VIOの黒ずみはどうすれば良い?原因や対策を徹底解説!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

デリケートな場所で、人にはなかなかご相談もしにくいお悩みの1つがVIOの黒ずみです。自分でもなかなかまじまじと見ることのない部位かもしれませんが、VIOが黒ずむのはどのような原因があるのでしょうか?

こちらの記事では、VIOが黒ずんでしまう原因や自分でもできる対策方法、脱毛サロンでのお手入れがおすすめだという点などを解説していきます。人には言えないけれど悩んでいる、という方はぜひ参考にしてみてください。

VIOの黒ずみはさまざまな刺激で引き起こされる色素沈着

1.jpg

VIOの黒ずみの原因は、刺激が加わることで引き起こされる色素沈着が主な理由です。こちらでは、どのような刺激がよくないのか、具体的な例を示しながら解説します。

下着がきつい・ゴシゴシ洗いなどの摩擦

VIOが黒ずむ原因の1つとして、摩擦によるものが考えられます。例えばきつい下着をつけていたり、ボトムスがきつかったりして、歩くたびにこすれてしまうと黒ずみができてしまうことも。

また、お風呂でむやみにゴシゴシ洗ってしまうのも、摩擦となって黒ずみの原因になります。日常生活での摩擦をなるべく起こさないよう、丁寧に過ごしてください。

間違った自己処理などによるかぶれ

VIOのムダ毛は、太くてお手入れが難しいこともあり、間違った自己処理をしてしまうと肌がかぶれたり荒れたりしてしまいます。かぶれを繰り返すと、色素沈着してしまいそれが黒ずみに。

毛抜きで抜いたり無理にカミソリで剃ったりすると、肌が傷みやすいので正しい自己処理をするのが大切です。

ホルモンバランスの乱れや不摂生

女性の場合、ホルモンバランスが乱れたり加齢や不摂生による肌のターンオーバーが遅れたりすることで、肌が黒ずむ原因になります

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、メラニンを増やすと言われているため、分泌が盛んになる妊娠中は黒ずみやすいです。出産を終えると元に戻るケースが多いので、気にしすぎないようにしてください。

VIOの黒ずみが気になった時のケア方法

2.jpg

それでは、さまざまな原因でVIOが黒ずんでしまった場合のケア方法をご紹介します。自分で気をつけられる部分から皮膚科で治療をしてもらう方法まであるので、黒ずみの程度に合わせて試してみてください。

乾燥は大敵!しっかりと保湿

黒ずみだけに限りませんが、肌トラブルが起きた時はまず第一に「保湿」を心がけることが大切です。肌が乾燥している状態は、刺激を受けやすく黒ずみやすくなっています。

具体的には、お風呂上がりに美白成分の配合されたクリームを塗るなど、乾燥した状態で放置しないことが大切です。

デリケートな場所なので刺激のないアイテムを

保湿をするとは言っても、名前の通りデリケートな部分となるので使用するアイテムも刺激のないものを選ぶのが重要です。顔用の美白クリームを使い回すと刺激が強いことがあるので、デリケートゾーン専用のクリームを使うのがおすすめです。

VIOを洗うためのソープも、洗浄力が強すぎるものは刺激も強いので、専用の石鹸をご用意するのも手です。アミノ酸系のソープなど、肌に優しいボディーソープや石鹸を使えば、VIOだけでなく全身にも使えて便利です。

ひどい場合は皮膚科でレーザー治療も

あまりに黒ずみがひどく、気になる場合は皮膚科で治療をすることも可能です。塗り薬を処方される場合もあれば、美容皮膚科ではレーザー治療をすることもできます。

レーザー治療は、主に美容皮膚科でしてもらえるものなので、保険適用外がほとんどです。高額治療になることも多いため、まずは一般皮膚科で治療をすすめて、どうしても改善しないようならレーザー治療も視野に入れるといいかもしれません。

VIOの黒ずみを作らせないための予防方法は?

3.jpg

それでは、黒ずみができてしまった後の改善方法だけでなく、黒ずみを作らせない・ひどくさせないための予防方法についてもご紹介していきます。

キレイなVIOの状態をキープできるように、以下の方法をぜひ試してみてください。

こすれないようにゆとりのある服を選ぶ

窮屈な下着や衣服は、少し身体を動かすだけでVIOに擦れてしまい摩擦になってしまいます。ダイエットのために補正下着を履いている、という女性は多いかもしれませんが、それもVIOの黒ずみという観点からはあまりいいものではありません。

着圧下着は、どうしてもスッキリと服を着こなしたい時だけに使用をとどめて、肌に優しくゆったりとしたものを選ぶようにしてください。素材は、コットンやシルクなど天然素材がおすすめです。

ゴシゴシと洗ったり熱いお湯を使わない

熱すぎるお湯は、必要な皮脂までも洗い流してしまうため皮膚を乾燥させる原因となります。ぬるめのお湯を湯船にはり、シャワーも熱すぎない方が安心です。

身体を洗うタオルも、目が荒いものは刺激が強いので、柔らかい素材のもので丁寧に優しく洗うのが大切。ゴシゴシと洗いすぎるとキレイになるどころか余計黒ずみを悪化させるので注意してください。

規則正しく生活する

肌のターンオーバーを活発にするためには、規則正しい生活を取り入れることが大切です。しっかりと睡眠をとるために早寝早起きをし、栄養バランスの整った食事を食べ、適度な運動を取り入れるなど健康的に過ごしてみてください。

栄養バランスのよい食事は、具体的に細胞をつくるために必要なたんぱく質や、メラニン生成を抑える効果があるビタミンCをとるのがおすすめ。

VIOのマッサージも効果的

VIOの黒ずみを解消するのには、マッサージをするのもおすすめです。VIOには、大きな血管やリンパ節があるためマッサージをすることで血流を改善させやすいと言われています。

VIOをマッサージすることで骨盤内の血流が循環しやすくなるので、生理痛緩和にも役立つそう。

マッサージの方法は、お腹全体を時計回りに5周、Iラインを奥から鼠蹊部に向かいリンパを10回ほど流す、ヒップの付け根から上に10回引き上げる、ヒップ全体を円を描くように5周してください。

滑りを良くするため、ワセリンやVIO専用保湿クリームを塗ってからマッサージするのが大切です

空席確認・予約する

VIO脱毛も黒ずみに効果的!脱毛のメリットとは?

4.jpg

VIOの脱毛にはさまざまなメリットがあります。黒ずみ以外にもデリケートゾーンのムダ毛などでお悩みの方は脱毛のお手入れを試してみてください。

ここからは、VIO脱毛をするメリットをご紹介します。

自己処理による肌のダメージを軽減できる

VIOの黒ずみは肌への継続的な刺激が原因の1つになります。刺激から肌を守るためにメラニン色素が集まることで黒ずみます。そのままの状態であれば、肌の生まれ変わりであるターンオーバーによって色素は排出されますが、自己処理が多いと排出される前に新しい色素ができてしまいます。

脱毛すると徐々にムダ毛は薄くなっていき、自己処理が減っていくため肌への刺激・ダメージを軽減できます。このように脱毛することで黒ずみをできにくくし、肌へのダメージを軽減して肌トラブルが起きにくくなります。

清潔になりニオイ・ムレ対策になる

VIOのムダ毛をお手入れしていないと、デリケートゾーンは不衛生な状態になりやすいです。排泄物や生理の経血がムダ毛に付着したり、毛が長いとムレやすく雑菌が増えやすくなるため嫌なニオイが発生したりします

VIOを脱毛するとデリケートゾーンを清潔な状態を保ちやすく、ニオイやムレ対策になります。また、デリケートゾーンが清潔な状態になれば、かゆみなどの肌トラブルも防ぎやすくなるのも大きなメリットです。

自己処理の手間が減る

VIOは自己処理の手間がかかる部位です。ムダ毛が気になる方であれば、自己処理の頻度が高くなりトータルの時間も長くなってしまいます。また、Vライン以外のIラインとOラインは目視しずらい場所であり、状態を確認するのも大変です。

カミソリでお手入れする場合だと、誤って肌や粘膜部分を傷つけてしまう可能性があります。VIOの脱毛が完了するまでには時間がかかりますが、徐々にムダ毛は薄くなっていくので自己処理の手間が減っていきます

5.jpg

VIOの脱毛にはメリットが多くありますが、お手入れにはいくつかの注意点があるので把握しておくことが大切です。サロンで脱毛するマナーもあるので、確認しておくのがおすすめです。

ここからは、VIOの脱毛をするときの注意点をご紹介します。

事前に自己処理をする必要がある

脱毛のお手入れを受ける前には、事前に自己処理をする必要があります。サロンで使われる脱毛機はムダ毛の毛根の黒色色素に反応して効果が現れるものが多いです。ムダ毛が伸びた状態だと、毛根ではなく伸びた毛の部分に脱毛機のライトが反応してしまいます。

場合によっては、反応した毛が肌に触れることで火傷を起こす可能性もあります。ただし、IラインやOラインなど自己処理が難しい部位に関してはサロンでサポートしていることもあるので、事前に確認してください。

痛みを感じやすい

VIOは他の部位と比較すると痛みを感じやすいです。デリケートゾーンは皮膚が薄く神経が集まっており、毛も濃く太いためです。通常、脱毛機のライトは毛の黒色色素が濃いほど強く反応します。そのため、VIOのお手入れで痛みを感じることがあります。

ただし、ミュゼプラチナムでは肌へのダメージが少ない「S.S.C.脱毛」を採用しています。このS.S.C.脱毛は痛みが少ない先進技術であるため心配いりません。痛みには個人差があるのでもし痛みを感じる場合はスタッフにお声がけください。

肌トラブルが起きやすい

VIOは肌がデリケートであるため、お手入れ後に肌トラブルが起きやすいのが注意点です。肌が敏感なので痛みはなくても、赤みが出やすかったりかゆくなってしまったりします。お手入れ後だけでなく、普段からクリームなどで保湿するなどのケアが必要です。

脱毛はムダ毛の毛周期に合わせて実施するため、長い期間がかかります。VIOの場合は全ての毛が入れ替わるまでに2年~3年かかるため、その間しっかり保湿ケアなど肌を労わる必要があります。

VIO脱毛のよくある疑問点

6.jpg

VIOの脱毛はメリットが多いですが、やはり不安を感じる方は多いです。もし脱毛のお手入れに不安がある場合は、よくある質問を参考にするのがおすすめです。

ここからは、VIO脱毛のよくある質問・疑問点をご紹介します。

生理中でも脱毛できる?

生理中は原則として脱毛のお手入れを受けることはできません。これは、お手入れするベッドに生理の経血が付着すると、感染症が起きる可能性があるからです。デリケートゾーン以外にもお尻のお手入れも受けられません。

デリケートゾーン以外であれば、体調が良く痛み止めなどの薬を服用していなければ、お手入れを受けられます。また、生理中はホルモンバランスが変化する関係で肌が敏感になりやすいです。そのため、普段のお手入れで痛みを感じない方でも痛みが出る場合があるので注意が必要です。

何回くらい通う必要がある?

VIO脱毛のお手入れをすると徐々にムダ毛が薄くなっていき、5回~7回ほどで自己処理の手間が軽くなってきます。最後までキレイに仕上げるためには12回ほどが目安です。

また、脱毛はお手入れをする部位の毛周期に合わせて実施する必要があります。毛周期とは毛が生まれ変わるサイクルのことで、毛が成長する成長期に脱毛の効果が期待できます。VIOの毛が生まれ変わるのに2年~3年ほどの時間が必要です。

お手入れは1カ月~3カ月間隔で行うため、毛周期と同じく2年~3年ほどかかります。

費用はどれくらい?

脱毛の費用はサロンやお手入れの回数によって変わってきます。脱毛サロンであれば効果が出はじめる6回のお手入れであれば9万円ほどで受けられます。12回しっかり脱毛した場合は、20万円近くかかるケースもあります。

また、クリニックで脱毛した場合は、半分ほどの回数で同じくらいの金額になります。クリニックでお手入れを受けると、脱毛の効果が高いためお手入れに必要な回数が少なくなりますが、単価は高くなるので注意してください。予算とお手入れが仕上がる期間のバランスを考えて決めるのがおすすめです。

まとめ

こちらの記事では、VIOの黒ずみが起こる原因や対策方法、VIO脱毛が黒ずみに効果がある理由についてまとめました。人からはわからないところとはいえ、VIOが黒ずんでいると気分が沈んでしまう、という方もいるかもしれません。

そんな方は、ぜひこちらでご紹介した保湿や摩擦の軽減、自己処理方法の改善など、黒ずみを改善する方法を試してみてください。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ