脱毛中の日焼けがダメな理由は?どれくらい日焼けしたらNG?|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

脱毛におすすめの時期と紫外線対策は?

1.jpg

美容脱毛専門サロンでは、脱毛期間の前後に日焼けをしているとお手入れを受けることができません。
ここでは、日焼けと脱毛の関係や脱毛におすすめの季節、美容脱毛専門サロンと医療クリニックの脱毛方法の違いなどについて、詳しくご紹介します。日焼けがダメな理由をきちんと理解することで、安心して脱毛を受けることができます。

脱毛期間の日焼けを防ぐ理由は?脱毛中のデリケートな肌を守るため

脱毛コース中に日焼けをするとお手入れが受けられない理由

脱毛期間の日焼けを防ぐ理由について紹介します。

美容脱毛専門サロンでお手入れをする際の注意事項に、「お手入れ箇所の日焼け」が入っています。
日焼けした肌は、紫外線のダメージを受けているため、赤く火照り、乾燥をしている状態が続きます。
これは、やけどをしているときと同じ状態です。

美容脱毛専門サロンのお手入れ方法は、制毛成分配合の専用ジェルを塗布した肌にライトを当てる美容脱毛です。

美容脱毛専門サロンでは、日焼けした状態でのお手入れを受けないように案内するだけでなく、お手入れ期間中も肌は焼かないように注意喚起しています

脱毛後の肌は敏感。日焼けをしてはいけない理由と防ぎ方

2.jpg

脱毛した後の肌は、普段より敏感になっています。そのため、脱毛の後の「日焼け対策」は重要です。
紫外線の影響を受けないためにも「紫外線の強い時間帯の外出を避ける」「帽子や日傘、日焼け止めを使う」などの日焼け対策を行い、肌を守る必要があります。日焼け止めを使うときは、紫外線量や紫外線に当たっている時間の長さを考えて、SPF(紫外線B波を防ぐ)とPA(紫外線A波を防ぐ)の数値を見て選ぶようにしてください。一度塗ったからと安心してはいけません。時間が経つとともに効果が減ってくるため、こまめに塗る必要があります。


脱毛期間と、お手入れ後の日焼けを防ぐ理由について触れてきましたが、肌の露出が気になる夏に向けて脱毛を検討される方が多くいらっしゃいます。
次は、そんな夏のレジャーにおける肌の負担や紫外線対策と、お手入れ時期について説明します。

夏のレジャーを楽しみたい。脱毛をはじめるのに最適な季節は冬

紫外線は年中無休。夏以外でも肌を守ることが美しさの近道

脱毛をはじめるのに最適な季節は冬です。なぜなら紫外線は夏以外も含め、年間を通して降り注いでおり、季節や時間、天候により、紫外線の量の割合は変化しています。
紫外線の浴び過ぎは、しわ、シミなどの原因となるため、季節問わず紫外線から肌を守ることが重要です。

紫外線から肌を守る方法として、以下の6点が効果的とされています。

(1)紫外線の強い時間帯を避ける
(2)日陰を利用する
(3)日傘を使う、帽子をかぶる
(4)衣服で覆う
(5)サングラスをかける
(6)日焼け止めを上手に使う
出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015

一年で一番紫外線が多い季節は?春の外出にご用心

3.jpg

地域によって多少の差はありますが、日焼け対策が重要となるほど紫外線が強い時期は、4月~9月です。
特に5月は注意が必要です。気象庁が公開している、2017年の日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフによると、5月の平均したUVインデックスは5.7となっており、8月の5.5よりも上回っています。


夏季はしっかり対策する方でも、まだ涼しい春先は油断してしまいがちです。外出の際には、時期を問わずに意識して対策をしてください。


また、紫外線の量は、時間帯によっても変化します。11時~12時の正午前後は紫外線が非常に強くなるため、特に警戒が必要です。この時間帯に外出する際には、日傘を使うなど、万全の紫外線対策を心がけてください。

脱毛をはじめるなら秋から冬の時期がおすすめ。その理由とは?

4.jpg

夏は肌の露出が多い洋服や水着を着るため、多くの人が脱毛を意識する季節です。そのため美容脱毛専門サロンや脱毛クリニックは混みあって予約が取りづらく、思うようにお手入れが進まないこともあります。
効果を実感するためには、定期的に複数回のお手入れがしやすい秋冬がおすすめです。その理由は以下の3つです。

(1)予約が取りやすいこと

肌を魅せる夏は、美容脱毛専門サロンが特に混む時期になっています。予約がうまく取れずお手入れのタイミングが合わずに、お手入れの効果が期待できなくなってしまうこともあります。

(2)紫外線量が少ないため日焼けが気にならない

夏に比べて秋冬は紫外線量が比較的少なく、日焼けをする機会も少ないため、お手入れしやすくなります。

(3)脱毛は効果が実感できるまでに回数が必要

毛周期に合わせてお手入れをします。だいたい6回程度で脱毛を実感できるといわれているため、秋冬からはじめると、次の夏には、ステキな水着で海やプールを楽しめます。ただし、個人差があるため、あくまでも目安として考えてください。

秋冬に脱毛をする際の注意点として、肌の乾燥が挙げられます。気温・湿度ともに下がり、室内では暖房も使っているため肌が乾燥した空気にさらされてしまいます。肌が乾燥している場合には、お手入れができない場合があります。化粧水やクリームなどでしっかり保湿をしてください。

日光に当たることが多い場合は必ず日焼け止めを使用する

5.jpg

脱毛期間中は日焼けNGですが、脱毛期間であっても、外出は避けられません。

どうしても日差しの強い日に、外に出なければいけないこともあります。
そんなときは必ずUV対策する必要があります。とくに日焼け止めの使用は必須です。
日焼け止めを使用するときに、気をつけたいポイントが2つあります。

・使用量を守る
・外出の時間で日焼け止めを使い分ける

まず日焼け止めを塗る量が少なすぎると、均一に塗ることができず日焼けしやすくなってしまいます。
使用量は日焼け止めによって違うので、使用する量を守ることが大事です。

また、日常生活で使う分には日焼け止めのSPF値は20程度、PAは「++」程度で大丈夫です。
しかし、どうしても外に長時間滞在しなければならないときや、日差しが強い日に2時間以上外出するときはSPF50、PAは「+++」以上のものを使用してください。

日焼け止めのSPF値とPA表示とは

SPF値はUV-B(紫外線B波)を防ぐ指数のことです。UV-Bは肌の表面に影響を及ぼし、肌を軽い火傷状態にする紫外線です。日焼けすると肌が赤くなり、ヒリヒリする、シミができるのはUV-Bの影響です。例えばSPF値20と表記のある日焼け止めは、「肌が日焼けしはじめるまでの時間を約20倍に延ばす効果がある」という意味です。

PA表示はUV-A(紫外線A波)を防ぐ指数のことです。UV-Aは肌の内側の真皮にまで到達し、老化を促進。肌をゆっくり黒くするだけでなく、シワやハリ低下などを引き起こす紫外線です。肌の色が暗くなる原因なので、こちらもきちんと予防してください。現在のPA最高値は「++++」(極めて効果が高い)です。

日焼け止めは時間とともに汗などで落ちてしまい、効果がなくなってくるので、こまめに塗り直すのがおすすめです。
ジェルや乳液タイプの日焼け止めはつけ心地が軽くて人気がありますが、その分取れやすいので注意してください。日焼け止めだけでは不安なときは、帽子や日傘、羽織物などを活用するのがおすすめです。

肌への負担を考えたときに重要なのは日焼けだけではありません。脱毛方法にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

脱毛エステの脱毛方法は大きく分けて3種類。それぞれの特徴と費用

6.jpg

ニードル式脱毛は毛根に電子針を通して電気の熱で処理
脱毛の方法は、大きく分けて以下の3つです。


・ニードル脱毛
・レーザー脱毛
・光脱毛


この中でレーザー脱毛と光脱毛は、特に「日焼け」の影響を大きく受けます


ニードル脱毛は効果的な方法であり、1本1本の毛に対して働きかけていくことができます。効果ということを考えれば、頼りになる方法です。しかし、時間のかかるやり方でもあります
1本1本の毛を処理していくやり方であるため、「1本○円」としているクリニックも少なくありません。そのため、広範囲の処理では、多くの時間とお金がかかります。


レーザー式脱毛はレーザーを肌表面に当て毛と毛根を処理

レーザー脱毛は、光脱毛よりも強い威力の機械を使って処理をしていく方法です。そのため、効率よく処理できるといったメリットがあります。また、クリニックでの施術といった側面から、安心感をもつ方も多いです。

ただし、この方法は強力です。痛みが強く、特にデリケートな部分の脱毛や痛みに弱い人などは、受け続けることが難しくなる場合もあります。


なお、レーザー脱毛は医師が常駐するクリニックでしか行えません。また、初期費用が高額になることもあり、金銭面で大きな負担を感じる事もあります。

S.S.C.方式の美容脱毛はジェルとライトの相乗効果で制毛処理

美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」が使っている「S.S.C.方式の美容脱毛」は、ジェルとライトを使ってお手入れしていく方法です。
6回程度で脱毛の効果が実感できます。痛みが比較的少なく、1秒で約200本、両ワキのお手入れにかかる時間は約3分と、1回のお手入れが短時間で済むのも大きな特徴です。肌へのダメージもほとんどなく、最初にかかる金額も多くはないため、手軽にはじめることができます。


ミュゼプラチナムでは、ワキやVラインのように気になる部分については、何度でも通っていただけるプランもご提供しています。


ミュゼプラチナムでは、このようなお手入れに関する不安や疑問は、「よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450)にて、経験豊富なスタッフが、丁寧に対応させていただきます。


また、はじめての方も安心してお手入れを受けていただけるよう、無料カウンセリングも行っております。カウンセリングでは、ムダ毛の悩みをはじめ、肌や毛の状態・自己処理方法や体調などをお伺いし、毛周期や毛のしくみ・脱毛方法について、詳しくご説明させていただきます。

どれくらいの日焼けなら施術可能?日焼けの程度について解説

7.jpg

紫外線対策をしっかりしていても、日焼けしてしまった。そんなとき、絶対に脱毛の施術は受けられないか?どの程度の日焼けならお手入れが可能なのか、目安を解説します。

肌の色に変化がなければOK

日焼けしてしまっても、肌の色に変化がなければ施術できます。日焼けの程度が軽く、少し火照っている程度であれば大丈夫です。反対に肌がやけど状態で赤くなっている、明らかに日焼けして黒くなっている場合は施術をお休みしなくてはなりません。肌の炎症が治まり、肌色が戻るまでは施術ができないので、場合によってはお手入れ再開までに数カ月かかってしまうこともあります。

脱毛部位以外の日焼けはOK

脱毛部位以外は、うっかり日焼けしてしまっても施術に影響がないので大丈夫です。たとえばVIOの施術で、腕が日焼けしてしまった場合は、VIOの施術は問題なく受けられます。つまり全身脱毛の場合は、全身の日焼けに注意しなければならないということ。日焼けしてしまった部位の施術はできないので、腕を日焼けすると「腕だけ施術不可」になりかねません。脱毛部位のUV対策は、念入りに対策してください。

日焼けした場合の脱毛休止期間は?何日後なら施術可能?

8.jpg

日焼けして肌の色が暗くなってしまった場合、脱毛をしばらく休止しなければなりません。
脱毛再開までにはどのくらいの期間について紹介します。

日焼けの程度が軽い場合

比較的紫外線が弱い時期、とくに秋~冬にかけての日焼けであれば、休止期間は1~2カ月くらいになります。紫外線が少なければ、肌もそれほどダメージを受けません。肌の炎症が治って肌の色が戻れば施術は可能です。ただし軽い日焼けであっても、肌の色が戻るまでには最低でも1~2カ月程度はかかってしまいます

強い日焼けをしてしまった場合

春~夏の強い紫外線にさらされて強く日焼けしてしまった場合は、脱毛の休止期間が2~3カ月ほどかかることもあります。紫外線が強ければ、肌が受けるダメージも大きく炎症の程度もひどくなってしまいます。肌が自然に回復して健康な状態になり、肌の色が元に戻るまでは施術できません。

やはり一度日焼けして、肌の色が変わってしまうと1~3カ月くらいは脱毛をお休みすることになります。
その分どんどん脱毛のスケジュールが延びてしまうので、脱毛期間中の日焼けはNGです。

脱毛期間中に日焼けしちゃった場合の対処法

9.jpg

紫外線対策をしていても、脱毛期間中に予期せぬ日焼けをしてしまうことがあるかもしれません。
そんなときは以下の対策をすることで、肌の回復を早められる可能性があります。
うっかり日焼けをしてしまった場合は、少しでも肌の負担を減らして脱毛に影響が出ないよう注意してください。

日焼け部分を冷やす

日焼けは強い太陽光でできる、軽いやけどと同じ状態です。熱いものに触れてできてしまうやけどと同様に、日焼け部位を冷やすのが有効です。日焼けしてから時間をおかず、できるだけ迅速にシャワーなど冷たい流水で冷やします。シャワーをかけるときは日焼け部位に勢いよく当てるのではなく、周辺からゆっくりかけます。流水をかけるのが難しいときは、洗面器に冷水をためて冷やす、清潔なタオルに冷水を含ませて冷やすのもおすすめです。

保湿する

日焼け後の肌は乾燥しているので、しっかり保湿することで肌の回復も早くなります。肌がダメージを負っている状態なので、できるだけ低刺激の保湿剤を選ぶのも大切です。保湿力の高いローション、ジェル、ミスト、ワセリンなどがおすすめです。注意したいのは、コットンを使ったり、何度も叩き込んだりしないこと。肌が敏感になっているので刺激になることは避け、あくまでも優しく浸透させるイメージで塗ります。

美白ケアをする

日焼けして数日後、肌の炎症が落ち着いたら、美白化粧品やサプリなどで美白ケアをしてください。美白化粧品はメラニンの排出を助け、シミをできにくくする効果があります。シミになってしまうと、その部分は避けて施術しなくてはなりませんので、シミ予防も大切です。また、ビタミンCはメラニン生成を抑える働きがあるので、サプリや食品から積極的に摂り、ビタミンC配合の化粧品で、日焼け部分をケアするのもおすすめです。

もしも日焼けしてしまったら、サロンに相談してください

10.jpg

紫外線対策に気を配っていても日焼けしてしまった場合は、できるだけ早くサロンに相談してください。
スムーズに連絡が取れれば予約のキャンセルができますが、当日の連絡ではキャンセルができず1回分消化となってしまうことも。
また肌の状態によっては、施術が可能と判断されることもあります。
日焼けしてしまったと思ったら、まずはお気軽にサロンにご相談ください。

まとめ

11.jpg

美容脱毛専門サロンで脱毛する場合、お手入れ前はもちろん、お手入れ期間中も肌は焼かないように注意しなければなりません。

また、脱毛した後の肌は、普段よりとても敏感になっているため、脱毛の後の「日焼け対策」も重要です。
肌の負担という意味では脱毛方法も深く関連します。美容脱毛専門サロンで行う光脱毛は、ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べ、痛みが比較的少なく、1回のお手入れが短時間で済むのが大きな特徴です。6回程度で脱毛の効果が実感できます。

そのため、脱毛をはじめる時期としては、

・混雑せず予約しやすい
・「日焼け」によるリスクが少ない
・ある程度効果を感じるまでに回数が必要なこと

を考えると、脱毛をはじめるなら秋冬がおすすめです。

このページのTOPへ