アンダーヘアが長いときはどうする?自己処理とサロン脱毛の違いを紹介|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

普段から身体のムダ毛は自己処理しなければなりませんが、比較的注意が必要なのがアンダーヘアです。アンダーヘアの自己処理を放置すると不衛生になりやすく、見えない部分はお手入れが難しいです。そのため、アンダーヘアが長くて困っているときは脱毛するのがおすすめです。

そこで今回は、アンダーヘアが長いときの自己処理や脱毛についてご紹介します。

アンダーヘアが長いときの自己処理方法

1.jpg

アンダーヘアが長いときやムダ毛が気になるときは、自己処理をする方が多いです。しかし、自己処理の方法によって特徴が異なるので、自分に合った方法を試すことが大切です。

ここからはアンダーヘアの自己処理方法についてご紹介します。

カミソリを使って処理する

最もメジャーな自己処理方法はカミソリを使ってムダ毛を剃る方法です。カミソリであれば毛抜きと違い、一度に多くのムダ毛を剃ることができます。しっかりと石鹸やシェービング剤を使うことで、肌へのダメージを抑えられます。費用を抑えつつお風呂のときに剃れるので手軽な方法でもあります。

しかし、肌が弱い方だとカミソリ負けしてしまったり、誤って肌を傷つけてしまい血が出たりするリスクもあるので注意が必要です。

ヒートカッター(トリマー)・家庭用脱毛器を使って処理する

カミソリを使うと肌を傷めてしまう方は、ヒートカッターを使うのがおすすめです。ヒートカッターは、熱により毛を焼いて毛の長さを短くする道具です。他の自己処理方法と比較すると、肌に直接触れないので肌に優しいです。しかし、あくまでも毛の長さを調整するための道具なので、根元の毛が残ります。

家庭用脱毛器は脱毛サロンで使っている脱毛器を安全に使えるように出力を抑えたものです。出力が弱いので効果が出るまでに時間がかかりますが、安全に脱毛できます

脱毛ワックス・除毛クリームを使って脱毛する

脱毛ワックスは肌にワックスを塗り、固まってから剥がすことで一気にムダ毛を抜く方法です。カミソリと同じく一度に広範囲のムダ毛にアプローチできますが、毛が抜ける時に痛みを伴うのがデメリットです。また、毛を無理矢理抜くため肌へのダメージも大きいです。

除毛クリームは毛を溶かす成分を含んだクリームを塗り、しばらくして洗い流すと表面の毛を一度にお手入れできる方法です。痛みはないですが、肌が弱い方だとヒリヒリしたり、またすぐに毛が生えてきてしまうのがデメリットです。

アンダーヘアを自己処理するデメリット

ここまでのようにアンダーヘアを自己処理する方法はいくつかあります。しかし、どの方法にもデメリットがあるので注意が必要です。

ここからはアンダーヘアを自己処理するデメリットをご紹介します。

肌トラブルが起きる可能性がある

アンダーヘア・デリケートゾーンは身体の中でも肌が弱く敏感な部位です。そこの毛を無理矢理抜いたり、カミソリで剃って刺激を与えると肌トラブルが起きる可能性があります。

例えば、毛抜きで無理矢理抜くと毛穴が閉じてしまい、毛が埋まってしまう埋没毛になりやすいです。他にも毛穴に雑菌が入り炎症する毛嚢炎のリスクもあります。他にもカミソリで頻繁に刺激を与えることで、色素沈着が起こり黒ずんでしまうこともあります。

見えない部分の処理が難しい

デリケートゾーンの中でもVラインは自分の目でも確認できるので、自己処理しやすいです。しかし、IラインやOラインは自分の目では見えにくいので注意が必要です。無理にカミソリを使って自己処理をしようとすると、刃で皮膚を切ってしまう恐れがあります。

傷ができてしまえばそこから雑菌が入り炎症するリスクもあります。鏡などを使っても手が届きにくい場所でもあるので、仕上がりがいびつになるなど満足にお手入れできないことが多いです。

アンダーヘアをサロンで脱毛するメリット

2.jpg

アンダーヘアを自己処理するのではなくサロンで脱毛するのもおすすめです。サロンで脱毛することにはさまざまなメリットがあるので、ムダ毛の自己処理に悩んでいる方は一度考えてみてください。

ここからは、アンダーヘアをサロンで脱毛するメリットをご紹介します。

嫌なニオイやムレを予防できる

アンダーヘアが長く伸び、自己処理を疎かにしていると蒸れやすくなってしまいます。蒸れると雑菌が繁殖しやすくなるのでニオイなども気になってきます。そこで、アンダーヘアを脱毛するとデリケートゾーンを清潔に保ちやすくなり、生理中での不快感も軽くなります。

他にも、経血や排泄物が毛に付着することも少なくなることで、肌が弱く敏感なデリケートゾーンを守ることにも繋がります

自己処理の手間が減って楽になる

サロンで脱毛をすることで自己処理の手間が減って楽になり、時間の節約にもなります。また、脱毛サロンでアンダーヘアをお手入れすることで、手の届きにくい場所でもプロの手による脱毛なのでキレイに仕上げられます。

また、脱毛をしておけばアンダーヘアのお手入れを忘れてしまって恥ずかしい思いをせずに済むのも大きなメリットです。普段からアンダーヘアの自己処理に時間がかかっている方は手間が大幅に減るのでおすすめです。

自己処理による肌トラブルのリスクが小さくなる

アンダーヘアを脱毛することで、自己処理による肌トラブルのリスクを小さくできます。例えば、カミソリで自己処理をすると肌にダメージや刺激を与えてしまい、ヒリヒリしたり色素沈着が起きて黒ずんだりします。

他にもカミソリなどを使った自己処理方法に比べると、刃で皮膚や粘膜を傷つけてしまうリスクを減らせます。比較的肌が弱くて自己処理による肌トラブルが起きやすい方は、脱毛によるメリットを感じやすいです。

空席確認・予約する

アンダーヘアをサロンで脱毛するデメリット

3.jpg


アンダーヘアはデリケートな部位なので、サロンでの脱毛にはデメリットに感じることもあります。脱毛するかどうかを決めるときは、メリットだけでなくデメリットも押さえておくことが大切です。

ここからは、アンダーヘアをサロンで脱毛するデメリットをご紹介します。

VIOは特に脱毛で痛みを感じやすい部位である

サロンで行う脱毛方法の多くは、脱毛器のライトが毛根の黒色の色素に反応することで効果が出ます。黒色が濃ければ強く反応し痛みを感じやすくなってしまいます。

VIOラインの毛は濃く太いだけでなく皮膚が薄いため、他の部位と比較すると痛みを感じやすいです。サロンの場合だと、痛みが気になるときはライトの出力を調整してもらえますが、痛みに弱くて気になる方には大きなデメリットになります。

毛が濃いため脱毛の回数がかかる

デリケートゾーンのムダ毛は濃く太いだけでなく、範囲が広くて毛の量も多いため、脱毛が完了するまでに回数がかかります。毛の量や濃さ・太さには個人差がありますが、場合によっては1年以上かかることもあります。

サロンによってコースは変わってくるので、費用や回数のバランスを比較して選ぶことが大切です。

脱毛すると元に戻すことができなくなる

一度脱毛すると、脱毛前の状態へ完全に戻すことは難しいので注意が必要です。医療脱毛で完全な永久脱毛をした場合だと、毛を作る細胞が壊されてしまっているので、以前と同じように毛が生えてくることはありません。

サロンの脱毛であったとしても、毛根の働きを弱めているため、脱毛前の状態へ完全に戻すことは難しいです。脱毛するときは将来後悔しないように、できるだけ自然な形にするのがおすすめです。

アンダーヘアを適切に処理して快適に過ごそう

4.jpg

アンダーヘアの自己処理は、肌を傷つけてしまうリスクがあるため悩みが付きものです。実際に、適した自己処理方法が分からず悩んでしまう方は少なくありません。自己処理を疎かにすれば、すぐにアンダーヘアは長くなってしまうでしょう。

アンダーヘアは範囲が大きく、毛が太く濃いため自己処理の時間もかかってしまいます。手間や肌へのダメージが気になる方は、脱毛してみるのがおすすめです。脱毛してしまえば、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなり、ムダ毛の自己処理の手間が大幅に軽くなります。

アンダーヘアを適切な方法でお手入れして、快適に過ごすようにしましょう。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ