アンダーヘアが長いときはどうする?自己処理とサロン脱毛の違いを紹介

普段から身体のムダ毛は自己処理しなければなりませんが、比較的注意が必要なのがアンダーヘアです。アンダーヘアを放置すると不衛生になりやすく、見えない部分はお手入れが難しいです。そのため、アンダーヘアが長くて困っているときは脱毛するのがおすすめです。

このページでは、アンダーヘアが長いときの自己処理方法や脱毛についてご紹介します。

アンダーヘアが長いときの自己処理方法

1.jpg

アンダーヘアが長いときやムダ毛が気になるときは、自己処理をする方が多いです。しかし、自己処理の方法によって特徴が異なるので、自分に合った方法を試すことが大切です。

ここからはアンダーヘアの自己処理方法についてご紹介します。

カミソリを使って自己処理する

もっともメジャーな自己処理方法はカミソリを使ってムダ毛を剃る方法です。カミソリであれば毛抜きと違い、一度に多くのムダ毛を剃ることができます。しっかりと石鹸やシェービング剤を使うことで、肌へのダメージを抑えられます。費用を抑えつつ、お風呂のときに剃れるので手軽な方法でもあります。

しかし、肌が弱い方だとカミソリ負けしてしまったり、誤って肌を傷つけてしまうリスクもあるので注意が必要です。

ヒートカッター(トリマー)・電気シェーバーを使って自己処理する

カミソリを使うと肌を傷めてしまう方は、ヒートカッターを使うのがおすすめです。ヒートカッターは、熱により毛を焼いて毛の長さを短くする道具です。他の自己処理方法と比較すると、肌に直接触れないので肌に優しいです。しかし、あくまでも毛の長さを調整するための道具なので、根元の毛が残ります。

ヒートカッター以外にも電気シェーバーを使うのもおすすめです。電気で動く刃によって毛をカットする道具であり、こちらも多くのタイプが肌に直接刃が当たりません。比較的肌に優しい方法なので、カミソリ負けが気になる方に適しています。

家庭用脱毛器を使って自己処理する

家庭用脱毛器は、脱毛サロンで使っている脱毛機を安全に使えるように出力を抑えたものです。基本的な仕組みはサロンの脱毛機と同じなので、脱毛サロンに似た効果を得られます。サロンに通う必要がなく、自宅で自分の好きなときに脱毛できるのも魅力です。

また、脱毛サロンに通うよりもリーズナブルなのもメリットです。しかし、出力が弱く効果が出るまでに時間がかかるため、根気よく続ける必要があります。他にも自分の手が届かないところは、誰かの手を借りないとケアできません。

自分で無理してお手入れしようとすると、仕上がりにムラができたり雑になったりすることもあります。家庭用脱毛器のデメリットが気になる方は、ぜひサロンの脱毛を受けてみてください。

脱毛ワックス・除毛クリームを使って自己処理する

脱毛ワックスは肌にワックスを塗り、固まってから剥がすことで一気にムダ毛を抜く方法です。カミソリと同じく一度に広範囲のムダ毛にアプローチできますが、毛が抜けるときに痛みを伴うのがデメリットです。また、毛を無理矢理抜くため肌へのダメージも大きいです。

除毛クリームは毛を溶かす成分を含んだクリームを塗り、しばらくして洗い流すと表面の毛を一度にお手入れできる方法です。痛みはないですが、肌が弱い方だとヒリヒリしたり、またすぐに毛が生えてきてしまうのがデメリットです。

アンダーヘアの脱毛については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
アンダーヘアの脱毛事情
アンダーヘアの自己処理とサロン脱毛の違い

アンダーヘアを自己処理するデメリット

2.jpg
前述の通り、アンダーヘアを自己処理する方法はいくつかあります。しかし、どの方法にもデメリットがあるので注意が必要です。

ここからは、アンダーヘアを自己処理するデメリットをご紹介します。

肌トラブルが起きる可能性がある

アンダーヘア・デリケートゾーンは身体の中でも肌が弱く敏感な部位です。毛を無理矢理抜いたり、カミソリで剃って刺激を与えると肌トラブルが起きる可能性があります。

例えば、毛抜きで無理矢理抜くと、毛が埋まってしまう埋没毛になりやすいです。他にも毛穴に雑菌が入り炎症する毛嚢炎のリスクもあります。他にもカミソリで頻繁に刺激を与えることで、色素沈着が起こり黒ずんでしまうこともあります。

ムダ毛が気になって頻繁に自己処理をすることで、肌トラブルが起きる可能性は高くなります。また、肌への負担が蓄積していき、黒ずみ以外にも赤くなったり乾燥してガサガサしたりなど、肌が汚く見えてしまうことも多いです。

肌トラブルのリスクを抑えるためにも、肌の調子が悪いときは自己処理を控えたり、カミソリなどを使った後は保湿するなど、アフターケアを徹底することが大切です。

VIOの自己処理でチクチクしてしまうなどの肌トラブルについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
VIOの自己処理でチクチクしてしまう原因

見えない部分の自己処理が難しい

デリケートゾーンの中でもVラインは自分の目でも確認できるので、自己処理しやすいです。しかし、IラインやOラインは自分の目では見えにくいので注意が必要です。無理にカミソリを使って自己処理をしようとすると、刃で皮膚を切ってしまう恐れがあります。

IラインやOラインは鏡を使っても目視しにくく、仕上がりが雑になりやすいだけでなく、傷つけるリスクも高いです。傷ができてしまうと、そこから雑菌が入り炎症するリスクもあります。

また、デリケートゾーンのムダ毛が伸びていると、経血や排泄物が付きやすく不衛生な環境になりやすいです。そのため、傷ができたときのリスクは高いため気をつけて自己処理する必要があります。

アンダーヘアをサロンで脱毛するメリット

3.jpg

アンダーヘアは自己処理するのではなく、サロンで脱毛するのもおすすめです。サロンで脱毛することにはさまざまなメリットがあるので、ムダ毛の自己処理に悩んでいる方は一度考えてみてください。

ここからは、アンダーヘアをサロンで脱毛するメリットをご紹介します。

嫌なニオイやムレを予防できる

アンダーヘアが長く伸び、自己処理を疎かにしていると蒸れやすくなってしまいます。蒸れると雑菌が繁殖しやすくなるのでニオイなども気になってきます。他にも、経血や排泄物が毛に付着することで不衛生になることも多いです。

そこでアンダーヘアを脱毛すると、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなり、生理中の不快感も軽くなります。ムレを押さえて清潔さをキープできるようになることで、ニオイやかゆみなどを防ぐことが可能です。肌が弱く敏感なデリケートゾーンを守ることにも繋がります

デリケートゾーンのトラブルが気になる方は、脱毛すると快適に過ごしやすくなるのでおすすめです。

自己処理の手間が減って楽になる

アンダーヘアのムダ毛が気になって頻繁に自己処理をしている方は、その分時間が多くかかってしまいます。脱毛をすれば、自己処理の手間が減って楽になるうえに、時間の節約にもなるので大きなメリットといえます。また、脱毛サロンでアンダーヘアをお手入れすることで、手の届きにくい場所でもプロの手によるお手入れでキレイに仕上げられます。

また、脱毛をしておけばアンダーヘアのお手入れを忘れてしまって恥ずかしい思いをせずに済むのも魅力です。忙しくてデリケートゾーンのお手入れが疎かになりがちな方や、お手入れを忘れてしまう方も脱毛するのがおすすめです

自己処理による肌トラブルのリスクが小さくなる

アンダーヘアを脱毛することで、自己処理による肌トラブルのリスクを小さくできます。例えば、カミソリで自己処理をすると肌にダメージや刺激を与えてしまい、ヒリヒリしたり色素沈着が起きて黒ずんだりします。

他にもカミソリなどを使った自己処理方法は、刃で皮膚や粘膜を傷つけてしまうリスクがあります。脱毛すれば安全でキレイに仕上がるだけでなく、その後の自己処理が減るため、肌を傷つけるリスクが少なくなります。肌が弱くて自己処理による肌トラブルが起きやすい方は、脱毛によるメリットを感じやすいです。

脱毛サロンを利用すれば、アンダーヘアの形を自分の好みに合わせることもできます。脱毛後のアンダーヘアの形については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
デリケートゾーン(VIO)の形

空席確認・予約する

アンダーヘアをサロンで脱毛するデメリット

4.jpg

アンダーヘアはデリケートな部位なので、サロンでの脱毛にデメリットを感じることもあります。脱毛するかどうかを決めるときは、メリットだけでなくデメリットも押さえておくことが大切です。

ここからは、アンダーヘアをサロンで脱毛するデメリットをご紹介します。

VIOは比較的脱毛で痛みを感じやすい部位である

サロンで行う脱毛方法の多くは、脱毛機のライトが毛根の黒色の色素に反応することで効果が出ます。つまり、黒色が濃ければ強く反応し痛みを感じやすくなってしまいます。

VIOラインの毛は濃く太いだけでなく、皮膚が薄く神経が集中しているため、他の部位と比較すると痛みを感じやすいです。サロンの場合だと、痛みが気になるときはライトの出力を調整してもらえますが、痛みに弱くて気になる方には大きなデメリットになります。

ミュゼプラチナムではジェルの上からライトを当てる「S.S.C.方式」の脱毛方法を採用しています。このS.S.C.方式は肌に優しく痛みを感じにくいためおすすめです。

脱毛時の痛みについて、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
脱毛で痛みを感じる理由

毛が濃いため脱毛の回数がかかる

デリケートゾーンのムダ毛は濃く太いだけでなく、範囲が広くて毛の量も多いため、脱毛が完了するまでに回数がかかります。また、脱毛は毛が生え変わるサイクルである毛周期に合わせて行う必要があり、毛が伸びる「成長期」にもっとも効果が高まります。また、アンダーヘアの毛周期は2年~3年ですが、成長期が1年~2年続くのが一般的です。

毛の量や濃さ・太さには個人差がありますが、場合によっては1年以上かかることも多いです。サロンによってコースは変わってくるので、費用や回数のバランスを比較して選ぶことが大切です。

脱毛すると元に戻すことができなくなる

一度脱毛すると、脱毛前の状態へ完全に戻すことは難しいので注意が必要です。医療脱毛で完全な永久脱毛をした場合だと、毛を作る細胞が壊されているので、以前と同じように毛が生えてくることはありません

サロンの脱毛であったとしても、毛根の働きを弱めているため、脱毛前の状態へ完全に戻すことは難しいです。

デリケートゾーンの場合、IラインとOラインなどは目立ちにくいですが、Vラインはプールやお風呂のときなどに目立つため、慎重にデザインを選ぶことが大切です。不安がある方は、一度に広範囲を脱毛するのではなく自然に形を整えるようにするのがおすすめです。

アンダーヘアの脱毛でよくある質問

5.jpg

デリケートゾーンの脱毛は「高そう」「恥ずかしい」といったイメージを持つ方が多いため、不安になりやすく脱毛をためらってしまう方は少なくありません。そのような方は、よくある質問を参考にすると安心できます。

ここからは、アンダーヘアの脱毛でよくある質問をご紹介します。

脱毛の完了までどれくらいですか?

デリケートゾーンの脱毛が完了するまでの期間は、脱毛するデザインやスタイルによって変わります。たとえば、自己処理の手間がかからなくなるまでは5回から7回ほどです。しかし、ハイジニーナで全ての毛を脱毛する場合、全部で12回以上かかります。

脱毛はアンダーヘアの毛周期に合わせて行うため、一般的には1カ月から3カ月に1回程度のペースで通うことが多いです。そのため、自己処理の手間が減るまでに1年から1年半、ハイジニーナであれば2年以上かかります。

脱毛費用はどれくらいですか?

脱毛費用もアンダーヘアの脱毛範囲などによって異なりますが、大きくは脱毛の回数によって変わります。そのため、ハイジニーナ脱毛のように範囲が広く回数がかかる場合、料金も高くなる傾向があります

サロンによっても脱毛費用は変わりますが、6回程度なら9万円前後ほどになることが多いです。脱毛サロンではなくクリニックで受ける場合、同じくらいの費用で半分くらいの回数になります。短い期間で脱毛が完了しますが、その分痛みが強いこともあります。

アンダーヘアの脱毛にはどのような種類がありますか?

アンダーヘアの脱毛は前述の通り、デリケートゾーンを整える脱毛と全部脱毛するハイジニーナがあります。Vラインのデザインは豊富なので、自分の好みに合ったスタイルを選べるのも魅力です

もっとも人気があるのは、スタンダードなデザインの「逆三角形」で、アンダーヘアが自然に仕上がります。他にも、逆三角形よりも少し小さい「スクエア(台形)」や、丸みを帯びた「逆たまご型」などもあります。

アンダーヘアの脱毛は恥ずかしくないですか?

やはりデリケートゾーンを人に見られるのは、恥ずかしさを感じやすいです。ミュゼプラチナムでは、そのような気持ちに配慮して紙のショーツをご用意しております

お手入れ時に下着は脱いでいただきますが、この紙ショーツを履いていただき、お手入れの進み具合に合わせて少しずつずらしていきます。つまり、肌が露出するのはライトを当てる部分だけなので、比較的恥ずかしさを感じにくくなっているのでご安心ください

アンダーヘアを適切にお手入れして快適に過ごそう

7.jpg

アンダーヘアの自己処理は、肌を傷つけてしまうリスクがあるため悩みが付きものです。実際に、適した自己処理方法が分からず悩んでしまう方は少なくありません。自己処理を疎かにすれば、すぐにアンダーヘアは長くなってしまいます。

アンダーヘアが伸びた状態だと、デリケートゾーンがムレやすく排泄物なども付着しやすいです。その結果、嫌なニオイがしたり、かゆみなどが出ることもあります。アンダーヘアは範囲が広く、毛が太く濃いため自己処理の時間もかかってしまいます。

手間や肌へのダメージが気になる方は、脱毛してみるのがおすすめです。脱毛してしまえば、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなり、ムダ毛の自己処理の手間が大幅に減ります。デリケートゾーンのトラブルにお悩みの方は、ぜひ脱毛を試してみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ