気になる部位別!脱毛の疑問に答えます

脱毛と言っても、どこまで脱毛できるのか、どんな施術をするのか、気になることは多いと思います。
ここではいろいろな部位の脱毛について、分かりやすくご案内します。

ヒザ上・ヒザ下脱毛とは ~効果やメリットなど~

一般的に、「脚の付け根から膝の上まで」を脱毛するのが「ヒザ上脱毛」、「膝から足首(くるぶしの下)まで」を脱毛するのが「ヒザ下脱毛」と呼ばれ、サロンによっては脚の表面だけのところもあれば裏面へのお手入れを含むところもあります。

脚は露出する機会も多いため、ムダ毛に悩んでいる方も多い部位です。加えて範囲が広いため、剃り残しのムダ毛に気づかず、周りの人に見られていることも……。スカートやショートパンツを穿く際に露出しがちなヒザ下はもちろん、スカートの裾からチラリと見えるヒザ下やヒザ上の部分も美しく保ちたいなら、サロンでの美容脱毛をおすすめします。

ヒザ上・ヒザ下脱毛の効果

ヒザ上やヒザ下の脱毛で得られる効果は、足のムダ毛を処理し忘れたり自己処理から解放されたりすることだけではありません。 自己処理し続けることによって引き起こす肌トラブルを回避し、美しい肌への第一歩となります。 カミソリや毛抜きなどの自己処理は、肌にダメージを与えて炎症を起こすことも少なくありません。 しかし、脱毛すれば自己処理の回数が減ったり必要なくなったりするため、肌は本来の美しさを取り戻すかもしれません。 自己処理が不要になれば、今まで自己処理に費やしてきた時間を他のことにあてることもできます。 足のマッサージや入念な肌ケアを行う時間を確保することができれば、美脚を手に入れることもできます。 ムダ毛に神経をすり減らすことなく思う存分ファッションを楽しめ、ジムなどで着替えるときでも人目を気にしなくていいのでストレスなく着替えられること間違いなしです。

ヒザ上・ヒザ下脱毛のメリット

忙しい朝や深夜のムダ毛処理から解放!

脚は範囲が広く、ムダ毛の処理にも時間がかかる部位です。特に脚全体やふくらはぎ、足首を露出する機会の多い季節は、連日の自己処理で肌がガサガサになってしまうこともあります。外泊時にカミソリを持参するのも面倒です。このように時間と手間がかかるムダ毛処理も、脱毛によって解決することができます。

素足に自信!大胆なファッションに挑戦できる

「脚見せファッションに挑戦したいけれど、ムダ毛の剃り残しが気になる……」、「ミニスカートを穿きたいけれど、カミソリ負けが残っている……」。「素足を出すのに勇気がいる……」そんなお悩みがある方にも、ヒザ上・ヒザ下脱毛がおすすめです。

脱毛サロンならプロの目でチェックしてもらえるため、処理漏れの心配もありません。また、ミュゼなら肌に優しいS.S.C.脱毛でお手入れし、独自開発の保湿ローションによるアフターケアをしっかり行うので、つるスベの脚をキープでき、ミニスカートやショートパンツも気軽に穿けるようになります。

自己処理や医療脱毛との違いは?

脱毛サロンでの脱毛は、自己処理や医療脱毛とどう違うのか説明します。脱毛サロンはサロンでの光脱毛、自己処理は自分でムダ毛の処理をすること、医療脱毛は医療脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛です。それぞれどういった違いがあるのか、詳しく解説していきます。

自己処理

自己処理は、家庭でさまざまな道具を使って自分でムダ毛処理をすることです。 一般的な自己処理の道具は、カミソリや電気シェーバー、除毛クリーム、家庭用脱毛器などがあります。 自分の好きな時間に手軽にムダ毛の処理ができ、サロン脱毛や医療脱毛ほどお金がかからないのが自己処理の大きなメリットです。 しかし、自己処理は肌に負担をかけてしまうものがほとんどで、炎症や色素沈着などを引き起こして見た目にも汚くなってしまうこともあります。 せっかくムダ毛がなくなっても出来物などで見た目が良くなければ、ショートパンツやミニスカートなどの露出が多いファッションを楽しむことはできません。 脱毛サロンと同じような効果を得られる自己処理の方法として、最近では家庭用脱毛器が注目を集めています。 自宅にいながら脱毛ができるので、忙しいなかスケジュール調整を必要とするサロン予約の争奪戦に参加する必要もなく、最近では大手の脱毛サロンが手掛けている家庭用脱毛器もあります。 使い方を間違えば火傷などのリスクもあり、手の届きにくい部位の処理が難しいなどのデメリットもあります。

脱毛サロン

脱毛サロンは、主に光脱毛機を用いてエステティシャンが施術してくれます。ライトを肌にあてて毛の組織にダメージを与える方法で、複数回の施術を重ねることによって毛を生えにくくします。 自己処理の回数が減ったりいらなくなったりするため、自己処理によって引き起こされていた肌へのダメージを軽減します。 毛が減るだけでなく肌への負担も抑えられるため、自己処理よりも肌をキレイに保てます。サロンによっては高い美肌効果が得られるジェルやライトを使用しているため、さらに肌を美しくすることも可能です。 ただし、医療脱毛よりも脱毛機のパワーが低いため、永久脱毛はできないとされ、脱毛効果が緩やかに現れると言われています。 その分、施術中の痛みはほとんどなく、肌にも優しい脱毛方法です。 脱毛サロンは医療機関ではないのでドクターはいませんが、特定の医療機関と提携している脱毛サロンが多くなってきました。 脱毛施術で万が一肌トラブルが起こっても、提携先の医療機関に行けばすぐ対応してもらえるので安心です。

医療脱毛

医療脱毛は、医療脱毛クリニックで提供している医療レーザー脱毛のことです。 毛のメラニン色素に反応するレーザーを使用し、毛根を破壊して脱毛効果を得ます。 脱毛サロンよりも脱毛機のパワーが強く、永久脱毛も可能と言われている脱毛方法です。 脱毛効果を実感できるのも脱毛サロンよりも早いとされ、脱毛サロンで必要な施術回数の1/2で結果が得られることもあります。 施術を重ねていけばムダ毛ゼロの状態にまで持っていくことも夢ではありません。 しかし、脱毛機のパワーが強い分、施術中に痛みを伴いやすいのが医療脱毛のデメリットです。 特に脇やVIOなど毛が太くしっかりしたところは強い痛みを伴うこともあり、麻酔を提供しているクリニックもあります。 肌への負担も脱毛サロンより大きくなりますが、常にドクターが在籍している医療機関なので、万が一の際は早急に対応してもらえます。

お手入れの流れ

お手入れ前の準備

前日もしくは当日にお手入れ箇所の毛を自己処理してください。また、日焼けや乾燥・肌荒れに注意してください。

  • ケガやあざ、タトゥなどがある箇所はお手入れから除外されます。
事前処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおすすめです。
処理を忘れてしまった場合、せっかくご来店いただいてもお手入れすることができませんので、ご注意ください。

お手入れ当日

1.専用のガウンに着替えます。なお、ヒザ上もしくはヒザ下だけのお手入れなら、下半身だけのお着替えでも構いません。

2.スタッフがお手入れ箇所の肌をチェックします。小さなほくろやケガ、あざのある部分は専用のシールで保護し、大きい部分はペンで印を付けてお手入れ箇所から除外します。同時に、拭き取りとムダ毛の剃り残しチェックも行います。

  • サロンへお越しいただく際の服装は、どんなものでも構いません。
  • 以下のイメージはどのお手入れにも共通の流れですが、
    部位によって異なることがあります。
肌状態チェックその日のコンディションをチェックします。
ジェルを塗布専用ジェルで準備OK
クールダウン(冷却)照射後もしっかりケア。
トリートメントプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌ツルツル。

所要時間は、ヒザ上・ヒザ下全体で約35分程度です。

お手入れ後のアフターケア

お手入れ直後は、ストッキングや下着によるこすれ・摩擦にご注意ください。

  • お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えてください。
  • お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。
  • 乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことができます。
  • お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、サロンへご相談ください。
POINT
お手入れ前の準備やアフターケア、ご注意いただきたい事項についての詳細はQ&A-お手入れ前・当日・お手入れ後についてからもご確認頂けます。

お客様の声

  • いつでも素足が出せるようになって嬉しい!

  • 毛穴の凹凸がなくなって脚全体の肌触りがびっくりするほど良くなりました。素足に自信が持てるようになりました。

  • 脚の自己処理は範囲が広くて大変だし、剃り残しや生えはじめの毛がないかヒヤヒヤでした。今はそれがなくなって気分的にも本当に楽!

ヒザ上・ヒザ下脱毛でよくある質問

どのくらいの回数・期間で効果を感じられる?

必要な施術回数や期間は人によってさまざまですが、ヒザ上やヒザ下の毛は脇やVIOのように太い毛が密集しているわけではありません。 そのため、脇やVIOよりも少ない回数や期間で効果を実感できることがほとんとです。 具体的には、3~6回で毛が減ってきたことを実感でき、7~10回で自己処理の頻度が減り、12回以上でほぼ毛が目立たなくなると言われています。 従来では2~3カ月に1回のペースで通い、2年ほどの期間を要することが一般的でした。 しかし、最近では2週間に1回ペースで通える脱毛サロンもあり、1年以内に卒業できるプランを提供しているサロンもあります。

施術はどのくらいの周期で受ければいい?

以前は、毛周期に合わせて2~3カ月に1回の施術を推奨している脱毛サロンがたくさんありました。しかし、現在は脱毛サロンによって施術間隔に違いがあり、2~3週間に1回脱毛できるところもあれば1~2ヵ月に1回のところもあります。 採用している脱毛機の種類が違ったり、各サロンのプランやルールがさまざまだったりするためです。 また、施術を重ねて毛が減ってきたり毛の成長が遅くなったりすると、施術間隔をさらに空けて通うことになります。 どのくらいの周期で通えばいいかはその都度スタッフさんが案内してくれるので、それに従って通うと効果的です。 忙しくてなかなか時間が取れなくても、たくさん間隔を空けたからと言って脱毛効果が薄れることはありません。完了までの期間は伸びますが、脱毛効果は施術回数と比例して現れることが期待できるため、焦らずに無理なく通ってください。

自宅でのセルフ脱毛でもきちんと脱毛できる?

家庭用脱毛器の普及により、自宅でセルフ脱毛を行う方が増えてきました。 特にヒザ上やヒザ下は自分でも手が届きやすく、照射漏れなども起こりにくい部位です。脱毛サロンよりも安く脱毛できる家庭用脱毛器でセルフ脱毛する方はたくさんいます。 家庭用脱毛器でも、正しく使用すればサロンと同じくらいの脱毛効果が得られると言われています。 しかし、脱毛サロンで使用する業務用脱毛機よりもパワーは劣るので、脱毛効果は脱毛サロンでの施術よりも遅く感じるかもしれません。 脱毛効果を得るためには、根気よく使い続けることがポイントです。 焦るあまりに使用頻度を誤ってしまうと、火傷や炎症などの肌トラブルに繋がってしまうので注意してください。

施術中の痛みはどれくらい?

痛みの感じ方には個人差がありますが、ヒザ下やヒザ上はあまり痛みを感じないと言われています。 ヒザ下の脛部分は骨が近いため、人によっては施術中に痛みを覚えるかもしれません。 しかし、脱毛サロンは痛みが少ない光脱毛を提供しているサロンがほとんどなので、我慢できないほどの痛みを感じることはほぼありません。 施術中に痛みが出やすいのは脇やVIOといった太くて毛根が深い毛で、ヒザ下やヒザ上にそのような毛が生えることはあまりありません。 脱毛サロンでヒザ下やヒザ上を脱毛する場合は、痛みについて心配する必要はないと考えておいて大丈夫です。

脱毛料金

ミュゼプラチナムのヒザ上・ヒザ下脱毛は、他の部位と組み合わせてご利用いただけます。各コースの料金は≪フリーセレクト美容脱毛コース≫(※ヒザ上・ヒザ下脱毛を含む)からご確認ください。

箇所・回数を自由に選べるプラン「フリーセレクト美容脱毛コース」をチェック

ヒザ上・ヒザ下のお手入れをすると、脚に自信が持てるようになるので、おしゃれの幅もぐんと広がります。素足を出すことが不安でパンツ派だったという方も、キレイになった脚でスカートや短パンに挑戦してみてくださいね!

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。