埋没毛の原因は?毛抜きでの自己処理は有効?予防方法は?|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

埋没毛とは?正しいお手入れでつるスベ肌を手に入れる

ワキやアンダーヘアなどのムダ毛を自己処理していたら、「埋没毛」になってしまったという経験がある方も多いと思います。
皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛は、ひどくなると黒いポツポツが濃く目立つなど、見た目が気になります。だからといって、無理に取り出そうとすると、肌を傷つけてしまいます。
ここでは、埋没毛が起こる原因と対処方法、また、埋没毛にならないための脱毛方法などについて、ご紹介します。

埋没毛ってどんなもの?その原因と毛抜きやカミソリでの自己処理の危険性

埋没毛とは?皮膚の下で成長した体毛

banner_32_column_a.jpg

埋没毛とは、カミソリや毛抜きなどを使った自己処理で起こることが多く、肌や毛穴が傷つくなど何らかの原因で毛穴が塞がることにより、皮膚の中で成長してしまった体毛を指します。皮膚から毛が透けて見えますが、皮膚の表面に毛が出てこられないため、脱毛することができないという特徴があります。

無理に抜こうとして埋没毛を悪化させると、赤みが出てしまいます。そんなときは、すぐに医療機関に相談してください。

なぜ埋没毛ができるの?間違った自己処理が原因

埋没毛が起きる原因はいくつかありますが、すぐに見直すことができるのは「間違ったムダ毛の自己処理をやめること」です。カミソリや毛抜きなどは、手軽で安価なため使う人も多くいらっしゃいますが、間違った方法で行うと肌や毛穴が傷つくことにより、埋没毛になる可能性が高くなってしまいます。例えば、カミソリでの処理はもともと肌の表面を削ってしまうリスクがあるのですが、毛の流れに逆らって剃ってしまうと、さらに肌表面にダメージを与えてしまいます。

また、毛抜きは、ムダ毛を引っ張るときに、毛穴も引っ張ってしまうため、毛根や毛穴の周りの皮膚を傷つけることにもつながりやすく、繰り返し使うことは避けることをおすすめします。

埋没毛の自己処理をするならスクラブやピーリングがおすすめ

1.jpg
それでは、できてしまった埋没毛はどのように処理をするのか?
毛抜きを使って埋没毛を無理に引き出すと、毛と一緒に周りの皮膚も引っ張られ、肌に傷がつきます。傷ついた肌が時間の経過とともに、治っていく過程で毛穴を塞いでしまうため、毛が皮膚の表面から出られなくなり、再び埋没毛が起こる可能性が高くなってしまいます

時間はかかりますが、自分でケアするなら気軽にできるボディスクラブやピーリング剤などで古い角質を落とすのがおすすめです。皮膚の新陳代謝を促すことで、埋没毛が表に出てくる可能性があります。
なお、ボディスクラブは粒子が細かいものでも肌に刺激を与えるため、無理にこすらないようにしてください。強くこすると肌が赤くなってしまいます。古い角質を溶かすピーリングもやりすぎるとよくないため、1週間に1回など時間を置くようにしてください。どちらも肌に合わない場合はすぐに中止をし、必要であれば医療機関を受診してください。

放置してはいけない埋没毛とは?

2.jpg
埋没毛は無理やり取り出さずに、ボディスクラブやピーリング剤を使用して様子を見る対処法が一般的です。しかし、なかには放って置いてはいけない埋没毛もあります。

医療的対処が必要な埋没毛と、放置するとどうなるかを詳しく説明します。

埋没毛の周りの皮膚が炎症を起こしている場合

埋没毛は皮膚の表皮のなかで伸びてしまうので、皮膚の組織を傷つけることがあります。傷ついた皮膚に菌などが付着すると、毛穴が炎症を起こしてしまう原因となります。埋没毛付近の皮膚が炎症を起こしている場合は毛嚢炎となっている可能性があるため、腫れの症状に対処しなければなりません。


毛嚢炎とは、見た目はニキビのようですが、中央に赤みや膿があるのが特徴です。もし埋没毛のまわりが炎症を起こしている状態でボディスクラブやピーリング剤を使ってしまうと、余計に肌が傷つき、悪化してしまうことがあります。ニキビのような症状が見えたらボディスクラブやピーリング剤の使用を控え、皮膚の炎症を抑える市販薬を塗るようにしてください。


ドラッグストアなどで薬剤師に相談すると、適切な市販薬を紹介してもらえます。市販薬を使用しながら5日くらい様子を見て、症状が治まらなければ皮膚科などで医師に診察してください。
症状が治まらないまま1週間以上放置するのは危険なので、早めに医療機関にかかると安心です。

毛嚢炎は放置すると色素沈着を起こし黒ずみの原因に

毛嚢炎は症状が軽ければ自然に治ることがあります。しかし、1週間以上腫れていたり痛みが出てきたりしているものを放置していると、皮膚は色素沈着を起こして黒ずみとなってしまうことがあります。重度のものは肌に跡として残ることがあるため、長引く毛嚢炎は放って置いてもデメリットしかありません。

肌に跡として残ってしまえば、元通りにするのは難しくなってしまいます。埋没毛よりも汚い見た目になってしまうので、早めに対処してください。軽度のものは患部を清潔に保って保湿をしていれば改善しますが、症状が重い場合は皮膚科などで診てもらってください。

もし色素沈着や黒ずみ、傷跡になってしまうと、今後脱毛をしたいと思ったとき、その部分に施術することができないかもしれません。

埋没毛ができやすい部位は、脇・膝・二の腕

3.jpg
埋没毛は毛が生えるところならどこにでもできますが、特にできやすいのは太くて硬い毛質の部位、皮膚が柔らかい部位と言われています。具体的には、脇、膝、二の腕などです。また、デリケートゾーンも毛が太い部位なので、埋没毛ができやすい部位と言われています。これらの部位は埋没毛ができないように、念入りにお手入れしなければなりません。

家庭でできる埋没毛の予防は、保湿が一番です。自己処理の前後や、自己処理しない日も保湿クリームなどで肌の水分補給を心がけてください。日焼け止めや日傘などで日焼け対策をして、肌が乾燥しないように配慮してください。


また、肌の傷は治癒の過程で埋没毛を発生させる可能性があるため、カミソリや電気シェーバーで自己処理する場合は、肌が傷つかないように十分に注意してください。毛抜きでの処理はカミソリや電気シェーバーよりも埋没毛ができやすいので、それ以外の自己処理方法をおすすめします。しかし、埋没毛の原因はカミソリなどの自己処理にあるため、毎日しっかり肌のお手入れをしたとしても、自己処理を続けている限り埋没毛になる可能性は拭えません。

埋没毛にならないお手入れ方法とは?

脱毛方法を見直して肌へのダメージを軽減させよう

banner_32_column_b.png

埋没毛は一度できてしまうと、解消するのはなかなか難しいものです。大切なのは、「埋没毛にならない脱毛方法」を選ぶ事です。自己処理の危険性について、これまでご紹介してきましたが、ここでもう一度おさらいします。

カミソリによるお手入れの場合、どれだけ気をつけていたとしても、肌にダメージを与えることは避けきれません。カミソリを使えば、肌の表面もまたカミソリの刃によって削られてしまうからです。特に古いカミソリや切れ味の悪いカミソリ、さびたカミソリなどは肌にかかる負担が非常に大きく、埋没毛以外にもさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。

また、毛抜きは1〜2本ほど生えた毛を引き抜くのには便利なアイテムですが、これを使ってワキの処理を行っている人は注意が必要です。毛抜きでの自己処理は、強い力で引っ張ることになるため、当然肌は傷つきます。場合によっては、毛嚢炎などを引き起こす可能性もあります。特に、「血が出てくるほど強い力で引っ張っている」という人は注意が必要です。

家庭用脱毛器やワックスの一部も、扱い方によっては埋没毛を引き起こす可能性があるため、使用方法をしっかりと確認して、品質のよいものを選ぶようにしてください。
脱毛の自己処理のデメリットについて、詳しくは以下をご参照ください。
>脱毛の自己処理のデメリット

肌へ負担をかけないように、美容脱毛専門サロンやクリニックでお手入れをしよう

4.jpg
埋没毛を避けるために、脱毛のプロである脱毛サロンや医療脱毛クリニックでお手入れを受けることをおすすめします。プロによるお手入れなら、毛穴を塞ぐことなくキレイにムダ毛を脱毛することができます。

脱毛には、大きく分けて「クリニックでの脱毛(医療脱毛)」と「サロン脱毛」があるので、それぞれ詳しく解説します。

医療脱毛で行うレーザー脱毛

医療脱毛は医療脱毛クリニックで受けられる医療レーザー脱毛のことです。毛のメラニン色素に反応して毛根を破壊するレーザーを肌に照射し、毛を生えにくくします。毛が生えにくくなれば自己処理の回数が減るので、埋没毛もできにくくなります。

医療脱毛は永久脱毛も可能なため、毛自体が生えてこなければ埋没毛になることもありません。埋没毛の予防としては、非常に効果的な方法といえます。また、医療脱毛は医療機関で施術されるため、脱毛機の出力を強くして医療行為レベルでの施術を可能としています。

サロン脱毛より脱毛効果が高いと言われており、毛が減っていることを実感できるのも早いです。埋没毛となってしまった部分にも施術は可能で、通常の毛と脱毛効果に大差ありませんが、施術後の毛の抜け方に違いがあります。通常の毛は、医療脱毛で施術したあと1~2週間でレーザー照射された毛が抜け落ちることが一般的です。

一方、埋没毛は肌の内部に埋まっているため、施術後も肌の内部に埋まった状態のままとなります。肌のターンオーバーによって自然と排出されるのを待たなければなりません。それでも、スクラブやピーリング剤を使用するよりも早く改善され、埋没毛が繰り返し発生することを防げます。

ここまでの説明では、埋没毛には医療脱毛がとても効果的に見えますが、デメリットもあります。医療脱毛は脱毛機の出力が強いので肌トラブルを引き起こすリスクはサロン脱毛より高く、痛みを伴いやすいと言われています。何か起こってもすぐに医師が対処してくれますが、肌が弱い人はサロン脱毛からはじめてみることをおすすめします。

さらに、医療脱毛は施術1回当たりの料金が高いので、お財布事情を圧迫する可能性があります。一歩踏み込むのにも入念な経済計画や勇気がいるため、気軽に手が出せないのも医療脱毛のデメリットです。

サロン脱毛で行う光脱毛

サロン脱毛は、光脱毛を提供する脱毛サロンで受けられます。医療脱毛と仕組みは同じで、毛根にダメージを与えるライトを照射して脱毛します。医療脱毛ほど脱毛機の出力が高くないため、肌に優しく美容効果も期待できるのがポイントです。1回当たりの料金が安いうえに痛みもほとんどないので、初めて脱毛を経験される方もご安心ください。

ミュゼプラチナムでは、肌へのダメージや痛みが少ない「S.S.C.脱毛」を採用しています。制毛成分配合の専用ジェルを肌に塗布し、そのうえからライトを当てる方法で美容脱毛を行います。ライトを照射するとジェルに含まれる抑毛成分が毛根に作用する仕組みです。

この専用ジェルには数種類の植物由来成分も配合されているため、美容効果も期待できます。また、ミュゼプラチナムでは施術後、脱毛部位に独自開発した仕上げのミルクローションを塗ります。プラセンタエキス配合なので、さらなる美容効果が得られます。

ミュゼプラチナムのように、脱毛サロンは肌に優しい脱毛を提供しながら美容効果を高める独自のサービスも展開しています。埋没毛の発生を抑えながらムダ毛のお手入れができるので、サロン脱毛は自己処理よりも安全です。埋没毛が発生してしまったあとでも、肌に負担をかけることなく埋没毛をケアすることができます。

しかし、医療脱毛ほど脱毛効果は高くないため、埋没毛を完全に処理するには施術回数を重ねる必要があります。また、医療機関ではない脱毛サロンでは、万が一脱毛で肌トラブルが起こったとしても医療的対処ができません。医療機関と提携している脱毛サロンはたくさんありますが、提携しているクリニックに自分で行かなければならないので、医療脱毛ほどの迅速な対応は不可能です。

アフターケアを行って埋没毛がないつるスベ肌を手に入れよう

5.jpg
脱毛サロンでのお手入れは、自己処理に比べて肌への負担が少なく済むのが大きなメリットです。しかし、脱毛サロンでのお手入れ後も、やはり「アフターケア」は大切。お手入れ後の肌は、非常にデリケートになっているからです。

脱毛でライトを照射した後の肌は、ライトの熱が肌の水分を奪うため乾燥し、炎症を起こしやすくなっています。デリケートな肌の状態はしばらく続くため、ご自宅での保湿ケアがとても大切です。肌にやさしいローションで保湿をすることで潤いを与え、健やかな状態に保つことができ、お手入れの効果が表れやすくなります。
また、紫外線から肌を守ることも忘れずに。日傘や帽子、長袖などを使って、肌を保護してください。

アフターケアを徹底することで、あなたの肌を美肌に導き、「ムダ毛のない、美しいつるスベ肌」を実現することができます
脱毛後のケアについて、詳しくはこちらをご参照ください。

このページのTOPへ