に興味はあるけど、なんだかちょっと怖いかも…と思っていませんか? 実は初心者にもオススメな「もっとキレイになるための医療」がたくさんあるんです!
今回は入門にぴったりな美容医療の施術など、はじめての人にも安心な情報をご紹介!
また、みんなの美容医療への関心や体験などの調査アンケートも必見です。

監修:神島輪医師
監修:神島輪医師

東京女子医科大学卒業後、同大学の皮膚科に入局。現在は一般診療だけでなく美容診療にも携わり、水道橋ひふ科クリニックの院長として勤務。

美容医療ってなに?

「美容医療」ってよく耳にするけど、実際はどんなことをしているの?
皮膚科医の神島先生に教えてもらいました!

美容医療とは、医師の診察で行う薬品や医療機器を使った“医療行為”で、主に美容皮膚科、美容外科、美容内科、医療脱毛などがあります。

 

美容医療は、医師の診断のもとでそれぞれの悩みやトラブル(ニキビやシミ・そばかすなど)に合わせて治療をするため、肌状態の改善が期待できるのがメリットです。

 

反面、怪我や病気を治す治療と違い、美容医療には「完治」という明確なゴールがない場合も多く、 治療を受ける本人が治療前にそのような認識を持っていないとトラブルになることも。

メリットとリスクを正しく理解して治療を受けましょう!

【美容医療のメリット】

・悩みやトラブルに合わせて医師が診断して治療するため、それぞれの症状に合った適切なケアができる。

・投薬や施術などの医療行為により、肌状態の改善が期待できる。

【美容医療のデメリット】

・保険適応ではない自由診療の場合、治療費用がクリニックによってまちまちなので、診察の段階で確認が必要。

・自己ケアやエステに比べて高い効果が期待できる反面、治療によるリスクも。

美容医療を受けるなら、信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大切。
クチコミを見たり、診察時にしっかりと医師に確認するなど、主体的な治療を目指そう!

美容医療にはどんなものがあるの?

さまざまな治療方法があるけれど、今回は初心者にも取り入れやすい、「美容皮膚科」での治療をご紹介。

レーザー治療

即効性があり、短時間でも肌悩みにアプローチできる治療法。レーザー光には黒い色素に反応して熱を出す特性があり、肌にあるホクロやシミ、そばかすなどに反応してメラニン色素を壊し、黒い色素を消すという効果が。照射できる範囲は狭いものの肌の深いところまで届くのが特徴です。

フォトフェイシャル

IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる光を照射し、シミやくすみ、毛穴の開きやキメ、ニキビ跡、たるみなど、気になる肌トラブルに同時に働きかけます。レーザーよりも照射する範囲は広いものの、肌の奥までは届きにくいため、治療を継続的に続けることで効果が現れます。

ケミカルピーリング

古い角質を除去するケア方法。ピール(peel=皮をむく)の意味のように、皮膚の表面の古い角質を剥がして肌のターンオーバーを助け、健康な皮膚への生まれ変わりを促します。グリコール酸や乳酸、サリチル酸などのピーリング成分が配合された薬剤を肌に塗って行います。

イオン導入

化粧水に配合された成分を、より深く肌のすみずみまで届けるためのケア方法。導入機を使い、微弱の電流を流すことで、普段のケアでは浸透しにくい水溶性の成分をイオン化。肌の内部まで送り込まれたイオンが、美容成分が届きにくい皮膚の深部まで浸透を促します。美白、乾燥、キメ、ニキビ跡、くすみなどが気になる人にオススメ。

ダーマペン

髪の毛よりも細い超極細の針を使用して、肌の表面に目には見えないほどの小さな穴を開ける治療法。穴の空いた皮膚を修復しようとする治癒能力を利用して、なめらかで美しい肌状態へと整えます。ニキビ跡、毛穴の開き、くすみやハリ、目元口元の小ジワなどが気になる人に。

ダウンタイムは治療によって異なるので、治療期間などを考慮して、自分に合った治療方法を納得のいくまで医師に相談のうえ、行いましょう!

【悩み別】オススメ美容医療

それぞれの肌悩みに対応した治療方法をご紹介! 1つの治療方法だけでなく、組み合わせることでより効果が高まる場合もあるので、診察時に相談してみよう。

ニキビ

フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、外用薬、内服薬など

ニキビ跡

レーザー治療、フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、ダーマペン、外用薬、内服薬など

毛穴の開き

フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、ダーマペン、外用薬など

毛穴の黒ずみ

フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、イオン導入、外用薬など

くすみ

レーザー治療、フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、イオン導入、外用薬、内服薬など

ホクロ

レーザー治療

みんなの「美容医療」への意識・実態調査

では実際、みんなは美容医療を受けているの? どんなことをしているの? ミュゼ会員を対象に緊急アンケートを実施しました! 気になる回答は?

どれくらいの人が“美容医療”を体験済み?

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

10人に1人が体験済みという、意外と高い結果に。
では、具体的にはどんな治療を受けているのでしょうか。

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

美容皮膚科治療を初めて体験する人は、まずは効果を実感しやすいレーザー治療を受けるということが多いよう。
レーザーとほかの治療を組み合わせている人も多くいました。

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

治療項目は1つではなく複数を選んだ人が多く、特に「シミ・そばかす取り」は、自己ケアが難しいために、受診目的とした人が多かったよう。
「その他」の目的としては、「ホクロ除去」という回答が多数。

治療を受けて良かった点としては、以下の声が。

ずっと気になっていたホクロがなくなり、メイクが楽しくなった

肌がキレイになった!

気になるシミや、毛穴が改善された

ニキビの赤みがひいた

コンプレックスに感じていた肌悩みが改善されて、肌だけでなく気持ちも前向きになれたといった声も見られました。

美容医療を受けたことがない人の約8割が治療してみたい、興味があると回答

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

美容治療に興味がある人、治療を受けてみたいという人は、どちらも8割超!
治療を受けたことがある人が1割程度な反面、高い関心を持っていることがわかります。

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

やはり、コスト面の不安が高いようだけど、ネガティブな回答だけでなく、「肌がキレイになる」の回答が79件あり、ポジティブなイメージを持っている人も多いみたい。

出典:対象:女性ミュゼ会員 / 2022年6月30日〜7月3日 /133人 / 調査方法:ミュゼプラチナム調査

レーザー治療が1位に。
治療の効果を感じやすいというところが、初心者の入門編の治療として、受けてみたい理由となっているよう。

何度も潰してしまったニキビ跡、どうにもならない毛穴の黒ずみなどが気になったら受診を!

美容医療は、医師の診断のもとで行われる治療行為なので、気軽には行けない、ハードルが高いと感じている人が多いよう。
だけど、実際に治療経験がある人の回答では、「気になっていた部分が解消できた」というポジティブな意見が目立っています。
スキンケアだけではなかなか解決できない肌悩みを抱えている人は、美容医療に頼るのも手かも。
じっくりと情報収集をして、信頼できる医師やクリニックを探すことから始めてみて!

構成・文/本間香奈、vivace

あわせて読みたい

関連記事