脱毛後のケア・保湿が重要な理由とは?手順を解説|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

脱毛後のケアで気をつけたいこと

1.jpg
お手入れした後は、しっかりしたアフターケアが大切!

サロンやクリニックでお手入れをした後の肌は、デリケートな状態になっています。まず、お手入れした当日はぬるめのシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないようにしてください。身体を洗う際は手のひらでやさしく洗うようにしましょう。

ボディタオルで肌を強くこするのは、肌トラブルを起こす原因になるので注意が必要です。お風呂上がりもタオルでごしごし拭くのではなく、そっと押し当てて水気を取りましょう。

脱毛後の自宅ケアをする理由

2.jpg

脱毛後は、肌が炎症を起こしやすくなっているため、脱毛した部分の保湿が非常に重要です。ミュゼプラチナムでは、お手入れの後にプラセンタエキスを配合したミルクローションでトリートメントケアをしていますが、翌日以降もご自身でしっかりと保湿すると、乾燥を防いで肌を健やかに保つことができます。

また、保湿によって皮膚を柔らかく保てば、埋もれていた毛が出やすくなって脱毛効果が向上します。保湿には、お手持ちのクリームやローションをお使いください。できれば敏感肌用のローションや乳液を使うのが良いでしょう。化粧水をつけてからミルクローションを塗るとさらに効果的です。

ミュゼコスメにも保湿剤のご用意がございますのでご覧ください。

部位別の正しい保湿の手順

それでは次に、脱毛後の保湿について具体的な手順をお伝えします。部位によって乾燥しやすさが違ってきますので、それぞれの部位によって保湿方法を変えれば、より効果的にアフターケアができます。

・顔
顔は他の部位に比べて皮膚が薄く、乾燥しやすい部位でもあります。なるべく刺激を加えないようにこすらず、洗顔や保湿をしてください。洗顔のときはごしごしせずに優しくたっぷりの泡で撫でるように洗うのがおすすめです。保湿のときは、ローションや美容液は十分な量を使ってください。保湿剤が少なすぎると、肌に摩擦が起きて刺激になってしまいます。最後に乳液やクリームなどで仕上げると、よりしっとりします。

・ボディ
ボディもあまりこすらないように注意してください。シャワーに入るときはタオルなどでこすらずに泡で優しく洗います。保湿のときも同様、なるべくこすらずに保湿剤を塗ってください。腰回りやヒップなどは、腕や脚などと比べてうっかり保湿ケアを忘れがちです。

また背中も、手が届きにくいので塗り漏れがないように鏡を見ながら保湿していくことをおすすめします。脱毛をした部位はすべて、十分に保湿するようにしてください。

・デリケートゾーン
VIOも乾燥しやすい部位の一つです。あまり保湿する習慣がないかもしれませんが、脱毛後はしっかり保湿するようにしてください。Iライン付近は粘膜に近く、保湿剤がしみる可能性があります。アルコールフリーなど、肌にやさしい保湿剤を選ぶことが大切です。

またデリケートゾーンは蒸れやすい部分のため、乳液やクリームは少なめにして、油分の少ないローションなどで保湿するのがおすすめです

敏感肌の人にはローションがおすすめ

肌が敏感な方は、使える保湿剤が限られてしまうかもしれません。いつも使っている保湿剤で構いませんので、自分の肌に合うものを選んでください。油分の多い乳液やクリームは、油分が酸化して炎症の原因になることがあるので要注意。ローションなら、成分のほとんどが水分で、保湿成分も含まれているのでおすすめです。

肌ケアを怠ってしまうとどうなる?

3.jpg

脱毛後の肌ケアをしないまま過ごすと、肌はどのような状態になるのでしょうか。保湿ケアを怠ってしまった場合に、陥ってしまうかもしれないトラブルを解説します。

肌の乾燥がシワの原因に

脱毛後に保湿などのケアが十分でないと、肌は乾燥しやすくなります。乾燥は、肌老化の原因の一つです。細くて短い線を散らしたような「ちりめんジワ」ができやすくなり、さらにその状態が進行すると、より深いシワになっていきます。とくに目の付近や口の周りは乾燥しやすく、シワができやすいので注意が必要です。

肌質が乾燥肌や敏感肌に

脱毛後の乾燥した肌をそのままにしておくと、肌のバリア機能が弱くなってしまいます。肌を守る役割のあるバリア機能がうまく働かなくなると、肌がちょっとの刺激にも反応して炎症を起こしたり、慢性的に乾いた状態になったりします。つまり、肌質自体が敏感肌・乾燥肌になってしまうのです。常に乾燥状態、少しの刺激に反応してしまうようになると、肌状態が改善するまで脱毛自体を控えなければならない可能性があります。

痕の治りが遅くなるかも

脱毛すると、場合によっては肌が炎症を起こし痕として残ってしまうことがあります。また、脱毛後にうっかり日焼けしてしまったときなどには、肌に色素沈着があらわれることがあります。このような色素沈着は、時間が経つと徐々に薄くなっていくのが一般的です。しかし肌ケアを怠っていた場合は、肌のターンオーバーが遅れて痕の治りが遅くなってしまうかもしれません。

空席確認・予約する

脱毛後の注意点

4.jpg

保湿のほかに、脱毛後にとくに気を付けたいことはさまざまあります。普段の習慣になっている方もいるので、うっかりやってしまいがちなことも多いかもしれません。ですが、肌の健康を守るためには気を付けたいポイントです。

脱毛後に気を付けた方がいいこと

・アルコールの摂取(前後12時間)
アルコールによって血流がよくなることで、かゆみを感じやすくなることがあります。さらに脱毛の効果が薄れてしまう場合もあるので、控えましょう。

・体温が上昇すること(エステ・マッサージ・入浴・サウナ・スポーツ・飲酒など)
体温が上昇すると、体内に熱がこもりやすくなり、赤みやかゆみなど肌トラブルの原因につながります。また肌を清潔に保つため、エステやマッサージなども控えるようにしてください。

・予防接種(前後10日以内)
体質によっては、体調を崩してしまう場合があります。

・お手入れ箇所の日焼け
脱毛後の肌は敏感な状態です。強い紫外線を浴びて脱毛部位が日焼けすると、炎症を起こすことがあるのでご注意ください。また、日焼け止めクリームは使用せず、帽子や日傘などで日焼け対策することをおすすめします。

・毛抜きによる自己処理
毛抜きは、肌を痛める原因となるので控えましょう。毛を抜くタイプの脱毛器、脱色、除毛クリーム、ワックスなどの使用も避けましょう。

・制汗剤などの利用
制汗剤や日焼け止めクリームなどは、お手入れ当日のみ、ミュゼが推奨するもの以外の使用はお控えください。

・脱毛した部位を締め付ける服装
締め付けによって肌にダメージを与える場合があります。たとえば脚を脱毛した場合、肌が弱い方は、ストッキングやタイツのような脚を締め付けてしまう服を着るのは避けましょう。

・脱毛した箇所の毛を抜くこと
脱毛部分の毛を毛抜きなどで抜くと、肌にダメージを与えてしまいます。自然に抜け落ちるまで、なるべく触れずにそっとしておきましょう。

お手入れ時にムダ毛が気になるときは?

5.jpg

肌を傷つけない電気シェーバーで自己処理を行ってください。ただし、お手入れ後最低3日間は肌を休めるように注意してください。また自己処理は、入浴後などの肌がキレイな状態のときに行いましょう。処理後の保湿も忘れずに行うことが大切です。

毛抜きや毛を抜くタイプの脱毛器、脱色、除毛クリーム、ワックスなどの使用は、肌にダメージを与える可能性があるため、使わないことをおすすめします

お手入れ後に肌トラブルが起きた時の対処方法

6.jpg

ミュゼプラチナムの「S.S.C.方式」は肌ダメージがほとんどない安全な施術ですが、万が一お手入れ後の肌に赤みや炎症が現れた場合は、以下の方法をお試しください。

冷たいタオルなどで冷やしてクールダウン

赤みや炎症が気になる場合は、掻いたりこすったりせずに、冷たいタオルなどで冷やしてクールダウンさせてください。保冷剤を当てるのも効果的ですが、肌に直接当てるのは低温やけどの可能性があるのでNGです。必ず清潔なタオルやガーゼなどに包んで使用してください。

クールダウン後はしっかり保湿をして、運動などは控えて安静にお過ごしください

サロンのスタッフに相談を

冷やしても症状が治まらないときには、すぐにサロンのスタッフにご相談ください。肌が弱い方や敏感肌の方は、無料カウンセリングの段階で早めにスタッフにご相談いただくことをおすすめします。

※痛みやダメージの度合いは個人差があります。

脱毛の効果が現れるのはいつ?

7.jpg

お手入れからおおよそ2~3週間ほどで毛が抜けおちはじめ、効果を実感できるようになります。 個人差はありますが、一般的に5~6回ほどのお手入れで、脱毛効果を実感いただけます。 詳しくはサロンのスタッフにご相談ください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ