ワキの自己処理、どうすればいいの?

ワキ処理のおすすめの方法って?

ワキの自己処理の方法

ワキのムダ毛処理には、電気シェーバーやカミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、ワックス脱毛、家庭用脱毛器などさまざまな方法があります。
これらは自宅で気軽にできる一方、お肌にダメージを与えやすいといったデメリットも。自己処理は色素沈着や炎症の原因になることがあるので、なるべくしっかり保湿ケアをすることが大切です。

電気シェーバーによる自己処理の方法

電気シェーバーをワキに当て、剃毛していく形式です。
電気シェーバーはお肌に直接刃が当たらず、ダメージを与えにくい構造に設計されているため、シェービング剤を塗る必要はありません。処理を済ませたら保冷剤などで冷却し、ローションや乳液などでしっかり保湿します。自己処理の中では最もお肌に負担を与えにくい方法です。


カミソリ・毛抜きによる自己処理の方法

一般的な方法といえば、カミソリや毛抜きでの自己処理です。費用もリーズナブルで、入浴時やお風呂上りに簡単に処理できることから、よく使われています。

カミソリで剃るときは、T字カミソリを使います。お肌へのダメージをできるだけ少なくするためシェービングクリームやジェルなどを塗り、毛の流れに沿って剃ります。
また毛抜きを使う場合は、毛を抜く部分に蒸しタオルなどを当てて、温めてから始めます。毛抜きで抜き終えたら、カミソリと同様に冷たいタオルなどで冷やし、保湿します。 しかし、カミソリや毛抜きはお肌にダメージを与えやすいのがデメリット。間違った方法で処理すると、色素沈着や肌荒れ、埋没毛などを起こしてしまうため注意が必要です。
また、1本1本処理が必要な毛抜きは、ワキのような見えにくい箇所や、腕や脚など広範囲にわたる箇所、デリケートゾーンの処理には向きません。

脱毛剤やワックス脱毛による自己処理の方法

脱毛剤(除毛クリーム)はムダ毛を溶かす薬剤を肌に塗って除毛する方法、ワックス脱毛はワックスを肌に塗ってムダ毛ごとはがす方法です。どちらも広範囲のムダ毛を一気に処理できるメリットがある一方、お肌への負担が大きいというデメリットがあります。
アフターケアを怠ると、赤いブツブツが現れたりお肌が黒ずんだり、毛穴が開いたままになって炎症を起こすことがあるため、特にお肌の弱い人は避けた方が賢明でしょう。

家庭用脱毛器による自己処理の方法

家庭用脱毛器にはさまざまな種類がありますが、基本的な手順は同じです。
まず、ムダ毛を1~2㎜程度にカットします。次に、ムダ毛を処理する部分に合わせて出力を調節し、処理する部分を保冷剤や冷たいタオルなどで冷却したら、ライトを照射します。
家庭用脱毛器は、サロンのようなライトやレーザーによって処理する機器で、何度も使用することでムダ毛が薄くなるメリットがあります。しかし、安全性を考えて出力を抑えてあるため、サロンなどと比べると効果が落ちます。また、手間がかかるので、面倒になってしまうことも多いようです。

自己処理には失敗やトラブルが多い

自己処理は自宅で簡単にできる反面、肌荒れや処理し忘れなどお悩みも尽きません。 自己処理による失敗例やトラブルなどの声も寄せられています。

  • 「自己処理する際の体勢が辛くて、首などが痛くなります。また、剃り残しなどもあったりしてキレイに処理できません」

  • 「うまく処理できず、お肌に傷をつけてしまうこともあります。毛嚢炎(もうのうえん)や炎症を起こしたこともありました」

  • 「少しずつ伸びてきた毛がチクチクするのが不快です」

自己処理より、サロンでの脱毛がおすすめ

このようなトラブルや失敗を防ぐには、サロンでの脱毛が有効です。サロンではプロのスタッフが丁寧にお手入れするので、安心してお手入れできます。

メリット1. ワキ下の黒ずみやブツブツ、炎症などのダメージを解消できる
ワキは皮膚が薄くデリケートな部分です。そこにカミソリや毛抜きで刺激を与えると、皮膚の黒ずみや埋没毛の原因になります。サロン脱毛をすることで自己処理の頻度が減り、こうした肌トラブルが改善されていきます。

メリット2. ノースリーブの服や水着も気軽に着られる
ワキは緩やかにカーブした形のため、カミソリを均一に当てることが難しく、どうしても剃り残しや短い毛が出てきてしまいます。サロン脱毛ならスタッフが丁寧にお手入れするため、自己処理と違い剃り残しの心配はありません。

メリット3. ワキのにおいを解消
ワキは汗腺が多いため、汗でムレやすく、ムダ毛があるとにおいの元となる雑菌の温床になります。また、毛抜きで脇毛を自己処理してしまうと汗の分泌を活発にしてしまうことも。サロンで脱毛すれば、ムレと雑菌の繁殖を抑えられてワキのにおい対策にもなります。

メリット4. 楽な体勢でお任せして進められる
サロン脱毛のメリットは、プロのスタッフにお任せできること。自分で無理な体勢をとる必要もなく、楽にワキの処理を済ませられます。

ワキ脱毛をしておけば、こんなシーンで役立つ!

ワキのお手入れをしておくと、さまざまな場面でメリットがあります。そのなかから、いくつかご紹介しましょう。

シーン1. 結婚式
ワキの脱毛を済ませておけば、ウェディングドレスをキレイに着こなせます。ドレスのフィッティング時も、ワキのムダ毛が気になりません。ただし、お肌の状態を考えて、結婚式1ヶ月前にお手入れすることは避けています。余裕を見て1年ほど前から脱毛をスタートするとよいでしょう。

シーン2. 海やプール
夏は海やプールに出かける機会が多くなります。ワキの脱毛をしておけば、水着を着る際に「うっかり処理を忘れた!」などの心配をしなくてよくなります。ただし、お手入れ箇所が日焼けしているとお手入れすることができないので、きちんと日焼け対策をするなど注意が必要です。

シーン3. ノースリーブの服を着る
ノースリーブの服は、ワキの処理を済ませていないと、着たいときに着られないもの。自己処理では前日に処理する必要がありますが、サロン脱毛を済ませていれば、ムダ毛を気にせずパッと着られるのがメリットです。

サロンでワキ脱毛を済ませれば、ワキのお手入れがとても楽になります。肌荒れや自己処理の手間が気になる方に、ぜひおすすめしたい方法です。

お手入れの方法について、関連コースは以下よりご覧ください。

>ワキ脱毛とは
>ミュゼの「両ワキ美容脱毛完了コース」はこちら
>ミュゼの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」はこちら
>ミュゼの「フリーセレクト美容脱毛コース」はこちら
>ミュゼの「ワキ脱毛キャンペーン」はこちら
>ミュゼの「脱毛メニュー・料金」はこちら

「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」のお申込みはこちら。無料カウンセリング予約

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。