気になる部位別!脱毛の疑問に答えます

脱毛と言っても、どこまで脱毛できるのか、どんな施術をするのか、気になることは多いと思います。
ここではいろいろな部位の脱毛について、分かりやすくご案内します。

空席確認・予約する

ハイジニーナ(VIO)脱毛の特徴とは?メリットや効果を解説!

デリケートゾーンの脱毛を、「ハイジニーナ脱毛」あるいは「VIO脱毛」といいます。数年前までは一部の美容関係者のみが使う用語でしたが、海外セレブのほか、日本でも女優やモデルが「ハイジニーナ(VIO)脱毛」を受けているとコメントしたことから、一般にも認知が広まってきています。いまやデリケートゾーンは、脇や脚とともに、お手入れを欠かすことのできない部位となっています。

「ハイジニーナ」は、「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」から造られた造語です。「見えないところだから…」と、どうしても後回しになりがちなデリケートゾーンですが、実は蒸れやすく不衛生になりやすい部位。アンダーヘアをなくすことで、清潔さを保てることから、こう呼ばれています。

一般的に、「ハイジニーナ脱毛」とは、アンダーヘアをすべて脱毛処理することを指します。つまり、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(ヒップ奥)のすべての部位において、毛がまったくない状態にすることです。

Vライン(ビキニライン)

Vライン(ビキニライン)

Vラインとは、デリケートゾーンの両サイド、つまり両足の付け根あたりの部位のこと。

Vライン脱毛とは?
Iライン

Iライン

Iラインとは、Vラインのさらに奥、陰部の両サイドあたりの部位のこと。デリケートゾーンの中でもムレやすい箇所。

Iラインの処理ってどうしてる?
Oライン

Oライン

Oラインとは、粘膜を除いた肛門周りの部位のこと。自分では処理しにくい箇所。

Oラインの脱毛は必要?

しかし、ミュゼプラチナムでは一部分にだけ薄く毛を残すことはもちろん、エリアの形を整えたり、毛を細くしたり、薄くしたりといった微調整も可能です。自分好みのデザインに整えることができるので、カウンセリングで相談してみましょう。

ハイジニーナ脱毛 3つのメリット

デリケートゾーンを衛生的に保つ

「ハイジニーナ脱毛」を行う最大のメリットは、なんといってもデリケートゾーンの衛生面にあります。ムレの原因となるムダ毛をなくすことで、下着の中の通気性がアップし、デリケートゾーンを雑菌の繁殖から守ることができます。また、生理の際のにおいやかゆみといった不快感も、ムダ毛による蒸れが原因といわれており、ハイジニーナ脱毛をすることで生理中の不快感を緩和することができます。

いろいろなファッションを楽しめる

アンダーヘアを整えることで、下着や水着の選択肢が広がり、ファッションを自由に楽しむことができます。Tバックやタンガなど、デザイン性の高い下着を気軽に身につけたり、水着を着るときにもムダ毛のはみ出しを気にせず、好きなものを選ぶことができます。

自己処理による肌トラブルの解消

アンダーヘアの自己処理が不要になるというのも大きなメリットです。デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感なので、カミソリや脱毛クリームなどで自己処理を行う場合、黒ずみや埋没毛、肌荒れといったトラブルが発生することもあります。さらに、目の届かない死角も多く、無理な自己処理で肌を傷つけてしまいがちです。その点、プロによるハイジニーナ脱毛なら、安全に理想のデリケートゾーンを手に入れることができます。

各部位ごとのメリットを詳しく紹介!

VIOはデリケートゾーンを3つに分けた部位であり、それぞれ脱毛するメリットが変わってきます。3つをセットで脱毛する方は多いですが、自分の好みやメリットに合わせて脱毛する場所を決めても良いでしょう。
ここからはVIOの各部位ごとのメリットをご紹介します。

Vライン脱毛の特徴とメリット

Vラインとは「ビキニライン」とも呼ばれる場所で、デリケートゾーンの両サイド、ちょうどショーツで隠れる部位のことです。デリケートゾーンの中でも毛の量が多いため、ムダ毛処理の手間がかかりやすいのが特徴です。

カミソリなどで自己処理を行うと肌にダメージを与える可能性が高く、処理に時間がかかりやすいでしょう。Vラインを脱毛すれば、自己処理の手間が省けスッキリ整えやすくなります。ムダ毛がなくなることで、ムレにくくなり清潔さを保ちやすくなるでしょう。

自己処理だとVラインの毛の量を調整しにくいデメリットもありますが、サロンで脱毛すれば理想の濃さに調整しやすいです。

Iライン脱毛の特徴とメリット

IラインはVラインの奥側にあり、陰部の両サイドの部位のことです。下着や水着を履いたときに、最もムダ毛が気になる場所でもあります。Iラインは鏡を使わないと見えにくく、カミソリなどの自己処理が難しいです。

デリケートな局部を誤って傷つけてしまうリスクもあるので、自己処理の難易度は非常に高いといえるでしょう。さらに、ムダ毛が多いと生理中の経血や排泄物が毛に付着しやすく衛生的にもサロンでのお手入れがおすすめです。
サロンで脱毛すれば、プロの手を借りるので安全にムダ毛を処理できるだけでなく、局部を清潔に保ちやすくなります。

Oライン脱毛の特徴とメリット

Oラインはお尻(肛門周辺)のことで、自分では手が届きにくい場所で自己処理が難しいのが特徴です。Iラインと同様に肌を傷つけやすいため、手間に感じやすい場所でもあります。ムダ毛が多いと排泄物が付着しやすく不衛生になりやすいでしょう。

サロンで脱毛すれば、お尻の周辺のムダ毛をスッキリさせることができ清潔さを保ちやすくなります。他にもTバックなどの布面積が小さい下着・水着を着るときでも、ムダ毛を気にすることなく快適に過ごせます。

空席確認・予約する

VIO脱毛の人気の形は?目的別のおすすめデザイン

VIO脱毛を行う前に、どんな形に整えたいのかを考えておく必要があります。シーンや目的に応じて、VIO脱毛の適切な形が異なるからです。さっそく、VIO脱毛の人気の形を目的別にご紹介します。

①ハイジニーナ

ハイジニーナとは、VIOのムダ毛を全て脱毛する形のことです。脱毛してしまえば、ムダ毛がなくなるので自己処理の手間がなくなり、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。今までムダ毛やデリケートゾーンの肌トラブルに悩んでいた方であれば、お悩みの解決に繋がります。ただし、温泉などで裸になるときに恥ずかしさを感じてしまう方もいます。他にもハイジニーナが苦手という男性もいるので、パートナーがいるときは事前に相談するのがベターです。

②逆三角形

逆三角形は「ナチュラル」とも呼ばれ、Vラインに沿って形を整えます。自然な形に整えられており、万人に好かれるVIOの形ともいえます。アンダーヘアの面積を小さくすれば、ムダ毛処理の手間も大幅に減るので、快適に生活しやすくなります。自然なスタイルですが清潔感があるので、ハイジニーナなどに抵抗がある方でも実施しやすいでしょう。

③スクエア

スクエアとは、VIOゾーンのムダ毛を四角形に整えている状態のこと。VIOゾーンに残すムダ毛の範囲が比較的狭く、シンプルなデザインが特徴的です。ムダ毛によって蒸れにくく、通気性が良い点がメリットです。スクエアにもさまざまな種類があり、大きさや形などを自分好みに合わせやすいのも大きな魅力でしょう。仕上がりがスタイリッシュであり、ナチュラルな見た目にすることもできます。

④オーバル

オーバルとは、VIOゾーンのムダ毛を細長い楕円形に整えている状態のこと。ハイジニーナや逆三角形などと比べると、オーバルに整えている人は少数派。しかし、シンプルかつ上品な印象を与えるデザインで、清潔感を保つことができます。VIOゾーンの横幅が狭くなるため、面積が狭い水着も自由に着こなすことが可能です。毛の量を調整することで、ナチュラルな仕上がりにしたり可愛らしい雰囲気にしたりできます。

⑤Iライン

Iラインは、Vラインのに生えているムダ毛を幅を狭く整えている状態のこと。ハイジニーナに近く、ほとんどVIOゾーンのムダ毛がない点が特徴的です。そのため、通気性がよく、面積が小さい水着や下着も着こなすことができます。ちょっとおしゃれにしたいときにおすすめで、海外でも人気があるデザインです。

VIO脱毛のよくある質問

VIO脱毛するときは、脱毛に関する疑問や不安、お悩みについて知っておくと、さらに安心感があります。ここからはVIO脱毛に関するお悩みについてご紹介します。

VIO脱毛は痛みを感じる?

VIOは脱毛の中でも一番痛みが強くでやすい部位です。サロンの脱毛ではムダ毛の毛根にライトを当てることで、ムダ毛を生えにくくする仕組みです。このライトの多くは毛の黒いメラニン色素に反応し、メラニン色素がライトに反応したときに熱を発することで痛みを感じることがあります。

VIOは身体の中でも皮膚が薄く、神経・血管が集中しているだけでなく、ムダ毛が太く密集しているため痛みを感じやすいです。サロンによって出力を調整したり、クリニックの場合麻酔を使えるところもあるので、予約をするときに相談するのがおすすめです。

VIO脱毛が完了までの回数・期間は?

VIO脱毛が完了まではおよそ18~24回分の施術が必要だと考えておくと良いでしょう。毛周期に合わせて脱毛するため、1~3カ月に1回程度で完了するまで3年近くかかる場合もあります。

脱毛が完了するまでには長い期間がかかりますが、4回~6回ほどで効果を実感でき、ムダ毛処理の手間が減ってきます。

生理中でもVIO脱毛はできる?

基本的にどのサロンでも衛生面を考慮して脱毛を実施していないケースが多いです。特にIラインの脱毛は、経血などがベッドに付きやすく感染症のリスクが高くなります。

他にも生理中はホルモンバランスが崩れるため、肌が普段よりも敏感になり痛みを感じやすいため、おすすめしていません。痛みを感じるだけでなく、炎症が起きるなど肌トラブルが発生しやすくデメリットが多いです。

予約をしているのに生理が来たときは、早めにサロンへ連絡するようにしましょう。

お手入れの流れ

お手入れ前の準備

ご契約時に、事前処理用の「Vラインプレート」と説明書をお渡しいたします。こちらを参考に、脱毛の前日または当日、お手入れ箇所(Vライン・Iライン)の毛を「ご希望の形」に処理しておいてください。(例:逆三角形、細め逆三角形、I型、逆タマゴ型、全処理、スクエア型)
また、日焼けや乾燥・肌荒れに注意してください。

  • ご自身で手の届かない「ヒップ奥」の事前処理は必要ありません。
  • 詳しいやり方など、ご不明点はご契約時にお気軽にご相談ください。
  • ケガやあざ、タトゥなどがある箇所はお手入れから除外されます。
デリケートな部分ですので、全体をハサミで短くカットしたあとは肌を傷つけない電気シェーバーでの処理がおススメです。事前処理を忘れてしまった場合、せっかくご来店いただいてもお手入れができなくなってしまいますので、ご注意ください。

お手入れ当日

専用のガウンと紙のショーツに着替えてお手入れスタートです。

  • サロンへお越しいただく際の服装は、どんなものでも構いません。
  • 以下のイメージはどのお手入れにも共通の流れですが、
    部位によっては一部変更することもあります。
肌状態チェックその日のコンディションをチェックします。
ジェルを塗布専用ジェルで準備OK
クールダウン(冷却)照射後もしっかりケア。
トリートメントプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌ツルツル。

所要時間はVIOのそれぞれの部位で約20~25分、ハイジニーナ全体で45分程度です。

お手入れ後のアフターケア

お手入れ後の肌はとても敏感になっているため、ショーツや衣服のこすれ・摩擦にご注意ください。気になる場合は掻いたりこすったりせず、冷たいタオルなどで冷やしていただくことをおススメします。

  • お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えてください。
  • お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。
  • 乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことができます。
  • お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、サロンへご相談ください。
POINT
お手入れ前の準備やアフターケア、ご注意いただきたい事項についての詳細はQ&A-お手入れ前・当日・お手入れ後についてからもご確認頂けます。
空席確認・予約する

VIO脱毛を実施して、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう!

VIO脱毛はデリケートゾーンのムダ毛を脱毛する大掛かりなものですが、その分メリットも多いです。脱毛後は清潔さを保ちやすく、ムダ毛の処理の手間も少なくなるので、ムダ毛のお悩みから解放されるでしょう。

全ての脱毛が完了するまでは長い年月がかかりますが、半年から1年ほどで脱毛の効果は実感でき、ムダ毛処理の手間は減ってきます。ムダ毛が減ってくれば肌トラブルを予防できるでしょう。VIO脱毛してデリケートゾーンを清潔にし、快適に過ごしてみてください。

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。