すね毛はどうやって自己処理すれば良い?脱毛がおすすめの理由も紹介

スカートやワンピースなどを着るときは脚が露出するため、すね毛のケアは欠かせません。しかし、すね毛は広い範囲に生えていてこまめにお手入れするのは大変なので、手軽にできる自己処理方法を押さえておくのがおすすめです。また、自己処理の手間や肌へのダメージが気になる方は脱毛するのも有効です。

そこでこのページでは、すね毛の自己処理方法や脱毛のメリットなどについてご紹介します。

すね毛の一般的な自己処理方法は?

1.jpg

すね毛は広い範囲に生えているため、自己処理に時間がかかりやすいです。そのため毛抜きなどで1本1本抜く方法は現実的ではありません。すね毛の自己処理にはいくつか方法があるので、それぞれの特徴を押さえておくのがおすすめです。

ここからは、すね毛の一般的な自己処理方法の特徴をご紹介します。

カミソリ・電気シェーバー

カミソリはすね毛を剃る一般的な方法です。シェービング剤とカミソリがあれば簡単にお手入れでき、一度に広範囲のムダ毛を剃れます。しかし、剃った後に毛の断面が黒くポツポツと見えてしまうことがあります。

また、カミソリを使うと肌の表面にダメージを与えてしまい、カミソリ負けが起きることもあるので注意が必要です。

電気シェーバーはカミソリと違い、刃が肌に直接触れません。比較的肌に優しい自己処理方法ですが、深く剃ることができないため頻繁に自己処理をする必要があります

除毛クリーム

除毛クリームは、毛を溶かす成分を含んだクリームで、ムダ毛が気になるところに塗り、しばらく経過した後に拭き取るだけで簡単にお手入れできます。すね毛などの範囲が広い部位でも、手間がかからないため人気がある方法です。

しかし、毛を溶かす成分は肌にも影響があり、肌が弱い方や敏感肌の方が使うとヒリヒリする場合があります。また、肌の表面に出ている毛しか溶かせないため、しばらくするとすぐに毛が生えてきてしまうのもデメリットです。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、ワックスをムダ毛が気になる部位に塗り、固まった後に剥がすことで一気に毛を抜く方法です。除毛クリームと同様に、一度に広範囲のムダ毛を自己処理できるのがメリットであり、毛根から抜くためしばらく効果が持続します。

しかし、毛をワックスにしっかり絡ませないと脱毛効果が発揮されないため、ある程度ムダ毛を伸ばす必要があります。さらに、毛を無理矢理引き抜くことになるため、他の自己処理方法よりも痛みが強いのも大きなデメリットです。ワックスを剥がす際に肌の角質も剥がれるため、敏感肌の方には刺激が強いこともあります

すね毛の自己処理をするデメリット

2.jpg

ムダ毛の自己処理は自分の好きなタイミングで手軽に行えるのがメリットですが、同時にデメリットもあるので注意してください。ここからは、すね毛を自己処理するデメリットについてご紹介します。

カミソリ負けなど肌トラブルが起きる可能性が高い

カミソリを使って自己処理をすると、ムダ毛だけでなく肌の角質層まで削ってしまいます。角質層は主に肌の潤いを守る役割があるため、カミソリを使うと肌が乾燥しやすくなります。肌は乾燥するとバリア機能が低下し、肌荒れ・肌トラブルが起きるリスクが高くなるため注意が必要です。

体調が悪いときなどにカミソリを使うと、肌が炎症したり色素沈着が起きたりするため見栄えが悪くなってしまいます。他にも、不衛生なカミソリを使うことでニキビのような炎症も起こりやすくなります

自己処理に時間がかかる

すね毛は自己処理する範囲が広く、両脚行わないといけないためお手入れに時間がかかってしまいます。カミソリや除毛クリームで自己処理をする場合、毛根は残ってしまうためしばらくするとまたムダ毛が伸びてきてしまい、その都度お手入れしなければなりません。

自己処理の頻度が高くなればなるほど、肌トラブルが起きるリスクも高くなるため、悪循環に陥ってしまいやすいです

悩みを解決したいなら脱毛がおすすめ

3.jpg

自己処理は手軽にムダ毛のお手入れができる反面、肌にダメージを与えてしまうデメリットがあります。ムダ毛の自己処理の手間や肌トラブルが気になる方は、思い切って脱毛するのがおすすめです。

ここからは、すね毛を脱毛するメリットをご紹介します。

自己処理をする手間から解放される

すね毛の自己処理は時間がかかりやすく、肌トラブルが起きるリスクもあります。そこで、すね毛を脱毛してしまえば自己処理の手間から解放されます。

すね毛に限らず脱毛は脱毛機により異なりますが、毛が生えてくる毛周期に合わせて行うものが多いです。このような脱毛方法の場合、最も脱毛効果が高いのは毛が伸びる「成長期」であり、成長期を迎える毛は、毛全体の20%ほどです。そのため、1回のお手入れで脱毛は完了しませんが、何回か通うことで毛の量が減り自己処理が楽になるなど効果を実感できます

脚がキレイに見えるようになる

サロンで脱毛するメリットは、自己処理よりもキレイに仕上がることです。自己処理の場合、お手入れにムラができるなど仕上がりが不十分になりやすいですが、脱毛はプロの手によるお手入れを受けられます。

前述の通り、効果を実感するまでに回数を重ねる必要がありますが、自分でお手入れするよりもキレイな脚を手に入れられます。また、脚のムダ毛がなくなることで肌のトーンが明るくなり、脱毛前よりもキレイに見えるようになるのも大きなメリットです

肌トラブルが起きにくくなる

すね毛を脱毛すれば、自己処理の手間から解放されるだけでなく、カミソリなどによる肌へのダメージも少なくなっていきます。脚は身体の中でも露出する機会が多いため、必然的に自己処理の回数が増えやすいです。

脱毛すれば自己処理の回数が減り、肌をキレイな状態に保ちやすくなります。また、脱毛により毛穴が引き締まる効果も期待できるため、細菌などが侵入しにくくなり、肌トラブルが起きにくくなります。

空席確認・予約する

脚の脱毛でよくある質問

4.jpg

脚のムダ毛が気になる方は多いですが、同時に「痛そう」「怖い」といった不安を抱える方も多いです。そのようなときは、「よくある質問」を参考にするのがおすすめです。

ここからは、脚の脱毛でよくある質問をご紹介します。

脚の脱毛はどれくらいの回数が必要?

前述した通り、脱毛のお手入れは1回で終わらないため、何回か通う必要があります。脱毛サロンでお手入れを受ける場合、すね毛の脱毛は4回から6回ほどで毛の量が少なくなってくるため、自己処理の手間が減るなど効果を実感できます

脱毛を完了させるまでは6回から12回ほどかかりますが、だんだんムダ毛が生えるペースが遅くなります。毛の量や毛の質によって変わりますが、脱毛には1年ほどの期間がかかることが多いです。

脚の脱毛は痛い?

脚の脱毛では、お手入れする部位によって感じる痛みが変わってきます。また、痛みの感じ方には個人差がありますが、足の甲・太もも・ひざは比較的痛みを感じやすいです。なぜなら、このような場所は皮膚が薄く、血管が近いからです。

また、ひざやすねなどの骨が近い場所は、響くような痛みを感じることがあります。ミュゼプラチナムでは、痛みをほとんど感じない「S.S.C.方式」を採用しております。美容液を塗布し、その上からライトを当てるため、肌に優しく痛みを感じにくいです。

事前の準備やアフターケアは必要?

脚の脱毛に限らず、脱毛を受ける前にはムダ毛をあらかじめ剃っておく事前処理が必要です。ムダ毛が伸びた状態だと、脱毛機のライトにより毛が熱を帯びてしまい、その毛が肌に触れることでヤケドをするリスクがあります。また、脱毛後は肌が熱を持ちやすいため、保湿するなどのアフターケアも必要です。

脚の脱毛については以下の記事でも詳しくご紹介しております。ぜひ、参考にしてみてください。

足脱毛の特徴やメリットについて

すね毛を脱毛して快適に過ごそう

5.jpg

すね毛は自己処理の手間がかかりやすく、肌トラブルが起きやすいため注意しなければなりません。手間や肌荒れなどが気になる方は、脱毛してみるのがおすすめです。脱毛すれば、脚がキレイになり、自己処理の手間を省けます。

また、足の脱毛ではすね毛以外にも足の甲や指の脱毛もあるので、興味がある方はぜひ検討してみてください。

ミュゼでは男性用の「メンズミュゼ」サービスも行っており、すね毛の脱毛を行っております。ご家族やパートナーに興味をお持ちの方がいる場合は、ぜひカウンセリングをすすめてみてください。

メンズミュゼはこちら

空席確認・予約する

このページのTOPへ