脱毛クリームで毛が濃くなる?仕組みや効果・おすすめの除毛クリームを紹介!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

除毛クリームを使うと毛が濃くなる噂って本当?

b55c8be397c52830f09cd9ae610512180543596d.jpeg

除毛クリームを使用した脱毛についての仕組みと特徴を知ろう!

「ムダ毛をキレイに処理したい」と考えるとき、そこにはさまざまな選択肢があります。除毛クリームを使う方法や抑毛ローションを使う方法、毛抜きを使う方法、カミソリを使う方法、エステサロンを利用する方法など。しかし実際のところ、それぞれの違いやメリット・デメリットなど、十分に理解できている人は少ないかもしれません。そこで今回は、その中から「除毛クリーム」と「エステサロンでのお手入れ」について詳しく取り上げていきます。

除毛クリームは、その名前の通り「ムダ毛を除くためのクリーム」を指します。ムダ毛の主成分はたんぱく質ですが、これを溶かす成分を配合した除毛クリームを塗ることで、ムダ毛をきれいキレイに処理することができるわけです。
ただし、この除毛クリームは便利な一方で、使い方を間違えれば肌に大きなダメージを与えてしまうものでもあります。ある程度は自分で対処できますが、人によっては除毛クリームによる処理が向かない場合もあるので要注意です。除毛クリームが向かない場合は、エステサロンなどでのお手入れを考える必要が出てくるでしょう。除毛クリームとの付き合い方について、ここでしっかり理解しておいてください。

脱毛クリームで毛は濃くなりません。その理由とは?

除毛クリームの仕組みと特徴について

1204248_s.jpg

前述の通り、ムダ毛のお手入れには除毛クリームや抑毛ローション、毛抜き、カミソリ、エステサロンを利用するなど、さまざまな方法があります。その選択肢のひとつである除毛クリームは、手軽に使用でき、デリケートな箇所にも使えるものなど、たくさんの商品が発売されています。除毛クリームは肌に直接塗るもの。肌に合わないケースもあるため、その成分を確認することが重要です。

ムダ毛の主成分はたんぱく質ですので、除毛クリームにはたんぱく質を溶かすための有効成分が配合されています。その中でもっとも一般的な成分は、「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれるもの。これはムダ毛を取り除くための成分として広く知られており、効率的にムダ毛を溶かしていきます。
除毛クリームで行うムダ毛の処理は、除毛クリームを肌に1~3ミリ程度の厚さに塗り、5~10分ほどおいて洗い流すという方法です。自宅で簡単に処理できるうえ、即効性があります。さらに太い毛でもきちんと処理できるため、「明日海に行くことになった!」というような場合でも安心です。

除毛クリームについては、しばしば「除毛クリームで処理した場合、次に生えてくる毛が濃くなるのではないか」という声が挙がります。除毛クリームは毛を根っこから処理しているわけではないので、再び毛は生えてきます。あくまで「今、肌の表面にある毛の処理まで」です。除毛クリームで処理した後のツルツルした肌に新しい毛が出てくるわけですから、それが目立って濃くなったように見えるかもしれません。
しかし除毛クリームでの処理後に生えてくる毛は、良くも悪くも除毛クリームの影響を受けません。除毛クリームは「今、肌の表面にある毛」を溶かすものであり、皮膚の下に埋もれている毛に対して作用するものではないからです。そのため、今までと同じ毛が生えてくることとなり、「除毛クリームで処理したら毛が太くなる」というのは誤りです。

除毛クリームは、脱毛したいと願う人にとって非常に便利なものです。カミソリを肌に当てる処理とは異なり、肌の表面を削る心配がありません。また、カミソリ負けしやすい人でも安心して使うことができます。さらに処理後の毛先が丸くなるため、カミソリでの処理後のようにチクチクとしたむずがゆさを感じることもありません。
また、除毛クリームのメリットとして「コストパフォーマンスが高い」ということも挙げられます。実際の価格は商品によって異なりますが、除毛クリームは1本あたり2,000円程度から手に入れることが可能。そのため、経済的な負担が少ないのです。加えて手軽に自宅などで処理できるため、時間もかかりません。

ただし、除毛クリームにもデメリットはあります。まず除毛クリームは「脱毛完了」ではないので、永続性はありません。一度毛を取り除いても、その後でまた同じように毛が生えてきます。
また、現在は肌に良い成分を配合した除毛クリームもたくさん出ていますが、肌の表面もまたムダ毛と同じ「たんぱく質」でできています。そのため、除毛クリームを塗ることで肌にダメージが及ぶことがあるでしょう。
なお、除毛クリームには独特の臭いがある場合も多く、臭いに敏感な人は少し使いにくさを感じるかもしれません。また、誤った使い方をすると大きな肌トラブルになることもあります。使い方については後ほど詳しく解説しますので、参考にしてください。

こうしたデメリットが怖い、あるいは正しく使える自信がないと感じる人は、脱毛サロンでのお手入れを考えた方がよいでしょう。

サロンなら相談しながら脱毛できるので安心

29996bc3ce0d88daaab7bf0bdf3b359141f5796b.jpg

脱毛を考える人の中には、次のような不安や要望を持っている人もいるのではないでしょうか。

「もともと肌が弱いので、除毛クリームでの処理は肌荒れが起きそうで怖くなってきた」

「専門家に相談しながら、ムダ毛のお手入れを進めていきたい」
「まだ肌が弱い子どもがムダ毛のお手入れをしたいと言うけど、除毛クリームではなく、より安全な方法を教えたい」

そのような人は、美容脱毛専門サロンを選ぶのがおすすめです。

ミュゼプラチナムでは、きめ細やかで手厚いカウンセリングを受けることが可能です。心配なこと、配慮してもらわなければならないことをスタッフに相談すれば、専門家の立場で適切なご回答を差し上げます。また、「痛みに特に弱い」「ほかの処理方法でトラブルが起きた」といったことも伝えていただければ、それを前提としたお手入れを実施していくことができます。そのほか、美容脱毛後のアフターケアなどについても詳しくお伝えできるので、不安なくお手入れを受けていただけます。

ミュゼプラチナムの行うジェルとライトを使ったS.S.C.方式の美容脱毛は、肌をジェルで守りつつライトを当てていきます。トリートメントには保湿効果の高いプラセンタエキスも配合されているため、ムダ毛をお手入れしつつ、美肌効果も期待できるでしょう。また、S.S.C.方式の美容脱毛はとてもスピーディーに行えるお手入れ方法です。除毛クリームは15分程度で終わりますが、S.S.C.方式の美容脱毛もワキなどの場合はわずか3分程度でお手入れが終了します。

「値段」「手軽さ」という点から見れば、確かに除毛クリームは魅力的なものといえるでしょう。しかし「速さ」「肌へのダメージ」「精神的な安心感」の3つで考えたときには、S.S.C.方式の美容脱毛の方がよりおすすめです。事前にしっかりカウンセリングを受けることのできるミュゼプラチナムのS.S.C.方式の美容脱毛については、下記からご確認ください。

除毛と脱毛の違いは?肌に優しい美容脱毛専門サロンでのお手入れ!

410a2d907861884295204bc6283e784319fce597.jpg

除毛と脱毛の違いとメリット・デメリット

次に、「除毛」と「脱毛」の違いやメリット・デメリットをご紹介します。除毛と脱毛の違いを知っておくことで、自分がムダ毛処理を行う際に、シーンに応じて除毛と脱毛のどちらを選べば良いのか判断しやすくなります。

除毛と脱毛の違いとは?

はじめに「除毛」と「脱毛」の違いについてご紹介します。それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

●「除毛」:毛を取り除くこと。

●「脱毛」:毛が抜けること。毛を取り去ること。

以上2つの言葉の意味から、脱毛クリームではムダ毛を一時的に取り除くことができるアイテムであることが分かります。一方、脱毛サロンでの脱毛を受けると、脱毛クリームでも可能な毛を取り去る効果だけではなく、毛を抜けさせることが可能です。

「除毛(脱毛クリーム)」では一時的にムダ毛を取り除く、「脱毛(光脱毛)」では一時的にムダ毛を取り除くだけでなく、毛穴から毛を抜けるように整えることができます。

除毛と脱毛のメリットを解説

<除毛のメリット>

●コストパフォーマンスに優れている

●即効性が高い

●費用が安い

脱毛クリームのメリットは、費用が安く手軽かつ綺麗にムダ毛を除毛することができるコストパフォーマンスの良さ。脱毛クリームは、安ければ1,000円以下で購入することもできるため、できるだけ安く綺麗にムダ毛処理を行いたいという方におすすめです。

また、脱毛クリームを塗って落とすだけでムダ毛処理が完了するため「明日海に行く予定がある」など、すぐにムダ毛を処理しないといけないというシーンにも役立ちます。

<脱毛のメリット>

●全身脱毛することができる

●肌に刺激を与えない

●一度脱毛完了したら、自己処理が不要になる

脱毛を受けるメリットは、肌に刺激を与えずに全身のムダ毛を処理できること。自分の手では届かなかった背中や太もも裏、首などもお好みの部位を綺麗に脱毛することが可能です。

また、半永久的に自己処理が必要な脱毛クリームに比べて、脱毛では一度完了したら自己処理が不要になることも、たまにムダ毛が生えてくることもありますが、自己処理の頻度を年に数回にまで減らせる点も魅力です。

除毛と脱毛のデメリットを解説

<除毛のデメリット>

●肌が弱い人は肌荒れする恐れがある

●除毛できない部位もある

脱毛クリームのデメリットとして、肌荒れをしてしまう恐れがあることが挙げられます。脱毛クリームには、ムダ毛を溶かすための薬剤が含まれています。そのため、特に肌が弱い方にとっては、脱毛クリームを肌に塗ると赤く腫れたりかゆみが生じたりすることも少なくありません。

また、VIOや顔などのデリケートな部位や、背中や首、太もも裏など自分の手では届かない部位などは、ムダ毛処理が難しい点もデメリットのひとつです。

<脱毛のデメリット>

●費用が高い

●サロンへ通うのが面倒

脱毛に通うデメリットは、脱毛クリームに比べると費用が高いこと。一時的にムダ毛を取り除くことができる「除毛」とは、脱毛効果の持続期間や必要が時間、手間が異なることから、脱毛に必要となる費用も高くなります。

また、実際にサロンへ足を運んでお手入れを受けなければいけないのが面倒だと感じる人も少なくありません。スケジュールを立てて、サロンの予約をして訪れることを煩わしいと感じることも。

手軽な脱毛クリーム派のあなたにおすすめの脱毛クリーム

image4-1.jpg

除毛と脱毛のメリット・デメリットを比較してみて、いつでも手軽にムダ毛処理できる脱毛クリーム派だというあなたに、おすすめの脱毛クリームをご紹介します。

それが、ミュゼプラチナムでご提供している「薬用ヘアリムーバルクリーム」。薬用ヘアリムーバルクリームの特長やおすすめポイントを詳しくご紹介します。

①肌に優しい天然由来成分87%配合

脱毛クリームを使ったら、肌が荒れてしまったというケースは珍しくありません。しかし、ミュゼプラチナムの脱毛クリームなら、天然由来成分が87%も配合されているため、肌に優しく除毛を行うことが可能です。

8種類の保湿成分配合

除毛クリームでムダ毛処理した後に、肌が乾燥してしまっては、その後肌荒れを引き起こしてしまうことも。ムダ毛処理後はしっかりと保湿を行うことが重要です。

ミュゼの脱毛クリームでは、8種類もの保湿成分を配合しているため、ムダ毛処理後も乾燥知らずのしっとりなめらかな美肌に仕上がります。

③どんな太さのムダ毛も最短5分で除毛完了

うぶ毛に近いやわらかくて細い毛から、男性のような太くて硬い毛まで、どんな太さのムダ毛であっても最短5分で除毛完了できます。

ミュゼプラチナムの脱毛クリームなら、毛深いとお悩みの方にも、毛が細くて脱毛が難しいと言われた方にも、ムダ毛に対してどのようなお悩みを抱えている方であっても問題ありません。自宅でパパっと簡単にムダ毛を処理できます。

Cream.jpg

薬用ヘアリムーバルクリーム【医薬部外品】200g

[まとめ]

除毛クリームは手軽でコストパフォーマンスに優れ、即効性の高さが魅力です。そういう観点で見れば、優れたムダ毛処理方法といえるでしょう。また、除毛クリームを使っても、後から生えてくる毛が濃くなるということもありません。そのため、例えば「明日、海に行くからムダ毛を処理したい」などのようなケースなら、とても使い勝手がよいアイテムです。

ただし、除毛クリームにはVIO部分の処理に制限があったり、肌が弱い人は肌荒れが起きやすかったりというデメリットもあります。パッチテストを行うことである程度予防することもできますが、肌荒れがひどいようならば病院で診察を受けなければなりません。そうしたデメリットを避けたいのであれば、美容脱毛専門サロンの利用をおすすめします。


例えば次のようにお考えの人は、ミュゼプラチナムが実施するS.S.C.方式の美容脱毛がおすすめです。

「トラブルを気にせず、安心してムダ毛のお手入れをしたい」
「肌に悩みや問題を抱えているので、専門家にじっくり相談したうえでムダ毛のお手入れをしたい」
「ただムダ毛をお手入れするだけでなく、しっかり美肌効果も得たい」 など

きめ細やかなカウンセリングの上、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させていただきます。ムダ毛のお手入れは、時として肌トラブルの原因となりかねません。また、自宅でのお手入れは手軽である一方、どうしても時間がかかってしまいます。めんどうなムダ毛のお手入れから解放される「美容脱毛専門サロン」で、つるスベ肌を手に入れましょう!

このページのTOPへ