VIOの適切な剃り方とは?剃るときの注意点もあわせて解説!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

VIOのムダ毛をカミソリで剃る方は多いですが、カミソリだと肌を傷つけてしまい、そこから炎症や肌トラブルを起こしやすいです。カミソリを使ってムダ毛を自己処理する際は、適切な剃り方を押さえておくことが大切です。

そこで今回は、VIOのムダ毛を適切に剃る方法をご紹介します。またVIOの脱毛についても触れるので参考にしてみてください。

VIOを剃るメリット

1.jpg

VIO(デリケートゾーン)のムダ毛の自己処理として剃る方は多いです。実際に、カミソリでVIOのムダ毛を剃るメリットはいくつかあります。

ここからはVIOを自己処理で剃るメリットをご紹介します。

費用をかけずに自己処理が可能

VIOのムダ毛をカミソリで最大のメリットは、費用をかけずに自己処理できることです。ご用意するものはカミソリだけなので、安いものであれば100円ショップなどでも購入できます。切れ味が良く剃りやすいものでも、1,000円以内で購入できることが多いです。

エステサロンなどでお手入れをすると数万円ほどかかるため、費用を極力抑えたい方であればカミソリを使った自己処理がおすすめです。

いつでも好きなときにお手入れができる

カミソリでVIOを自己処理するメリットには、「手軽さ」もあります。用意するのはカミソリとシェービング剤だけであり、自宅でも簡単にお手入れができます。エステサロンなどでお手入れを受ける場合は、予約をして時間を空けなければなりません。

カミソリであれば用意するものが少なく、自宅でもできるのでお風呂のときにでも手軽にお手入れできます。

デリケートゾーンを清潔に保てる

VIOをしっかり自己処理していれば、デリケートゾーンを清潔な状態を保ちやすくなります。デリケートゾーンは肌が薄く弱い部位ですが、排泄物・生理の経血などによって不衛生になりがちです。

実際に、ムダ毛の自己処理を怠ると毛は長くなり、排泄物や経血が付着しやすくなり不衛生になりやすいです。カミソリで定期的にムダ毛を剃ることで、VIOを手軽にすっきりさせて清潔にできます。

VIOのムダ毛の剃り方

2.jpg

デリケートゾーンは肌が薄くかゆみやかぶれが出やすいので注意が必要です。カミソリは刃物なので、丁寧にお手入れしないと肌を傷つけてしまう可能性があります。

ここからは、VIOのムダ毛の剃り方をご紹介します。

剃る前にハサミやヒートカッターで毛を短くする

VIOのムダ毛をお手入れするときは、いきなりカミソリを使って剃るのではなくハサミやヒートカッターで毛を短くします。ムダ毛が長い状態でカミソリを使って剃ろうとすると、刃に毛が引っ掛かってしまいスムーズに剃れません。

また、毛が引っ張られるので痛みを感じやすいです。そこで、あらかじめ毛を短くすることでしっかりとカミソリで剃りやすくなります。ヒートカッターを利用すればムダ毛を整えやすく、毛先も丸くなりチクチクしないのでおすすめです

毛が柔らかくなるタイミングで剃る

体毛は湿らせると柔らかくなる性質があります。そのため、カミソリでお手入れをする前に毛を柔らかくするのがおすすめです。お風呂上りであれば毛が柔らかくなっているだけでなく、皮膚も柔らかくなっているのでスムーズに剃りやすくなります。

ただし、身体が熱を持っている状態で刺激を与えると赤みが出ることがあるので、お風呂上げりの身体の熱が取れてからお手入れするのがおすすめです。

カミソリで剃るときのポイント

カミソリで剃るときは、カミソリを持っている手の反対の手で肌を引っ張りながら剃るのがポイントです。Vラインのムダ毛を剃るときは下から上に剃ります。

Iラインのムダ毛を剃るときは粘膜部分を傷つけないように、内側から外側に向かって剃るのがおすすめです。

肌に優しいシェービングジェルを使う

肌へのダメージを抑えてスムーズに剃るために、必ずシェービング剤(ジェル)を使います。ただし、シェービング剤によっては肌に負担をかけるものもあるため、肌に優しい成分を含んだものを使うのがおすすめです

例えば、ヒアルロン酸などの保湿成分を含むシェービングジェルであれば、肌を傷つけにくく同時に保湿ケアも行えます

空席確認・予約する

VIOを剃るときの注意点

3.jpg

VIOはデリケートな部位なので、自己処理をするときは肌を傷つけないように注意が必要です。いくつかのポイントを押さえれば安全で適切に剃りやすくなります。

ここからは、VIOを剃るときの注意点をご紹介します。

目視しづらい場所なので注意が必要

デリケートゾーンの中でもIラインは目視しづらい場所なので、どのように剃っているか確認するのが難しいです。腕や脚などは自分の目で確認しながらしっかりと剃れますが、Iラインは鏡を使ったとしても見えにくいです

また、鏡を使うと剃る向きも反対になるため、手元が狂いやすいのも注意点です。カミソリのような刃物を扱っているときに、手元が狂ってしまうと肌を傷つけてしまいます

肌への刺激を抑えるために電気シェーバーを使うのがおすすめ

カミソリを使うデメリットには、ムダ毛でなく肌表面の角質層も一緒に削ってしまうことがあります。他にもカミソリは肌に直接触れるので肌への刺激も大きいのも注意点です。そのため、ヒリヒリと痛みやすくなるだけでなく、乾燥しやすくなり肌トラブルも起きやすくなります。

そこで、おすすめなのが直接肌に触れない電気シェーバーを使うお手入れです。肌への刺激が小さいため、敏感肌の方でも使いやすく肌トラブルを防ぎやすいです

剃り終わった後はしっかり保湿する

ムダ毛のお手入れをした後は、肌のケアをするためにしっかり保湿します。先程のご説明の通り、カミソリを使うと肌の角質層は削れてしまい潤いが失われてしまいます。乾燥すると肌を守るためのバリア機能が損なわれてしまいます。

そこで、カミソリでお手入れをした後は保湿ケアをすることで、肌を守ることができ肌トラブルを予防できます。肌に優しいクリームを使うのがおすすめです。

VIOを脱毛するメリット

4.jpg

VIOのムダ毛の自己処理にお悩みがある方であれば、脱毛するのも1つの手段です。脱毛にはさまざまなメリットがあるのでおすすめです。

ここからは、VIOを脱毛するメリットをご紹介します。

自己処理よりも安全でキレイに仕上がる

VIOの脱毛は、サロンやクリニックのプロによるお手入れを受けられます。自己処理をするよりも安全で確実にお手入れを進められます。肌を傷つけてしまうリスクは少なく、肌への刺激も抑えられます。

サロンの脱毛であればVIOの希望の形・毛の量に合わせてお手入れしてくれるので、デリケートゾーンをキレイに仕上げることも可能です。また、下着や水着からムダ毛がはみ出してしまう心配も減るのも大きなメリットです。

肌トラブルの心配がなくなり清潔さを保てる

VIOを脱毛すると徐々にムダ毛が薄くなっていきます。個人差はありますが、だいたい4回から6回ほどで効果を実感できることが多いです。自己処理が減ることで、手間が少なくなるだけでなく、肌に与える刺激も抑えられます。

また、デリケートゾーンのムダ毛がなくなることで、見栄えがすっきりするだけでなく清潔さも保ちやすくなります。ニオイやムレなども抑えられるので、快適に過ごしやすくなるのもメリットです

まとめ

VIOは肌が薄く刺激に弱い部位なので、カミソリのように肌と刃が触れるため刺激が強く赤みやかゆみが起こりやすいです。場合によっては、埋没毛や毛嚢炎になるリスクも高いため、適切に剃ることが大切です。

VIOのムダ毛のお手入れは手間がかかるため、お悩みがある方は脱毛も検討してみてください。プロの手によって安全でキレイに仕上がるのでおすすめです。デリケートゾーンを脱毛して快適に過ごしてみてください。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ