埋もれ毛の気になるアレコレを徹底解説!原因や予防、対処方法は?|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

ワキやアンダーヘアなどのムダ毛を自己処理していたら、「埋没毛」になってしまったという経験がある方も多いと思います。

皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛は、ひどくなると黒いポツポツが濃く目立つなど、見た目が気になります。だからといって、無理に取り出そうとすると、肌を傷つけてしまいます。
ここでは、埋没毛が起こる原因と対処方法、また、埋没毛にならないための脱毛方法などについて、ご紹介します。

埋もれ毛(埋没毛)って何?原因は?

1.jpg

まずは、埋もれ毛とはどのようなものなのか、なぜそのようなものができてしまうのかという原因について解説します。埋もれ毛ができる原因を知ることで、予防にもなるので確認してみてください。

皮膚の下で長く成長した体毛

埋もれ毛とは、皮膚の外側に出てこずに皮膚の中で成長してしまった体毛のことを言います。肌や毛穴が傷ついたりして毛穴が塞がってしまった場合に、皮膚の中で体毛が成長してしまうのです。

薄い皮膚の下で伸びるため、表面からは透けて見えますが、そのままでは脱毛することができないのが特徴。無理に抜こうと皮膚を破って抜こうとすると、皮膚が赤くなったりトラブルが起こりやすいです

埋もれ毛の原因は毛抜きなどでの誤った自己処理

埋もれげになってしまう原因にはいろいろありますが、そのうちの一つに誤った自己処理があります。カミソリや毛抜きでの自己処理は手軽で便利ですが、その分肌への負担が大きいのも事実です。

カミソリで処理をすると皮膚の表面に傷を作ってしまうリスクがありますし、毛抜きで毛を引っ張ると毛穴の皮膚を傷つける原因にもなります。このように肌が傷ついて、毛穴が塞がってしまった時に皮膚の中で毛が成長したのが埋もれ毛です

埋もれ毛になりやすいのは脇・膝・二の腕など

埋もれ毛になりやすい場所は、脇や膝、二の腕などの皮膚が柔らかくて毛が太めの場所です。デリケートゾーンなどの、毛が太い場所も埋もれ毛になりやすいパーツと言われています。

これらのパーツは特に丁寧にケアをしないと埋もれ毛になりやすいので、優しくムダ毛の処理をしてしっかりと保湿を心がけてください

できてしまった埋もれ毛の対処法

2.jpg

気をつけていても、埋もれ毛ができてしまった、という方もいると思うので、こちらではできてしまった埋もれ毛を対処する方法をご紹介します。無理やり毛抜きなどで引っ張り出すのはよくないので注意してください。

スクラブなどでピーリングをする

自分で埋もれ毛の処理をしたい場合は、スクラブの入った石鹸やジェルを使って肌の古い角質を取り除くのが効果的。もちろん無理やり引っ張り出すよりも時間はかかりますが、その分肌への負担が少なく処理できます。

ピーリングを行うことで角質を柔らかくして、肌のターンオーバーを早めてあげられるので、その分埋もれ毛が外に出てくるまでの時間を短くするのです

皮膚科で処理してもらう

最も安心できる処理の方法は、皮膚科で処理してもらうこと。肌の状態や埋もれ毛の状態に合わせた適切な処理をしてもらえるので、気になる方は皮膚科医へ相談してみてください。

もし、今脱毛サロンやクリニックに通っている場合は、埋もれ毛を処理する時に抜かないようにしてもらえるかも相談するのがおすすめ。抜いてしまうとライトが反応しなくなり脱毛効果がなくなるため、肌から出したり剃るだけで止めてもらいます

埋もれ毛があっても医療脱毛できる

もし埋もれ毛になってしまっていても、外側から黒色が認識できるならば医療脱毛でお手入れ可能です。皮膚をレーザーは通過するため、毛根の死滅効果が期待できます。

ただし、もし埋もれ毛が脱毛されてしまった場合、皮膚の外には出てこないため見た目は変わらず埋もれ毛の状態のままとなるので、なるべく埋もれ毛のない状態で脱毛をする方が適切です

※脱毛クリニックによって麻酔を使う場合などお手入れ方法が異なりますので、詳細は各クリニックにお問い合わせください。

空席確認・予約する

埋もれ毛にならないためのお手入れは?

3.jpg

それでは、そもそも埋もれ毛を作らないために注意する点や、おすすめのお手入れ方法についてまとめます。肌をいたわって優しくケアすることが大切。

自己処理は肌を傷つけやすいので細心の注意を

脱毛サロンに行かずに自分で処理をしている、という方は肌を傷つけない方法で細心の注意を払いながらケアしてください。できれば、毛抜きやカミソリではなく電気シェーバーや脱毛クリームを使って処理するのがおすすめです。

また、サロンに通っていてもサロンでのお手入れの前には自己処理をしてから行く必要があるので、その際もなるべく肌に優しい電気シェーバーや脱毛クリームがおすすめです。ムダ毛を剃る時はジェルをつけるなど、肌の負担をなるべく減らしてください。

脱毛サロンやクリニックでのお手入れがおすすめ

肌への優しさや仕上がりの美しさだけでなく、埋もれ毛の対策のためにも脱毛サロンやクリニックでのお手入れがおすすめです。クリニックで行えるレーザー脱毛とサロンで行える光脱毛について特徴をまとめます。

・高い効果を得たいなら医療脱毛で行う「レーザー脱毛」

医療脱毛という名前の通り、医師や看護師など国家資格を受けている方しか実施できない脱毛方法です。そのため、脱毛効果が高く永久脱毛も可能。

ダメージが強い分痛みが強く出やすいのがデメリットですが、その分短期間で満足のいく仕上がりになるというメリットがあります。費用も比較的高いので、とにかく早くしっかりと効果を出したい方におすすめです。

・はじめての脱毛なら脱毛サロンで行う「光脱毛」

脱毛サロンで行えるのは光脱毛です。レーザー脱毛よりも出力レベルは弱いですが、その分頻繁に通うことができたり、痛みが少なかったりというメリットがあります。

料金もレーザー脱毛に比べ安価なので、これまで脱毛に通ったことがない初心者の方でも気軽にお手入れに通えるのが魅力です。

脱毛後はしっかりとアフターケアを

4.jpg

脱毛サロンでのお手入れは、自己処理に比べて肌への負担が少なく済むのが大きなメリットです。しかし、脱毛サロンでのお手入れ後も、やはり「アフターケア」は大切。お手入れ後の肌は、非常にデリケートになっているからです。

脱毛でライトを照射した後の肌は、ライトの熱が肌の水分を奪うため乾燥し、炎症を起こしやすくなっています。デリケートな肌の状態はしばらく続くため、ご自宅での保湿ケアがとても大切です。肌にやさしいローションで保湿をすることで潤いを与え、健やかな状態に保つことができ、お手入れの効果が表れやすくなります。
また、紫外線から肌を守ることも忘れずに。日傘や帽子、長袖などを使って、肌を保護してください。

アフターケアを徹底することで、あなたの肌を美肌に導き、「ムダ毛のない、美しいつるスベ肌」を実現することができます
脱毛後のケアについて、詳しくはこちらをご参照ください。

まとめ

5.jpg

今回は、埋もれ毛について、原因や予防方法、できてしまった場合の対処方法など、幅広い情報をお伝えしました。

埋もれ毛ができてしまうと見栄えもよくないですし、肌のトラブルになっているケースが多いためなるべくできないようにするのが大切です。そのために大切なのは、とにかく保湿。これはサロンに通っていても通っていなくても同じです。

ぜひ、肌をいたわりながら丁寧にムダ毛ケアをして、埋もれ毛ができないように注意してください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ