脱毛・自己処理のメリットデメリットと脱毛サロンに行く前の自己処理のやり方|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

メリット・デメリットを知って、自分に合った脱毛方法を選ぼう!

脱毛の自己処理のデメリット

ミュゼ6月1.jpg

「脱毛サロンはお金がかかる」「自宅で処理しても何時間もかかるわけじゃない」といった理由から、自己処理を続けている人も多くいらっしゃいます。方法も、手軽な毛抜きやカミソリを使っての処理から、脱毛剤やワックス脱毛、家庭用脱毛器までさまざまです。

間違えた方法で自己処理を続けていると、肌トラブルや黒ずみなどの原因にもなってしまいます。肌への負担を考えるとデメリットの方が大きいこともあるのです。

自己処理のやり方

ムダ毛の自己処理には、カミソリや家庭用脱毛器、脱毛クリーム、脱毛石鹸などの脱毛アイテムを利用される方も多いでしょう。脱毛テープなども気軽に脱毛できるので、利用している人もいるのではないでしょうか。

脱毛クリームは気軽に脱毛ができると注目されていますが、表面に見えているムダ毛を薬品で溶かして処理する方法です。表面のムダ毛だけでなく、肌も溶かしてしまうので、肌が弱い方は赤みや痒みなどの肌トラブルを起こすことがあります。

家庭用脱毛器の機械の種類によっては、ムダ毛をひっかけて引き抜く方法で処理するものもあります。ムダ毛を根元から抜き取る方法であり、一度に広い範囲を処理できますが、毛穴への負担も大きく、赤みや毛嚢炎などの炎症を起こしてしまうことがあります。

カミソリや毛抜きはNG

多くの方が利用されているカミソリや毛抜きも、自己処理の方法としてはNGです。カミソリは表面のムダ毛だけでなく、肌の角質まで取り除いてしまいます。頻繁にカミソリで処理することで、肌の乾燥や肌荒れなどを引き起こすことがあります。

また、毛抜きの使用も肌への負担が大きく、肌トラブルの原因になります。ムダ毛を根元から除去できる方法ですが、毛穴への負担が大きく、抜けた毛穴に雑菌などが入り込むことで炎症を起こしてしまいます。

カミソリや毛抜きの自己処理は、炎症などの肌トラブルのリスクが高まるデメリットがあります。

脱毛サロンでのお手入れのメリット

ミュゼ6月2.jpg

一般的にライトを使用する脱毛サロンやエステでのお手入れは、皮膚の中に埋まっている部分のみに作用するため、肌細胞へのダメージが少なく、安全に脱毛を行うことが出来ます。

さらに、脱毛することにより肌のトーンが明るく見えるようになるというメリットもあります。日本人はうぶ毛もほんのり黒いため肌がくすんでしまうのですが、脱毛することによりパッと明るく見えるようになるのです。

また、脱毛サロンやエステでのライトを使用した脱毛の多くは、毛を弱らせて生えにくくしていく脱毛です。ムダ毛の自己処理により肌を傷つける回数がグンと減るため、肌に余計な負担がかからず、キレイな肌を保つことができます。

低価格で通いやすい脱毛サロンであれば、手頃な価格で目的に合わせて脱毛を始めることができます。

総合的にみて、自己処理での度重なる手間とリスクを考えると、脱毛サロンでの脱毛はコストパフォーマンスにも優れているといえるでしょう。しかし、脱毛サロンやクリニックでの脱毛にはそれぞれ期間や費用の面で差がありますので、友達の口コミや体験談などを参考に比較検討し、自分に合った脱毛サロンやクリニックを見つけることをおすすめいたします。

脱毛サロンに行く前にも自己処理が必要?

脱毛自己処理画像①.jpg

「脱毛サロンに行けばムダ毛がなくなる」と考えている方も多いでしょう。脱毛サロンで施術を受ける時は、事前に自己処理が必要です。

脱毛サロンの施術はムダ毛にライトを当てて、ライトの熱によって毛根にダメージを与え、ムダ毛の成長を遅らせる方法です。ムダ毛が伸びているとライトの熱が毛根に届かず、十分な脱毛効果が得られません。

脱毛効果を最大限に得るためには、施術を受ける部位の自己処理をしっかり済ませてから、脱毛サロンで施術を受けることが必要です。剃り残しがある場合は、施術前に剃ってもらえる場合や残った部分は避けて照射するなど、脱毛サロンによって対応は様々です。

正しい事前処理のやり方は?

脱毛自己処理画像②.jpg

脱毛サロンに行く前にも自己処理が必要になりますが、毛抜きや除毛クリームなどを使った自己処理はNGです。正しい自己処理をしなければ、脱毛効果が得られなくなってしまいます。

お肌に負担の少ない電気シェーバーで

自己処理にはカミソリを使ってる方も多いかもしれませんが、脱毛サロンに行く前には電気シェーバーを使いましょう。カミソリは表面のムダ毛だけでなく、お肌の表面の角質まで除去してしまうので、乾燥の原因になってしまいます。

電気シェーバーは肌を傷つけることなく、表面のムダ毛だけを処理することができます。家電量販店などには顔用のフェイスシェーバーと記載されて販売されているので、1本あれば自己処理の時に便利です。

毛抜きや除毛クリーム、ワックスはNG

毛抜きや除毛クリーム、ワックスを使って自己処理するのはNGです。脱毛サロンの施術は、ムダ毛の黒色であるメラニン色素に反応する仕組みの脱毛方法が多いので、毛抜きなどで抜いてしまうとムダ毛に照射ができなくなってしまいます。

ムダ毛に照射ができなければ、脱毛効果も得られないため、脱毛サロンに通っている期間中は毛抜きや除毛クリーム、ワックスを使ったムダ毛処理は控えましょう。

脱毛の1〜2日前に事前処理するのがベスト

自己処理は、脱毛サロンの予約の1〜2日前に済ませておきましょう。脇やVIOは他の部位よりも毛が太く濃いだけでなく、伸びるペースも早いです。脇やVIOは1日前に自己処理をすると、施術当日は短い状態でお手入れすることができます。

毛が伸びた状態では脱毛の施術が受けられないので、事前処理は予約日から1〜2日前を目安に考えておきましょう。

自己処理後は必ず保湿する

自己処理が終わったら、必ず保湿を忘れないようにしましょう。お肌が乾燥した状態で照射すると赤みや痒みなどの肌トラブルにつながります。脱毛効果を高めるためにも、お手入れをした後は乳液や保湿クリームを塗りましょう。

背中の産毛など手が届きにくい部位はどうする?

脱毛自己処理画像③.jpg

背中の産毛などは、自分で処理するのが難しい部位です。無理に処理すると肌が傷ついたり、怪我をしてしまう危険性も高いです。

脱毛サロンによっては、背中などの手が届かない部位の処理は手伝ってもらえるところもあるので、無理に処理しなくても良い場合もあります。背中の処理に関しては、脱毛サロンによって対応が異なるため、事前に確認しておきましょう。

どうしても自己処理したい場合は、無理に自分で処理しようとせず、家族に手伝ってもらうことをオススメします。

VIOの自己処理のコツは?

脱毛自己処理画像④.jpg

VIOは自分でも見えにくい部位もあるので、自己処理が難しいと感じる方も多いです。デリケートゾーンは肌も薄くダメージを受けやすい部位なので、丁寧に自己処理をしましょう。

ハサミでカットしてから電気シェーバーを使う

ムダ毛が伸びた状態で電気シェーバーを使用すると、シェーバーの刃にムダ毛が絡まり処理ができません。シェーバーの故障の原因にもなるので、先にハサミで短くカットしましょう。

ハサミでカットする場合は、ムダ毛を指でつまみ、皮膚を切らないように注意しながらカットします。眉毛カット用の小さいハサミを使うと処理がスムーズです。ある程度短くカットできたら、電気シェーバーで毛の流れと同じ方向に刃を動かして処理していきます。

毛の流れと逆の方向に刃を当てると肌を傷つけてしまうため注意が必要です。

電気シェーバーで処理した後に毛先のチクチク感が気になる場合は、ヒートカッターを使うと毛先がチクチクせずキレイに処理することができます。ヒートカッターは、カミソリなどのようにツルツルの状態にはできないため、毛先を整える目的で使用しましょう。

2〜3回はすべての毛を剃る

VIO脱毛の自己処理のコツとして、毛の量を減らしたい場合は、2〜3回は全てのムダ毛を剃った状態にします。Vラインの形を残したい場合は、全部剃らなくても問題ありません。

まずはVIOのムダ毛をキレイに整えたいと考えている方は、全ての毛を剃ってからお手入れをするとムダ毛が見えやすくなるので、自己処理もスムーズです。脱毛開始から2〜3回ほど、全部剃って施術を続けると、生えてくる毛の量が減るので、全体の量が少なくなります。

毛の量が減ってからVラインのデザインを整えることもできるので、希望に合わせて処理を進めていくことをオススメします。

I・Oラインは鏡を使う

IラインとOラインは自分からは見えにくい部位なので、処理するときは鏡を使います。Iラインを処理するときは、鏡の前で足を広げた状態で座ると処理がしやすいです。Iラインは粘膜に近い部位なので、傷がつかないようにしっかり確認してから処理しましょう。

Iラインの粘膜部分はお手入れができないので、周りに生えたムダ毛を電気シェーバーで丁寧に剃っていきます。

Oラインは、鏡に跨った体制で処理します。鏡を見ながら肛門の周りに生えたムダ毛を処理していきます。デリケートな部位なので、ゆっくり焦らず丁寧に自己処理を進めましょう。

このページのTOPへ