脇毛を自己処理するにはどうしたらいいの?脇毛の剃り方を紹介

脇毛の自己処理の方法や脱毛については、親しい人が相手でもなかなか話しにくいのではないでしょうか。そのため、「みんなどうやってお手入れしているのだろう」と疑問に感じるかもしれません。

そこでこのページは、脇毛の自己処理の方法や、サロンやクリニックでお手入れしてもらう方法についてご紹介します。

脇毛の自己処理の方法とは?

1.jpg

脇のムダ毛を自己処理するアイテムはさまざまです。シェーバーやカミソリ、毛抜き、脱毛クリームなど多くあります。自宅で手軽にできますが、肌にダメージを与えやすいといったデメリットも。そこでまずは、自己処理の方法とその特徴をご紹介します。

カミソリやシェーバー

カミソリは脇毛の自己処理の中でも代表的な方法で、価格が安く手軽にお手入れできます。毛抜きと違い、一度にある程度広い範囲の自己処理ができるため、比較的コストパフォーマンスが良い方法です。しかしカミソリで剃る場合、肌の表面まで削ってしまうなど肌へのダメージが大きいのが注意点です。

刃で肌を傷つけるのが心配な方は、電気シェーバーがおすすめです。設計上、刃が直接肌に当たることがありません。肌にダメージを与えにくく、シェービング剤を塗る必要ないことがメリットです。ただし、カミソリと比較すると深剃りができない分、こまめにお手入れをする必要があります。

カミソリでムダ毛を剃った後は、シャワーでシェービング剤をしっかりと流し、冷たいタオルなどで冷やしてください。剃った直後は肌が敏感になっているので、冷やすことで肌荒れを抑えられます。また、ローションや乳液などで保湿することも重要です。

毛抜き

毛抜きでの自己処理も、カミソリと同様に簡単です。価格もリーズナブルで、よく利用されています

毛抜きを使う場合は、毛を抜く部分を温めることで毛が抜けやすくなり、肌へのダメージも抑えられます。入浴時ならシャワーや湯船を利用し、それ以外なら蒸しタオルなどを当てるのがおすすめです。毛抜きで抜き終えたら、カミソリで剃った時と同様に冷たいタオルなどで脇を冷やします。保湿も忘れてはいけません。

毛抜きのデメリットは、色素沈着や埋没毛などを起こす可能性があることです。また、1本ずつしか抜けないため、時間がかかります。腕や脚などの広い部位や、デリケートゾーンの自己処理も避けたほうが良いです。

ちょっとムダ毛が気になる、というときに使うくらいが適切です。

除毛クリームやワックス

除毛クリームやワックスは、ムダ毛が気になる部分に塗ってお手入れするアイテムです

除毛クリームは薬剤が入っているので、塗ることでムダ毛を溶かします。ワックス脱毛は、ワックスを肌に塗ってムダ毛ごとはがすことで脱毛できます。どちらも塗った後に洗い流すだけなので、とても手軽です。また、脇だけでなく、脚や腕など広い範囲のムダ毛をまとめてお手入れできるのがメリットです。

しかし、肌への負担が大きいのがデメリットです。薬剤が体質に合わないと、肌が赤くなったり黒ずんだりと肌荒れを起こすかもしれません。そのため、冷やしたり保湿したりするなどのアフターケアをしっかり行うことが重要です。また、これらを使った後は毛穴が開いたままになって炎症が起きることがあるため、敏感肌の方は避けた方が安心です。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、ライトやレーザーを使った脱毛が自宅でできる機械です。ムダ毛をシェービングした後、お手入れする部分にライトを当てることで脱毛します。脱毛したい部分に繰り返しライトを当てることで、ムダ毛が薄くなっていくのが大きな特徴です。

ただし、家庭用脱毛器は安全面から、ライトやレーザーの出力は抑えられています。やや弱めの出力でくり返し使うように作られているため、サロンなどと比較すると、効果は高くありません。そのため手間と時間がかかり、面倒になってしまうこともあるようです。


脇毛の役割や自己処理方法については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
脇毛の意味や自己処理方法

脇毛を適切に剃る方法

2.jpg

脇毛をカミソリで剃るときは、剃る前の準備・剃り方・剃った後のケアの3つを押さえておくことが大切です。適切な方法で脇毛を剃ることで、肌を傷つけるリスクを軽減することができます。

ここからは、脇毛を適切に剃る方法をご紹介します。

脇毛を剃る準備をする

脇毛などのムダ毛を剃るときは、事前の準備を徹底することが大切です。まず、カミソリを用意しますが刃の枚数が多いカミソリを選んでください。刃の枚数が多いと肌にかかる圧力が分散されるため、負担が小さくなります。

また、毛は温めることで柔らかくなり、より抵抗なく剃ることができます。そのため、お風呂のときは脇毛を剃る良いタイミングです。このような準備を行うことで、肌にかかる負担を減らして肌のダメージを抑えられます。

剃るときはゆっくり動かす

ムダ毛を剃るときは一気に素早く剃る方が多いですが、肌を傷つけやすいため気をつけてください。毛を剃るときはカミソリをゆっくり動かすことで、肌を傷つけるリスクを軽減できます。毛の流れに沿って剃り、剃り残しが気になる部分だけ逆剃りしてください。

逆剃りはキレイに剃れますが、肌へのダメージが大きいため短いストロークでサッと剃るのがポイントです。ムダ毛が長く伸びている場合は、ハサミなどでカットして短くするとスムーズに剃れます。

剃った後はしっかりと保湿する

カミソリを使うとムダ毛だけでなく肌の角質層も一緒に剃ってしまいます。角質層は肌の潤いを保つ役割があるため、カミソリを使うと乾燥しやすくなってしまうので注意が必要です

自己処理後は肌がダメージを受けているため、保護するためにもしっかりと保湿してください。保湿することで肌のバリア機能を保つことができ、肌を守ってトラブルを防げます

自己処理を避けた方が良い理由

3.jpg

ムダ毛の自己処理は自宅で好きなときにできるのが大きな魅力ですが、剃った後に肌荒れなどのトラブルが起こることも珍しくありません。

ここからは、自己処理を避けた方が良い理由・自己処理のデメリットをご紹介します。

埋没毛になる可能性がある

カミソリでムダ毛を剃ると、角質層が失われて乾燥しやすくなります。乾燥すると肌の生まれ変わりサイクルである「ターンオーバー」が正常に行われなくなってしまいます。また、カミソリで剃って毛の断面が尖ってしまうことで、新しく生える毛が上手く表面に出てこられなくなる「埋没毛」になることが多いです。

カミソリによる自己処理は、このような埋没毛の原因になり、脇にブツブツができることもあります

脇のブツブツができる原因や解決策は、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
脇のブツブツができる原因と脇を脱毛するメリット

剃り跡が青く見えてしまう

カミソリでムダ毛をお手入れする場合、毛根までは除去できません。そのため、表面のムダ毛はしっかり剃ったつもりでも、肌の浅い部分に毛が残ってしまうため、毛が密集しているところでは剃り跡が青く見えてしまうことがあります

すぐにムダ毛が生えてくるため、じょりじょりとした感覚が残ってしまうこともあります。見た目だけでなく感触も悪くなってしまうため、悩む方は多いです。

刺激により黒ずみができてしまう

脇などムダ毛が気になる部位では、自己処理の回数が増えてしまい、黒ずみができてしまうことがあります。これは、カミソリなどによる刺激から肌を守ろうとメラニン色素が作られるためです。

通常はターンオーバーによって色素がついた肌は排出されていきますが、自己処理の頻度が高かったり、ターンオーバーに異常があると黒ずみが残ってしまいます

脇に黒ずみができる原因や対策については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
脇の黒ずみができる原因と対策

肌荒れになる可能性がある

カミソリによる自己処理は埋没毛だけでなく、肌荒れなどの肌トラブルを招く可能性もあります。カミソリの刃によって肌を傷つけてしまい、炎症が起きて肌荒れになることが多いです。

カミソリで剃るときの刺激が強かったり、体調が悪くて抵抗力が下がっていたりすると、肌荒れになる可能性は上がるので注意してください。脇のムダ毛のお手入れをするときは、準備と体調を万全にしてアフターケアもしっかり行うことが大切です。

空席確認・予約する

脇をサロンやクリニックでお手入れするメリット

4.jpg

脇なら自己処理で簡単にできる、という方もいます。しかし自分で思っているほどキレイに剃れなかったり、かえって脇を荒れさせてしまったりすることもあります。脇は人目につきやすい部位なので、清潔な状態にしておきたいものです。

脱毛サロンなら、トラブルを抱えることなくお手入れをしてもらえます。ここからは、サロンやクリニックで脇をお手入れするメリットをご紹介します。

脇の黒ずみやブツブツ、炎症などのダメージを解消できる

脇を見ると、黒ずんでいたりブツブツしたものができていたりする方が多くいます。この脇にできるブツブツにはいくつか種類があり、代表的な黒いブツブツは毛穴に汚れや皮脂が溜り酸化して黒くなったものです。

また、カミソリを使った自己処理や衣服による摩擦などの刺激や炎症が原因で、メラニン色素が生まれ、色素沈着することで黒ずみになります。ひどくなると自然治癒は見込めませんので、顔や他の部位と同じように、角質のケアをすることが大切です。

脱毛することで自己処理の回数が減り毛穴が開きにくくなるので、キレイな脇を手に入れられます

ノースリーブの服や水着も気軽に着られる

肩や腕が出るような洋服を、脇のことが気になって着られないというのは残念なことです。しかし脱毛したキレイな脇なら、ノースリーブや水着など、いつでもお気に入りの洋服を着られます。ジムなどに通っている方や、タンクトップでスポーツをするような方でも安心です。

また、日常生活を送っていると、電車のつり革を持ったときなど腕を上げる機会は多いです。そういったときでも、脱毛して脇をキレイにしておけば周りの目を気にする必要はありません。ムダ毛をお手入れする手間も省けるので、自己処理を忘れてしまって恥ずかしい思いをすることも少ないです。脱毛でムダ毛をなくせば、オシャレをもっと楽しみやすくなります。

脇のにおいを解消

脇は人目に触れやすい部位ですが、ニオイを発しやすい部位でもあります。夏場やスポーツを習っている方など、ニオイの心配をする機会も多いのではないでしょうか。脇毛が多いと蒸れやすくなり、嫌なニオイの原因になる常在菌が増えてしまいます

そこで、脱毛するとニオイの原因をカットできるため、それだけでニオイをぐっと抑えることが可能です。脇毛を脱毛して清潔な状態をキープしておけば、脇のニオイで不安になることも少なくなります。脇のニオイで悩んでいる方は、ぜひサロンやクリニックで相談してみてください。

脇のニオイやお悩みについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

脇毛にできる白い塊の正体と効果的な対策

脇をサロンやクリニックでお手入れするデメリット

5.jpg

脇毛をサロンやクリニックで脱毛するメリットは多いですが、デメリットもあるので注意が必要です。注意点を押さえておけば安心して脱毛を受けられます。

ここからは、脇毛を脱毛する際の注意点をご紹介します。

汗を感じやすくなる

脇を脱毛すると、「発汗が増えたようだ」「以前より汗をかいている気がする」と心配する声があります。そのため、今よりも汗を感じるなら脱毛しないでおこうという考える方も多いです。しかし、実は脱毛と発汗は関係ありません。

脱毛後に汗を感じやすくなるのは、今まで汗が付着していた脇毛がなくなり、脇に意識が集中するためです。そのため、脱毛によって汗を肌で直接感じるようになり、汗が増えたように感じます。服に汗染みができるようになるのも、脇毛に付着していた汗が衣類に直接ついてしまうためです。

これまで毛によって吸収されていた汗が流れているだけであり、汗の量が増えたわけではないので心配することはありません。

汗が肌に残りやすい

脱毛によって、毛に付着した汗がニオイのもとになったり、皮脂やホコリが溜まったりすることを解消できます。ただ、汗の量が減らせるわけではないので、その分、肌や洋服に直接汗が付着することが増える可能性はあります

脇から出る汗は放っておくとニオイの原因になるので、必要に応じてケアしなければなりません。なぜなら、脇にあるアポクリン腺から出る汗には、タンパク質や脂質、アンモニアなどの成分が含まれているからです。これらの成分を常在菌が分解することで、嫌なニオイが生まれます。

ニオイを予防するためには、汗拭きシートを常備してこまめに拭いたり、脇汗パッドを使用したりするのがおすすめです。制汗スプレーなども効果的です。少し気をつけるだけで、ニオイを抑えられます。

費用や期間がかかる

サロンやクリニックでお手入れしてもらうとなると、どうしても費用や期間がかかりますが、自己処理ならカミソリなどでいつでも簡単にできます。また、明日予定があるから、というときでもすぐにケアできるのも自己処理の良いところです。

サロンの場合だと、脱毛が完了するまでに6~8回程度かかるところが多く、ほとんどの場合は1回行くと1カ月程度は間隔を空けないといけません。スケジュールとしては1年ほどかかると考えておく必要があります。また、定期的に通わないといけないので、予定もきっちり合わせることが大切です。

一般的な脱毛の費用は数万円ほどかかるため、経済的な負担も大きいです。しかし、脇毛の脱毛は手軽に受けられるサロンが多く、場合によっては1,000円ほどで受けられることもあります

脇を脱毛しておけば、こんなシーンで役立つ

6.jpg

脇のムダ毛を脱毛しておくと、さまざまな場面でメリットを感じます。ここからは、脇の脱毛でメリットを感じるシーンをいくつかご紹介します。

シーン1. 結婚式

脇の脱毛を済ませておけば、ウェディングドレスをキレイに着こなせます。ドレスのフィッティング時も、脇のムダ毛が気になりません。自分のスタイルに自信を持てるようになるだけでなく、ムダ毛のお手入れを忘れるといった心配もなくなります。

ただし、肌の状態を考えて、結婚式の直前にお手入れすることは避けてください。脇の脱毛は1回で終わることはなく、何回か通う必要があります。余裕を見て、1年ほど前から脱毛をはじめるのがおすすめです。

シーン2. 海やプール

夏は海やプールに出かける機会が多くなります。そうすると、脇のムダ毛が目立ちやすくなるため不安に感じる方は多いです。脇の脱毛をしておけば、水着を着る際に「うっかりお手入れを忘れた」などの心配はいりません

サロンやクリニックを利用する場合、お手入れ箇所が日焼けしているとお手入れすることができないので、きちんと日焼け対策をする必要があります。結婚式の項目での解説と同様に、脱毛には時間がかかるため、夏に間に合わせるためには少なくとも冬の時期からお手入れをはじめるのがおすすめです。

シーン3. ノースリーブの服を着る

ノースリーブの服は、脇のお手入れを済ませていないと、着たいときに着られないものです。自己処理では前日にお手入れしなければなりませんが、脱毛を済ませていれば、ムダ毛を気にせず好きなときに着られるのがメリットです。すぐに効果が出るわけではありませんが、通っていれば徐々に自己処理の手間が減ってきます。

脇の脱毛を済ませれば、脇のお手入れがとても楽になります。快適に過ごせるようになるだけでなく、自分の好きな服を着やすくなるのも大きな魅力です。脇毛を気にして薄着をためらっていた方、肌荒れや自己処理の手間が気になる方におすすめです。

ミュゼプラチナムのお手入れの方法や関連コースについては、以下よりご覧ください。

ワキ脱毛とは
ミュゼの「両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース」はこちら
ミュゼの「フリーセレクト美容脱毛コース」はこちら
ミュゼの「脱毛メニュー・料金」はこちら

空席確認・予約する

ミュゼなら専門のスタッフがしっかり対応

7.jpg

オシャレをしたり、旅行などの出かける予定があったりすると、脇のお手入れが気になる方は多いです。もちろん、ちょっとしたお手入れなどはカミソリなどを使うのが便利です。しかし、肌トラブルがなく、キレイな脇を手に入れたいならサロンでやってもらうのがおすすめです。

脱毛すれば黒ずみやムダ毛のお手入れ、脇のニオイを気にすることなく、快適に過ごせるようになります。ミュゼプラチナムでは、専門のスタッフが最初にカウンセリングをすることで、脱毛したい部位を確認します。脱毛に対する不安もその場で解消できますし、肌の状況に応じてお手入れできるので、肌トラブルが気になる方でも心配ありません。

また、全国展開しているので、急な引っ越しなどがあっても継続してサロンに通えるので安心です。初回は安く試せるキャンペーンなどもあります。ぜひ一度、試してみてください。

自分に合った方法で脇毛をお手入れしよう

8.jpg

脇毛を自己処理する場合の方法や、サロンやクリニックを利用するメリットなどについてご紹介しました。自己処理は費用もあまりかからず、人の目に触れずにできるため、軽い気持ちでやっている方は多いようです。

しかしこのまま続けると、埋没毛や黒ずみを作ったり、脇のニオイの原因が解消されないままになったりするかもしれません。その点、サロンやクリニックを利用すれば時間や費用はかかりますが、身体への負担も少なくて済み、1年程度でツルンとしたキレイな脇を手に入れられます。

もし自分でお手入れしてもニオイや黒ずみがおさまらないときは、脱毛を検討してみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ