セルフでVIO脱毛はできる?メリットとデメリットを紹介

デリケートゾーン(VIO)は肌が薄く繊細なので、ムダ毛の自己処理をするときは傷つけないように注意しなければなりません。お手入れする頻度が高ければ肌を傷つけるリスクも高くなるため、適切な自己処理方法を押さえておくことが重要です。

また、ムダ毛の自己処理を手間に感じている方や安全でキレイに仕上げたい方は、プロの手による脱毛を受けるのもおすすめです。

このページでは、適切なVIOの自己処理方法や脱毛サロンでお手入れを受けるメリットについてご紹介します。

セルフでVIOをお手入れする方法

1.jpg
VIOの自己処理方法はいくつかあり、それぞれの特徴や基本的なやり方を押さえておくことで、適切に自己処理できるようになります。ここからは、VIOの自己処理方法の特徴についてご紹介します。

カミソリ

カミソリでムダ毛を剃る方法はムダ毛のお手入れの中でも代表的な方法です。VIOの自己処理でカミソリを使うときは、事前に毛をハサミで短くカットします。また、温めておくと毛が柔らかくなり、剃りやすくなります。

Iラインは直接目視できない部位なので、鏡を固定してしっかり確認しながら慎重に剃ってください。肌を外側に引っ張りながら、内側から外側に向かってゆっくり剃ると比較的安全です。

カミソリは安いだけでなく自宅でいつでもケアできる手軽さがメリットですが、刃で肌を切ってしまうリスクがあるため気をつけなければなりません

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリと違い、刃が肌に直接触れないので比較的肌に優しい自己処理方法です。デリケートゾーンはカミソリ負けが起きやすい部位なので、敏感肌の方は電気シェーバーを使った自己処理がおすすめです。

電気シェーバーを使うときも事前にハサミでムダ毛をカットしておくと剃りやすくなります。ムダ毛を短くした後は、毛の流れに逆らわないようにゆっくり剃ってください。カミソリと同様にIラインを剃るときは、粘膜部分に刃が触れないように注意してください

電気シェーバーを使った自己処理方法は以下の記事でも詳しくご紹介しています。参考にしてみてください。
シェーバーでムダ毛処理をするメリットやシェーバーの選び方を紹介

脱毛ワックス

脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)は、肌に塗り固まった後に剥がすことで巻き込んだムダ毛を一気に抜く方法です。ワックスを使うときは毛の流れに沿って塗り、しっかり毛が絡むようにしてください。

塗った後はワックスが乾いて固まったら一気に引き剥がします。引き剥がす方向の反対側の手で肌をしっかり押さえて固定することで剥がしやすくなります。この自己処理方法は、一度に広範囲のムダ毛を脱毛できるのがメリットですが、自己処理方法の中でも痛みが非常に強いのがデメリットです。

セルフでVIOを脱毛するメリット

2.jpg
脱毛ワックスを使えば、自分でもVIOを簡単に脱毛できます。自分でVIOを脱毛すると、自分の好きなタイミングで脱毛でき、お金もそこまでかかりません。サロンやクリニックで脱毛しようとすれば、予約を取る必要がありスケジュールを合わせなければなりません。

また、VIO脱毛をサロンやクリニックで行うと10万円近くかかることもあります。自分でVIOを脱毛すれば、他人に見られる恥ずかしさを感じないのも大きなメリットです。

空席確認・予約する

セルフでVIOを脱毛するデメリット

3.jpg
VIOのセルフ脱毛にはデメリットもあるので、どのようなことに注意すれば良いのか押さえておくことが大切です。ここからは、自分でVIOを脱毛するデメリットをご紹介します。

肌に大きな負担がかかり肌トラブルに繋がる

自分でVIOを脱毛するとき、いずれの方法でも肌に大きなダメージを与えてしまいます。例えば脱毛ワックスを使う場合、一度脱毛してもしばらくするとまたムダ毛が生えてきてしまいます。ムダ毛がない状態を保つためには頻繁に脱毛を繰り返さなければなりません。

また、脱毛ワックスは大量の毛を無理矢理引き剥がす方法であるため、肌に大きなダメージを与えてしまいます。これを何回も続けていると、毛穴を傷めたり肌荒れが起きたりする可能性が高いです。

カミソリなどで肌を傷つける可能性がある

デリケートゾーンのムダ毛をカミソリでお手入れする場合も、繊細な肌を傷つける可能性があります。カミソリを使ってムダ毛のお手入れをしたとき、肌の表面にある角質層を削ってしまうため、肌が弱い方はカミソリ負けすることもあります。

他にも、ワックスを使うと毛穴が無理矢理開いてしまうので、出血したり毛穴に雑菌が入ったりすることがあります。毛穴に雑菌が入ると炎症してニキビのような毛嚢炎ができる可能性もあります。

※自己処理のデメリットについて、以下の関連記事でも詳しくご紹介しています。
毛抜きによる脱毛のデメリットやぶつぶつを防ぐ自己処理法
VIOの自己処理でチクチクしてしまう原因
脱毛・自己処理のメリットやデメリット

脱毛サロンで安全にお手入れしよう

4.jpg
自分でVIOのムダ毛をお手入れすると肌を傷める可能性があるため、不安な方はサロンやクリニックで脱毛するのがおすすめです。ここからは、脱毛サロンでVIOを脱毛するメリットをご紹介します。

安全で自分の好きな形に整えられる

脱毛サロンであれば、プロによるお手入れを受けられるので、自己処理よりも安全にムダ毛のお手入れができます。カミソリを使うと誤って肌を傷つけてしまう可能性がありますが、サロンのお手入れであれば安心です。

また、サロンで脱毛すればアンダーヘアの形を好きなデザインに整えられます。下着や水着を着たときにムダ毛がはみ出ないように仕上げられるだけでなく、キレイな逆三角形や女性らしい逆タマゴ型などに整えることも可能です。

デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなる

デリケートゾーンは濃く太いムダ毛が密集しているため、蒸れやすくニオイの原因になる雑菌などが繁殖しやすい環境です。そのため、デリケートゾーンのニオイが気になる方は多いです。他にも、ムダ毛が長いと経血や排泄物がつきやすく不衛生になりやすいため注意しなければなりません。

そこでVIOを脱毛すれば、アンダーヘアがスッキリするためデリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。通気性がアップするため蒸れにくいうえに嫌なニオイが発生しにくくなり、生理時も快適に過ごせるようになります。

おしゃれな水着や下着を楽しみやすくなる

布面積が小さい大胆なデザインの下着・水着を着るためには、普段から入念にムダ毛のお手入れをする必要があります。サロンで脱毛すればアンダーヘアを自分の好きなデザインにできるだけでなく、ムダ毛がはみ出る心配はないので、おしゃれな下着・水着を着やすくなるのもメリットです。

さらに自己処理が減ることで肌へのダメージが抑えられるため、黒ずみや肌荒れなどの肌トラブルも少なくなります。VIO脱毛することで、アンダーヘアだけでなくデリケートゾーン全体をキレイにできるため、自信を持ちやすくなります。

自分で脱毛する注意点などについて、以下の記事でも詳しくご紹介しています。参考にしてみてください。
セルフ脱毛の注意点やサロン脱毛との比較

VIO脱毛のよくある質問

5.jpg
VIO脱毛はデリケートゾーンをお手入れするものなので、抵抗がある方は少なくありません。安心してお手入れを受けるためにも、よくある質問を参考にするのがおすすめです。
ここからは、VIO脱毛のよくある質問をご紹介します。

VIO脱毛は痛いですか?

アンダーヘアは色が濃く太いため脱毛機のライトが強く反応します。また、デリケートゾーンの肌は薄いため、ライトが強く反応することで痛みを感じやすいです。医療脱毛の場合、サロンよりも脱毛機の出力が強いためさらに痛みが強くなる傾向があります。

ミュゼプラチナムでは、ジェルを使う肌へのダメージや痛みが少ない「S.S.C.脱毛」を採用しているため、VIO脱毛でも痛みを感じにくいです。ただし、感じる痛みの程度には個人差があるため、お手入れ中に気になるようであればスタッフまでご相談ください。

VIO脱毛にかかる時間や費用はどれくらいですか?

VIO脱毛にかかる時間や費用は、脱毛する範囲・程度によって変わります。アンダーヘアを整えたり毛の量を減らしたりする場合、5~7回のお手入れが必要です。脱毛のお手入れは1~3カ月間隔で行うため、完了するまでには1年前後かかります。

アンダーヘアを全て脱毛するハイジニーナの場合は、12回ほどかかるため2年近くの期間が目安です。脱毛の費用は回数によって変わってきますが、6回程度で9万円前後が一般的です

VIOの自己処理が気になるなら脱毛してみよう

6.jpg
アンダーヘアの自己処理は、手間がかかるだけでなく肌へのダメージが大きいため十分に注意しなければなりません。自分でお手入れする場合、好きなタイミングでケアでき、費用もそこまでかかりません。しかし、肌を傷つけたり肌トラブルが起きたりするリスクがあります。

アンダーヘアのムダ毛が気になる方や、デリケートゾーンをキレイに保ちたい方は、サロンなどでVIOを脱毛するのがおすすめです。サロンで脱毛すれば、安全で自分の好きなデザインにできます。VIOのムダ毛にお悩みの方は、ぜひ脱毛を試してみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ