ムダ毛のお手入れはカミソリでもOK?肌を傷つけない方法を徹底解説!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

ムダ毛をお手入れするときカミソリを使って一気に剃る方は多いです。しかし、手軽にムダ毛をお手入れできる反面、肌を傷つけるリスクが大きいなどでメリットもあるので注意が必要です。

そこで今回は、ムダ毛をカミソリでお手入れする方法をご紹介します。肌を傷つけないためのポイントもあわせて紹介するので参考にしてみてください。

カミソリを使ったムダ毛のお手入れのやり方

1.jpg

ムダ毛のお手入れをするときにカミソリを使う方は多いです。お風呂のときにお手入れができるので手軽であり、カミソリの価格も安いので気軽にお手入れできます。カミソリにもさまざまな種類がありますが、安全性が高く使いやすいのでおすすめです。

カミソリを使ってムダ毛をお手入れするときは、十分にシェービング剤を使ってスムーズに剃れるようにしてください。シェービング剤を使って滑らかにすることで、肌へのダメージを抑えられます。このとき、透明のジェルタイプのシェービング剤を使うと、刃先まで確認できるので使いやすいです。

毛が濃い部位や毛が硬いときは、カミソリで剃る前に十分に湿らせることが大切です。湿らせることで毛を柔らかくでき剃りやすくなります。毛を剃るときは、一度毛が生えている方向に剃って毛を短くし、そのあと下から上(逆剃り)をすることで剃り残しを防げます。

カミソリでムダ毛のお手入れをするメリット

2.jpg

カミソリはムダ毛のお手入れの中でもメリットが多い方法です。ムダ毛のお手入れの特徴を押さえておけば、自分に合った方法を選びやすいです。
ここからはカミソリでムダ毛をお手入れするメリットをご紹介します。

時間をかけずにケアできる

カミソリは一度に広範囲のムダ毛をお手入れできる方法です。例えば、毛抜きを使ってお手入れするときは、毛を1本1本抜いていかなければなりません。

その点、カミソリを使えば一度に多くの毛を剃ることができるので、腕や脚などのムダ毛を一気にお手入れできます。最近では、安全装置が付いているカミソリやシェービングが付いているカミソリがあり、安全でスムーズにムダ毛をお手入れできるのも魅力です。

自分のタイミングでムダ毛のお手入れができる

カミソリを使えば自分のタイミングでムダ毛をお手入れしやすいです。例えば、脱毛サロンを利用してムダ毛を脱毛するとき、サロン選びからご予約、ご来店、お手入れと時間がかかってしまい、ご予約の時間に左右されてしまいます。

カミソリを使えば入浴のついでに剃ることができたりなど、思い立ったときにムダ毛をお手入れできます

ムダ毛のお手入れにかかる費用が安く済む

カミソリは毛抜きと同じく、他の方法よりも安上がりなムダ毛のお手入れ方法です。家庭用脱毛器であれば、1台数万円することも珍しくありません。カミソリは100円ショップに売っているものから高機能なものまで幅広くあり、高いものでも数千円なので手軽にご用意できます。

脱毛サロンやクリニックに通うと数十万円ほどかかることもあるため、日々のケアとしてカミソリはコスパが良い方法といえます。

カミソリでムダ毛のお手入れをするデメリット

3.jpg

カミソリはムダ毛のお手入れをするのに便利なアイテムですが、デメリットもあるので注意してください。場合によっては肌トラブルが起きるリスクもあります。

ここからはカミソリでムダ毛をお手入れするデメリットをご紹介します。

肌を傷つける恐れがある

カミソリは硬い毛でも剃れてしまうほど刃が鋭く、ムダ毛をお手入れするときには肌に触れてしまいます。そのため、カミソリで肌を切ってしまうリスクがあり、場合によっては血が出てしまうこともあります

実際に、肌が弱い方だとカミソリ負けをして赤くなったり、ヒリヒリと痛みが続くこともあります。他にも肌の表面の角質を剥がしてしまうことがあり、肌に大きなダメージを与えてしまいます。何度も頻繁にカミソリでお手入れすることで、色素沈着、黒ずみに繋がることもあります。

カミソリでムダ毛をお手入れした後は、肌が乾燥しやすくバリア機能が低下し、肌トラブルに繋がる可能性もあります。

毛が太く見えてしまう場合がある

カミソリでムダ毛をお手入れすると、毛の断面が斜めに剃られてしまいます。斜めに剃られた毛の断面は意外と大きいため、毛が太く見えてしまう場合があります

カミソリだと一度に広範囲のムダ毛をお手入れできますが、その分、毛が太く見えてしまう毛の本数も多いため、カミソリでお手入れした場所の毛が濃くなって見えてしまうことがあります。他にも毛先が尖ることでチクチクしてしまうことや、毛が肌に埋まってしまう埋没毛になる可能性があることもデメリットといえます。

頻繁にお手入れする必要があり肌にダメージを与えやすい

カミソリは肌の表面に出ているムダ毛を剃ることになるため、すぐに毛が成長して目立ってしまいます。例えば、毛抜きや脱毛ワックスを使う方法だと、毛根から毛を抜くことになるため、一度お手入れすればしばらく毛は生えてきません。

カミソリの場合だとムダ毛が目立つまでの間隔が短いため、頻繁にムダ毛をお手入れする必要があり、その都度肌にダメージを与えてしまいます。肌のケアをしなければ、肌荒れ・肌トラブルが起きてしまうので注意が必要です。

空席確認・予約する

カミソリで肌を傷つけないためのポイント

4.jpg

カミソリを使ってムダ毛をお手入れするときは、肌を傷つけるリスクを考えることが大切です。そのため、肌を傷つけないようにするポイントを押さえておきましょう。

ここからはカミソリでムダ毛をお手入れするときの、肌を傷つけないためのポイントをご紹介します。

シェービングジェルやクリームを十分に使う

カミソリで肌が傷つくのは、鋭い刃が直接肌に触れてしまうからです。そこで、シェービングジェルやクリームを十分に使ってお手入れすることで、カミソリの刃と肌の摩擦を小さくできるので肌へのダメージを抑えられます

一度剃ったところは、もう一度シェービングを塗り直してから剃るようにしてください。

肌の状態が悪いときはムダ毛のお手入れを行わない

カミソリでムダ毛をお手入れするときは、肌の状態を十分にチェックしてください。肌荒れや乾燥しているとき、肌がヒリヒリしているときなど肌の状態が悪いときに、カミソリを使ってムダ毛を剃ると、さらに肌の状態が悪化してしまいます。カミソリを使うときは、肌の状態が良いときに行うようにしてください。

お手入れの後は必ず保湿をする

カミソリでムダ毛をお手入れした後は、肌はダメージを受けており乾燥しやすく、肌のバリア機能は低下しています。そこで、ムダ毛をお手入れした後にクリームなどを使って保湿することで、肌を守ることができ肌トラブルを予防できます。

肌のダメージが気になる場合は脱毛しよう!

5.jpg

カミソリでムダ毛をお手入れするようにすると、お手入れの回数が増えて肌へのダメージが大きくなってしまいます。そのため、肌のダメージが気になる方や肌トラブルで悩んでいる方は、ムダ毛を脱毛するのもおすすめです

脱毛すれば、徐々にムダ毛は薄くなっていくので自己お手入れの回数が減ってきます。自然と肌がダメージを負うことが少なくなってくるので、肌を守ることができます。

カミソリを使った適切な自己お手入れ方法を押さえよう!

6.jpg

カミソリはムダ毛をお手入れするときに活躍する便利な道具であり、一度にムダ毛をお手入れできるメリットがあります。ただし、鋭い刃が肌に触れてしまうため、自然と肌へのダメージが大きくなってしまいます。

カミソリでムダ毛をお手入れするときは、シェービング剤を十分に使ったり保湿したりしてください。ダメージが気になる方は脱毛するのもおすすめです。カミソリを使った適切な自己お手入れ方法を押さえて、ムダ毛をお手入れしてください。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ