Vラインの処理ってどうしてる?チクチクしないお手入れ方法をご紹介

Vラインの処理は身だしなみや衛生面を考えよう!

Vライン(ビキニライン)はアンダーヘアの処理の中でも、一番ポピュラーで、女性からの関心も高い部位です。下着や水着からムダ毛をはみ出させてしまい、恥ずかしい思いをしたという人も、少なからずいるのではないでしょうか。
比較的、自己処理しやすい箇所ですが、処理後のチクチクや肌荒れに悩まされたという声もよく聞きます。
ここでは、そんなVラインのお手入れの方法、自己処理と美容脱毛専門サロンで行うメリット、デメリットについて、詳しく見ていきましょう。


見栄えも衛生面も!Vラインをお手入れするメリット

Vラインってどこのこと?

Vラインってどこのこと?

Vラインは、デリケートゾーンの両サイド、両足の付け根あたりの部位を指します。水着や下着姿になったときに目立ちやすい部位なので、お手入れはしっかりしておいた方がいいでしょう。Vラインをきれいにすることで、ムダ毛を気にすることなく、かわいい水着や大胆な下着を楽しめるというメリットがあります。

Vラインは、Iライン(陰部の両側)やOライン(ヒップ奥)と違い、自分でお手入れしやすい部位です。ただし、Vラインの肌はデリケートで、毛が太い部位のため、間違ったお手入れ方法によって肌が荒れたり黒ずんだりする可能性もあり、注意が必要な箇所でもあります。また、Vラインの面積は広いため、自分で処理するとなると、いったいどこまで剃ったらいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

見えなければケアしなくてもいい?アンダーヘアの処理の必要性

脚や腕、ワキのムダ毛処理に比べると、普段他人に見られることのないVラインのお手入れについては、「必要性を感じない」という人もいるかもしれません。


実は、Vラインをはじめ、IラインやOラインを含めたVIOラインの毛には、排泄物やおりもの、生理時の経血が付着しやすいという特徴があります。ムレなどの不快感につながったり、肌荒れを起こしたり、ニオイの原因にもなったりします。


お手入れをすることで、見た目だけでなく、Vラインを衛生的に保つことができるというメリットもあります。


ここ最近、身だしなみや衛生面を考えて、アンダーヘアのお手入れをする女性が増えています。自己処理よりも、専門サロンでの脱毛をおすすめしますが、お手入れには適したタイミングというものがあります。適したタイミングのキーワードは「毛周期」と「生理周期」。その2つについて、詳しくみていきましょう。

Vラインの処理に適したタイミングは?毛周期と生理周期に注目

毛周期って何?「成長期・退行期・休止期」の3つのサイクル

Vラインの適切なお手入れには、いくつか注意すべきポイントがあります。その中で、特に確認しておきたいのが「毛周期」です。


体毛にはすべて「毛周期」と呼ばれるものがあります。「毛周期」には、「成長期(毛が成長している時期)」、「退行期(毛が衰えて抜けていく時期)」、「休止期(発毛が停止している時期)」のサイクルがあり、この周期で生え変わっています。毛周期は年齢や部位などによって異なるため、美容脱毛専門サロンでは、それぞれの部位に合わせた毛周期でお手入れをしていきます。


脱毛は「成長期」にある毛に対して行われるものですが、「一度お手入れしたら終わり」というものではありません。休止期を経て新しく生えてくる毛に対しても行い、お手入れを繰り返すことで、ムダ毛が気にならなくなっていきます。


例えば、「水着になる夏に合わせてムダ毛を処理したい」ということであれば、ある程度の余裕を持って、脱毛サロンに足を運ぶ必要があるでしょう。特にVラインなど、デリケートなVIO部分の脱毛は、生理期間中はできないなどの条件もあります。個人差はあるものの、1年以上の余裕を持って脱毛をしておいた方が安心です。「来年の夏」を目指して、「今年の夏」から脱毛のお手入れを始めるとよいでしょう。


生理中にVラインの脱毛ができない理由は?

生理中はいつも以上に肌が敏感になっているほか、痛みを感じやすくもなっています。そのため、生理中はVラインを含むデリケートゾーンの脱毛を行うことができません。脱毛サロンでは、日にちをあらためてお手入れすることも可能ですので、事前に連絡を入れるとよいでしょう。

チクチクを和らげるVラインの処理方法は?自己処理とサロン脱毛のアレコレ

自宅でお手軽にできる自己処理方法とメリット・デメリット

VラインはIラインやOラインと異なり、自己処理しやすい部位です。4つの処理方法について見ていきましょう。


1)カミソリ
「カミソリ」を使うと、一度に広範囲を処理することができ、残ってしまった毛は、毛抜きで抜けばきれいにすることができます。
カミソリを使う際は、肌への刺激を少なくするため、シェービングクリームなどを塗り、処理は毛の流れに沿って行います。毛抜きを使う前には、肌を蒸しタオルで温めてから行いましょう。処理後は、冷やしたタオルなどを当ててクールダウンした後、保湿しましょう。他の部分よりも敏感な「デリケートゾーン」の処理では、カミソリや毛抜きを使うとチクチクする原因になってしまうこともあります。また、黒ずみやうもれ毛になる恐れもあるため注意してください。


2)電気シェーバー
電気シェーバーは、比較的肌へのダメージが少ない方法です。美容脱毛専門サロンでは、お手入れを受ける際の前処理としてもおすすめしています。お手入れが終わったらローションなどで保湿をしてください。


3)除毛クリーム/脱毛ワックス
除毛クリームは薬剤を肌に塗り、ムダ毛を溶かします。一方、脱毛ワックスは、肌にワックスを塗りムダ毛ごとはがして除毛する方法です。どちらも、手軽にお手入れすることができます。しかし、肌へのダメージも大きく、薬剤によるかぶれや炎症、アレルギーを伴う場合があるため、こちらのお手入れはあまり推奨されていません。


4)家庭用脱毛器
ムダ毛を短くカットした後、そこに光を当てていきます。自宅でも簡単にお手入れができてよいのですが、美容脱毛専門サロンのお手入れと比べ、光のパワーが劣るので、根気よく使う必要があります。また、間違った使い方をすると火傷をする恐れがあります。


気になる部位だからこそ、自己処理でこまめにお手入れをしたいと考える人もいらっしゃるでしょう。カミソリや電気シェーバーを使うと手軽に除毛することはできますが、その後、生えかけの毛のチクチクが気になったり、自己処理により肌にダメージを与えたりすると、肌が荒れてしまい、トラブルを引き起こす要因になりかねません。アフターケアを含めた脱毛を考えるなら、肌への負担の少ない美容脱毛専用サロンのお手入れがおすすめです。


チクチクしやすくデリケートな部位のために!サロン脱毛をおすすめする理由

アンダーヘアのお手入れ

Vラインを含むデリケートなアンダーヘアのお手入れは、美容脱毛専門サロンで経験豊富なスタッフに行ってもらうと安心でしょう。

〈美容脱毛専門サロンをおススメする理由〉
・細かく要望を伝え、理想の形にお手入れができる
・仕上がりがキレイ
・肌にやさしい脱毛方法のため痛みがほとんどない(個人差があります)
・お手入れ後のチクチクの軽減など、アフターケアが充実
・お手入れ時に紙ショーツを着用するなど、デリケートゾーンならではの恥ずかしさを軽減する工夫がある


「ミュゼプラチナム」では、上記のメリットに加え、お客様のさまざまなニーズにお応えできるよう、脱毛コースのプランを多数ご用意しています。
毛周期に合わせてお手入れをするため、自己処理に比べて時間はかかりますが、アンダーヘアの場合はだいたい6回程度で脱毛効果を実感していただけます。長い目で見るとケアが楽になり、ムダ毛の目立たないつるスベ肌を手に入れることができます。


「専門施設での脱毛」というと、金銭面の負担が気になる人もいるかもしれません。
ミュゼプラチナムでは、おトクな「美容脱毛完了コース(Vライン)」というプランをご用意しています。これはVラインに限り、初めにお申込みいただいた価格で何度でもお手入れができるというものです。また、コースにはワキだけのプランや、ワキ+Vラインのプランもあります。お客様が満足できるまで、何度でもお手入れできるため、「追加料金がかかって、ものすごく高い金額になった」というようなこともありません。


>ミュゼプラチナムVライン美容脱毛完了コースについてはこちら

※「Vライン美容脱毛完了コース」は16歳以上のお客様が対象です。
※16歳未満のお客様は「Vライン美容脱毛6回コース」となります。
※お手入れには一定期間(1~3カ月)を空ける必要があります。
※ミュゼプラチナムではVライン脱毛をお申込みいただいた方に、「Vラインプレート」をお渡ししています。このプレートからはみ出た部分が、処理するべき部分となります。


どうせならVラインだけでなくデリケートゾーン周りをキレイにしたいということであれば、「ハイジニーナ7VIO脱毛」をご利用ください。これはOラインやIライン、トライアングル部分、さらにはへそ下までを含む全7カ所の脱毛プランです。


>ハイジニーナ7 VIO脱毛コース


[まとめ]

Vラインとは足の付け根、デリケートゾーンの両サイドを指します。自宅でも処理ができますが、「つるスベ肌を手に入れたい」「肌が弱い」ということであれば専門サロンなどでのお手入れをおすすめします。
体毛は「毛周期」によって生え変わります。脱毛をする場合は、1年をかけて取り組みましょう。


美容脱毛専門サロンでは、肌の弱い方など、普段から薬を塗っている場合はお手入れできないことがあるのでご注意ください。また、生理中に限っては、デリケートゾーンのお手入れはできません。その他、注意事項やお手入れできないケースなどについては、「よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450)にてご連絡ください。


脱毛を始めてみようかな?と思ったら美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」で無料カウンセリングを受けてみませんか。

脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。

<