腕脱毛とは?効果やメリット・費用などを詳しく解説!

腕や手は人目に付きやすく、ムダ毛も目立ちやすいパーツです。とくに露出の増える春夏は、いつでもキレイに保っておきたい部位でもあります。自分でお手入れするとなると頻繁にお手入れしなくてはならないので、面倒に感じたり、ヒジの近くなどはうっかり剃り残してしまう方も多くいます。
サロンでムダ毛ケアをすれば、面倒な腕のムダ毛処理回数はぐっと減りますし、仕上がりもキレイ。今回は腕脱毛にかかる回数やメリット・デメリット、腕脱毛の流れなどについて詳しく解説します。

空席確認・予約する

腕・二の腕・手脱毛とは

腕脱毛の範囲は、一般的には、腕の付け根から手首までを言います。

春夏はもちろん、秋冬でも露出する機会のある腕。シェーバーなどでムダ毛を自己処理している人も多いのではないでしょうか。しかし、自己処理はお手軽な一方で、お手入れの仕方にムラができてしまうことも。見えづらい部分だとうっかり剃り残しを見逃してしまったり、無理にお手入れしようとして傷をつけてしまう危険もあります。

腕・二の腕・手脱毛のメリット

腕・二の腕・手の脱毛をすることで、目の届きにくい部分もキレイにでき、頻繁な自己処理を行わなくてもよくなることで、腕の肌荒れを改善する効果も期待できます。

ここからは腕・手の脱毛にはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

腕がキレイに見える

腕のムダ毛を脱毛すると、腕の毛穴が引き締まって見えるようになります。濃い毛があっても脱毛することで目立たなくなり、毛穴が引き締まることですべすべなキレイな肌に見えます。毛が濃い方・毛の量が多い方の場合は、より効果を実感できます。

春や夏に腕を露出する服装を着る場合は、周囲からの視線が気にならなくなります。むしろ肌がキレイになることで自信が出て、今までよりもファッションを楽しめるようになります。

ムダ毛の自己処理の手間が減る

腕はムダ毛が生えている範囲が広いので、自己処理の手間がかかりがちです。頻繁にムダ毛のお手入れをしていると、時間がかかるだけでなく肌へのダメージも大きくなってしまいます。

カミソリなどで自己処理をすれば、カミソリの刃で肌を傷つけてしまう可能性もあります。他にも肌表面の角質層が削れることで乾燥しやすくなり、肌トラブルに繋がることも少なくありません。そこでムダ毛を脱毛すれば、自己処理の手間が減ることで時間を節約したり、肌トラブルのリスクを小さくできたりします。

腕脱毛をするなら?サロン脱毛と医療脱毛どっち?


脱毛にはエステサロンでおこなっている「サロン脱毛」と、クリニックでの「医療脱毛」の2種類があります。では、腕脱毛にはどちらが向いているのでしょうか。それぞれに特徴がありますので、細かい違いを比較しながら詳しく解説します。

脱毛機の違い

サロン脱毛と医療脱毛の最も大きな違いは、使用している脱毛機が異なることです。

医療脱毛では「レーザー脱毛」が使われており、出力が強く短期間で脱毛効果を実感できます。しかし、このレーザー脱毛は医療機関でなければ扱うことができません。医療脱毛は名前の通り、医療行為であるため医師がいるクリニックで行います。

それに対してサロン脱毛では、光脱毛によるお手入れを実施しています。レーザーよりも出力が弱いですが、その分料金を抑えられるので気軽に通えるのがメリットです。

痛みの違い

医療脱毛で使われるレーザー脱毛は、出力が強いため脱毛効果は高いですが、その分痛みを感じやすいのがデメリットです。また、肌への負担も大きいのでお手入れ後に肌が赤くなるケースもあります。ただし、医療機関で脱毛するので肌トラブルが起きてもすぐに診察してもらえます。

サロン脱毛の光脱毛の場合、レーザー脱毛よりも出力を抑えているので痛みを感じにくくなっています。痛みを感じるのが不安な方はサロン脱毛を選ぶのがおすすめです。

費用の違い

医療脱毛の場合、医療機関でお手入れを受けますが保険適用外のため、脱毛にかかる料金が高額になりやすいです。その分、サロン脱毛では得られないメリットもあります。例えば、永久脱毛は高い出力が求められるため、医療脱毛でしかお手入れできません。

サロン脱毛は医療脱毛と比べると1回の脱毛料金がリーズナブルであり、肌へのダメージも小さいのでお気軽にはじめやすいのがメリットです。

腕脱毛は自分でもできる?


腕脱毛はサロンやクリニックに通わなくても、自宅でもできます。自分で腕脱毛をおこなう方法の代表的なものは、家庭用美容器です。現在ではさまざまな機能を持つ機種が販売され、ネットショッピングなどでも簡単に手に入るので、より身近な存在になっている家庭用美容器。しかし、やり方を間違うと危険なこともあるため、事前に注意点を確認しておきましょう。

自宅で腕脱毛する際のメリット・デメリット


自宅でも毛抜きや家庭用脱毛器を使うことで、簡単に腕のムダ毛を脱毛できます。しかし、自宅で腕のムダ毛を脱毛するときにはメリットだけでなくデメリットもあるので注意しなければなりません。

ここからは、適切に腕のムダ毛を脱毛するために自宅脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。

自宅で脱毛するメリット

自宅で脱毛する最大のメリットは、時間を選ばず自分の好きなときに脱毛できることです。脱毛サロンに通う場合、何回も通う必要があるのでスケジュール調整が必要です。また、家庭用脱毛器よりも出力が強いため、2週間ほど間隔を空けなければなりません。

家庭用脱毛器であれば脱毛サロンの脱毛機よりも出力が抑えられているので、スケジュールを気にすることなくお手入れができます。また、脱毛サロンを利用するよりも安いのも大きなメリットです。

自宅で脱毛するデメリット

家庭用脱毛器は自宅でも安全に脱毛できるように設計されているため、ライトの出力は抑えられています。安全性は高いですが脱毛効果は弱く、1~2週間に1度など小まめにお手入れをしなければなりません。また、効果を実感するまでに時間がかかります。

他にも家庭用脱毛器の扱い方を間違えると、火傷や肌荒れなどの肌トラブルが起きる可能性があります。しかし、自宅での脱毛は全て自己責任なので、脱毛サロンのような保証がないこともデメリットです。

セルフで腕脱毛を行う際のやり方


自宅で腕の脱毛をするときは適切な手順・やり方で実施することが大切です。脱毛サロンと違って全て自分で用意する必要があります。また、誤った方法でお手入れをすると肌にダメージを与えてしまうこともあるので要注意です。

ここからは、自宅で腕のムダ毛を脱毛するときのやり方をご紹介します。

事前準備

自宅で家庭用脱毛器を使いお手入れをするときも、脱毛サロンと同じように事前処理をする必要があります。事前処理をしないと脱毛器のライトがしっかり毛根(毛母細胞)まで届きません。

また、ムダ毛の剃り残しがあると火傷するリスクもあるので注意が必要です。家庭用脱毛器の種類によって、使い方や出力が変わるので事前に取扱い説明書をよく読んでおくことも大切です。肌に脱毛器を当てる前に、必要な道具もしっかりと揃えておきます。

照射

家庭用脱毛器を使う準備ができたら、いよいよムダ毛にライトを当てていきます。はじめて家庭用脱毛器を使うときは、安全のために低い出力レベルからはじめるようにします。
はじめから強い出力のライトを当ててしまうと、肌に余計なダメージを与えてしまいます。

低い出力から試しに光を当ててみて痛くない範囲で出力を強くして脱毛器の光を当てていくのがおススメです。腕の脱毛の場合、ひじの周辺や腕の内側などはお手入れを忘れてしまうことがあるので注意が必要です。

アフターケア

家庭用脱毛器を使った場合でも、脱毛後は肌がダメージを受けており火照ったような状態になっています。肌を健康な状態に保つためにも、保冷剤などで脱毛箇所を冷やしたり、保湿して肌を守ったりする必要があります。

また、お湯に浸かると乾燥しやすくなるのでシャワーだけで済まし、肌の赤みがひどい場合は軟膏などを塗ります。もしはじめて家庭用脱毛器を使い、腫れがひどい場合は皮膚科などにご相談ください。

腕脱毛の完了までに必要な回数は?


腕は、人によってムダ毛の濃さがまちまちです。産毛程度の方もいれば、しっかり生えている方もいるので、脱毛完了までの回数にも個人差があります。目安としてサロンで脱毛する場合の回数を解説します。

自己処理が楽になるまでの回数

腕脱毛を開始してから、効果を実感できるのは6回目くらいからです。最初の数回はあまり効果を感じられないかもしれませんが、回数を重ねていくうちにだんだんと効果を実感できるはずなので、あせらなくても大丈夫です。 何度かお手入れを受けると毛の量が減ったり、毛が細くなったりして、自己処理の頻度も減ってきます。個人差はありますが、6~12回くらいのお手入れで自己処理が楽になったと感じる方が多いようです。

ほぼ生えなくなるまでの回数

腕のムダ毛がほとんど生えなくなるまで毛の量を減らすには、18回くらいのお手入れが必要です。脱毛方法にもよりますが、個人の毛周期に合わせて1~3カ月程度の期間を空けて通うのが一般的です。つまり18回のお手入れを終えるには、最低でも2年ほどの期間がかかります。毛の量や毛の密集度などによっては、10回程度で満足できる方もいれば、20回以上かかる方もいます。しかしサロン脱毛は通うごとに毛の量が減って、ツルツル肌に近づきます。あせらずに通うことが大切です。なお、ミュゼプラチナムでは毛周期に関わらずお手入れが可能な「S.S.C. iPS care 方式」を採用しており、2週間以上の間隔を空けてお手入れを行っています。

腕脱毛の流れ


ミュゼプラチナムには、「ヒジ上」、「ヒジ下」、「手の甲と指」の3部位があり、組み合わせてご利用いただけます。
それでは、実際の腕脱毛の流れをご案内します。
まずは事前準備としてご来店日の前日か当日に、腕全体(もしくは該当箇所)の毛を剃ってください。事前処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおすすめです。事前処理を忘れてしまうと、せっかくご来店いただいてもお手入れできませんので、ご注意ください。

お手入れ前の準備

前日もしくは当日にお手入れ箇所の毛を自己処理してください。
また、乾燥や肌荒れに注意してください。

  • 日に焼けやすい部位なので、日焼けには特にご注意ください。
  • ケガやあざ、タトゥーなどがある箇所はお手入れから除外されます。
事前処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおススメです。
処理を忘れてしまった場合、せっかくご来店いただいてもお手入れすることができませんので、ご注意ください。

お手入れ当日

1.専用のガウンまたはキャミソールに着替えてください。

2.スタッフがお手入れ箇所の肌をチェックいたします。小さなほくろやケガ、あざのある部分は専用のシールで保護し、大きい部分はペンで印を付けてお手入れ箇所からはずします。

  • サロンへお越しいただく際の服装は、どんなものでも構いません。
  • 以下のイメージはどのお手入れにも共通の流れですが、部位によっては一部変更することもあります。
肌のふき取りその日のコンディションをチェックしてお肌をふき取り。
トリートメントプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌ツルツル。
美容液塗布iPS細胞培養上清液※が配合されているので、美肌効果も期待できます。
ライトを当てるライトを照射して脱毛していきます。
  • ※専用美容液・ローションは無料です。追加料金を頂くことはありません。
  • ※ヒト(線維芽細胞/単核細胞)人工多能性細胞培養順化培養液(保湿成分)

所要時間は全体で約30分程度です。

お手入れ後のアフターケア

  • お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えてください。
  • お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。
  • 乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことができます。
  • 日焼けしないようにご注意ください。
  • お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、サロンへご相談ください。
POINT
お手入れ前の準備やアフターケア、ご注意いただきたい事項についての詳細はQ&A-お手入れ前・当日・お手入れ後についてからもご確認頂けます。

腕脱毛する際の注意


目立ちやすい腕のムダ毛を、キレイにお手入れできる腕脱毛。しかしまれに、腕脱毛で以下のような肌トラブルが起こることがあります。

1.やけど
ライトの強さや肌のコンディションによってやけどをする場合があります。

2.肌の乾燥
また人によっては、肌が乾燥しやすくなる場合があります。肌が乾燥してバリア機能が弱くなると、肌荒れや赤み、かゆみなどにつながることも。ミュゼプラチナムでは、肌の乾燥防止のため、お手入れ後のトリートメントで保湿をおこなっております。

3.硬毛化
またごくまれに、腕脱毛では「硬毛化」の症状が出るケースがあります。硬毛化の原因はまだはっきりしない部分が多いのですが、脱毛によって減っていくはずのムダ毛が、反対に濃く硬くなってしまうものです。

腕脱毛には、以上のようなリスクがあることを知っておきましょう。脱毛のリスクについて不安な点がある場合は、ぜひスタッフに相談してください。

脱毛料金

腕のムダ毛を脱毛してキレイな腕を手に入れよう!

露出が多くなる春・夏の季節で薄着をしたときに腕のムダ毛は目立ってしまうので、適切に自己処理をする必要があります。しかし、腕はムダ毛を自己処理する面積が広く、手間がかかりやすいです。頻繁に自己処理をすると肌を傷つけてしまうのも注意が必要なポイントです。

そこで、脱毛サロンで腕のムダ毛を脱毛すれば、ムダ毛のお手入れにかかる手間を減らし、腕をキレイに見せることができます。自宅でも家庭用脱毛器を使うことで脱毛できますが、出力が弱いため効果を実感するまでに時間がかかります。

脱毛サロンで脱毛すれば安全でありキレイに仕上がるのでおすすめです。夏の時期などで腕を出す機会が多くなり、ムダ毛が気になる方は是非脱毛してキレイにしてみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。