中学生のムダ毛の主な自己処理方法とは?脱毛するメリットや注意点も解説

中学生になると第二次性徴の影響で体毛が目立ってくるため、自分でムダ毛のケアをする機会が増えてきます。しかし、自己処理をするときに正しい知識がないと、肌を傷つけてしまう恐れがあります。

このページでは、中学生でもできるムダ毛の自己処理方法についてご紹介します。脱毛する場合のメリットや注意点についても触れるので、ぜひ参考にしてみてください。

中学生でもできるムダ毛のお手入れ方法

1.jpg

まずは、中学生の主なムダ毛の自己処理方法についてご紹介します。それぞれ特徴があるので、どのような方法があるのか知り、自分に合っているものを選んでみてください。

カミソリ

代表的なムダ毛のお手入れ方法は「カミソリ」です。コンビニやスーパーなどでも手軽に購入でき、お風呂のときにお手入れしやすいです。しかし、正しい方法でカミソリを扱わないと、肌を切ってしまったり、肌への負担が大きくなるため注意しなければなりません。

また、効果が持続する期間も短いため、こまめにケアする必要があるのも押さえておきたいポイントです。

カミソリによるムダ毛のお手入れについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
ムダ毛のカミソリによるお手入れ方法

電気シェーバー

電気シェーバーは電気で動く刃によってムダ毛をカットする自己処理方法です。カミソリのようにムダ毛をカットしますが、直接肌に刃が当たらないためカミソリよりも肌に優しいです。

また、カミソリと違ってシェービング剤なども必要ないため、より手軽にお手入れできます。コンパクトな電気シェーバーであれば携帯性も良く、気になったときにケアできるのもメリットです。

電気シェーバーによるムダ毛の自己処理については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
シェーバーでムダ毛を自己処理するメリット

毛抜き

カミソリと並んで毛抜きによる自己処理も一般的です。比較的手軽な方法ですが、毛抜きを使いムダ毛を1本1本抜くため部位によっては自己処理に時間がかかります。また、毛を毛根から抜くため効果が持続する時間は長いですが、毛穴を無理矢理広げることになるためダメージは大きいです。

毛抜きを使って自己処理をすると、肌の表面に毛が出てこられずに伸びてしまう「埋没毛」や、毛穴に細菌が入って化膿する「毛嚢炎」になるリスクがあるためおすすめではありません。

除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かす成分が含まれたクリームのことです。肌の気になる場所にクリームを塗り、一定時間経過した後に洗い流すだけで広範囲のムダ毛を一度にケアできます。手間があまりかからずに自己処理できるため、急いでお手入れしないといけないときなどに活躍します。

ただし、肌の表面にある毛にしか効果はないため、しばらくするとまた毛は生えてきます。また、肌も毛と同じタンパク質でできているため、少なからず肌にもダメージがあるので注意してください。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器とは、脱毛サロンなどで使われている脱毛機を家庭でも安全に使えるように出力を抑えたものです。脱毛サロンに通う必要がなく、自分の好きなタイミングで脱毛ケアを行うことができ、サロン脱毛に近い効果を得られます。

しかし、出力を抑えている分、効果を実感するまでに時間がかかります。しっかりと脱毛するためには根気よく続けなければなりません。また、背中など手が届きにくい場所は1人だとお手入れしにくいのもデメリットです。

10代の女性のムダ毛のお手入れ事情について、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
ムダ毛の自己処理事情の調査

中学生は肌が成長段階なので注意が必要

2.jpg

中学生の時期はまだ身体が成長段階なので、肌は柔らかく大人と違いダメージを受けやすいです。そのため、頻繁に自己処理をしていると肌を傷つけるリスクがあるので注意してください。

他にも、赤みやかゆみが出たり、肌荒れしたりなど肌トラブルが起きるリスクも高いです。中学生の肌はダメージを受けやすいことを把握し、なるべく肌に負担をかけないお手入れをする必要があります。

中学生が脱毛するメリット

3.jpg

「中学生に脱毛はまだ早い」というイメージを持つ方は多いです。しかし、中学生が脱毛するメリットは多く、脱毛によってさまざまな悩みが解決する場合もあります。まずは、脱毛にはどのようなメリットがあるのか把握しておくことが大切です。

ここからは、中学生が脱毛するメリットについてご紹介します。

コンプレックスや悩みを解消できる

まず、脱毛することでムダ毛が目立たなくなるので、体毛に関するコンプレックスや悩みを解消できます。中学生は成長に個人差があるため、友達など他の人よりも毛が濃いと感じて悩んでしまうことは多いです。

実際に、中学生は体育の授業や修学旅行など人前で着替える機会は多く、体毛が気になりやすいです。そこでムダ毛を脱毛すれば、肌をキレイな状態に保ちやすくなります。また、ムダ毛の自己処理の手間が減るのも大きなメリットです。

学割を利用できる

中学生や高校生の場合、多くの脱毛サロンで学割を利用できます。脱毛サロンに通うとなると、他のムダ毛のお手入れよりも当然費用がかかってしまいます。費用が高額であれば、ご両親から反対される可能性も大きくなります。

学割を利用すると10%から30%ほどの割引になるため、経済的な負担は軽くなるのは大きなメリットです。中学生以外にも、高校生・大学生で学割を利用できるケースが多いですが、早いうちに脱毛をはじめることでキレイな肌を保ちやすくなります。

ムダ毛の自己処理で悩む必要がなくなる

中学生の場合、適切な自己処理方法が分からずに悩んだり、肌を傷つけたりすることが多いです。適切にムダ毛のケアをしているつもりでも、知らずの間に肌にダメージを与えていることもあります。

そこで脱毛をすれば、自己処理の手間が徐々に減っていきます。肌に優しいだけでなくムダ毛の自己処理で悩む必要もなくなります

近年の脱毛事情については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
脱毛をしている人の割合調査

空席確認・予約する

中学生が脱毛するときの注意点

4.jpg

中学生が脱毛するメリットは多いですが、中学生ならではの注意点もあります。脱毛を受ける前にどのようなことに注意しなければならないのか、押さえておくことも大切です。

ここからは、中学生が脱毛するときの注意点をご紹介します。

毛の生え方が安定していない

まず、中学生は成長期の途中であり、肌だけでなく毛の構造も少しずつ変化しているため、毛の生え方が安定していません。同じ年齢だったとしても、身体の成長スピードに個人差があるように、毛の状態にも違いがあります。

実際に、毛の太さがバラバラだったり毛が生えるサイクル(毛周期)が違ったりします。脱毛は毛周期に合わせて行う方法が多いため、毛の生え方が安定していない間だと十分な脱毛効果を得られない可能性があります

お手入れで痛みを感じやすい

現在では、多くの脱毛サロンが痛みを感じにくい脱毛方法を採用しているため、お手入れで痛みを感じにくくなっています。しかし、脱毛時に感じる痛みには個人差があるため、人によっては痛みを強く感じることも少なくありません。

中学生の肌は大人と比べると、敏感なので痛みを強く感じてしまう可能性は高いです。しかし、痛みを和らげるために出力を抑えると脱毛効果が小さくなってしまうので注意してください。

肌トラブルが起きやすい

前述した通り、中学生の肌は柔らかく敏感なので脱毛によるダメージが大きく、肌トラブルが起こりやすいです。敏感肌などの場合は、痛みを感じやすくなるだけでなくヤケドなどの炎症が起きる可能性があります。

ミュゼプラチナムでは痛みを感じにくく肌に優しい「S.S.C.方式」を採用しているため、比較的安全ですが、それでも痛みを感じる場合は担当のスタッフにご相談ください。

中学生に合った方法でムダ毛をケアしよう

5.jpg

中学生の肌は柔らかく敏感なので、自己処理などによってダメージを受けやすいです。まだムダ毛のお手入れに慣れていないと、誤った方法で肌を傷つける可能性もあります。ムダ毛の自己処理をするときは、自分に合った方法を選ぶようにしてください。

また、ムダ毛が気になる方や自己処理の方法でお悩みの方は、脱毛してみるのもおすすめです。学割を利用すれば費用を抑えることができるので、ぜひ検討してみてください。

空席確認・予約する