生理中にクリニック・サロンの脱毛は受けられる?脱毛する適切なタイミングも紹介!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

「生理中は脱毛に通うことができない」と聞いたことはありませんか?女性にとって、毎月くる生理は避けられません。しかし、生理中に脱毛へ通えないとなると、脱毛へ通える日程に限りがあります。今回は、生理中であっても脱毛に通うことができるのかどうかについてご紹介します。施術箇所による違いや、生理になってしまった場合の脱毛キャンセル方法もお伝えするので、脱毛に通っている人はぜひ参考にしてください。

生理中に脱毛できる部位が決まっている

1.jpg

脱毛サロンに通おうと思ったときや通っているときに生理がくることはあるでしょう。生理中に脱毛できる部位は決まっているので、あらかじめ知っておくことで適切に対処できます。
ここからは生理中に脱毛できる部位についてご紹介します。

VIO・お尻以外は受けられるのが基本

生理中の場合、VIOやお尻以外の部位はお手入れを受けられることが多いです。VIOやお尻などデリケートゾーンの周辺は衛生面の観点から施術を行えません。この部位の脱毛を生理中に行ってしまうと、経血がベッドや脱毛機に付着する可能性が高く、感染症が広がるリスクが高くなってしまいます。

デリケートゾーン以外の部位であれば、生理中であっても経血が触れる機会がないためお手入れを受けられるサロンが多いです。

ホルモンのバランスが崩れるので好ましくない

腕や顔などの脱毛の場合でも、生理中はホルモンバランスが崩れダメージを受けやすいので、できるだけ控えた方が良いでしょう。普段の脱毛よりも痛みを感じやすいだけでなく、肌トラブルに繋がってしまい肌荒れや炎症の原因になります。

痛みに耐えきれなくて途中で中断したり、お手入れを受けた後に肌荒れになったりすることが多いため、後悔する方は少なくありません。

部位に関わらず生理が来たらサロンへ相談

人によってはお手入れの部位・内容によって肌に与えるダメージが大きくなる可能性があります。脱毛中(サロンに通っている途中)に生理が来たら、まずサロンへ連絡するようにしましょう。

連絡すれば、適切なタイミングに予約日をズラしたり、アドバイスをくれたりするのでおすすめです。また、サロン側の対応もあるので、直前ではなくなるべく早めに連絡するようにしましょう。

生理中に受けられない脱毛施術

2.jpg

理由①:衛生上好ましくない

部位によっては生理中に脱毛を受けると、経血によりベッドやタオルなどが汚れてしまいます。特に、生理2〜3日目の経血は、量が多く漏れやすいため脱毛に行くのは避けましょう。また、場合によっては、感染症のリスクを高めることも珍しくありません。

特にVIOやお尻などのデリケートゾーンはその影響を大きく受けるため、お手入れを断っているサロンがほとんどです。

理由②:脱毛機が汚れてしまう

経血が漏れてしまう生理中に、VIOやおしり周りの脱毛を行うことで、脱毛機が汚れてしまいます。脱毛機は、一人一人しっかりと消毒しているとはいえ、経血が付着してしまうと、衛生的にも好ましくなく、他のお客さまの脱毛時にも影響を及ぼす可能性も考えられます。

生理中に脱毛サロンへ行くことで、さまざまな方に迷惑をかけてしまう可能性があるのでなるべく避けるようにしましょう

理由③:肌がダメージを受けやすい

生理前〜生理中は、いつもより肌がダメージを受けやすい状態になっています。少しの刺激であっても、肌が傷つきやすく脱毛時の痛みも感じやすいことが多いです。生理後にホルモンバランスや体調が落ち着くタイミングがあるので、そちらに予約日をズラすのが得策です。

空席確認・予約する

生理で脱毛をキャンセルする手順

3.jpg

「脱毛の予約日と生理が被ってしまった...どうやってキャンセルしよう?」毎月訪れる生理と、脱毛に通う予約日が被ってしまうことも珍しくありません。そんな時に知っておきたい、さまざまな生理による脱毛予約をキャンセルする手順についてご紹介します。

手順①:専用サイトからキャンセルする

脱毛サロンやクリニックによっては、専用サイトやアプリから予約のスケジュール管理を行うことができます。専用サイトからキャンセルする場合には、キャンセル可能な日時を確認し、なるべく余裕を持ってキャンセルを行いましょう。

手順②:電話で連絡する

予約日当日に生理になってしまった場合など、予約直前でキャンセルしたい場合には、電話する方法が確実です。ただ、これらのキャンセル手順は、脱毛サロンやクリニックによって異なる契約時に確認しておくことをおすすめします。

キャンセル期限やペナルティに注意

4.jpg

また、生理により脱毛予約をキャンセルする場合には、キャンセル期限やペナルティを確認しておきましょう。脱毛サロンやクリニックによって、直前でキャンセルできる期限が異なります。また、生理によるキャンセルの場合、ペナルティとしてキャンセル料がかかる脱毛サロンやそうでない脱毛サロンなど、さまざまなのでチェックが必要です。

脱毛するならどのタイミングが良い?

5.jpg

生理が来たときのために、脱毛する最適なタイミングを知っておくのが大切です。最適なタイミングを知っておけば、体調が万全なときに脱毛しやすくなります。
ここからは脱毛する最適なタイミングをご紹介します。

生理前は体調などを崩しやすいのでおすすめできません

生理が来る前のタイミングでも体調を崩しやすく、これから本格的な生理がはじまるのであまりおすすめではありません。このタイミングで脱毛を受けると、場合によって痛みを強く感じてしまったり、気分が悪くなったりします。

他にも体調が悪化する可能性もあるので、避けるのが無難といえるでしょう。

生理後は体調が安定してくるのでおすすめ

脱毛に最も適しているのは「生理後1週間」のタイミングです。生理後1週間ほどでホルモンバランスが整うだけでなく、肌の生成を促進する女性ホルモン「エストロゲン」が多くなります。

体調が安定しやすくなり、肌トラブルになりにくいといわれています。他にもダメージを受けにくかったり、肌の水分量が増えることで脱毛効果が高まったりします。

こんなときどうする?生理に関する疑問を解決!

6.jpg

脱毛するときは、生理に関する疑問や不安、お悩みについて知っておくと、さらに安心して脱毛できるでしょう。ここからは生理に関するお悩みについてご紹介します。

生理の終わりかけは脱毛できる?

生理が終わりかけのタイミングでも、量が少なくても出血していればVIOやお尻の脱毛は受けられません。少しでも経血がベッドや脱毛機に付着する可能性があれば、脱毛できないので注意しましょう。
また、それ以外の部位だったとしてもホルモンバランスが安定しておらず、体調が崩れやすいのであまり好ましくないため、避けるのがおすすめです。

生理中でも黙っていればバレない?

生理中の脱毛は、黙っていてもバレてしまう可能性が高いので、ちゃんと報告することが大切です。特にVIOやお尻の脱毛の場合は、タンポンをしていてもバレてしまうでしょう。
脱毛中はデリケートゾーンの肌に直接触れるためです。

また、タンポンをしていても100%血液の漏れを防げるわけではありません。生理中のストレスを軽減する意味でも、速やかに連絡してお手入れする日を変更してもらいましょう

生理に注意して脱毛しよう!

生理中は経血が出るだけでなく、ホルモンバランスが崩れ肌トラブルが起きやすく、体調を崩しやすいので、基本的には脱毛の施術を受けないようにしましょう。また、生理前や生理の終わりかけの場合も、痛みを強く感じたり経血が漏れてしまったりする可能性があるので注意が必要です。

生理後の適切なタイミングを押さえるなど、注意して脱毛を受けるようにしましょう。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ