気になる部位別!脱毛の疑問に答えます

脱毛と言っても、どこまで脱毛できるのか、どんな施術をするのか、気になることは多いと思います。
ここではいろいろな部位の脱毛について、分かりやすくご案内します。

Vライン脱毛とは ~効果やメリットなど~

Vラインとは、一般的にはデリケートゾーンの両サイド、つまり両足の付け根あたりの部位を指します。ミュゼプラチナムではVライン脱毛をお申し込みいただいた方に「Vラインプレート」をお渡ししており、これを当ててはみ出た部分の毛が脱毛対象となります。
Vラインのシェービング範囲はこちら


Vラインはデリケートなうえ毛が太い部位なので、自己処理をするとチクチクしたり、肌が荒れる原因になります。しかしサロンでは脱毛の前後にしっかり保湿を行うため、痛みや肌トラブルを軽減する効果が期待できます。

Vライン脱毛のメリット

かわいい水着や下着を自由に選べる

「水着の横からムダ毛がはみ出てた」といううっかり談、皆さんも一度は聞いたことがあると思います。私は大丈夫!と思っていても、Vラインプレートを当ててみると、はみ出る範囲が広くギョッとするかもしれません。Vライン脱毛をすることで大胆なデザインの水着・下着にも思い切ってチャレンジできるようになります。

人気のVラインの形は?全剃りする場合は慎重に

Vライン脱毛を行う前に、しっかりと考えておきたいのがVラインの形です。最近では、ナチュラルな逆三角形や、清潔感を保つことができるハイジニーナ以外にも、個性のあるデザインを選ぶ人が増えているようです。人気のVラインの形を知り、自分ならどんな形にしたいか考えておきましょう。

①ハイジニーナ

1つ目にご紹介する人気のVラインの形は、ハイジニーナ。

ハイジニーナとは、Vラインのムダ毛を全て剃るデザインのこと。そのため、VIOゾーンに全くムダ毛が生えていない状態に。

ハイジニーナのメリットは、常に清潔感を保つことができること。Vラインのムダ毛がなくなることで、これまでムダ毛に溜まりがちだった汗や皮脂、蒸れ、月経時の経血などを取り除くことができます。結果、常に清潔なVラインを保つことで、においが気にならなくなったり、感染症などのリスクを避けたりすることが可能です。

しかし、ハイジニーナにする前には、ひとつ注意点を押さえておく必要があります。それは、必ずパートナー(彼氏・旦那)に相談するなど、慎重にカウンセリングや脱毛を進めること。パートナーによっては、ハイジニーナが好みではないケースも少なくありません。今後のコミュニケーションが希薄になってしまうリスクも考えられるため、しっかり相談しておくと安心です。

②逆三角形

2つ目にご紹介する人気のVラインの形は、逆三角形。

逆三角形の形のように、Vラインのムダ毛を自然に整えることを指します。

逆三角形のメリットは、自然でナチュラルな見た目であること。パートナーを含め、誰が見ても好印象を持たれるデザインで、「個性的なデザインにする必要はないから最低限Vラインを整えておきたい」という人におすすめです。

③スクエア

3つ目にご紹介する人気のVラインの形は、スクエア。

スクエアとは、Vラインのムダ毛を四角形に整えること。

スクエアのメリットは、Vラインに生えているムダ毛をキュートに見せることができること。周りの人とは少し違ったデザインのため、少し可愛いデザインに整えたいという人におすすめです。

④オーバル

4つ目にご紹介する人気のVラインの形は、オーバル。

オーバルとは、Vラインのムダ毛を縦長い楕円形に整えること。

オーバルのメリットは、他人と違ったデザインにできること。また、シンプルで上品なデザインのため、大人っぽさを出したいという人におすすめです。

⑤Iライン

5つ目にご紹介する人気のVラインの形は、Iライン。

Iラインのメリットは、最低限のムダ毛のみ残して、綺麗にビキニや下着を着こなすことができること。陰部の両サイドに沿ってムダ毛を残すデザインのため、ビキニや下着を身につける時に、「Vラインのムダ毛がはみ出さないかな…」と不安になることもありません。

自信を持って下着や水着を着こなしたいという人におすすめです。

Vラインのセルフ処理と美容脱毛専門サロンとの違い

Vラインのセルフ処理と美容脱毛専門サロンでの脱毛とでは、具体的に何が異なるのでしょうか?大きく2つの違いが挙げられます。

①肌に刺激や負担をかけてしまうかどうか

まず、セルフ処理の場合、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどのアイテムを使ってムダ毛を沿ったり除毛したりするのが一般的。実はこのような自己処理は、知らないうちに、肌へ強い刺激を与えてしまっています。

カミソリでVラインの必要な角質を削ってしまったり、除毛クリームで肌が赤くなったりかゆみに繋がったりすることも少なくありません。

一方、美容脱毛専門サロンで脱毛を受ける場合、肌に優しいお手入れで脱毛を行うことができます。脱毛サロンでは脱毛方法の中でも、特に出力が弱いライトを照射することで、ムダ毛を処理します。そのため、完了するまでに期間が必要であるものの、肌への刺激や負担をかけずに脱毛ができます。

②安全かつ綺麗にムダ毛処理できるかどうか

2つ目の違いは、安全かつ綺麗にムダ毛処理できるかどうか。

まず、セルフ処理の場合、カミソリや除毛クリームなどを使うと、デリケートであるVラインを傷つけてしまう恐れがあります。また、自分の目で直接確認しながら処理しにくい部位であるため、綺麗に仕上げることも難しいです。

一方、美容脱毛専門サロンで脱毛を受ける場合、プロのエステティシャンによって直接目で見ながら綺麗にムダ毛を処理してもらうことができます。そのため、美容脱毛専門サロンでは、安全かつ綺麗にムダ毛処理を行うことが可能です。

一見、すぐにムダ毛を処理できるセルフ処理も魅力的かと思いきや、実は肌へのダメージが大きく安全ではない方法のためおすすめしません。確実に安全かつ綺麗にVラインのムダ毛を処理したいのであれば、美容脱毛専門サロンで脱毛を受けることをおすすめします。

Vライン脱毛は痛い?

Vライン脱毛と聞くと「痛みが強い」「途中で脱毛を辞めてしまうほどと聞いたことある」など、痛さが強くネガティブなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。Vラインの痛さについてご紹介します。

なぜVラインは痛みを感じやすい?

そもそも、なぜVラインは痛みを感じやすいのでしょうか?理由は、Vラインに生えているムダ毛が太く濃いため。

光脱毛やレーザー脱毛では、ライトやレーザーを肌に照射すると、ムダ毛のメラニン色素に反応することで熱を与えて脱毛を行います。そのため、ライトやレーザーを使った脱毛方法では、より太く濃いメラニン色素が強そうなムダ毛であればあるほど強く反応し、その分痛みを感じやすくなってしまうのです。

Vライン脱毛で最も痛みを感じやすい脱毛方法は?

しかし、全てのVライン脱毛で痛みを感じるわけではありません。Vライン脱毛といっても、種類や方法はさまざま。

⦁医療脱毛(レーザー脱毛)
⦁美容脱毛(光脱毛)
⦁ブラジリアンワックス脱毛
⦁ニードル脱毛

医療クリニックや脱毛サロンで受けられるVライン脱毛は、大きく分けると以上の4種類です。

この中で、最も痛みが強いと言われているのが、「ニードル脱毛」です。電気針を毛穴に刺して電流を流すことで脱毛を行うため、特に痛みを感じやすいです。

また「レーザー脱毛」は、レーザーの出力が強く、Vラインは特に痛みを感じやすいため、途中で契約を終了してしまう人も少なくありません。

また、ブラジリアンワックスも、ワックスを一気に剥がす必要があるため、かなり痛みを感じやすいです。

一方、美容脱毛では、レーザー脱毛やブラジリアンワックスよりも痛みを感じずに、しっかりと脱毛を行うことができます。レーザー脱毛よりも出力が弱いライトを使用して脱毛を行っているためです。

Vライン脱毛を始めてみたいけれど、痛いのは嫌だと感じる人は、美容脱毛でVライン脱毛を始めるのがおすすめです。

お手入れの流れ

お手入れ前の準備

ご契約時に、事前処理用の「Vラインプレート」と説明書をお渡しします。こちらを参考に、脱毛の前日または当日、お手入れ箇所の毛を「ご希望の形」に処理してください。(例:逆三角形、細め逆三角形、I型、逆タマゴ型、全処理、スクエア型)
また、日焼けや乾燥・肌荒れに注意してください。

デリケートな部分ですので、全体をハサミで短くカットしたあとは肌を傷つけない電気シェーバーでの処理がおススメです。事前処理を忘れてしまった場合、せっかくご来店いただいてもお手入れができなくなってしまいますので、ご注意ください。

お手入れ当日

専用のガウンと紙のショーツに着替えてお手入れスタートです。

  • サロンへお越しいただく際の服装は、どんなものでも構いません。
  • 以下のイメージはどのお手入れにも共通の流れですが、
    部位によっては一部変更することもあります。
肌状態チェックその日のコンディションをチェックします。
ジェルを塗布専用ジェルで準備OK
クールダウン(冷却)照射後もしっかりケア。
トリートメントプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌ツルツル。

所要時間は、約20分程度です。

お手入れ後のアフターケア

お手入れ後の肌はとても敏感になっているため、ショーツや衣服のこすれ・摩擦にご注意ください。気になる場合は掻いたりこすったりせず、冷たいタオルなどで冷やしていただくことをおススメします。

  • お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えてください。
  • お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。
  • 乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことができます。美白成分や保湿成分が入ったものなど、さまざまな種類のデリケートゾーンケア製品が販売されているので、自分の肌状態に合わせた適切なケアを行ってください。
  • お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、サロンへご相談ください。
POINT
お手入れ前の準備やアフターケア、ご注意いただきたい事項についての詳細はQ&A-お手入れ前・当日・お手入れ後についてからもご確認頂けます。

お客様の声

  • Tバックやカットが深めの小さい下着が穿けるようになって、楽しみが増えました!

  • 毛量が多いのが悩みだったけど、範囲が小さく形もキレイに整ったから、温泉旅行やジムのお風呂でも恥ずかしくなくなった!

脱毛料金

料金については≪ハイジニーナ7美容脱毛(VIO脱毛)コース≫からご確認ください。

デリケートゾーンをまとめてお手入れしたい方は「ハイジニーナ7美容脱毛コース」をチェック

Vラインのお手入れをすると、海水浴やジムのプールも人目が気にならず、とっても気楽になりますよ!
「やりたいけど恥ずかしい……」という声が多い一方で、「やってよかった!」という声も多い箇所です。VIOが気になっている方は、まずVラインから挑戦してみては?

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。