ミュゼの脱毛方法・効果

「お肌への影響は?」「痛みが不安・・・」という方も、ミュゼなら安心。
お肌にやさしく、痛みがほとんどない先進の「S.S.C. iPS care 方式」を採用しています。

お手入れ方法が新しくなりました

S.S.C. iPS care 方式

鎮静効果の高いiPS細胞培養上清液(※1)を配合した美容液「iPトリートメントエッセンス」を使用。
この美容液を使用することにより美容脱毛としては最大級のレベルでのお手入れが可能に。
従来よりも、更に脱毛効果をご実感いただけるお手入れ方法となりました。

(※1)ヒト(線維芽細胞/単核細胞)人工多能性細胞培養順化培養液(保湿成分)
(※2)特許技術を用いて培養されるiPS 細胞の培養上清液を配合した ICELLEAP社のOEM化粧品を、肌ケアに使用する脱毛方式の開発およびサービス提供開始時期について。 2022年1月 メーカー 調べ。

メリット

1.脱毛効果30%UP
2.お手入れ時間約20%短縮
3.美肌効果UP

iPS細胞培養上清液(※)とは
iPS細胞とは、人工的に作られた幹細胞の一種です。皮膚、肝臓、血液などの「体細胞」を元に作られており、原則ヒト由来です。iPS細胞は一般的な幹細胞と違い、様々な組織に変化(分化)する能力と、無限に増殖する能力を持っています。このような幹細胞は、受精卵由来のES細胞を除けばiPS細胞以外に存在しません。
「iPS細胞培養上清液(※)」とは、iPS細胞を培養する際に得られる培養上清液を、化粧品原料化したものです。化粧品の成分名である国際規格INCIコードおよび日本語販売名称を取得している、オリジナル原料です。

  • (※)ヒト(線維芽細胞/単核細胞)人工多能性細胞培養順化培養液(保湿成分)

トリートメントはうるおい美肌成分入り

仕上げのトリートメントに使うのは、プラセンタエキスを配合したミルクローション。
やさしくいたわりながらお肌にうるおいを与え、美肌効果も期待できます。

独自開発のプラセンタエキス配合 ミルクローション

脱毛方法の種類と効果

他の脱毛法と比較しても、ミュゼが採用している「S.S.C. iPS care 方式」は痛みの心配がなく、短時間でお手入れできるので安心です。

 

ニードル式

レーザー式

S.S.C. iPS care 方式

脱毛方法

毛穴に電子針を通して
毛根を焼いて破壊
レーザー光を肌表面に当て
毛と毛根を処理

美容液とライトの効果で
お手入れ

時間

約15秒で1本ずつ
両ワキ約90~120分
一秒で約10本
両ワキ約10分

1秒で約200本
両ワキ3分

肌へのダメージ

一時的にはれたり
発疹ができることも
やけどやシミが
できることも

ほとんどなし

料金

高額 高額

低額

  • ※痛みの感じ方には個人差があります。また、箇所によっても異なります。

監修医師

尾見 徳弥先生

【監修医師】
日本医科大学客員教授
東京医科大学兼任教授
尾見 徳弥 (おみ とくや)

【プロフィール】
1988年 日本医科大学卒業
1992年 日本医科大学大学院卒業  日本医科大学皮膚科入局
1996年 Denmark,Aarhus大学Visiting Research Professor
2012年 日本医科大学客員教授
2012年 東京医科大学兼任教授

日本皮膚科学会認定専門医/日本皮膚科学会 美容皮膚科・レーザー指導専門医
日本アレルギー学会認定専門医/日本美容皮膚科学会 理事・評議員
日本小児皮膚科学会 運営委員/日本レーザー医学会 評議員
日本レーザー治療学会 評議員/日本美容医療協会 理事

【監修医師コメント】
美容医療の専門医として従事している私の立場としても、エステティックサロンにおいて安心して安全な施術を受けることは、非常に価値があると思います。 ミュゼプラチナムがこれまで19年に渡り、お客様に接してきた実績に、あらたな手法を追加することで、より安全に、高い減毛と皮膚の改善が期待できると考えております。

毛周期に左右されない脱毛です

どんな脱毛方法でも、1回のお手入れだけではムダ毛は完全になくなることはありません。
2週間以上の間隔を空けていただき、5~6回ほどのお手入れで、脱毛効果を実感しはじめる方が多いです。

美容脱毛の流れ

美容脱毛の流れ

  • ※毛周期には個人差があります。また、箇所や毛質によっても毛周期に差があるため、脱毛回数は個人により異なります。
  • ※店舗の混雑状況によっては、ご予約をお待ちいただく場合もございますのでご了承ください。

よくある質問にお答えします

「光脱毛」と「レーザー脱毛」ってどう違うの?

ミュゼプラチナムでは「S.S.C. iPS care 方式」を用いていますが、このほかにも、「光脱毛」や「レーザー脱毛」を用いているサロンやクリニックがあります。光脱毛は主にサロンで受けられる方法で、レーザー脱毛は医療機関でのみ受けられるものです。ここでは、この2つの脱毛方法の特徴を、詳しくご紹介します。

光脱毛とは?
ムダ毛のある部位に、メラニン色素(黒い部分)に反応するライトを当てることによって毛根を弱らせるしくみの脱毛方法です。光が当たった毛は、数日後自然に抜け落ちます。 またムダ毛の“成長期”にあたる期間にライトを当てることで、毛が再生するのを弱める効果が期待でき、「不再生脱毛」とも呼ばれています。 脱毛方法は、IPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い、ムダ毛部分にライト(フラッシュ)を照射します。サロンによっては、IPL脱毛、フラッシュライト脱毛などと呼ばれることもあります。
光脱毛のメリットとデメリット
光脱毛のメリットは、レーザー脱毛に比べてライトの照射力が弱く、痛みが少ないことです。また肌へのダメージも、レーザー脱毛に比べて抑えられます。広範囲に照射できるので、1回あたりの施術時間が短くて済むうえ、比較的リーズナブルなところも利点です。 しかし一方で、肌への作用が緩やかなため、ツルスベになるまで時間がかかるというデメリットもあります。効果を実感できるまでに6~10回程度※かかります。レーザー脱毛に比べて少し長いスパンでサロンに通うことになりますが、肌への負担を抑えつつ費用も抑えたい方にとっては、おすすめの脱毛方法です。 ※回数には個人差があります。
レーザー脱毛とは?
ムダ毛に医療用レーザーを当てることによって毛根を焼く方法で、数日後に毛が抜け落ちていきます。光脱毛と違うのは、照射するライトの波長と照射力の強さ。光脱毛は複数の波長を含んだライトを広範囲に照射するのに対して、レーザー脱毛は単一の波長で集中的に光を集めて照射します。使用されるレーザーにはいくつか種類があり、主にダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーが用いられます。
レーザー脱毛のメリットとデメリット
レーザー脱毛のメリットは、1回あたりの照射力が高いため、光脱毛より少ない回数で終了できること。ほとんどが5~6回程度※の施術で脱毛の効果を実感できるようになります。 一方デメリットとしては、光脱毛よりも照射力が高いため、痛みを感じやすいことが挙げられます。よく「輪ゴムをはじいた程度の痛み」と言われますが、人によってはそれ以上の痛みを感じることもあるようです。痛みを抑えるための麻酔を処方してくれるクリニックもあります。 また効果が高い分、1回あたりの費用も高い傾向にあります。クリニックによっては有料で麻酔薬を塗るなど、痛みを軽減させる対策をとってくれますが、痛みに弱い方や、費用を抑えつつお手入れしたい方には光脱毛をおすすめします。 ※回数には個人差があります。

無料カウンセリング予約

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。