VIO脱毛にかかる期間や回数はどのくらい?毛周期を理解して効率よくアンダーヘアを脱毛しよう

「VIO脱毛にかかる期間や費用ってどれくらいなんだろう?」「より短期間で脱毛するには、どうすればいいの?」こういった悩みが原因で、なかなか脱毛をはじめられないという方もいるのではないでしょうか。

また、せっかく美容脱毛専門サロンでお手入れを受けようと決意したのに、なかなかサロンの予約が取れなかったり、脱毛の効果を感じるまでに時間がかかったりして、自然に足が遠のいてしまったという経験をお持ちの方も少なくありません。

では、効率よく脱毛するには、どのようなタイミングでケアをすればいいのでしょうか。このページでは、これらの疑問を解消するために、毛の生え変わりのサイクルである「毛周期」について、また、自分の予定に合わせて通えるサロン選びのポイントについて詳しくご紹介していきます。

毛周期を理解して効率のよい脱毛サイクルを知ることで、脱毛の効果をより早く実感できるようになります。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛にはさまざまなメリットがあるため、人気があります。デリケートゾーンのムダ毛が気になる方は、まずはどのようなメリットがあるのか押さえておくのがおすすめです。ここからは、VIO脱毛のメリットをご紹介します。

下着の中の通気性がアップしデリケートゾーンを衛生的に保てる

Iラインは陰部に近い部分でもあるため、おりものや経血が付着するとムレなどの不快感や、ニオイ、肌かぶれの原因になってしまう可能性があります。デリケートゾーンは下着を1日中身につけているためムレやすいです。

アンダーヘアのボリュームが多かったり、毛が伸びたりすることでさらに不快感が増してしまいます。そのため、VIO脱毛によってムダ毛をなくすと、下着の中の通気性がアップし、デリケートゾーンを衛生的に保つことができます。

デリケートゾーンが清潔になることで、肌トラブルやニオイの心配が減るため快適に過ごしやすくなります。

水着や下着を着たときにムダ毛がはみ出さない

「水着からムダ毛がはみ出ていた」という恥ずかしい体験談を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。「私は大丈夫」と思っていても、水着のデザインによっては、はみ出てしまう可能性もゼロではありません。

このように、水着や下着からムダ毛がはみ出すことが気になると、自己処理の回数は多くなります。ムダ毛処理の手間・負担が大きくなるだけでなく、肌もダメージを受けるためトラブルが起きやすいです。

VIO脱毛によってお手入れをすれば、ムダ毛がはみ出てしまう心配もなく、大胆なデザインの水着にもチャレンジできるようになります。

自己処理のトラブルが少なくなる

デリケートゾーンのムダ毛の自己処理は難しく、時間がかかりやすいです。IラインやOラインは鏡を見ても確認しにくく、カミソリを使ってムダ毛処理をすると刃で粘膜部分を切ってしまうリスクもあります。

また、自己処理を何度も繰り返していると、ダメージによって色素沈着を起こして黒ずみができることも多いです。VIO脱毛を受ければ、徐々に自己処理の手間が減っていき肌トラブルも少なくなります。

空席確認・予約する

VIO脱毛にかかる期間は?効率よく通えるサロンの選び方

VIO脱毛にかかる期間は?効率よく通えるサロンの選び方

VIO脱毛を考えている方は、脱毛にかかる期間や通うペースを把握しておくと予定を立てやすいです。計画的に脱毛を受けるためにも、ここからは脱毛に必要な期間や適切なペースをご紹介します。

4~6回程度で毛が細くなり自己処理の回数が減る

そもそも「VIO」とはどの部分のことか、ご存じでしょうか?VIOは、以下の部位を指します。

  • V=Vライン :デリケートゾーンの両サイド、両足の付け根あたりの部位
  • I=Iライン :Vラインのさらに奥、陰部の両サイドの部位
  • O=Oライン(ヒップ奥):肛門周りの部位(粘膜除く)

これら3つを合わせて「VIO」と呼びます。VIO脱毛にかかる期間は個人差があり、一概に「何日、何カ月」と断定することはできませんが、目安として、「4〜6回程度のお手入れ」で発毛スピードが変わり、自分でのお手入れが楽になりはじめる傾向があります。

VIO脱毛のメリットは多いですが、1回のお手入れで効果を実感できるわけではありません。お手入れを続けることで、脱毛の効果を実感できるようになります。毛の量や肌質によって個人差はありますが、多くの場合が4〜6回程度で毛が細くなりはじめ、少しずつ自分でのお手入れの回数も減りはじめます。

そして、8〜12回程度でお手入れがほとんどいらない肌になります。この頃には生えてくる毛も減り、気になるときのお手入れのみで問題なくなります。

定期的に通う必要がある

脱毛は1回で効果が得られるものではないので定期的に通う必要があります。通うペースは脱毛方式によって異なるので事前にサロンに確認するのがおすすめです。1カ月に1回ペースで通う場合、4カ月後に毛が細くなりはじめ徐々に自己処理の頻度が減っていきます。

毛周期って何?生え変わりサイクルを知って効率よく脱毛

毛周期って何?生え変わりサイクルを知って効率よく脱毛

体毛には「毛周期」という生え変わりのサイクルが存在し、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれます。脱毛方法ではこの毛周期に合わせて脱毛する方法と毛周期に関わらず脱毛できる方法があります。毛周期は身体の部位や個人差により周期が異なります。

毛周期に合わせた脱毛の際に気をつけるべきポイントとしては、以下の2点が挙げられます。

生理中はお手入れを受けられない

生理中はデリケートゾーンのお手入れはできません。生理中にデリケートゾーンのお手入れを行うと、ベッドや脱毛機に経血が付着する可能性があります。そのため、サロンの衛生面を保ち感染症を防ぐために、生理中のデリケートゾーンのお手入れを行っていないことが多いです。

デリケートゾーン以外であれば脱毛を受けられますが、生理中はホルモンバランスが崩れる影響で肌が敏感になっているため、痛みを感じやすく、赤みが出る場合もあるため注意してください。

脱毛期間中に日焼けをしない

日焼けをしている肌は、肌に炎症がある状態です。そのため、元の状態に戻るまではお手入れをすることができません。また、脱毛はレーザーやライトを毛根にある黒色の色素に反応させ、発生する熱でダメージを与えることで毛を生えにくくする仕組みです。

そのため、日焼けして肌が黒くなってしまうと、毛根だけでなく肌にもレーザーやライトが反応してしまいます。脱毛効果が低くなるだけでなく、痛みを感じるなどの肌トラブルに繋がるため注意しなければなりません。また、日焼け後は乾燥しやすいので、日頃からしっかりと保湿ケアをすることが大切です。

毛周期に関しては以下のページでも詳しくご紹介していますので、こちらもあわせてご覧になってみてください。

>毛周期と脱毛する頻度、期間について

毛周期に合わせて脱毛するには通いやすさが大切

毛周期に合わせて脱毛するには通いやすさが大切

毛周期に合わせて脱毛する方法の場合は、毛周期に合ったスケジュールを組んでいくことが大切です。「毛周期に合わせたスケジュールが組めるサロン選び」が重要なポイントであるということです。

では、具体的にどのようにスケジュールを立てていけばよいのかというと、「最も効果のある成長期を狙って脱毛する」というものです。毛周期には個人差があるだけでなく、体の部位によっても違いがあります。毛周期を自分で判断するのは難しいため、無料カウンセリングで相談しながら決めていくことをおすすめします。

ミュゼプラチナムでは、毛周期に関係なくお手入れできる脱毛方法を採用しています。電話やインターネット、アプリで予約を取ることができるので、これらを活用すれば、脱毛期間の短縮にもつながります。まずは初回カウンセリングを予約してみてはいかがでしょうか。

空席確認・予約する

VIO脱毛の自己処理のリスクとサロン脱毛のメリット

VIO脱毛の自己処理のリスクとサロン脱毛のメリット

デリケートゾーンのムダ毛を自己処理する方は多いですが、自己処理にはデメリットがあるので注意してください。自己処理のメリットとデメリットを押さえておけば、脱毛を受けるかどうかを決めやすくなります。

自己処理はデリケートゾーンの肌荒れや黒ずみの原因に

VIOはデリケートゾーンなので、自分でお手入れする場合は費用や時間をかけずにお手入れできる反面、肌や粘膜を傷つけやすいため、慎重にお手入れしないといけません。自分でお手入れすることによるメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

自分で行うお手入れには「手軽にできる」というメリットはあるものの、それ以上に多くのデメリットが存在します。自分でお手入れする場合は、無理のない範囲で行ってください。

1.自分でお手入れするメリット

  • 自分で時間を選んでお手入れすることができる
  • 自分の好みに合わせてお手入れすることができる

デリケートゾーンのムダ毛を自己処理するメリットは、自分の都合でお手入れできることです。カミソリや毛抜き、電気シェーバーなど自己処理に使うアイテムはさまざまですが、いずれにしても手軽に自己処理できます。

また、自己処理であれば自分の好きな形・量に調整することも簡単です。

2.自分でお手入れするデメリット

  • 剃り残しができる可能性が高い
  • カミソリや毛抜きなどによる自己処理は肌に負担がかかるうえ、黒ずみが出来てしまう可能性がある
  • 伸びてきた毛がチクチクして、敏感な肌を刺激してしまう

デリケートゾーンのムダ毛を自己処理するデメリットは、肌に大きな負担がかかることです。カミソリなどで自己処理をすれば、肌の表面が傷つき乾燥したり、肌トラブルが起きやすくなったりします。

また、デリケートゾーンの自己処理は難しく、キレイに整えることが難しいのもデメリットです。

脱毛サロンはプロのお手入れで肌トラブルなどを軽減

VIOはデリケートな部分なので、肌トラブルを起こさないようにするためにも、経験を積んだスタッフがお手入れをしてくれるサロンに任せるのが安全です。サロンでお手入れをすれば、脱毛の不安や悩みだけでなく、肌の調子や毛の状態、脱毛したい部位や形などを細かくヒアリングした上で、その人に合ったメニューを提案してくれます。

ミュゼプラチナムのハイジニーナ(VIO)脱毛であれば、「どの程度毛を残したいのか」「どんな形にしたいのか」といった点なども、カウンセリングで相談してから脱毛することができます。より理想の肌を目指したい方は、サロンでのVIO脱毛を試してみませんか。

VIO脱毛は費用が分かりやすいコースを利用しよう

VIO脱毛は費用が分かりやすいコースを利用しよう

サロンでのVIO脱毛を検討している方にとって、最も気になるのは「費用」ではないでしょうか。「思っていたより高額だったらどうしよう」という不安から、なかなか一歩を踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

そのような方は、あらかじめ設定されたコースやセットを利用すると、追加料金がかかる心配もなく安心です。ミュゼプラチナムでは、VIO脱毛に一生涯通える完了保証コースをご用意しております。脱毛完了後、妊娠や出産などによるホルモンバランスの変化でまた毛が生えたとしても追加料金なくお手入れできるので安心です。

費用を抑えたい方向けのVIO対応コースのご紹介

1.ハイジニーナ7 VIO脱毛コース

Vライン、Iライン、ヒップ奥、トライアングル上、トライアングル下、Vライン上、へそ下の計7カ所をお手入れできるコースです。

>ハイジニーナ7 VIO脱毛コースの費用はこちら

2.全身脱毛コースライト(Aプラン)

両ヒジ上、両ヒジ下、両ヒザ上、両ヒザ下、両手の甲と指、両足の甲と指、トライアングル上、トライアングル下、Iライン、ヒップ奥の計10カ所をお手入れできるコースです。

>全身脱毛コースライト(Aプラン)の費用はこちら

3.フリーセレクト美容脱毛コース

気になる箇所と回数を自由に選べるオリジナルプランです。脱毛箇所はいつでも変更することができます。このフリーセレクト美容脱毛コースで自分にぴったりのプランを作ってみてはいかがでしょうか。

>フリーセレクト美容脱毛コースの費用はこちら

ミュゼプラチナムでは、無料カウンセリングを受けられます。料金や内容など、少しでも分からないことや気になることがある場合は、無料カウンセリングで疑問や不安を解消してからお手入れを受けると安心できます。

VIO脱毛について知り、脱毛を受けてみよう

VIO脱毛について知り、脱毛を受けてみよう

Vライン、Iライン、Oラインの3つを合わせて「VIO」と呼びます。VIO脱毛にかかる期間には個人差がありますが、目安として、4〜6回程度のお手入れで自分でのお手入れが楽になりはじめます。

VIO脱毛のメリットは、主に「デリケートゾーンを衛生的に保てる」「水着や下着を着たときにムダ毛がはみ出さない」の2つです。自分でお手入れするよりも、サロンなどでプロに任せる方が、肌トラブルを軽減できるのでおすすめです。

また、体毛には「成長期」「退行期」「休止期」という3つの「毛周期」があり、「最も効果のある成長期を狙って脱毛する」のが効果的といわれています。毛周期を自分で判断するのは難しいため、サロンの無料カウンセリングで相談しながら決めていくのがおすすめです。あらかじめ設定されたコースやセットを利用すると、脱毛にかかる料金が分かりやすく、無駄な出費が抑えられます。

>ミュゼプラチナムのVIO脱毛について詳しく知りたい方は、こちらへ。

空席確認・予約する