ニキビ・敏感肌・アトピー肌でも脱毛はできるの?

「脱毛に通いたいけれど、敏感肌だから施術を受けられないかも...」と不安に感じる方も少なくありません。今回は、ニキビ・敏感肌・アトピー肌の方でも脱毛を受けることができるのか?についてご紹介します。

そもそも、敏感肌・アトピーとは?

image1.jpeg

敏感肌とは、化粧品や洗顔料などに反応して赤みが出たり、荒れたりしやすいお肌の状態をいいます。医学的な病名ではありませんが、食生活の乱れや、不摂生、ストレス、間違ったスキンケアなどによって、お肌が敏感になっている人が増えているようです。敏感肌に乾燥は大敵なので、肌を整えるためにもしっかりとした保湿が大切です。

アトピーとは、アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられる皮膚の病気です。
一般に「アトピー性皮膚炎」とよばれ、主にかゆみや湿疹などの症状が現れます。なかなか治りにくく、良くなったり悪くなったりを繰り返します。薬による治療や生活習慣の改善などを根気よく続ける必要があります。

大人のニキビの原因は?

image2.jpeg

「ニキビ」と一言で表しても、思春期ニキビと大人ニキビとでは、原因が異なります。大人ニキビができる原因として、以下のようなものが考えられます。

  • 乾燥により肌のバリア機能が低下しているため
  • 肌のターンオーバーが乱れているため
  • 生理周期により皮脂分泌量が増えるため
  • 睡眠不足、栄養不足
  • ストレスが溜まっているため

サロン脱毛でお肌への負担を軽減

image3.jpeg

ライトを使ったサロン脱毛はお肌へのダメージが少ないため、お肌が弱い方でも、基本的にはお手入れできます。

敏感肌の方はもちろん、アトピー肌の方でもお肌の状態が安定していれば問題ありません。サロンではお手入れする部分に専用のジェルやローションを塗るため、お肌への負担が軽減される形で施術できます。


なおレーザー脱毛の場合も基本的にはお手入れ可能ですが、ライトよりも刺激が強いため、肌状態によっては不可とされる場合があります。 ミュゼプラチナムの美容脱毛では、肌へのダメージが少ない「S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)」を採用しています。


お肌に塗るジェルは、お肌に優しい成分でできていること、また、お手入れ前には必ず肌状態のチェックを行っているので、敏感肌やアトピー肌の方でも安心してお手入れを受けていただけます。

関連記事コラム >ミュゼの脱毛方法はこちら

脱毛でニキビ跡が改善する?

image4.jpeg

「脱毛でニキビ跡が改善する」という噂を耳にしたことがある方も少なくありません。しかし、残念ながら、脱毛とニキビ跡の改善は直接的には関係ありません。

脱毛時の注意点

image5.jpeg

サロン脱毛は敏感肌・アトピー肌の方のお手入れもできますが、お肌に薬を塗っている場合にはお手入れができません。お肌の状態によっては、医師の許可が必要な場合もあります。


また、お肌が極端に弱い、ケロイド体質、光過敏症、その他皮膚に何らかの異常がある場合にはお手入れすることができません。心配な場合は、カウンセリング時にスタッフへご相談ください。

詳しくご相談をしたい方はこちらから

ニキビがあっても脱毛できる?

image6.jpeg

ニキビがある場合でも、施術を受けることは可能です。ニキビがある場合、サロンスタッフが照射前にニキビ部分をシールなどで隠して、照射するライトやレーザーが当たらないように準備を行います。ニキビができてしまっても、脱毛に通うことはできるのでご安心ください。

自己処理はなるべく避けましょう

image7.jpeg上で述べた通り、サロン脱毛であれば基本的にお手入れが可能です。
その一方で、自宅で気軽にできる自己処理という方法もあります。しかし剃ったり抜いたりする方法はお肌へのダメージが大きく、特にお肌が弱い方の場合は、肌トラブルを起こしやすいため控えた方がよいでしょう。

代表的な自己処理の方法によるトラブル

・カミソリ

ムダ毛だけでなく、刃を当てた部分の肌組織まで一緒に削ってしまうことが多いです。そのため、色素沈着や傷、乾燥による肌トラブルが発生しやすくなります。

・脱毛クリーム

脱毛クリームはアルカリ性の薬剤でできており、ムダ毛=たんぱく質を溶かして除毛します。お肌はムダ毛と同じたんぱく質でできているため、薬剤によるダメージがあります。特に敏感肌の方は、負担が大きくなることがあるので注意が必要です。

・ワックス脱毛、毛抜き

毛を無理に引き抜くことになるので、土台となるお肌がダメージを受けてしまいます。肌荒れや毛穴の炎症など、肌トラブルが起こる場合もあります。

サロン脱毛のメリットとアフターケア

image8.jpeg

上記のように、自己処理ではお肌にダメージを与えてしまい、色素沈着や炎症の原因になりがちです。

しかし、サロン脱毛ならお肌へのダメージが少なく、お手入れ後のケアもスタッフがしっかり行うため安心です。また、自己処理を繰り返すことによるお肌への負担が減るため、肌状態の悪化を防ぐこともできます。


ミュゼプラチナムでは、お手入れ後はお肌をクールダウンし、プラセンタエキスを配合したミルクローションを塗ってトリートメントを行います。お肌をしっかり保湿するため、炎症や乾燥を防げます。
このようにダメージを最小限に抑える工夫をしているため、お肌が弱い方でも負担を気にせずお手入れができます。 また、脱毛後はご自宅でのアフターケアが大切です。なかでも保湿は欠かさず、お手入れの当日以降もクリームなどで保湿することで、お肌の状態を健やかに保つことができます。さらに、夏は日焼け対策も必要。日傘や帽子で紫外線をカバーすることをおすすめします。
ただし、お手入れ直後のお肌は敏感になっているため、お手入れ当日の保湿クリーム、日焼け止めクリーム、制汗剤のご使用はお控えください※。


お肌になるべく刺激を与えないことも大切です。お手入れ後のお肌はショーツや衣服のこすれ・摩擦に十分ご注意ください。脚を脱毛した場合は、ストッキングやタイツなど、お手入れ箇所を締め付ける衣類はなるべく避けましょう。
また、お手入れ当日の入浴は、お風呂には浸からずにぬるめのシャワーのみで済ませましょう。身体を洗う際は、タオルで強くこすらず、手のひらでやさしく洗ってください。
脱毛後のお肌の状態が気になる場合は、掻いたりこすったりせず、冷たいタオルなどで冷やしていただくことをおすすめします。
※ミュゼプラチナムが推奨する物であればお使いいただけます。

関連記事コラム>脱毛って肌へのダメージはないの?

肌が弱い方には美容脱毛がおすすめ

image9.jpeg

今回は、ニキビ・敏感肌・アトピー肌の方でも脱毛を受けることができるのか?についてご紹介しました。肌が弱い方の場合、照射威力が弱い光脱毛であれば、肌に優しく脱毛を続けられます。脱毛検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

このページのTOPへ