スキンケア 【皮膚科医監修】透明感のある肌になりたい! そのために何をすればいい?

【皮膚科医監修】透明感のある肌になりたい!  そのために何をすればいい?

Created date

Up date

“透明感”のある肌って憧れる♡ でも素肌には自信がなくて、しっかりメイクが欠かせない…。そんなあなたも透明感のある素肌を手に入れられるはず! 皮膚科の先生に聞いた、今日からできるテクニックで、すっぴんでも透明感のあるお肌を一緒にGETしよう♪

監修:古市ゆり
監修:古市ゆり

自身がアトピーやニキビに悩んだ経験から美容皮膚科の道へ。2020年より、シロノクリニック 恵比寿・銀座にて美容皮膚科医として活躍中。

意外と難しい? 透明感を感じさせる5つのポイント穴埋めクイズ

透明感が欲しい! でも透明感のある肌ってどんな肌か分かってないかも? 皮膚科の先生に聞いた、お肌に透明感を感じさせるポイントは5つ。A〜Eに当てはまるワードは分かるかな?

① [ A ]のある肌

② [ B ]が整っている

③ [ C ]などの肌トラブルがない

④ [ D ]や黒ずみがなく、肌色が均一

⑤ [ E ]やしわが目立たず、肌質が均一

それぞれのポイントでオススメの美容成分も違うんだとか…! 分からないものがあった人は一緒に勉強してみましょう♪

そもそも“透明感”ってなんですか?

一言で表すと、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルがなくうるおいのある肌のようなイメージです!

具体的な要素がこちら!

① [うるおい]のある肌

② [キメ]が整っている

③ [ニキビやニキビ]などの肌トラブルがない

④ [くすみ]や黒ずみがなく、肌色が均一

⑤ [毛穴]やしわが目立たず、肌質が均一

なんだかたくさん…! でもこの5つのポイントをクリアするために必要なのは簡単な「3つのレシピ」だけ! 早速今日から始めてみましょう♪

透明感のレシピ① 透明感をつくる美容成分入りのスキンケアを使う!

セラミド、トラネキサム酸…いろんな成分があるけど違いはよく分かってないかも…。先生に教えてもらったポイント別オススメの美容成分を、スキンケアアイテム選びの参考にしてみて!

乾燥…セラミド
ニキビやニキビ跡…ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体など
くすみ…ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、コウジ酸、ハイドロキノンなど
毛穴…ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体など

透明感に必要な要素のうち、自分になにが足りないかはまずは鏡でセルフチェック。それでも分からなければクリニックで相談してみてください。

透明感のレシピ② “こする”スキンケアに注意!

正しいスキンケアと聞いて思い浮かぶのが入念な保湿。ですが、こすらないスキンケアも同じくらい大切なんだとか! 

顔をゴシゴシしてしまう方が多くハラハラします! 洗顔時はもちろん、タオルで顔を拭く時や、メイクやスキンケアで肌を触る時にも注意。シャワーのお湯を顔に直接あてて流すのもやりがちですがこれもNG

透明感のレシピ③ 毎日のUVケアをコツコツ続ける!

今からやっておきたい美肌貯金としてもUVケアは重要! こまめに日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりするのって面倒だし、即効性を感じられないからだらけちゃいそうになるけど、未来のためにもなるならやるしかない♪

UVケアは透明感のある肌へ導くためだけではなく、将来のお肌のためにも若いうちからやっておくべき最も大事なスキンケアの1つです

まとめ

お肌の透明感を感じさせるポイントはたくさんあるのに、透明感をつくるレシピはいたってシンプル! UVケアも正しいスキンケアやそのアイテム選びも、今欲しい透明感のためだけじゃなく、未来のお肌のためにもなるなんて今すぐ始めるしかないですね♪

撮影/布施鮎美(モデル)
ヘアメイク/森川誠(ピースモンキー)
モデル/鳥谷部知愛(ar専属読者モデル)
構成・文/vivace

あわせて読みたい

関連記事