地黒(色黒)・日焼けした肌でも脱毛できる?対策や地黒肌に適用した脱毛方法とは?

ムダ毛処理に悩み脱毛を検討する方は多いですが、脱毛サロン・クリニックでは日焼けをしているとお手入れを受けられないのが一般的です。日焼け肌だけでなく地黒肌の方も受けられないことがあるため、注意しなければいけません。

しかし、日焼け肌や肌の色に関係なく脱毛できる方法もあるので、どのような方法・特徴があるのか押さえておくのがおすすめです。このページでは、地黒・日焼けした肌と脱毛の関係について解説します。

地黒(色黒)・日焼けした肌でも脱毛できる?

1.jpg

地黒肌の方や日焼けをした肌の場合は、脱毛のお手入れを受けられないことが多いです。実際に、日焼けをしているとお手入れを断られる可能性があります。もちろん、日焼けをしていても脇やデリケートゾーンなど、脱毛のお手入れをする場所の肌が日焼けをしていなければ問題なく受けられます。

ミュゼプラチナムは日焼けをされた箇所のお手入れはできませんが、他の脱毛サロンで採用している脱毛方法によっては、地黒肌・日焼けしている肌にもお手入れできる場合があります。地黒肌・日焼けしている方で脱毛を考えている場合は、まずはサロンなどに相談してみるのがおすすめです。

地黒(色黒)・日焼けした肌だと脱毛できない仕組み

2.jpg

安全に脱毛のお手入れを受けるためにも、なぜ地黒・日焼けした肌だと脱毛できないのか理由を把握しておくことが大切です。

ここからは、地黒・日焼けをした肌だとなぜ脱毛を受けられないのか、その仕組みを解説します。

ライトやレーザーは黒い色素に反応する

まず、一般的な脱毛はライトやレーザーを使用します。毛を生やす組織は黒色の色素(メラニン色素)があり、黒色にライトが反応することで熱を帯びます。その熱で組織がダメージを受けて毛が生えにくくなるのが、脱毛の大まかな仕組みです。

そのため、日焼けなどで肌が黒くなっている状態だと、毛根ではなく肌にライトが反応してしまいます。脱毛の効果が小さくなってしまうだけでなく、肌が熱を帯びることで肌トラブルになるリスクもあるため要注意です。

肌が乾燥・炎症していると痛みが強くなる

日焼けは肌が軽いヤケドをしている状態であり、普段よりも肌が刺激やダメージに対して敏感になっています。また、紫外線によるダメージを受けているため、日焼けした肌は乾燥しているのも注意点です。

このように、弱っている肌の状態でお手入れを受けると、刺激に強く反応してしまうため通常よりも痛みが強くなってしまいます。日焼けをされたお肌に更にダメージが重なるので注意してください。

脱毛期間中の日焼けもNG

お手入れは1回では終わらず、何度も通う必要があります。そのため、脱毛を受けはじめたときは日焼けをしていなくても、脱毛を受けている途中で日焼けをすると、お手入れを受けられなくなる可能性があるので注意してください

また、脱毛後も肌はダメージを受けやすく乾燥しているため、十分なケアが必要です。このタイミングで日焼けによりさらにダメージを受けると、肌トラブルを招く恐れもあります。

安全に脱毛するために必要なこと

3.jpg

このように、日焼けをすると安全に脱毛を受けられなくなってしまいます。脱毛をこれから受ける方・今もサロンなどに通っている方は、安全に脱毛するためのポイントを押さえておくことが大切です。

ここからは、安全に脱毛するために必要なポイントをご紹介します。

普段から日焼け対策をする

脱毛前や脱毛期間中は、普段から日焼け対策をすることが大切です。夏以外にも日差しが強い日に肌を露出していると、日焼けをしてしまう可能性があります。そのため、外出するときは日傘を使ったり、日焼け止めを塗ったりするなどしっかりとUVケアするようにしてください。

腕や脚、顔の脱毛を受けている場合は、肌を露出していることが多く日焼けをしやすいため、より注意が必要です

保湿して肌を守る

日焼け対策以外にも、脱毛期間中は肌のコンディションを整えることが大切です。肌の表面には角質層があり、肌の潤いや外部からの刺激から守るバリア機能が働きます。しかし肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまい、刺激に対して弱くなるため、こまめに保湿して肌を守るようにしてください。

強い紫外線は日焼けの原因になるだけでなく肌の乾燥も招くので、日焼け対策だけでなく保湿も重要です。

空席確認・予約する

日焼けした場合はどうすれば良い?

4.jpg

もし脱毛期間中に日焼けをしてしまった場合、どのようにすれば良いのか不安に感じる方は少なくありません。安全に脱毛を受けるためにも、対処法を押さえておくのがおすすめです。

ここからは、脱毛期間中に日焼けしてしまった場合の対処法をご紹介します。

肌の色が戻るまで待つ

脱毛期間中に日焼けしてしまった場合は、肌の色が戻るまで待つのが基本です。ただし、肌の色が戻ったように思えても、肝心のメラニン色素が肌の内部に残っている場合があるため、日焼け跡が落ち着いてから1カ月~2カ月ほどの期間を空ける必要があります。

日焼けに対する対応はサロンによって異なるので、脱毛期間中に日焼けをしてしまった場合は、通っているサロンなどに連絡して対処法を相談するのがおすすめです。

日焼け肌に対応している方法で脱毛する

日焼けをしていても「どうしても脱毛をしたい」という方や、もともと地黒の肌の方は、日焼け肌に対応している方法を採用しているサロン・クリニックを利用するのがおすすめです。脱毛方法によってはライトやレーザーを使わないものもあるため、日焼けしていても脱毛ができます。

その分、脱毛を受けられるサロン・クリニックが限られたり、費用が高くなったりすることがあるので注意してください。

地黒でもできる脱毛方法とは?

5.jpg

ミュゼプラチナム以外の脱毛サロンで採用しているところがある脱毛方法「SHR方式」は、蓄熱式脱毛と呼ばれ、日焼け肌・地黒肌でも脱毛可能です。このSHR方式は毛根にある毛を生やす指令を出す「バルジ領域」にダメージを与えて脱毛する方法なので、メラニン色素に左右されません。

医療脱毛であれば、ライトやレーザーを使わない「ニードル脱毛」も肌の色に関係なく脱毛できます。それぞれの脱毛方法にはメリットだけでなくデメリットもあるので、特徴を確認するのがおすすめです。

地黒肌でも受けられる脱毛方法を押さえておこう

6.jpg
脱毛はライトやレーザーを使うことが多く、そのライトなどが肌の色素に反応してしまうことで、肌に違和感が生じてしまうなどのリスクがあります。そのため、多くのサロンやクリニックでは、日焼け肌・地黒肌ではお手入れを受けられないのです。

しかし、中には肌の色に関係なく脱毛できる方法を採用しているサロンやクリニックもあるため、ぜひ探してみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ