脇毛の自己処理するにはどうしたらいいの?脇毛の剃り方を紹介します|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

1.jpg

脇毛の剃り方や脱毛の処理など、親しい人でもなかなか話にくいのではないでしょうか。そのため、みんなどうやって処理しているのだろうと疑問に感じるかもしれません。そこで今回は、脇毛処理について、自己処理の方法、剃り方、サロンやクリニックでお手入れしてもらう方法などをまとめました。

脇毛の自己処理の方法

2.jpg

ワキのムダ毛を自己処理するアイテムはさまざまです。シェーバーやカミソリ、毛抜き、脱毛クリームなど多くあります。自宅で手軽にできますが、肌にダメージを与えやすいといったデメリットも。そこでまずは、自己処理の方法とその特徴をご紹介します。

カミソリやシェーバー

カミソリやシェーバーは、ワキにあてて剃っていきます。刃と肌が触れるため、しっかりシェービングクリームなどで滑りをよくしてから剃ってください。これらは価格も安く、入浴時など手軽にワキ剃ることが可能です。

刃で肌を傷つけるのが心配な方は、電気シェーバーがおすすめです。設計上、刃が直接肌に当たることがありません。肌へのダメージを与えにくくなっていますし、シェービング剤を塗る必要はありません。

あとはシャワーでシェービング剤をしっかり流し、保冷剤などで冷却しましょう。剃った直後は肌が敏感になっているので、冷やすことで肌荒れをおさえられます。また、ローションや乳液などで保湿することも重要です。

自己処理の中では最も肌に負担を与えにくい方法といえるでしょう。

毛抜き

毛抜きでの自己処理も、カミソリと同様、簡単です。価格もリーズナブルで、よく利用されています。

毛抜きを使う場合は、毛を抜く部分を温めてから。しっかり温めることで、毛が抜けやすくなり、肌へのダメージもおさえられます。入浴時ならシャワーや湯船を利用し、それ以外なら蒸しタオルなどを当てるといいでしょう。毛抜きで抜き終えたら、カミソリと同様に保冷材などでワキを冷やします。保湿も忘れてはいけません。

毛抜きのデメリットとしては、色素沈着や埋没毛などを起こす可能性があることです。また、1本ずつしか抜けないため、時間がかかります。腕や脚などの広い部位や、デリケートゾーンの処理も避けたほうがいいでしょう。

ちょっとムダ毛が気になる、というときに使うくらいが適切です。

脱毛クリームやワックス

脱毛クリームやワックスは、ムダ毛が気になる部分に塗って脱毛します。

脱毛クリームは、薬剤が入っているので、塗ることでムダ毛を溶かします。ワックス脱毛は、ワックスを肌に塗ってムダ毛ごとはがすことで脱毛できます。どちらも塗ったあとに洗い流すだけなので、とても手軽です。また、ワキだけでなく、足や腕など広い範囲のムダ毛をまとめて脱毛できるのがメリットです。

しかし、肌への負担が大きいのがデメリットです。薬剤が体質に合わないと、肌が赤くなったり黒ずんだりと肌荒れを起こすかもしれません。そのため、冷やしたり保湿したりするなどのアフターケアをしっかりおこなうことが重要です。特に、これらを使ったあとは毛穴があいたままになって炎症が起きることもあります

敏感肌の方は、避けたほうがいいでしょう。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、サロンやクリニックなどで利用されるライトやレーザーを照射する機械です。ムダ毛を1~2mmほどにカットしたあと、処理する部分にライトを当てることで脱毛します。脱毛したい部分に繰り返しライトを当てることで、ムダ毛が薄くなっていくのが大きな特徴です。

ただし、家庭用脱毛器は安全面から、ライトやレーザーの出力はおさえられています。やや弱めの出力でくり返し使うように作られているため、サロンなどと比較すると、効果は高くありません。そのため手間と時間がかかり、面倒になってしまうこともあるようです。

自己処理を避けたほうがいい理由

3.jpg

自己処理は、自宅で手軽に、好きなときにできるのが大きな魅力。しかし一方で、剃ったあとに肌荒れが起きたというトラブルも珍しくありません。

「肌が刃に負けて、赤くなってしまった」
「カミソリで肌を傷つけた」
「クリームを使ったら、ひどい炎症になった」
といった声が多いようです。

また、剃り残しが出たり、うまく処理しきれなかったりするという状況もよくあります。思っているほどキレイに剃り切れなかったり、頻繁に処理したりするのが面倒だという声も多くみられます。特に、高価な脱毛器などを購入しても、使わなくなっては意味がありません。

肌への負担や脱毛にかかる手間などを考えると、サロンやクリニックでの脱毛をおすすめしています。

空席確認・予約する

ワキをサロンやクリニックで処理するメリット・デメリット

4.jpg

ワキなら自己処理で簡単にできる、という人もいます。しかし思っているほどキレイに剃れなかったり、かえってワキを荒れさせてしまったりすることもあります。なにかと人目につきやすい部位なので、いざというときのために清潔な状態にしておきたいもの。

サロンなら、トラブルを抱えることなく処理してもらえます。そこで次は、サロンやクリニックでワキを処理するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット1. ワキ下の黒ずみやブツブツ、炎症などのダメージを解消できる

ワキを見ると、黒ずんでいたりブツブツしたものができていたりする人も多くいます。これは、毛穴に汚れや皮脂がたまっている証拠です。自己処理をしたり、衣服がワキに当たったりすることで刺激になり、メラニン色素が形成されます。それが黒ずんで見えるのです。

ひどくなると自然治癒は見込めません。顔やほかの部位と同じように、毛穴の汚れを落とす必要があります。サロンで脱毛することで自己処理の回数が減り毛穴が開きにクックなるので、キレイなワキを手に入れられます。

メリット2. ノースリーブの服や水着も気軽に着られる

肩や腕が出るような洋服も、ワキのことが気になって着られないというのは残念なこと。しかし、脱毛したキレイなワキなら、ノースリーブや水着など、いつでもお気に入りの洋服を着られます。ジムなどに通っている人や、タンクトップでスポーツをするような方でも安心です。

また、日常生活を送っていると、電車のつり革を持ったときなどなにかと腕を上げる機会は多いです。そういったときでも、周りの目を気にする必要がありません
ムダ毛をなくせば、オシャレは自由自在です。

メリット3. ワキのにおいを解消

ワキは人目に触れやすい部位ですが、ニオイを発しやすい部分でもあります。特に夏場やスポーツを習っている人など、ニオイの心配をする機会も多いのではないでしょうか。ワキは蒸れやすい部位です。

しかも汗をかくと、汗が毛に付着して、ニオイの元に変化します。しかし、脱毛しておくとそれだけでニオイがぐっとおさえることが可能です。

ワキ脱毛で清潔な状態にしておくことで、ワキのニオイを不安に感じることがあります。悩んでいる人はぜひサロンやクリニックでご相談してください。

デメリット1. 汗を感じやすくなる

ワキ脱毛すると、「発汗が増えたようだ」「以前より汗をかいている気がする」と心配する声があります。そのため、いまよりも汗を感じるなら脱毛しいないでおこうという考える人も多いです。しかし、実は脱毛と発汗は関係ありません。

脱毛前は汗が毛に付着していたため、肌で感じる汗が少なかったのです。それが脱毛によって汗を肌で直接感じるようになり、汗が増えたように感じるだけ。服に汗シミができるようになったというのも、同じ原理です。これまで毛によって吸収されていた汗が流れているだけなので、心配することはありません。

デメリット2.汗が肌に残りやすい

脱毛によって、毛に付着した汗がニオイのもとになったり、皮脂やホコリがたまったりすることは解消できます。ただ、汗の量が減らせるわけではないので、その分、肌や洋服に直接汗がすることが増える可能性はあります。汗は放っておくとニオイの元になるので、必要に応じてケアしなくてはいけません。

たとえば、汗拭きシートを常備してこまめに拭いたり、ワキ汗パッドを使用したりするといいでしょう。制汗スプレーなども効果的です。少し気をつけるだけで、ニオイをおさえられます。

デメリット3. 費用や期間がかかる

サロンやクリニックでお手入れしてもらうとなると、どうしても費用や期間がかかります。自己処理ならカミソリなどでも簡単にできます。また、明日予定があるから、というとき、すぐにやれるのも自己処理のいいところ。

しかし、サロンでも6~8回程度かかるところが多く、1回行くと2~3か月は間隔を空けないといけません。スケジュールとしては1年ほどを見ておく必要があります。また、定期的に通わないといけないので、予定もきっちり立てましょう。費用も数万円かかります。

ワキ脱毛をしておけば、こんなシーンで役立つ!

5.jpg

ワキのお手入れをしておくと、さまざまな場面でメリットがあります。そのなかから、いくつかご紹介しましょう。

シーン1. 結婚式

ワキの脱毛を済ませておけば、ウェディングドレスをキレイに着こなせます。ドレスのフィッティング時も、ワキのムダ毛が気になりません。ただし、肌の状態を考えて、結婚式1カ月前にお手入れすることは避けています。余裕を見て1年ほど前から脱毛をスタートするとよいでしょう。

シーン2. 海やプール

夏は海やプールに出かける機会が多くなります。ワキの脱毛をしておけば、水着を着る際に「うっかり処理を忘れた!」などの心配をしなくてよくなります。ただし、お手入れ箇所が日焼けしているとお手入れすることができないので、きちんと日焼け対策をするなど注意が必要です。

シーン3. ノースリーブの服を着る

ノースリーブの服は、ワキの処理を済ませていないと、着たいときに着られないもの。自己処理では前日に処理する必要がありますが、サロン脱毛を済ませていれば、ムダ毛を気にせずパッと着られるのがメリットです

サロンでワキ脱毛を済ませれば、ワキのお手入れがとても楽になります。肌荒れや自己処理の手間が気になる方に、ぜひおすすめしたい方法です。
お手入れの方法について、関連コースは以下よりご覧ください。

>ワキ脱毛とは
>ミュゼの「両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース」はこちら
>ミュゼの「フリーセレクト美容脱毛コース」はこちら
>ミュゼの「脱毛メニュー・料金」はこちら

ミュゼなら、専門のスタッフがしっかり対応

6.jpg

オシャレをしたり、旅行などの出かける予定があったりすると、気になるのがワキの処理です。もちろん、ちょっとした処理などはカミソリなどを使うのが便利です。しかし、肌トラブルなく、キレイなワキを手に入れたいならサロンでやってもらうことをおすすめします。黒ずみやムダ毛の処理、ワキのニオイを気にすることなく、生活を楽しめるようになるでしょう。

ミュゼでは、専門のスタッフが最初にカウンセリングをすることで、脱毛したい部位を確認します。不安もその場で解消できますし、肌の状況に応じてお手入れできるので心配ありません。また、全国展開しているので、急な引っ越しなどがあっても継続してサロンに通えるので安心です。

初回は安く試せるキャンペーンなどもあります。また、いまはミュゼのアプリをダウンロードして会員になっていただくと、よりおトクに脱毛できます。ぜひ一度お試しください。

脇毛はサロンでお手入れしてトラブルを避けよう

7.jpg

ワキ脱毛を自己処理する場合の方法や、サロンを利用するメリットなどについてご紹介しましたが、いかがでしたか。

自己処理は費用もあまりかからず、人の目に触れずにできるため、軽い気持ちで剃っている人も多いようです。しかし埋没毛などで黒ずみを作ったり、ワキのニオイの原因が解消されないままになったりするかもしれません。
その点、サロンを利用すれば、時間や費用はかかりますが、身体への負担も少なくてすみます。1年程度でツルンとしたワキを手に入れられます。

もし自分でお手入れしてもニオイや黒ずみがおさまらないときは、一度ご相談ください。ミュゼでは専門のプロがあなたの不安を取り除いてくれます。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ