VIOの自己処理でチクチクしてしまう原因とは?対策や脱毛するメリットを紹介!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

Vライン(ビキニライン)はアンダーヘアのお手入れの中でも、一番ポピュラーで、女性からの関心も高い部位です。下着や水着からムダ毛をはみ出させてしまい、恥ずかしい思いをしたという人も、少なからずいるのではないでしょうか。比較的、自己処理しやすい箇所ですが、お手入れ後のチクチクや肌荒れに悩まされたという声もよく聞きます。

ここでは、そんなVラインのお手入れの方法、自己処理と美容脱毛専門サロンで行うメリット、デメリットについて、詳しくご紹介します。

VIOってどこのこと?

1.jpg

Vラインは、デリケートゾーンの両サイド、両足の付け根あたりの部位を指します。水着や下着姿になったときに目立ちやすい部位なので、お手入れはしっかりしておいた方がいいです。

Vラインをキレイにすることで、ムダ毛を気にすることなく、かわいい水着や大胆な下着を楽しめるというメリットがあります。

Iラインは脚の付け根の部分に沿った部位で、女性器の周辺でありお尻の手前までの場所です。この部位はデリケートゾーンの中でもムレやすく、ムダ毛の自己処理も難しいため不衛生になりやすく注意が必要です。また、ムダ毛のお手入れを怠るとニオイやかゆみなどの肌トラブルも起きやすいです。

Oラインはお尻の穴の周辺であり、文字通り円の形をしています。お尻全体とは違い、Oラインは肛門の周辺のことだけを指します。Iラインと同じく自己処理が難しい場所であり、ムダ毛を放置していると排泄物が毛に付着してしまい、不衛生になりやすいです。

VIOのムダ毛のお手入れは見た目がキレイになるだけでなく、デリケートゾーンを衛生的に保ち過ごしやすくなる効果も期待できます

VIOラインの自己処理のメリットとデメリット

2.jpg

お手入れをしたいけれど、サロンなどに行くのは恥ずかしいため、自己処理をする人も増えています。手軽さが魅力の自己処理ですが、一方デメリットもあるので、注意が必要です。ここでは、VIOラインを自己処理するメリットとデメリットについて2つずつご紹介します。

メリット1 デリケートゾーンをキレイな状態でキープできる

メリットの1つ目は、デリケートゾーンをいつでもキレイな状態に保てることです。サロンやクリニックでお手入れしてもらっていると、次のお手入れまで1~3カ月かかることがほとんどです。

しかし自己処理は、ムダ毛やむれが気になったらできるので、Vラインを清潔にキープすることが可能です。生理中の経血やおりものなどが付着すると、下着が汚れたり、ニオイが気になったりします。

また、肌トラブルによるかゆみや湿疹が起こりやすいのもこの時期です

しかし、そういったときでも、ムダ毛を少し剃るだけで不快感を減らせます。肌トラブルを予防できたり、人の目を気にしたりすることもありません。

メリット2 コストがかからず、気になった時にすぐできる

自己処理のいいところは、やはりコストがかからないことです。サロンやクリニックなら、数万円かかりますが、自分でやるならシェーバーがひとつあれば可能です。電気シェーバーなども、肌当たりが優しいタイプや、しっかり剃れるタイプなどさまざまな種類があります。どれも数千円から購入できるので、経済的な負担になりません。

また、気になったときにすぐにお手入れできるのも魅力です。ムダ毛が伸びている、明日はお気に入りの下着を身につけたい、と思ったら、その場で剃ることができます。思い立ったときに、お気軽にできるのも大きなメリットです

デメリット1 肌トラブルを起こしやすい

自己処理で心配なのは、やはり肌トラブルを起こしやすい点です。VIOラインはデリケートで皮膚も薄いため、ちょっとしたことで傷つけてしまいがちです。あまりにひどいときは、病院に行くことも考えられます。

また、しっかりやろうとして頻繁に剃ったり、深剃りしすぎたりするのも禁物です。皮膚の中で毛が成長する埋没毛が増えたり、デリケートゾーンがくすんで色素沈着を起こしたりすることもあります。

キレイな状態をキープするために、丁寧にお手入れするのはかまいません。ただ加減がわからないまま続けると、肌荒れがひどくなることもあるので、やりすぎは禁物です

デメリット2 自己処理ではやりきれない部分がある

デリケートゾーンは、自分ではきちんと確認しづらい部分です。そのため、見えない部位には剃り残しができてしまい、見栄えが良くないこともあります。剃り残した部分が気になって、無理に剃ろうとすると、肌を傷つけるかもしれません。

また、Vラインなどアンダーヘアの形も、思い通りにならない可能性があります。剃りすぎたり、整った形にならなかったりすると、かえって恥ずかしく感じることもあります。

アンダーヘアをキレイな形にするのは自分ではうまくできないことが多いです。そんなときは無理せずサロンでプロにお任せしたほうがいいです。身体への負担も少なく、理想のケアをしてもらえます

自宅で手軽にできる自己処理方法

3.jpg

VラインはIラインやOラインと異なり、自己処理しやすい部位です。4つのお手入れ方法についてご紹介します。

1)カミソリ

「カミソリ」を使うと、一度に広範囲をお手入れすることができます。カミソリを使う際は、肌への刺激を少なくするため、シェービングクリームなどを塗り、お手入れは毛の流れに沿って行います。毛抜きを使う前には、肌を蒸しタオルで温めてから行います。

お手入れ後は、冷やしたタオルなどを当ててクールダウンした後、保湿します。他の部分よりも敏感な「デリケートゾーン」のお手入れでは、カミソリや毛抜きを使うとチクチクする原因になってしまうこともあります。また、黒ずみや埋もれ毛になる恐れもあるため注意してください。

2)電気シェーバー

電気シェーバーは、比較的肌へのダメージが少ない方法です。カミソリと違い直接肌に刃が触れないため、肌に与える刺激が少ないのが特徴です。カミソリでムダ毛を剃ると肌の表面にある角質層も削ってしまうため、肌が乾燥して肌トラブルの原因になります。

電気シェーバーであれば肌トラブルを防ぎながらケアできます。そのため、美容脱毛専門サロンでは、お手入れを受ける際の事前処理としてもおすすめしています。お手入れが終わったらローションなどで保湿をしてください。

3)除毛クリーム/脱毛ワックス

除毛クリームはタンパク質を溶かす薬剤を肌に塗り、ムダ毛を溶かします。一方、脱毛ワックスは、肌にワックスを塗りムダ毛ごとはがして除毛する方法です。

いずれの方法も一度に広範囲のムダ毛をお手入れできるので、急ぎでケアしなければならないときに活躍します。しかし、どちらも肌へのダメージも大きく、薬剤によるかぶれや炎症、アレルギーを伴う場合があるため、こちらのお手入れはあまり推奨されていません。

脱毛ワックスを使った場合も、ムダ毛を無理矢理引き抜くため痛みを伴いやすく、肌が赤くなるなどの肌トラブルが起きる可能性があります。

4)家庭用脱毛器

ムダ毛を短くカットした後、そこにライトを当てていきます。自宅でも簡単にお手入れができてよいのですが、美容脱毛専門サロンのお手入れと比べ、ライトの強さが劣るので、根気よく使う必要があります。また、間違った使い方をすると火傷をする恐れがあります。

気になる部位だからこそ、自己処理でこまめにお手入れをしたいと考える人は多いです。カミソリや電気シェーバーを使うと手軽に除毛することはできますが、その後、生えかけの毛のチクチクが気になったり、自己処理により肌にダメージを与えたりすると、肌が荒れてしまい、トラブルを引き起こす要因になりかねません。

アフターケアを含めた脱毛を考えるなら、肌への負担の少ない美容脱毛専用サロンのお手入れがおすすめです

自己処理をしてチクチクする原因は?

4.jpg

VIOのムダ毛をカミソリで自己処理してチクチクする原因は、毛の断面が鋭く尖ってしまうからです。毛先が鋭くなった状態で毛が伸びてくると、肌に触れたときにチクチクと痛みを感じてしまいます。

また、毛が生えている方向とは反対側から剃ることで、ムダ毛を深く剃ることができます。そうすることで、デリケートゾーンをキレイに剃ることができますが、肌の表面より下に尖った毛が潜んでいる状態になります。

成長したときに尖った部分が皮膚に触れてチクチクすることもあります。また、尖った毛が表面に出てこず埋没毛になることもあるので注意が必要です。

肌が乾燥してかゆみが出る場合もある

デリケートゾーンは肌が薄く、刺激に対して敏感であるため他の部位よりもチクチクを感じやすいです。また、肌が乾燥したり赤く炎症を起こしていると、さらに刺激に反応しやすくなるため注意が必要です。

自己処理後のチクチクしたかゆみを防ぐためには、自己処理後にしっかり保湿するようにしてください。他にも、デリケートゾーンが不衛生な状態だとかゆみが発生しやすくなります。

自己処理でチクチクしないための対策

5.jpg

デリケートゾーンを自分でお手入れするときは、チクチクしないように対策を覚えておくのがおすすめです。VIOのチクチクは不快に感じやすいため、対策を知っておくとストレスなくケアができます。

ここからは、VIOの自己処理でチクチクしないための対策をご紹介します。

カミソリ以外で自己処理をする

カミソリは手軽に自己処理できる方法であり、毛抜きよりも肌へのダメージは少ないですが、チクチクする可能性は高いです。そのため、どうしてもデリケートゾーンのチクチクが気になる方であれば、カミソリ以外で自己処理をするのがおすすめです。

肌への影響を考えたときにおすすめなのは、電気シェーバーとヒートカッターです。電気シェーバーは先程のご説明の通り、直接刃が当たらないため肌に優しいです。ヒートカッターは電熱でムダ毛を焼き切る機器であり、毛先が尖らず丸まるのでチクチクしにくくなります。

肌が乾燥しないように保湿する

肌の乾燥はチクチクと感じる大きな要因になるため、カミソリで自己処理をした後はしっかりと保湿するのがおすすめです。カミソリでムダ毛を剃ると、肌の角質層も削ってしまい皮膚の潤いが逃げやすくなります。

角質がなくなり肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下するためかゆみや赤みが出やすくなります。そこで、しっかり保湿することで肌の潤いを保ちバリア機能を維持できるため、チクチクしにくくなります。

空席確認・予約する

チクチクしやすいデリケートな部位のために!サロン脱毛をおすすめする理由

6.jpg

Vラインを含むデリケートなアンダーヘアのお手入れは、美容脱毛専門サロンで経験豊富なスタッフに行ってもらうと安心です。

〈美容脱毛専門サロンをおすすめする理由〉

・細かく要望を伝え、理想の形にお手入れができる
・仕上がりがキレイ
・肌にやさしい脱毛方法のため痛みがほとんどない(個人差があります)
・お手入れ後のチクチクの軽減など、アフターケアが充実
・お手入れ時に紙ショーツを着用するなど、デリケートゾーンならではの恥ずかしさを軽減する工夫がある

「ミュゼプラチナム」では、上記のメリットに加え、お客さまのさまざまなニーズにお応えできるよう、脱毛コースのプランを多数ご用意しています。

自己処理に比べてサロンに通う時間はかかりますが、アンダーヘアの場合はだいたい6回程度で脱毛効果を実感していただけます。長い目で見るとケアが楽になり、ムダ毛の目立たないつるスベ肌を手に入れることができます。

「脱毛サロンでの脱毛」というと、金銭面の負担が気になる人もいるかもしれません。
ミュゼプラチナムでは、おトクな「両ワキ+Vライン完了コース」というプランをご用意しています。

両ワキ+Vライン完了コースについてはこちら

※お手入れには一定期間(1~3カ月)を空ける必要があります。
※ミュゼプラチナムではVライン脱毛をお申込みいただいた方に、「Vラインプレート」をお渡ししています。このプレートからはみ出た部分が、お手入れするべき部分となります。

どうせならVラインだけでなくデリケートゾーン周りをキレイにしたいということであれば、「ハイジニーナ7VIO脱毛」をご利用ください。これはOラインやIライン、トライアングル部分、さらにはへそ下までを含む全7カ所の脱毛プランです。

ハイジニーナ7 VIO脱毛コース

VIOを脱毛するメリット

7.jpg

Vラインのお手入れについては、ご家族や親しい友人でもなかなか話題にする機会がありません。しかし海外ではVIOケアは当たり前と考える人が多く、きちんとお手入れをすることで、快適に過ごせるようです。そこで次は、Vラインをお手入れするメリットを2つご紹介します。

デリケートゾーンを衛生的に保てる

デリケートゾーンはムダ毛も多いためむれやすく不衛生になりがちです。生理中や排卵期のニオイなど、気になる人も多いです。また、肌荒れも起きやすいデリケートな場所でもあります。

VIOを脱毛することでムダ毛が減り清潔さを保ちやすくなります。デリケートゾーンの中でもIラインは排泄物や生理の経血が付きやすく、ムダ毛が長いとムレることで雑菌が増えやすくなります。デリケートゾーンのムダ毛を減らすことで、むれを感じることがぐんと減ります。

また、おりものや生理による湿疹やかゆみなどの悩みが解決できます。Vラインはもちろん、下着もキレイな状態で身につけられるので、快適に過ごせます。肌トラブルが起きないよう、衛生面を考えるとお手入れしたほうがいいです。

自己処理の負担が減る

VIOを脱毛すると、自己処理をする必要がなくなるのも大きなメリットです。肌が傷つきやすく、デリケートな部位なので、自己処理することで、皮膚を傷つけてしまうかもしれません。また、自分で思うようなアンダーヘアの形を作るのも難しいのです。

また、自己処理によって肌にダメージを与え続けると、肌トラブルが起きやすくなります。継続的に刺激を与えているとデリケートゾーンが黒ずんでしまう場合もあるので注意が必要です。

しかし、プロにおまかせすれば、いちいち自己処理する必要もなくなります。さらに、お気に入りの下着や水着を身につけるときも、ムダ毛の心配をしなくてすみます。

また、人から見えない部分とはいえ、キレイに整えておくことで自分に自信を持つことができます。衛生面だけでなく、気分よく日々を過ごせるようになるので、おすすめです。

VIOの脱毛に適したタイミングは?毛周期と生理周期に注目

8.jpg

脱毛を受けるときは脱毛の効果が得られるタイミングで行う必要があります。そこで重要になるのが「毛周期」と「生理周期」です。毛周期は毛が生え変わるサイクルのことで、VIOの毛が全て生え変わるまでには2年~3年ほどかかります。

また、生理中はVIOの脱毛は受けられないので注意が必要です。ここからは、毛周期と生理周期について詳しくご紹介します。

毛周期って何?「成長期・退行期・休止期」の3つのサイクル

体毛はいつも伸び続けているわけではありません。一定のサイクルによって生えてきますが、これを毛周期と呼びます。毛周期の分類は、「成長期」・「退行期」・「休止期」の3つです。成長期にはさらに「成長初期」・「成長後期」があります。

まずは、それぞれの特徴をまとめてみました。

周期

状態

成長期初期

毛細胞が分裂して、毛が伸びてくる時期。

ただし、まだ皮膚の外まで達していない状態。

成長期後期

毛が皮膚の表面に出てきて、一定の長さまで伸びると成長が止まる。

退行期

皮膚の内部でくっついていた毛根と毛がはなれて、抜けやすくなる。

休止期

毛が毛根から抜け落ちたあと、しばらくすると、また成長期に突入する。

脱毛に適しているのは成長期です。しかし、体毛の周期は1本1本異なるため、1回の脱毛では完全に取り除けません。脱毛してもすぐに産毛が生えるのは、脱毛後に成長期を迎えた体毛が残っているから。

1~3カ月の期間を空けながらお手入れするのは、成長期の体毛を徐々にお手入れしてくためです。

生理中にVラインの脱毛ができない理由は?

生理中はホルモンバランスが変化する関係でいつも以上に肌が敏感になっているほか、痛みを感じやすくなっています

また、VIOなどのデリケートゾーンの場合、ベッドに経血が付着し感染症が起きる可能性があります。そのため、サロンを衛生的に保つために生理中にはお手入れを受けられないことがほとんどです。

デリケートゾーン以外の部位であれば、体調が良く痛み止めなどの薬を飲んでいなければお手入れできます。ただし、普段は痛みを感じない方でも痛みを感じる場合があるので注意が必要です。

このような理由から、生理中はVラインを含むデリケートゾーンの脱毛を行うことができません。脱毛サロンでは、日にちをあらためてお手入れすることも可能ですので、事前に連絡を入れるとよいです。

まとめ

Vラインとは足の付け根、デリケートゾーンの両サイドを指します。自宅でもお手入れができますが、「つるスベ肌を手に入れたい」「肌が弱い」ということであれば専門サロンなどでのお手入れをおすすめします。

体毛は「毛周期」によって生え変わります。脱毛をする場合は、1年をかけて取り組んでください。


美容脱毛専門サロンでは、肌の弱い方など、普段から薬を塗っている場合はお手入れできないことがあるのでご注意ください。また、生理中に限っては、デリケートゾーンのお手入れはできません。その他、注意事項やお手入れできないケースなどについては、「よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450)にてご連絡ください。


脱毛をはじめてみようかな?と思ったら美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」で無料カウンセリングを受けてみませんか。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ