学生の内に脱毛するメリットとは?脱毛するときの注意点などもあわせて解説!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

脱毛をはじめるときはなるべく早い方が良いといわれています。これは脱毛することで自己処理の負担を減らすことができるからです。では、学生の内に脱毛をはじめた方が良いのでしょうか。

そこで今回は、学生の内に脱毛するメリットや注意点などをご紹介します。

学生が今の内に脱毛するメリット

1.jpg

学生が脱毛するときは、学生ならではのメリットがあります。このメリットを押さえておけば、脱毛が気になっていた方でもはじめやすくなります。

ここからは、学生が今の内に脱毛をはじめるメリットをご紹介します。

学生専用のコースや学割を利用できる

サロンによってプランやコースは異なりますが、ほとんどのサロンで若いうちから脱毛をはじめやすいように学生専用のコースや学割を利用できるようになっています。学割は学生証を提示するだけで割引が適用されるため、はじめて脱毛をする方でも気軽にはじめやすいです。

学生向けのプランの場合、学割ほど大幅な割引が適用されるわけではありませんが、脱毛料金が安い部位を組み合わせたコースなど、総額が小さくはじめやすいのが特徴です。

このようなおトクなコースは、学生の内しか利用できないので、適用期間が過ぎないようになるべく早くはじめた方が良いでしょう。

将来、美肌になる可能性が高くなる

ムダ毛を自己処理をするとき、どのような方法でも少なからず肌にダメージを与えてしまいます。例えば、毛抜きを使うと無理矢理毛を引っ張るため、痛みを伴うだけでなく毛穴が広がってしまったり、炎症を起こす可能性があったりします。

カミソリの場合は、肌の表面の角質層を削ってしまうことで、乾燥しやすくなったり肌荒れになるリスクが高まったりします。頻繁に自己処理を行っていると、慢性的に肌がダメージを受けて傷がついてしまいやすいです。

そこで学生の内から脱毛をすれば、自己処理の回数が減ることで肌へのダメージを減らせます。肌へのダメージ・負担を減らすことで、キレイな肌の状態を保ちやすくなります。

混雑しない時間帯を選びやすい

学生であれば、社会人が利用することが多い仕事終わりの時間帯をずらしてご予約を取りやすいです。大学生である程度単位を取っている方であれば、脱毛を受ける時間帯をある程度自由に選びやすくなります。

脱毛サロンでお手入れを受けるとき、1回のお手入れで完結することはなく、何回か通う必要があります。脱毛サロンに通うことも大変ですがご予約を取るのも大変で、スケジュールが合わないと脱毛が完了するまでに期間が長くなってしまいがちです。

学生であればスケジュールを調整しやすいので、スムーズに脱毛のお手入れを受けられます

ムダ毛処理に割く時間を軽減できる

脱毛サロンで脱毛を受けると、それ以降の自己処理の手間が減ります。もし医療脱毛で永久脱毛をすれば、それ以降の自己処理は必要がなくなるのでメリットはさらに大きくなるでしょう。

ムダ毛の自己処理は脱毛していない限り、ずっと付きまとうものなので、なるべく早めに脱毛した方が節約できる自己処理の時間は大きくなっていきます。社会人になり忙しくなると、ムダ毛を自己処理する時間すらも取りにくくなる可能性があります。

このような事態にならないようにするためにも、時間に余裕がある学生の間に脱毛を済ませておくのがおすすめです。

空席確認・予約する

学生が脱毛するときの注意点

2.jpg

学生の内に脱毛をはじめるメリットは多いですが、同時に押さえておきたいデメリットもあります。このメリットとデメリットをよく比較して脱毛を受けるかどうか判断してください。

ここかはら学生が脱毛するときの注意点をご紹介します。

成長期の場合だと脱毛効果が表れにくい

成長期の場合、まだ身体が発達・成長している途中なので毛の細胞分裂も活発です。ムダ毛の脱毛は毛が生え変わるサイクルである毛周期に合わせて行いますが、成長期はこの毛周期が安定しません。

また、せっかく脱毛しても細胞分裂が活発であることから、生えにくくなった毛が復活する可能性もあります。このような要因で、若い学生時代だと脱毛の効果が表れにくいです。

肌のダメージが大きくなることがある

学生時代は肌が成長期であるだけでなく、ホルモンバランスが不安定であったり、成長途中の肌は柔らかく傷つきやすいです。そのため、大人の肌よりもデリケートであるため、脱毛のライトを当たることで肌へのダメージが大きくなってしまうこともあります。

もし脱毛時のライトの出力が強めだったときに痛みを感じやすかったり、赤くヒリヒリしてしまうこともあるので注意が必要です。

未成年者は親の同意が必要であり、ローンも組めない

学生の中でも高校生などの未成年者は、1人で脱毛の契約を行えません。これは脱毛のお手入れは契約の1種になるため、親の同意が必要になるのです。

また、未成年者は同じ理由でローンを組むことができないので、脱毛費用をご用意するのも大変です。脱毛部位やコースの内容によっては脱毛費用が10万円を超えることもありますが、学生にとっては大金です。

いずれの場合でも未成年者で脱毛する場合は、ご家族の理解が必要になるので注意してください

学生の脱毛のよくある質問

3.jpg

学生の場合は、ムダ毛のお悩みがあっても脱毛を受けるか迷うことが多いです。不安を感じている方は学生の脱毛に関する「よくある質問」を参考にするのがおすすめです。

ここからは、学生の脱毛に関するよくある質問をご紹介します。

高校生や中学生でも脱毛できる?

高校生や中学生でも脱毛を受けられるサロンはあります。先程のように、高校生と中学生は未成年者に該当するため、親の同意が必要な点は忘れないようにしてください

高校生・中学生でも脱毛は可能ですが、ホルモンバランスが不安定であったり、一度脱毛した毛根が復活したりします。また、成長途中の完成していない肌はデリケートでダメージを受けやすいのも注意点です。

効果が出るまでにどれくらいかかる?

脱毛は毛が成長しているタイミングでなければ効果を得られにくいです。このサイクルは毛周期と呼ばれ毛によって異なります。そのため、脱毛を完了させるためには毛周期に合わせて何回か脱毛サロンに通う必要があります。

一般的には4回~6回ほどで脱毛の効果を実感しやすくなります。しかし、未成年者の場合は毛周期が安定していないので、効果を実感するためにはもう少し回数が必要な場合もあります。

脱毛するときに必要なものは?

学生が脱毛するときに必要なものは、学割を適用するための「学生証」が必要なことがあります。また、未成年者の場合は保護者(親)の同意書も必要になるため、忘れないように準備する必要があります。

サロンによって親の同意書のフォーマットが異なるので、事前に確認することが大切です。基本的にはサロンで直接受け取るか、公式サイトからダウンロードします。

学生の内に脱毛してキレイな肌を手に入れよう!

4.jpg

学生の内にムダ毛を脱毛しておくとさまざまなメリットがあるのでおすすめです。脱毛することで自己処理の手間が必要なくなり、カミソリなどで肌に与えるダメージを少なくできます。肌へのダメージを抑えられれば、肌をキレイな状態で保ちやすくなります。

しかし、未成年者の場合は親の同意が必要だったり、脱毛効果を感じにくかったりするので注意が必要です。学生の内にぜひ脱毛をはじめてみて、キレイな肌を手に入れてみてください。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ