スキンケア ベタベタなのに乾燥? インナードライの恐怖!【夏の肌トラブル怪談】

ベタベタなのに乾燥? インナードライの恐怖!【夏の肌トラブル怪談】

Created date

Up date

連日の猛暑で、顔は汗や皮脂でベタベタ、それなのに肌の内側はカラカラで肌トラブル続き…そんな恐るべき夏の肌トラブル怪談「インナードライ」をあなたはご存じだろうか…。

今回は、皮膚科の医師に取材を行い、正しいケアや“お祓いアイテム(おすすめ対策グッズ)”などをご紹介。しっかりケアして、夏の肌をインナードライの恐怖から守ろう。

監修:神島輪医師
監修:神島輪医師

東京女子医科大学卒業後、同大学の皮膚科に入局。現在は一般診療だけでなく美容診療にも携わり、水道橋ひふ科クリニックの院長として勤務。

外はベタベタ、中はカラカラ…夏のインナードライ怪談に気を付けて!

「インナードライ」とは、肌表面はうるおっていても、中が乾燥している状態。夏は汗や皮脂でベタベタしがちで、実はうるおいが足りていないことに気付きにくいのが 恐ろしいところ。

紫外線や乾燥によるダメージで肌が乾燥したり、よかれと思ってがんばったお手入れが裏目になっていたりと、いつの間にか「インナードライ」の世界に足を踏み入れているかも…!

しかも「インナードライ」は、ニキビや吹き出物、毛穴の開きなど、いろんな肌トラブルの原因に。シワやたるみなど将来の悩みにつながる可能性もあるから、今すぐケアするのが超重要なんです!

夏の肌トラブル怪談①「紫外線」がベタベタもカラカラも引き寄せちゃう

肌の中を乾燥させて、表面の皮脂を酸化させる紫外線。ベタつくのに実は乾燥している…という状態を招いてしまいます。乾燥はハリや弾力の元になるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるので、もちろんシワやたるみの原因にも!

天気に関係なく、日傘・帽子・UVカット素材の服などを上手く使って、日差しをしっかりブロックしましょう!

【紫外線お祓いアイテム】編集部のオススメはコレ!

日傘やUVカット服と合わせて、日焼け止めを毎日使うのがマスト! SPF・PA、ジェルやクリームなどの形状を、シーンに合わせて使い分けて、できる範囲でこまめに塗り直して。製品によるけれど、紫外線吸収剤やエタノールが入っていないものの方が乾燥しにくくて◎

(左)トーンアップ ノーセバム サンスクリーン/1,584円/イニスフリー

SPF50+、PA++++。イニスフリーのノンケミカル日焼け止めは、紫外線をしっかりカットしたい日の下地代わりにオススメ♡ ほんのりピンク色のクリームで、自然とトーンアップ。色ムラや毛穴までしっかりカバーして、涼やかなさらふわ肌になれちゃいます。

(右)紫外線予報 ノンケミカルUVジェルF/2,530円/石澤研究所

SPF30、PA+++。普段のちょっとしたお出かけには、紫外線予報のジェルタイプをチョイス! 敏感肌のことをとことん考え、紫外線吸収剤は不使用。みずみずしいテクスチャーでスルッと軽く肌になじんで色もつかないから、顔はもちろんボディにも。

夏の肌トラブル怪談②ベタベタするからって油断してると…「乾燥」して肌が砂漠化!

猛暑でバテ気味…暑いし少しくらいスキンケアの手を抜いても…などと思っていると、あっという間にお肌も身体もカラカラに! たくさんかいた汗が蒸発するときに角層の水分が奪われたり、冷房で湿度が下がっていたりと、夏の肌は意外と乾燥リスクが高め。夏でもきちんと保湿することが大切なんです。

【夏の乾燥お祓いアイテム】編集部のオススメはコレ!

特に水分を補給することが大事なので、化粧水はたっぷり使って。うるおいが蒸発しないように、乳液やクリームでフタをするのも忘れずに。夏はさっぱり系のジェルなどに切り替えるのもあり♩ セラミド・ヒアルロン酸・ヘパリン類似物質などの保湿成分がオススメ。

化粧水は冷蔵庫で冷やしてもOK。ただし温度の変化による劣化を防ぐため、一度冷やしたらずっと冷蔵庫に入れっぱなしにしましょう。

(左)エリクシール ルフレ バランシング みずクリーム(医薬部外品)/1,980円(編集部調べ)/資生堂

ジェルとクリームの中間のような質感がユニークな「みずクリーム」は、ニキビまで防げる優れもの。肌に広げた瞬間にうるおいがあふれ、なじませていくとさらさらに。皮脂と水分のバランスを整えて、うるおいが続く「つや玉」のある肌に導きます。

(右)アクアレーベル アクアローション さっぱり/1,496円(編集部調べ)/資生堂

ベタつかずに、角層まですーっと浸透する感触が夏にぴったり! ベタつきゼロなのに、うるおいが続きます。発酵から生まれたアミノ酸などの保湿成分を配合し、かさつきを防いですこやかな肌へ。しっとりタイプもあるので、お好みで選べます。

夏の肌トラブル怪談③よかれと思って落としたら…その「皮脂」、必要なんです!

テカリが気になるあまり、洗顔やクレンジングでゴシゴシしたり、あぶらとり紙を何度も使ったりするのはご法度! 本当は味方になるはずの、必要な皮脂までいなくなってしまいます。

メイク落としは、長くなじませたままでいると皮脂を落としすぎてしまうので、短時間で済ませましょう。洗顔料はよく泡立てて、くれぐれも擦らないように注意! 「泡で洗う」イメージで、ゴシゴシせずにやさしく洗って。

あぶらとり紙は使っても1日1回までにとどめましょう。

あぶらとり紙の代わりにティッシュを使うと、皮脂を取りすぎずに済むのでオススメです。ティッシュオフしても皮脂が気になる場合は、そもそもうるおいが足りていない可能性も。ティッシュオフの後に、美容液や乳液で“追い保湿”してみてください。

【皮脂御守りアイテム】編集部のオススメはコレ!

洗いすぎはよくないとはいえ、不要な皮脂だけを適切に落とすことが重要です。「インナードライ」対策には、マイルドな洗顔料を選ぶのが吉。さっぱり系・ニキビ予防タイプ・メンズ用などは洗浄力が強すぎることがあるので注意してね。セラミド・ヒアルロン酸・アミノ酸・コラーゲン・スクワラン・グリセリンなどの保湿成分が入っているものがオススメ♩

(左)トレリアン ハイドレーティング ジェルクレンザー/1,980円/ラ ロッシュ ポゼ

敏感肌のことを考えたラ ロッシュ ポゼの洗顔料。独自成分・アミノコンプレックスを配合し、角質層のバリア機能を守りながら不要な汚れを丁寧にオフ。とろりとしたやわらかなジェルがやさしく泡立ち、摩擦感なく洗えます。
※ココイルグリシンNa(洗浄成分)、ナイアシンアミド、セラミド(整肌成分)

(右)アドライズ モイストフェイスウォッシュ/1,980円/大正製薬

もっちりとした弾力泡が好みなら、リニューアルしたばかりのアドライズの洗顔フォームを。日本産の海洋由来のクレイ(海泥)を配合し、毛穴に詰まった汚れもしっかり吸着。すっきり洗い上げながらも、アミノ酸やグリセリン、セラミドNGなどの保湿成分を配合することで、なめらかな洗い上がりを叶えます。
※洗浄・保湿成分:タナクラクレイ

インナードライ対策には生活習慣の見直しも重要!

「インナードライ」対策のカギは、日常生活にもたくさんあふれています。夏の習慣を振り返りながら、できることから改善してみましょう。

乾燥や冷えを防ぐために、冷房には直接当たらないように気を付けて。羽織りものや靴下なども活用してみてね。

脱水状態にならないように、こまめに水分を補給するのも大切。1日に飲むべき量は人によっても差があるので、喉が渇いたと感じる前に少しずつ飲みましょう。身体が水分で満たされると、めぐりがよくなって肌の乾燥対策にもつながります。

そして、夏は食生活が乱れやすい季節。さっぱりしたものや冷たいものばかり食べたり飲んだりしたくなりますが、バランスのよい食生活を心がけましょう。タンパク質・鉄・亜鉛・ビタミンA・ビタミンBなどの栄養素は特に不足しがちなので、意識して取り入れてみて!

紫外線対策、保湿、必要な皮脂だけを落としすぎないケアで、インナードライの恐怖から身を守って!

夏の肌トラブル怪談「インナードライ」の恐怖はあなたの身近なところにあることに、お気づきいただけただろうか…。
正しいケアとお祓い&御守りアイテム、健康的な生活習慣を切り札に、トラブルに巻き込まれない美肌を目指そう。

<お問い合わせ>
石澤研究所イニスフリーエリクシールお客さま窓口資生堂お客さま窓口TAISHO BEAUTY ONLINE お客様相談センターラ ロッシュ ポゼ

イラスト/naotte
構成・文/新井美由紀、vivace

あわせて読みたい

関連記事