ミュゼからのお知らせ

世界初(※1)の美容脱毛方式を開発!
美肌・脱毛効果・スピードがパワーアップ!新美容脱毛方式「S.S.C. iPS care 方式」開始

2022/02/01

ミュゼプラチナムはこれまで、「最安値保証」や「一生涯保証」、「回数無制限」など、お客さまに安心して通っていただけるような環境を整えてまいりました。
このたび、次なる一手として新しい脱毛方式へグレードアップいたします。

新たな美容脱毛方式「S.S.C. iPS care 方式」は、iPS細胞培養上清液(※2)を使用した世界初(※1)の美容脱毛方式で、尾見 徳弥医師監修のもと日本美容皮膚研究会(JADS)で検証され論文化された「S.S.C.法」を、さらに改良したものです。
「S.S.C. iPS care 方式」では、「iPS細胞培養上清液(※2)」を配合した美容液「iPトリートメントエッセンス」を、従来のジェルの代わりに使用します。美容液「iPトリートメントエッセンス」は、株式会社ICELLEAP(先端医療事業を推進するアイロムグループで先端化粧品を開発する企業)とのOEM開発で誕生し、再生医療分野の先端のバイオ技術で作成した日本発の美容液で、ハリ・うるおい・弾力・保湿・乾燥を防ぐ効果が期待できます。
脱毛方式を変更したことにより、脱毛パワーを30%UPすることが可能となり脱毛効果UPを実現したほか、新美容液により肌本来の力を引き出すとともに、お手入れ時間の短縮を実現いたしました。

ミュゼプラチナムは、このたびの脱毛方式の変更を皮切りに、日本美容皮膚研究会(JADS)に所属する皮膚科専門医による講習会を通じたスタッフ知識の向上や、万全な医療サポート体制の構築など、医療分野に関連したサービスに取り組んでまいります。

従来の脱毛方式とは一線を画す革新的なサービスの導入により、業界に変革をもたらすとともに、お客さまにとってより効果的で安全性の高い脱毛を提供してまいります。

詳しくはこちら

(※1)特許技術を用いて培養されるiPS 細胞の培養上清液を配合した ICELLEAP社のOEM化粧品を、肌ケアに使用する脱毛方式の開発およびサービス提供開始時期について。 2022年1月メーカー調べ。
(※2)ヒト(線維芽細胞/単核細胞)人工多能性細胞培養順化培養液(保湿成分)

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。