下の毛はお手入れしたほうが良い?主な自己処理方法と脱毛のメリットを紹介

ムダ毛の中でもお悩みを抱える方が多い「下の毛」は、アンダーヘアとも呼ばれ、繊細な部位のためムダ毛を放置しておくと不快感が大きくなってしまいます。他にも、下の毛を自己処理しないことによるデメリットは多いです。

そこで、下の毛を自己処理する必要性やその方法、脱毛をするメリットについてご紹介します。

下の毛はお手入れしたほうが良い?

1.jpg
下の毛は定期的に自己処理することをおすすめします。なぜ自己処理したほうが良いのか理由を押さえておくと、よりメリットを感じられるようになります。

ここからは、下の毛を自己処理したほうが良い理由をご紹介します。

毛がはみ出るのを防げる

下の毛を放置していると伸び続けてしまい、ボリュームが多くなってしまいます。このような状態だと下着や水着などから下の毛がはみ出てしまいやすいです。着替えのときなど女性同士であっても、ムダ毛がはみ出ていると恥ずかしい思いをしてしまいます。

水着姿で動くと、より毛がはみ出しやすくなるため注意が必要です。こまめにムダ毛を自己処理しておけば、恥ずかしい思いをせずにすみます

通気性が良くなり衛生的になる

下の毛を自己処理すると、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。下の毛が伸びているとデリケートゾーンは蒸れやすくなり、雑菌が繁殖して嫌なニオイが発生しやすくなります。

また、デリケートゾーンが蒸れるとかゆみやかぶれの原因にもなるため、注意しなければなりません。そこでデリケートゾーンのムダ毛を自己処理すれば、通気性が良くなり衛生的になります

見た目が良くなる

下の毛はストレートではなく縮れているので、他の部位の毛よりもボリュームが出やすいです。また、下の毛を放置して伸ばしたままにしていると、デリケートゾーンの見た目も悪くなってしまいます。

そこで、定期的に自己処理をすることで、下の毛がスッキリして見た目も良くなります

下の毛を自己処理する主な方法

2.jpg

下の毛を自己処理する主な方法は、次の4つです。

・カミソリ
・電気シェーバー
・ヒートカッター
・ブラジリアンワックス

ここからは、それぞれの特徴について詳しくご紹介します。

カミソリ

カミソリは、デリケートゾーンのムダ毛のお手入れの一般的な方法です。シェービング剤とカミソリを用意するだけで済み、入浴のタイミングでムダ毛を剃れるので手軽です。

しかし、カミソリを使うとムダ毛だけでなく、肌の表面にある角質層まで削ってしまいます。角質層は肌の潤いを保つ役割があるため、カミソリを使って自己処理をすると肌が乾燥しやすくなるので注意してください。カミソリを使った後はしっかりと保湿することが大切です。

電気シェーバー

電気シェーバーは電動で動く刃によってムダ毛をカットする方法です。カミソリよりも高価ですが、刃が直接皮膚に触れないため肌に優しい方法でもあります。

コンパクトなタイプであれば携帯しやすく、シェービング剤も不要なため外出先などでムダ毛が気になったときにも便利です。

下の毛のボリュームを抑えたいときにもおすすめですが、カミソリと違い深剃りできないため、こまめに自己処理する必要があります

ヒートカッター

ヒートカッターは電熱で毛をカットする方法です。あらかじめムダ毛をハサミなどでカットしてからヒートカッターを使うと、キレイに整えられます。また、電気シェーバーやカミソリと違い、カットしたムダ毛の毛先は熱によって丸くなるためチクチクしにくくなるのもメリットです。

ただし、ヒートカッターを使うと焦げ臭いニオイが発生することがあるのがデメリットです。ヒートカッターを使うときは部屋を換気するようにしてください。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは欧米で人気がある脱毛方法で、天然素材のワックスを塗り、ワックスが固まったあとに剥がすことでムダ毛を一気に抜くことができます。一度に広範囲のムダ毛のお手入れができ、薬品を使うわけではないのでデリケートゾーンのお手入れにも使えます。

しかし、一気に大量のムダ毛を引き抜くため、さまざまな自己処理の方法の中でも痛みが強いのがデメリットです。デリケートゾーンは皮膚が薄いため痛みを感じやすいので、使用には十分注意してください

手間が気になるなら脱毛するのがおすすめ

3.jpg

下の毛を自己処理するメリットは多いですが、こまめにお手入れするのは手間がかかります。忙しいときはお手入れするのを忘れてしまうことも少なくありません。そこで、手間が気になる方は脱毛するのがおすすめです。

ここからは、下の毛を脱毛するメリットをご紹介します。

自己処理の手間を省ける

下の毛を脱毛すると、自己処理の手間が省けます。ムダ毛がはみ出て恥ずかしい思いはしたくありませんが、こまめに自己処理することになるため面倒に感じやすいです。そこで、ムダ毛を脱毛すれば今までよりも自己処理の回数は各段に減ります。

1回の脱毛で全てのムダ毛をお手入れできるわけではありませんが、何回か通っているうちに徐々にムダ毛が薄くなっていき、自己処理が楽になります。自己処理の手間にお悩みの方は、脱毛するのがおすすめです。

カミソリなどによるダメージが軽減する

カミソリで頻繁にムダ毛を自己処理していると、肌が傷ついてしまいます。肌表面の角質層が削れてしまうことで肌は乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が低下することで、外部刺激に弱くなり、かゆみやかぶれ、肌荒れが起きることが多いです。

脱毛すればカミソリで自己処理する回数は大幅に減るため、肌が受けるダメージは少なくなります。肌荒れや乾燥、かゆみなどの肌トラブルが気になる方にも脱毛はおすすめです

自分の好みのスタイルに仕上げられる

サロンで脱毛すると、下の毛を自分好みのスタイルに仕上げられるのもメリットです。プロの手によるお手入れを受けられるため、自分でお手入れするよりもキレイに仕上がります。下の毛の形はさまざまで、自然な仕上がりの「逆三角形」や、全部の毛を脱毛する「ハイジニーナ」などがあります。

キレイな形に整えることで下着・水着から毛がはみ出る心配がなくなり、おしゃれを楽しみやすくなります

空席確認・予約する

VIO脱毛でよくある質問

4.jpg

デリケートゾーンの脱毛に抵抗感がある方は少なくありません。VIO脱毛に不安がある方は、よくある質問を参考にするのがおすすめです。

ここからは、VIO脱毛でよくある質問をご紹介します。

どれくらいの回数が必要?

VIO脱毛の回数は6回から18回以上と、メニューによって大きく変わってきます。例えば、下の毛を一部脱毛したりボリュームを抑えたい場合は、6回から12回ほどで仕上がることが多いです。

しかし、下の毛を全部脱毛するハイジニーナの場合だと、12回から18回以上かかることが多いです。もともとの下の毛のボリュームや濃さには個人差がありますが、量が多いとさらに回数が増える場合があります

VIO脱毛は痛みを感じる?

デリケートゾーンは他の部位と比較すると痛みを感じやすいです。これはデリケートゾーンは他の部位よりも肌が薄いため、痛みを感じやすいからです。また、下の毛の色素は濃いため、脱毛機のライトが強く反応するため痛みを感じやすいです。

しかし、ミュゼプラチナムでは、美容液の上からライトを当てるS.S.C.方式を採用しているため、痛みを感じにくくなっています

しっかりお手入れしてデリケートゾーンを清潔に保とう

5.jpg

身体の中でもデリケートゾーンのムダ毛は気になりやすいです。また、ムダ毛を放置していると不快感が大きくなるので、定期的なお手入れが欠かせません。適切に下の毛をお手入れするためにも、自己処理方法を押さえておくことが大切です。

また、下の毛の自己処理にお悩みの方や手間を感じている方は、脱毛するのもおすすめです。下の毛をしっかりお手入れして、デリケートゾーンを清潔に保ってください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ