妊娠中にも脱毛できるの?

大切な赤ちゃんへの影響も考えたい、妊娠中の脱毛について基礎知識をつけよう!

脱毛による胎児や母体への影響は?

基本的に、妊娠中はサロンでもクリニックでもお手入れすることはできなくなってしまいます。妊娠によってホルモンバランスが変化すると、肌が敏感になって肌トラブルを起こしやすくなったり、痛みを感じやすくなったりすることがあるためです。
また、妊娠中は脱毛の効果が薄れたり、逆に体毛が太くなる「多毛症」になる可能性もあったりと、思うような効果を期待できない場合も。さらに、長い時間同じ体勢でいることで身体に負担をかけてしまう、つわりの影響でニオイなどに反応して気分が悪くなる、といったリスクも考えられます。 こういった理由から、多くのサロンやクリニックでは妊娠中のお手入れを断る方針をとっています。

とはいえ万が一、妊娠が分かる前にお手入れを受けた場合もあわてる必要はありません。光脱毛やレーザー脱毛は、あくまで肌表面の黒い部分に働きかけるものであって、体内には影響を及ぼさないからです。当然、胎児に影響を及ぼすこともありません。ただし、上で述べたようにホルモンバランスの変化による肌トラブルなどを起こすこともあるので、妊娠が分かったらすぐにお手入れをお休みしましょう。

妊娠中のムダ毛処理はどうしたらいいの?

妊娠中は肌質が変わることもあるため、肌に負担をかけないように自己処理もなるべく控えることをおすすめします。

どうしてもお手入れしたい場合は肌にやさしい電気シェーバーなどを使用し、お手入れ後は保湿を十分に行うなど、いつも以上に丁寧にケアすることを心がけましょう。肌に負担がかかりやすい毛抜き、ワックス、除毛クリーム、家庭用脱毛器などの使用はおすすめできません。自己処理の頻度も、気になるときにお手入れする程度に抑えて、いつもより敏感になっている肌をいたわってあげることが大切です。

また、自己処理後に赤みや痒みが消えないようならば、早めに皮膚科を受診しましょう。

お手入れに再び通い始めるタイミングは?

大抵のサロンやクリニックでは、妊娠~授乳中はお手入れをストップすることになっているので、その期間を契約期間から省いてくれる制度があります。妊娠の可能性がある方や妊娠を望んでいる方は、制度を確認しておくと良いでしょう。

ミュゼプラチナムでも、妊娠〜授乳中の際は同様のご対応をさせていただきますので、詳細はコンシェルジュデスクまでご連絡ください。授乳を終えるころに余裕をもってお手入れ再開のスケジュールを立てることができるので、安心してご契約いただけます。

※ご契約・お手入れは授乳を終えられ、母乳が止まり、生理が2~3回来てからの再開となります。

詳しくご相談をしたい方はこちらから

「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」のお申込みはこちら。無料カウンセリング予約



脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。