除毛クリームの特徴とは?除毛と脱毛の違いやメリット・デメリットを紹介

除毛クリームはムダ毛を溶かしてお手入れするアイテムで、さまざまな自己処理方法の中でも比較的楽にお手入れができます。しかし、メリットは多いですがデメリットもあるので、使うときは注意が必要です。そこでこのページでは、除毛クリームの特徴についてご紹介します。

除毛と脱毛の違いとは?

1.jpg
除毛と脱毛は明確な違いがあるので、どのような違いがあるか押さえておいて損はありません。まず除毛とは、皮膚の表面に出ている毛を除去することであり、カミソリや電気シェーバーなどでのお手入れが該当します。そのため、除毛クリームを使った場合、クリームを塗った肌の表面にしか効果は現れません。

それに対して脱毛は、皮膚の表面だけでなく毛穴の毛根まで除去することです。毛抜きで抜いたり、脱毛ワックスで毛を剥がしたりすることが該当します。

除毛クリームを使うメリット

2.jpg
除毛クリームとは、毛を構成するタンパク質を溶かす成分が含まれているクリームです。除毛する方法の中でもメリットが多く人気があります。ここからは、除毛クリームを使うメリットをご紹介します。

費用が安い

除毛クリームの1つ目のメリットは費用が安いことです。1,000円~2,000円ほどで購入でき、お手入れする範囲によっても変わりますが数回使えるため、1回あたりの費用を安く抑えることができます。1本あれば全身の気になる部位のお手入れが行えます。

場合によっては、高性能な電気シェーバーや高級なカミソリよりも安く済みます。費用がそこまでかからないので、手軽にお手入れしやすい方法です。

手軽にできる

除毛クリームは手軽にお手入れできるのも大きな魅力です。ムダ毛のお手入れをしたい場所に除毛クリームを塗り、10分~15分ほど経過した後にシャワーなどで洗い流すだけで完了します

クリームを塗った範囲を全て除毛できるので、一度に広範囲のムダ毛をケアできるのもメリットです。シャワーと少しの時間があれば、自宅で楽にムダ毛のお手入れができます

即効性がある

除毛クリームはさまざまな自己処理方法の中でも即効性が高い方法で、クリームを塗って10分~15分ほどでムダ毛のお手入れが完了します。例えば、プールや海に行く予定があり、急いでムダ毛を自己処理しなければならないときに、除毛クリームがあると便利です。

何か予定がある場合でも、前日に少しの時間があればしっかりとムダ毛の自己処理を行えます。他の方法であれば、自己処理に時間がかかったり面倒に感じたりしますが、除毛クリームであれば楽にお手入れができます

痛みが少ない

ムダ毛のお手入れには痛みを感じるものが多いです。例えば、毛抜きでムダ毛を抜くときは痛みを感じます。他にも、脱毛ワックスを使う場合、除毛クリームと同じく一度に広範囲のムダ毛をお手入れできますが、大量のムダ毛を一気に引き剥がすので痛みは強いです。

カミソリで剃る場合も肌を切ってしまう可能性があるため、痛みを感じることもあります。除毛クリームであれば、肌の表面のムダ毛を溶かすだけなので、ほとんど痛みを感じません

除毛クリームの使い方

3.jpg
除毛クリームを適切に使うためにも、どのように使うのか手順を押さえておくことが大切です。ここからは、除毛クリームの使い方をご紹介します。

パッチテストをする

除毛クリームを使う前に、まずは安全に使えるかどうか確かめるためにパッチテストを行います。肌質やアレルギーなどの影響は個人差があるため、人気商品であっても肌に合うか必ず確認してください。

パッチテストを行うときは、10円玉大ほどの少量のクリームを除毛したい部位につけます。各商品で決められた塗布時間が経過したらクリームを洗い流し、48時間程度様子を見ます。赤みやかゆみといった肌の異常がないか確認します。

除毛クリームを塗る

パッチテストで問題がなければ、実際に除毛クリームを塗っていきます。除毛クリームを塗るときは、肌に何もつけていない状態にしておいてください。毛の根元までクリームが届くように、少し多めに塗っていきます。

スポンジやヘラなどを使って毛が見えなくなるまで均等に塗るのがポイントです。ムダ毛が長いと根元まで行き届かない場合があるので、ムダ毛が伸びている場合はハサミなどでカットし短くしておくのがおすすめです

丁寧にクリームを落とす

説明書に記載されている塗布時間が経過したら、丁寧にクリームを落としていきます。お風呂場などでクリームを洗い流すと大量の毛が排水溝に詰まる可能性があるので、先にスポンジやティッシュなどで優しく拭き落とすのがおすすめです。

クリームが肌に残っていると肌荒れが起きる可能性があるので、しっかりと洗い流してください。タオルなどで拭いた後は、保湿クリームなどで肌を保護すると肌へのダメージを抑えられます

空席確認・予約する

除毛クリームの注意点

4.jpg
除毛クリームはメリットが多い自己処理方法ですが、デメリットもあるので注意が必要です。ここからは、除毛クリームを使う際の注意点をご紹介します。

肌にダメージを与えることもある

除毛クリームの毛を溶かす成分は、タンパク質に作用します。肌も毛と同様にタンパク質でできているため、肌にもダメージを与えます。敏感肌の方など、もともと肌が弱い方や除毛クリームが合わない場合は、赤くヒリヒリしたりかゆみが出たりすることもあるので注意してください。

また、肌荒れなど肌トラブルが起きている部位に使ってしまうと、症状が悪化する可能性があります。他にも、生理前・生理中はホルモンバランスが崩れ、肌が敏感になっているので使用を控えたほうが安全です

定期的に除毛クリームを使う必要がある

除毛クリームは肌表面の毛のみを溶かすため、毛根は残ってしまいます。そのため、除毛クリームを使ってもしばらくすればムダ毛が伸びてきて目立ちます。ツルツルな状態をキープするためには、定期的に除毛クリームを使わなければなりません。

除毛クリームは肌の表面まで溶かしてしまうため、短期間のうちに何度も使ってしまうと肌へのダメージが大きくなり、肌トラブルが起きる可能性が高くなります。肌が弱い方であれば、次第に痛みなどが出てくる場合もあるので注意が必要です。

デリケートゾーンには使えない

除毛クリームはデリケートゾーンなどの皮膚が薄く、デリケートで刺激に弱い部位には使えないものが多いです。他にも顔に使えないものも多いので、注意してください。

もしVIOや顔にも使いたい場合は、肌への負担が少なくVIO・顔にも対応していることが明記されているものを選ぶ必要があります。このようなデリケートな部位にも使用できる除毛クリームは、種類が限られるだけでなく、高価になりやすいので要注意です。

除毛クリームを使う際の注意点については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。
除毛クリームの仕組みや効果

肌への刺激が気になる方は脱毛するのがおすすめ

5.jpg
除毛クリームは手軽なムダ毛の自己処理方法でありメリットは多いですが、肌への刺激が強いなどのデメリットもあります。実際に除毛クリームを使って肌荒れしてしまった方や、肌への刺激が気になる方は脱毛してみるのがおすすめです。

除毛クリームはデリケートゾーンのお手入れなどには向きませんが、脱毛であれば全身に対応しています。脱毛は1回で完了するわけではありませんが、回数を重ねると徐々に自己処理の手間が減ってくるため、肌をキレイな状態に保ちやすくなります

注意点を意識して除毛クリームを有効活用しよう

6.jpg
除毛クリームは手軽で簡単にムダ毛を自己処理できる便利な方法です。しかし、除毛クリームはムダ毛だけでなく肌の表面まで溶かしてしまい、肌への刺激が強いので注意点をしっかり守って使用しなければなりません。また、除毛クリームを使ってもしばらくすると毛が伸びてきてしまうので、定期的にお手入れする必要があります。

もし除毛クリームによる刺激が気になる方は、脱毛するのがおすすめです。脱毛すれば徐々に自己処理の手間が減っていき、ムダ毛のお手入れが楽になるので、是非試してみてください。

空席確認・予約する