光脱毛の仕組みは?レーザー脱毛との違いや料金について紹介|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

脱毛サロンで受ける光脱毛は毛を生えにくくする効果があると言われていますが、どういう仕組みでムダ毛が目立たなくなるか知っていますか?
この記事では、光脱毛の仕組みやレーザー脱毛との違いなどについて説明していきます。

光脱毛とは?

1.jpg

光脱毛とは、ライトを肌にあてて毛根にダメージを与える脱毛方法です。施術を重ねていくと、毛が生えるのが遅くなったり生えてこなくなったりします。光脱毛の施術は、毛周期と呼ばれる毛の成長サイクルに合わせて行わなければならないことがあります。

では、なぜライトを肌にあてると毛が生えにくくなるのか、なぜ毛周期に合わせて施術する必要があるのか。
光脱毛の仕組み、毛周期との関係について解説していきます。

光脱毛の仕組み

光脱毛は、照射すると毛根にダメージをもたらすライトを使用しています。毛根は、細胞分裂を繰り返して毛を作り出す毛母細胞や、毛細血管から栄養分を取り込んで毛母細胞に与える毛乳頭など、毛を成長させる組織が詰まっています。

毛にまつわる組織の集まりである毛根にダメージを与えると、毛は正常に成長できなくなるため、生えるのが遅くなったり細く弱々しい毛しか生えなくなったりします。施術を重ねれば重ねるほど毛は目立たなくなり、自分で毛を処理する頻度が減ります。これが光脱毛の仕組みです。

光脱毛のライトの多くは毛の黒いメラニン色素に反応するので、皮膚の肌色には直接反応しません。シェービングでダイレクトに皮膚を傷つけるようなやり方ではないため、肌にも優しいと言われています。肌に負担をかけずに毛の処理が可能となり、毛をなくすだけでなく肌本来の美しさを取り戻すことも可能です。

光脱毛と毛周期の関係

毛周期とは毛が生え変わる周期のことを言います。毛周期は、毛が成長する「成長期」、毛が成長しきって抜ける直前の「退行期」、毛が抜け落ちて毛穴と繋がっていない「休止期」の3つをサイクルしています。

光脱毛のライトの多くは毛のメラニン色素に反応して毛根に熱を加えるので、毛が抜けて毛根と繋がっていない休止期は熱が毛根まで届きません。そのため、光脱毛は成長期と退行期の毛にしか効果がないと言われています。

特に成長期の毛はいきいきとしてメラニン色素が多いので、光脱毛のライトがよく反応し、効果的に脱毛できると言われています。退行期の毛は毛の成長が止まり、毛根との繋がりが弱いものもあるため、成長期ほどの高い脱毛効果は得にくくなります。

退行期や休止期で脱毛できなかった部分は、再び毛が生えて成長期となるのを待って照射する必要があります。退行期や休止期の毛が成長期となるには2~3カ月かかると言われているため、2~3カ月に1回の間隔で脱毛すると効率よく脱毛できると言われています。

光脱毛の種類

2.jpg

光脱毛にはいくつか種類があり、現在はIPL脱毛、S.S.C脱毛、SHR脱毛の3種類が主流です。特殊なライトを肌にあてて脱毛効果を得るという点は変わりませんが、それぞれ毛に対するアプローチ方法などに違いがあります。

どんな種類があるかを詳しく知っておけば、自分に合った脱毛方法やサロンを選ぶ際に役立ちます。

IPL脱毛

IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトと呼ばれるライトを用いた脱毛方法で、脱毛サロンで最も一般的な脱毛方法です。インテンス・パルス・ライトは黒い色素に吸収される特徴を持っています。その特徴を利用し、毛根に熱を届けてダメージを与え、脱毛効果を得るのがIPL脱毛です。

毛の黒いメラニン色素に反応するライトなので、メラニン色素が少ない産毛や白髪には反応しません。逆に、ワキやVIOといった毛が太くてしっかりしている部位のケアには効果的と言われています。

また、黒い肌に照射すると皮膚に反応して火傷をしてしまうので、日焼けした肌には照射できません。光脱毛のなかでは比較的施術中の痛みが出やすいのも、IPL脱毛のデメリットです。

S.S.C脱毛

S.S.C脱毛は、スムーススキンコントロール理論に基づいた脱毛方法です。ミュゼプラチナムもS.S.C脱毛を採用しています。抑毛成分が配合されているジェルとライトを組み合わせて使用するのが特徴です。

ジェルの抑毛成分とライトの相乗効果で毛が生えにくくなる仕組みです。また、熱でダメージを与える方法ではないため、痛みはほぼなく肌にも負担が少ないと言われています。ジェルのなかには美容成分も配合されているので、美肌効果も期待できます。

SHR脱毛

SHR脱毛は光脱毛のなかでは最も新しい脱毛方法です。IPL脱毛やS.S.C脱毛が毛根にアプローチする方法なのに対し、SHR脱毛は毛根ではなくバルジ領域と呼ばれる部分にアプローチする方法です。

バルジ領域は毛穴のなかにありますが、毛根よりも浅い部分にあり、毛に発育指令を出す役割を持っています。SHR脱毛は、バルジ領域を含む毛全体を包む毛包と呼ばれる部分に弱い熱を照射し、バルジ領域にダメージを与え、毛に発育指令が行かないようにします。

弱い熱を使用するので、痛みが少なく肌への負担も少ないのがSHR脱毛のメリットです。また、メラニン色素に反応したり毛根にダメージを与えたりする方法ではないので、毛周期に関係なく通えるのもSHR脱毛の良いところ。

産毛や細い毛にも効果を発揮することが期待できる点にも注目が集まっています。

空席確認・予約する

光脱毛の特徴について

3.jpg

続いて、光脱毛の効果の出方、脱毛できる範囲など、光脱毛の特徴について説明していきます。光脱毛のメリットや料金相場もぜひチェックしてみてください。

光脱毛の効果

光脱毛は1回では効果が実感できず、複数回施術を重ねて初めて効果を得られます。必要な施術回数や期間は、毛質や毛の量などに起因するため、個人差があります。また、部位によっても脱毛効果の現れ方に違いがあります。

平均的な回数を挙げるとすると、3~6回で少しずつ毛が薄くなってきたことを肌で感じることができます。7~10回で自己処理が劇的に減ったことを実感できるようになります。

12回以上でほとんどの毛が目立たなくなり、ムダ毛が気にならなくなると言われています。ムダ毛を気にしない生活を手に入れるためには、2~3年の期間を要することがほとんどです。

光脱毛で脱毛できる範囲

光脱毛は顔やVIOを含む全身の脱毛が可能ですが、脱毛サロンによって脱毛できる部位とできない部位があるので注意してください。また、瞼など粘膜を含む部位とその付近は脱毛不可としている脱毛サロンがほとんどです。

甲状腺ホルモンの問題を引き起こす恐れがあるため、喉の脱毛も大半の脱毛サロンでは不可としています。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、痛みがほとんどなく、肌への負担が少ないことです。脱毛だけでなく美肌の面にも力を入れている脱毛サロンなら、保湿成分を含むジェルなどを使用しているため、高い美肌効果も期待できます。

ミュゼプラチナムは、光脱毛の施術を行ったあとの仕上げトリートメントにオリジナルのミルクローションを使用しています。ミュゼのミルクローションには、プラセンタエキスが配合されているので、肌が潤い、ワンランク上の仕上がりを目指せます。また、1回あたりの料金が安いのも光脱毛の大きなメリットです。

初回限定キャンペーンを実施している脱毛サロンも多く、格安で脱毛がはじめられるサロンもたくさんあります。気軽に脱毛できる料金プランは、脱毛初心者さんや学生さんなどにとってとても魅力的です。

一般的な光脱毛の料金相場

いろんな脱毛サロンが軒並み増えて料金プランも多様化してきましたが、光脱毛の料金相場はどのくらいなのかを説明します。光脱毛で全身脱毛をする場合、5~6回で10万円前後が相場と言われています。

ムダ毛をほとんど目立たなくするには12回以上必要なことが多いので、20万円前後は見積もっておくことをおすすめします。よく見る全身脱毛通い放題プランは、35万~40万円が平均的な料金となっています。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

4.jpg

光脱毛について詳しく解説してきましたが、レーザー脱毛は光脱毛と大きく異なる特徴があります。どちらが自分に合っているか判断できるように、レーザー脱毛の特徴についてまとめました。

レーザー脱毛の仕組みやメリット、デメリットについて解説します。

レーザー脱毛(医療脱毛)とは

レーザー脱毛とは、医療脱毛クリニックで医療従事者の元、施術を受けることができる脱毛方法です。レーザー脱毛は医療行為にあたるため、医師がいる医療機関でしか施術を受けることができません

施術も、エステティシャンが行う脱毛サロンとは違い、看護師が行います。施術が原因で肌トラブルが起こっても、医療機関なのですぐに対応してもらえるのがレーザー脱毛です。

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛の仕組みは、基本的に光脱毛とあまり変わりません。黒いメラニン色素に反応するレーザーを肌に照射し、毛根に熱でダメージを与えて破壊していきます。光脱毛と大きく違うことのひとつは、脱毛機のパワーです。

光脱毛が毛根にダメージを与えるにとどまりますが、レーザー脱毛は毛根を破壊するほどの出力レベルで施術していきます。高い脱毛効果が期待できますが、その分肌への負担が大きく、強い痛みを伴うこともあります。

施術の痛みに対しては、麻酔の提供で対応しているクリニックもあります。それも医師がいるクリニックならではです。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛のメリットは、光脱毛よりも脱毛機のパワーが強いことです。永久脱毛も可能と言われるほどの高い脱毛効果が期待でき、効果の現れ方も光脱毛より早く現れる可能性があります。光脱毛の1/2の回数や期間で脱毛が完了するケースも少なくありません。

脱毛機のパワーが強いので、ワキやVIOなど太い毛が密集する部位は痛みが強く出やすいと言われています。施術1回あたりの料金が高いのも、レーザー脱毛のデメリットです。肌への負担も光脱毛より大きく、脱毛サロンほど美肌の面に力を入れていないため、ムダ毛のケアと同じくらい美肌にもこだわりたい方には向かないかもしれません。

家庭用の光脱毛器でも効果はある?

6.jpg

家庭用の光脱毛器も、脱毛サロンなどで使われている業務用脱毛機と同じ仕組みです。ライトで毛根などの組織にダメージを与え、毛を生えにくくします。家庭用の光脱毛器でも、脱毛サロンで光脱毛を受けたのと同じような抑毛効果が得られると言われています。

しかし、家庭用なので安全面が考慮され、脱毛サロンで使われる脱毛機よりも低いパワーで設計されています。毛が減ってきたり、自己処理の頻度が減ったりといった効果を実感するまでには、脱毛サロンでの光脱毛以上の回数や期間が必要になることが予想されます。

家庭用の光脱毛器で満足いく脱毛効果を得るためには、根気よく使い続けることがポイントです。焦るあまり誤った使い方をしてしまうと、肌トラブルに繋がることがあるので注意してください。

また、自分で脱毛器をあてるとなると、背中などの背面や細かい部位は当てにくいため、照射できないところが出てくることも。家庭用の光脱毛器はそういったケースがあることも考慮して購入してください。

まとめ

7.jpg

光脱毛は、ライトをあてて毛根やバルジ領域にダメージを与えて毛を生えにくくする仕組みです。光脱毛の主な種類は、IPL脱毛、S.S.C脱毛、SHR脱毛の3種類です。レーザー脱毛ほど脱毛機のパワーはなく、脱毛効果はレーザー脱毛より劣りますが、光脱毛は痛みが少なく美肌効果も期待できます。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ