気になる部位別!脱毛の疑問に答えます

脱毛と言っても、どこまで脱毛できるのか、どんな施術をするのか、気になることは多いと思います。
ここではいろいろな部位の脱毛について、分かりやすくご案内します。

襟足・うなじ脱毛とは?効果やメリット、おすすめの襟足の形などを紹介!

つい見逃しがちな襟足(うなじ)・首のムダ毛ですが、電車内やエレベーターの中など、他人との距離がぐっと近づくときに目につきやすい部位でもあります。とくに髪をアップにするときなど目立ちやすいので、実は意外とお手入れを欠かせない部位なのです。

襟足(うなじ)・首は、自分では直接見られないので、自己処理が難しい部位でもあります。鏡を覗きながらでは肌を傷つけてしまう危険が大きいので、安全にお手入れするなら脱毛サロンがおすすめです。技術と経験を持ったスタッフに任せて、安心にキレイな襟足(うなじ)・首を手に入れましょう。

襟足(うなじ)・首脱毛3つのメリット

襟足(うなじ)・首の脱毛にはさまざまなメリットがあります。メリットを押さえておけば自分の好みに合わせた脱毛を行えます。
ここからは襟足(うなじ)・首の脱毛のメリットをご紹介します。

色々なヘアスタイルやファッションに挑戦できる

襟足(うなじ)・首のムダ毛を脱毛すると、今までできなかったヘアスタイルなどを試しやすくなります。襟足(うなじ)・首のムダ毛が気になってしまうと、アップスタイルやショートカットなどの首筋が見えるヘアスタイルを敬遠しがち。

また、襟足(うなじ)・首は鏡を使っても見えにくく、自分では自己処理が難しい場所です。髪の毛で隠れているのであまりお手入れをしない方も多いです。そこで、ムダ毛を除き、自信を持っていろいろなヘアスタイルにチャレンジしたい人には、襟足(うなじ)・首脱毛がおすすめです。

また、着物や浴衣、うなじの見える服を着たい人なら、後姿を気にせずキレイに着こなすためにも、襟足(うなじ)・首脱毛は必須の身だしなみと言えるでしょう。

美しい襟足(うなじ)・首を手に入れる

襟足(うなじ)・首のムダ毛は、どこまでお手入れするのか、判断が難しい部位です。「なんとなくこのくらい……」という考えで自己処理すると、残しておくべき髪の部分までシェービングしてしまったり、逆に処理するべき毛が残ってしまったりすることも。
襟足(うなじ)・首は意外と注目されやすい場所なので、ムダ毛をしっかりお手入れしておくことで周囲に与える印象は良くなります。そのため、できるだけ襟足(うなじ)・首は小まめにお手入れをした方が良いです。
生え際の微妙なラインの調整や、左右対称の美しいデザインをつくりたいなら、サロンのプロの手でお手入れするのがよいでしょう。またサロン脱毛ではお手入れ後のスキンケアも行うため、デリケートな襟足(うなじ)・首の肌をいたわりながらケアすることができます。

首回りがすっきりして見える

うなじのムダ毛を脱毛することで、首がほっそり長く見えるというメリットも挙げられます。ボサついているうなじよりも、長さが整えられているうなじの方が首回りをすっきりと見せることができます。

また、首回りがすっきりして見えるようになると、アップヘアスタイルが映えるようになります。浴衣を着たときのまとめ髪や、日常生活でのポニーテールやお団子など、首を思い切り露出するアップヘアスタイルも似合うようになります。

さまざまなヘアスタイルを楽しめるだけでなく、首回りの太さが気になる方におすすめです。夏の時期など髪を上げる機会が多くなるときや、さわやかな印象を与えたいときにぴったりです。

襟足(うなじ)・首脱毛に失敗しないためには?


メリットが多く挙げられる襟足(うなじ)・首脱毛。せっかく行うのであれば、あらかじめ失敗しないようにポイントを押さえておきたいところ。続いて、襟足(うなじ)・首脱毛を行うときに、失敗しないための確認ポイントについてご紹介します。

①脱毛可能な範囲を確認する

脱毛サロンでは、髪の毛は脱毛することができません。また、脱毛サロンによって、脱毛可能な範囲が異なる点に注意が必要です。

例えば、あなたが想定している襟足(うなじ)・首の範囲と、脱毛サロン側が提供できる襟足(うなじ)・首の範囲が異なっていた場合、しっかりと相談できたつもりでも、脱毛してみれば「想定と全然違う」なんて残念な結果に。

また、一度脱毛を行ってしまうと、元通りに戻すことが難しくなるため、脱毛前にどこからどこまで脱毛できるのか、実際に脱毛を行うのかについて擦り合わせておきましょう。

②カウンセリング時に希望の形を伝えておく

2つ目の確認ポイントは、カウンセリング時に希望の形を伝えておくこと。

襟足(うなじ)・首と一言で表しても、実はW型、MW型、U型、直線型などさまざまな形が存在します。先述した通り、一度脱毛を始めてしまうと、脱毛前の襟足(うなじ)・首には戻しづらくなるため、脱毛前にチェックしておきましょう。

③うなじだけが浮かないように注意する

うなじは顔の生え際に生えているムダ毛の一種です。そのため、もし処理の範囲を誤ってしまうと、まるでカツラを被っているような違和感のある頭に。

できるだけ自然になるように脱毛サロンのスタッフと相談をしたり、襟足(うなじ)・首の近くにある首や背中も合わせて脱毛を行うことで、うなじだけが浮かないようにしたりすることで、よりナチュラルな首元に仕上げることが可能です。

おすすめの襟足の形は?綺麗なうなじとは


襟足(うなじ)・首脱毛を始める前に、あらかじめ決めておきたいのが襟足(うなじ)・首の形。実は、うなじといってもさまざまなデザインが存在します。自分がどのような襟足(うなじ)・首に仕上げたいのかを考え、カウンセリングの時にきちんと伝えておきましょう。

①W型

1つ目の形は、W型。

アルファベットの「W」の形をした襟足(うなじ)・首。一般的に、日本人女性はW型の襟足(うなじ)・首に整えているケースが多いです。自然な襟足(うなじ)・首に整えたい人におすすめです。

②MW型

2つ目の形は、MW型。

アルファベットの「MW」型に整えた襟足(うなじ)・首。シャープですっきりとした印象を与えるデザインです。大人っぽさや色っぽさを引き出したい人におすすめです。

③U型

3つ目の形は、U型。

アルファベットの「U」型に整えた襟足(うなじ)・首。大きくラウンドしているデザインで、柔らかさや親しみやすい印象を与えるデザインです。優しげな雰囲気に仕上げたい人におすすめです。

④直線型

4つ目の形は、直線型。

名前の通り、直線に整えた襟足(うなじ)・首。きっちりとした中性的な印象を与えるデザインです。ボーイッシュな雰囲気や、シンプルに仕上げたい人におすすめです。

襟足のセルフ処理と美容脱毛専門サロンとの違い


襟足(うなじ)・首の自己処理と、美容脱毛専門サロンで襟足(うなじ)・首脱毛を行った場合、どのような違いがあるのでしょうか?

ムダ毛処理にかかる費用や手間

1つ目の違いは、ムダ毛処理にかかる費用や手間。

襟足(うなじ)・首をセルフ脱毛すると、必要なものはカミソリや電気シェーバーなどの自己処理アイテムのみ。約数千円あれば十分足ります。

一方、美容脱毛専門サロンで襟足(うなじ)・首脱毛を行うと、数万円の費用がかかります。

ただ、手間という面で見ると、セルフ脱毛よりも美容脱毛専門サロンで脱毛を受ける方がかからずに済みます。

目で確認しながらお手入れできるかどうか

2つ目の違いは、目で確認しながらお手入れできるかどうか。

襟足(うなじ)・首をセルフ脱毛しようとすると、直接自分の目で確認しながらお手入れを行うことができません。そのため、どのようにお手入れできているのかどうかの判断ができず、キレイな襟足(うなじ)・首に仕上げることは難しいです。

一方、美容脱毛専門サロンでの脱毛なら、第三者であるエステティシャンが直接自身の目で確認をしながらムダ毛処理を行ってくれます。そのため、確実にキレイに仕上げることが可能です。

自己処理よりもサロン脱毛の方がおすすめ

襟足(うなじ)・首のムダ毛を自己処理すると目で見えなかったり、手が届かなかったりするため、お手入れの方法によっては肌を傷つけてしまう可能性があります。そのため、襟足(うなじ)・首のお手入れをするときは、脱毛サロンを利用するのがおすすめです。

脱毛サロンを利用すれば、安全なだけでなくうなじ・首回りのムダ毛をキレイにお手入れできます。さらに、自分の好みに合った襟足の形にすることも可能です。

脱毛サロンを利用することにメリットを感じた方は、試しに利用してみてください。ただし、脱毛サロンによってお手入れの内容が異なるので、利用前にいくつかのポイントを確認することが大切です。ここからは脱毛サロンを利用するときに確認しておきたいポイントを紹介します。

脱毛範囲を確認しておこう

サロンによって「襟足」と「うなじ」の場所が異なるケースがあります。うなじと襟足を同じだと考えている方は少なくないため、事前に確認しておくのがおすすめです。

・襟足:首の後ろ・髪の生え際の部分。ムダ毛は髪の毛と同じ太さなので、サロンによっては対応していないことがある。

・うなじ:襟足から首・背中に続く部分。襟足のムダ毛よりも毛が細く短いのが特徴。

希望の形を決めておこう

先程の通り、襟足(うなじ)・首の脱毛にはいくつかの形があります。先にどのような種類の形があるか把握しておき、希望の形を決めておくことでスムーズに脱毛できます。

ただし、襟足(うなじ)・首の形もサロンによって、微妙に異なる場合があるのでお手入れ前にどのような仕上がりになるか確認することが大切です。

また、うなじの毛を腕・脚の脱毛のようにツルツルにしてしまうと、不自然になってしまうこともあるので事前に相談するのがおすすめです。

襟足・うなじの脱毛でよくある質問

襟足やうなじのムダ毛を脱毛するときは、「よくある質問」を参考にすると、脱毛の不安を解消しやすくなります。不安を解消すれば脱毛をより前向きに考えられます。
ここからは、襟足・うなじの脱毛でよくある質問とその回答をご紹介します。

襟足・うなじの脱毛は痛い?

脱毛に伴う痛みがどれくらいなのか気になる方は多いです。実際に、脱毛する部位によって痛みの強弱は変わってきます。一般的に、襟足やうなじに生えている毛は薄く細いので、レーザーやライトが強く反応しないことから強い痛みを感じにくいといわれています。

ただし、毛深い方やムダ毛が濃く太い方の場合は大きな痛みを感じてしまう可能性があります。他にも痛みを感じやすい方の場合は、強い反応が出てしまうことも多いです。
痛みが強い場合は、しっかりと冷やすことで痛みを軽減できるので、お手入れの際にスタッフへ痛みを感じやすい旨を伝えるのがおすすめです。

襟足・うなじの脱毛の効果が出るまでの回数は?

襟足・うなじの脱毛の効果が出るまでは、毛の量やムダ毛の濃さなどによって変わりますが、少なくとも5回~6回ほどかかるケースが多いです。

襟足・うなじのムダ毛は薄く細いため、ライトがあまり強く反応しない分、効果を実感するのに時間がかかる傾向にあります。また、襟足・うなじのムダ毛は量も多いことから、1回~2回のお手入れでは効果が実感しにくいのです。

お手入れ前の自己処理は必要?

基本的に、脱毛を受ける部位は事前に自己処理をします。しかし、襟足やうなじの場合、ムダ毛を目視しにくく手も届きにくいため、自分でお手入れをしようとすると失敗してしまうリスクが大きいです。

カミソリなどを使った自己処理だと、誤って肌を傷つけてしまったり、上手くムダ毛を剃れなかったりします。サロンによって自己処理の必要かどうかは変わってくるので、事前に確認を取るのがおすすめです。ミュゼでは襟足など手の届きにくい箇所のシェービングをサロンでお手伝いいたします。お手入れでご来店の際には無理のない範囲で自己処理を行ってください。

お手入れの流れ

お手入れ前の準備

前日もしくは当日にお手入れ箇所の毛を自己処理してください。
また、乾燥や肌荒れに注意してください。

  • 日に焼けやすい部位なので、日焼けには特にご注意ください。
  • ケガやあざ、タトゥーなどがある箇所はお手入れから除外されます。
事前処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおススメです。
処理を忘れてしまった場合、せっかくご来店いただいてもお手入れすることができませんので、ご注意ください。

お手入れ当日

1.専用のガウンまたはキャミソールに着替えてください。

2.スタッフがお手入れ箇所の肌をチェックいたします。小さなほくろやケガ、あざのある部分は専用のシールで保護し、大きい部分はペンで印を付けてお手入れ箇所からはずします。また、拭き取りは冷たいタオルで行います。

  • サロンへお越しいただく際の服装は、どんなものでも構いません。
  • 以下のイメージはどのお手入れにも共通の流れですが、部位によっては一部変更することもあります。
肌状態チェックその日のコンディションをチェックします。
ジェルを塗布専用ジェルで準備OK
クールダウン(冷却)照射後もしっかりケア。
トリートメントプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌ツルツル。

所要時間は全体で約30分程度です。

お手入れ後のアフターケア

  • お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えてください。
  • お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。
  • 乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことができます。
  • 日焼けしないようにご注意ください。
  • お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、サロンへご相談ください。
POINT
お手入れ前の準備やアフターケア、ご注意いただきたい事項についての詳細はQ&A-お手入れ前・当日・お手入れ後についてからもご確認頂けます。

お客様の声

  • 髪をアップにしたときのスッキリ感が全然ちがう!ヘアアレンジの幅が広がりました

  • うなじの毛が多くてコンプレックスだったけど、毛がなくなったことでうなじに自信が持てるようになりました

  • 女性らしく色っぽくなったと言われました!

脱毛料金

ミュゼプラチナムの襟足(うなじ)・首脱毛は、他の部位と組み合わせてご利用いただけます。各コースの料金については以下からご確認ください。

≪フリーセレクト美容脱毛コース≫(※鼻下脱毛を含む)

箇所・回数を自由に選べるプラン「フリーセレクト美容脱毛コース」をチェック

≪全身美容脱毛コース ライト≫(※鼻下脱毛を含む)

人気の脱毛部位と、気になるパーツをおトクな3つのセットに「全身美容脱毛コースライト」をチェック

襟足(うなじ)・首をお手入れすることで、後ろ姿に自信が持てるようになりますよ!ぜひお試しください。
空席確認・予約する

襟足・うなじを脱毛して首周りをすっきりさせよう!


襟足・うなじのムダ毛は、身体の後ろ側にあるので意識しないとムダ毛のお手入れを忘れてしまいがちです。また、鏡などを使っても確認しにくく、手も届きにくいのでカミソリを使った自己処理は危険を伴うので注意が必要になります。

そこで、襟足・うなじのムダ毛を脱毛することで自己処理から解放されるだけでなく、他にもメリットがあります。例えば、髪を上げたヘアスタイルを試しやすくなったり、美しい襟足・うなじを手に入れられたりします。他にも首回りがスッキリする効果もあります。

ただし、脱毛サロンによって脱毛の範囲が違ったり、対応している形が異なったりする場合があるので注意が必要です。脱毛にメリットを感じた方は、是非襟足・うなじのムダ毛を脱毛してスッキリしてみてください。

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。