家庭用脱毛器の選び方は?効果のある使い方やメリットデメリットも|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

家庭用脱毛器は、脱毛サロンに通うのが難しい方や、忙しい毎日を送る方にぴったりの脱毛方法です。自宅で好きなときに脱毛できて、誰かに体を見られる恥ずかしさもないので、人気が高まっているアイテムです。

今回は自分にぴったりの脱毛器を選ぶコツや、脱毛器を使う際の注意点、脱毛器の効果などを詳しくご紹介します。家庭用脱毛器を購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器の種類は?

1.jpg

家庭用脱毛器には、大きく分けて「フラッシュ式美容器」と「レーザー式美容器」の2つがあります。これらはそれぞれに特徴があり、重視する点に合わせて選ぶのがおすすめです。

広い範囲に当てやすい「フラッシュ式美容器」

まずは、初心者にもおすすめできる「フラッシュ式美容器」。脱毛サロンで使用するのと同じタイプで、誰でも使いやすいのがメリットのこちらのタイプを詳しくご紹介します。

・痛みが少なく初心者にもおすすめ

脱毛サロンと同じタイプとはいえ、家庭用のものは照射出力が控えめなので痛みが少ないのが安心ポイント

ただし、効果の出方も緩やかで、すぐに脱毛効果を感じるのは難しいかもしれません。長いこと使用して効果を実感できる、痛みの少ない脱毛器がいい方にぴったりのタイプです。

・照射口が大きく幅広い範囲を処理できる

フラッシュ式美容器のもう1つの特徴が、照射口が大きくなっていること。一度に処理できる範囲が広いので、全身の気になる箇所をスピーディーに処理できるのが魅力です。

また、種類にもよりますが、脱毛効果だけでなく肌のキメを整えるなど美肌効果を感じられる美容器もあるため、脱毛しながら美肌を目指したい方にもぴったり

効果が出やすい「レーザー式美容器」

続いて紹介するのは、医療脱毛で使われているのと同じタイプの「レーザー式美容器」です。フラッシュ式に比べて効果が出やすいと言われているレーザー式について、詳しく解説します。

・効果を感じやすいけれど痛みも感じやすい

医療脱毛と同じタイプですが、こちらも家庭用はクリニックで使われているものに比べると当然出力のレベルが控えめに設定されています。しかし、フラッシュ式に比べると痛みが出やすいこともあるので、痛みに弱い方は注意が必要です。

さらに、皮膚が弱い顔やデリケートゾーンには使えないこともあるため、脱毛したい箇所が決まっている場合はチェックしてから選ぶのが大切。痛みが出やすい分効果も出やすいので、早く効果が出ることを期待するならレーザー式がおすすめです

・照射口が小さくムダ毛を狙い撃ちするタイプ

ポイントでムダ毛を狙い撃ちするのがレーザー式の特徴なので、照射口が小さめ。ピンポイントで気になるムダ毛がある場合は、そこを狙い撃ちして高効果を発揮するのでレーザー式を選ぶのがいいかもしれません。

反対に、全身をくまなく処理したい場合には時間がかかってしまうので、大変に感じることもあるのが懸念点です

脱毛器のおすすめの選び方

2.jpg
「脱毛器がほしい!」と思ったとき、どんなことに気を付けて脱毛器を選んだらいいのでしょうか?

決して安い買い物ではない脱毛器ですから、購入後に後悔しないように事前にチェックすべき5つのポイントを押さえておきましょう。

照射面積の広さ

脱毛器の照射口が小さいと照射漏れが起きやすく、ムラができて綺麗に脱毛できずまたやり直し...ということにもなりかねません。

1回に広範囲を照射できる方が処理時間も短くなり、負担が少なくて済むため、照射面積はなるべく広いものを選ぶのがおすすめです

VIOや顔にも使えるか

脱毛器には全身に使えるものもあれば、使用可能部位が制限されているものもあります

とくにIラインとOラインや、顔の上部には使用できない脱毛器は多いので、VIO全体や顔の脱毛を希望している場合は、注意が必要です。

ケアしたい部位に使用しても大丈夫なのかどうか、事前のチェックを忘れないようにしましょう

照射の強弱調整

脱毛に慣れないうちは痛みを強く感じることがあるので、照射レベルの強弱が調整できる機能があると便利です

使い始めは低レベルからスタートして、慣れてきたら徐々にレベルを上げるのが効果的です。

デリケートゾーンや皮膚の柔らかい部位は特に、弱めのレベル設定ができる脱毛器の方が、無理なく使えます。

痛みが強いまま使うのは肌にダメージを与えるだけでなく、脱毛自体が負担になってしまいかねません。無理のない範囲で使えるかどうかは、大切なポイントの一つです。

照射回数(コストパフォーマンス)

それぞれの脱毛器には、最大照射回数が設定されており、ほとんどの脱毛器では10~30万回以上照射が可能です

それぞれ脱毛器の1ショットあたりを値段に換算すると、平均して0.5円ほどのわずかな金額差ですが、何度も繰り返して使用することを考えると小さな金額でも蓄積されていきます。一つの脱毛器を長く愛用するためにも、少しでも1ショットあたりの金額が安く、コスパのよいものを選ぶといいでしょう

カートリッジの交換が可能か

脱毛器には「カートリッジ交換式」と「本体交換式」の二種類があります。

「カートリッジ交換式」はカートリッジの最大照射回数を打ち終わっても、カートリッジを交換すればまた使えます

しかし「本体交換式」は、カートリッジがないので、照射回数を使い終えると本体ごと交換しなければなりません。

空席確認・予約する

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

3.jpg

ここまで、家庭用脱毛器の選び方について解説してきました。次に、家庭用脱毛を使うことでどんなメリットとデメリットがあるのかをご紹介します。

メリット

・自宅で好きなときに脱毛できる

・他人に体を見られることなく脱毛できる

・経済的な負担が少ない

家庭用脱毛器で脱毛する最大のメリットは、自宅で好きなときに脱毛できることです

サロンに通う場合は、予約を取ったり、都合が悪くなってしまったらキャンセルしたりなどの手間が必要ですが、家庭用脱毛器なら思い立ったときにすぐ脱毛できます。お仕事でスケジュールが組みづらかったり、子育て中の方など忙しい方を中心に人気があります。

また、「スタッフに体を見られるのは恥ずかしい」と思っている方でも、家庭用脱毛器なら誰にも見られることがないので安心です。とくにVIOラインなどのデリケートゾーンを他人に見られるのは、抵抗があるという方も少なくありません。そんな方には家庭用脱毛器がおすすめです。

他にも、家庭用脱毛器は一度本体を購入しまえば、あとはほとんどお金がかかりません。電気代やカートリッジ交換費など多少のランニングコストは必要ですが、高額のローンを組まなくても良いので経済的にサロンに通うのが難しくても脱毛ができます。

デメリット

・時間と手間がかかる

・手の届かないところは処理できない

・脱毛効果がゆるやか

家庭用脱毛器は、製品によりますが1週間に1回か2回程度のペースで照射を繰り返すのが効果的です

1回の照射にかかる時間はケアする部位によって変わりますが、広範囲になればなるほど長い時間が必要になります。

それを繰り返しておこなわなければならないので、だんだん面倒に感じてしまう方も多いのです。

さらに、家庭用脱毛器は手の届く範囲でしか使えません。Iライン、Oライン、背中やうなじなど、手が届きにくい場所はムラになりやすく、思ったようにきれいに仕上がらないこともあります。まんべんなく処理するなら、結局家族や友人など、誰かの助けが必要になるかもしれません。

そして、家庭用脱毛器は家庭で使っても危険のないように、出力が抑えられています。つまりサロンでの脱毛に比べると脱毛効果がゆるやかで、毛が減ったことを実感するにも時間がかかる傾向があります。なるべく早くムダ毛を減らしたい方には、不向きな脱毛方法でしょう。

以上のようなデメリットもありますが、一方でミュゼオリジナルの光美容器であれば背中など届きにくい部分でも当てやすいL字型を採用しているほか、店舗サロンと同じ方式(S.S.C.方式)であるためお肌にやさしくスピーディーなムダ毛処理が可能です。

詳しくは、【ミュゼオリジナルの光美容器の特徴・おすすめポイント】のページをご参考ください。

家庭用脱毛器の効果的な使い方

4.jpg

お家で手軽に使えるのが便利な家庭用脱毛器ですが、はじめて使う時には痛みが出ないかとか、火傷しないかとか心配があるかもしれません。こちらでは、正しい使い方を解説していきます。

ムダ毛を処理する

まずは、お手入れする箇所のムダ毛を処理していきます。カミソリや電気シェーバーを使って、丁寧にムダ毛を剃るのが大切

また、脱毛器をあてる直前に剃ってしまうと、肌を傷めてしまうかもしれないので、なるべく前日に処理している方が安心です。脱毛の効果を高める意味でも、ほんの少しだけムダ毛が出ている状態で脱毛器をあてるのがおすすめです

脱毛したい部分に機械をあて照射する

カミソリなどで処理ができたら、脱毛したい箇所に機械をあてて照射していきます。使用する機械によって使い方は様々ですが、しっかりと肌と照射口を合わせてお手入れするのが大切です

また、これも機械によりますが場所に合わせたモードが選べたり、美肌用のモードがあったりすることもあるので、あてる箇所に合わせて選んでください。また、濡れた肌ではなく乾いた肌に使用します

使用間隔は1〜2週間おきがおすすめ

使用間隔については、フラッシュ式美容器の場合は肌への負担も少ないため、使いはじめ3カ月ほどは1〜2週間に1度するのがおすすめです。その後、だいぶムダ毛の量が減ってからは、1〜2カ月に1度、ムダ毛が気になったらお手入れします。

レーザー式はフラッシュ式に比べて肌への負担も気になるため、2カ月おきなど毛周期に合わせてのお手入れをするのがおすすめ。使用間隔を狭めても効果が早く出るわけではないので、肌を労わりながら使うのが大切です。

顔に使用する時はメイクを落とそう

顔の脱毛をする際は、メイクを落として行います。これにはきちんと理由があり、メイクをしたまま脱毛器をあててもしっかりと毛根までライトが届かないかもしれないからです

しっかりあたった部分とあたらなかった部分でムラができてしまい、汚い仕上がりになってしまうかもしれないので、しっかりとメイクを落としてから使うようにしてください。また衛生的にも良くないので、肌トラブルになることも。

キレイな肌に使用して、また使用後も乾燥しているので保湿をたっぷりとして、トラブルが出ないようにすることが大切です

家庭用脱毛器の注意点

5.jpg

それでは、ここまで家庭用脱毛器の種類やメリット、使い方についてまとめてきましたが、家庭用脱毛器に関する注意点についても解説します。家庭用脱毛器についてしっかり理解し、適切な使い方ができるようにきちんと注意点を守って使うようにしてください。

永久脱毛はできない

家庭用脱毛器は、永久脱毛はできません。ムダ毛を完全になくすということは、毛根にある組織を破壊することになるため、これは医療機関でしかできない「医療行為」となります

なので、家庭用脱毛器で行う脱毛は、あくまでも毛の量を減らしたり、毛を細くすることができるものだということを理解しておくことが大切です。また、脱毛サロンでの脱毛器も家庭用よりは出力レベルが高いため、しっかりと効果が感じられます。

自宅でできる手軽さよりも効果の高さを感じたい方は、サロンやクリニックでの脱毛を検討するといいかもしれません

肌トラブルに注意する

脱毛器での脱毛は、誤った方法で行うと肌トラブルになることもあります。照射時間が長かったりレベルが高いと、火傷状態や炎症になってしまうこともあるので、肌の様子を確認しながら行ってください

また、痛みなくライトをあてられたとしても、肌が火照った状態になることもあるためクールダウンをしっかり行うのが大切です。タオルでくるんだ保冷剤などで冷やしてください。

脱毛後の肌はとても乾燥しているため、保湿をしっかりと行うのも重要です。ジェルやローションを使って、いつも以上に肌をいたわるのがおすすめです。

照射時間や回数は機械の取扱説書に従って行う

脱毛器の取扱説明書には、一回の照射時間や回数が明記されているので、しっかり守りましょう。一回に長時間施術したとしても、脱毛効果が高くなるわけではありません

照射しすぎるとかえって肌トラブルを起こし、治らなければ次のお手入れもできなくなるので、むしろ逆効果になってしまいます。

まとめ

6.jpg

今回は、家庭用脱毛器の選び方や注意点についてご紹介しました。さらに、家庭用脱毛器のメリットデメリットや、使い方についても解説したので、興味がある方はぜひ頭に入れて使用を検討してみてください。

【ムダ毛ケアと美肌ケアの両方が可能な家庭用光美容器】では、気軽にお手入れできるメリットもありますが、仕上がりが思ったようにならないことや、手間がかかると感じる方もいるでしょう。

脱毛のことを知り尽くしたプロがいる脱毛サロンなら、仕上がりも綺麗でつるスべお肌を目指せます。脱毛を考えているなら、脱毛サロンでプロにお任せしてみてはいかがでしょうか。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ