毛深い女性の悩みは脱毛で解決?毛深くなりやすくなる原因と対策方法|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

「実は、私って毛深いのでは?」と密かに悩んでいる女性は少なくありません。ムダ毛が目立ちやすい口周りや腕、脚など、ふとした瞬間に毛深いと感じてしまい落ち込んでしまうこともあるようです。今回は、毛深いと悩む女性がどの部位のムダ毛が気になっているのか、なぜ毛深くなるのか、毛深い悩みを解決する方法などについてご紹介します。

毛深い女性が悩むのはどこのムダ毛?

093b343e8a17ad22d1941fa2e0c81fa4_m.jpg

「毛深い」と悩む女性は、世の中にたくさんいます。では、具体的にどの部位のムダ毛が毛深いと悩んでいることが多いのでしょうか?毛深い女性が悩む部位についてご紹介します。

①顔や口まわり

仕事や学校、プライベートの予定などで外出する際に、毎日のように化粧をする女性がほとんどではないでしょうか。化粧を行うときに、顔に生えているムダ毛が濃いと、ファンデーションのノリが悪くなってしまうことも。また、眉毛と眉毛が繋がりそうになるケースもあり、定期的に顔の毛を整えないと恥ずかしい思いをしてしまう...と悩む女性が多いです。他にも、ふと鏡で自分の顔を見てみると、うっすらとヒゲが生えているというケースも珍しくありません。

②腕や手の甲

春夏秋冬季節を問わずに肌の露出を行う部位が、腕~手の甲ではないでしょうか。半袖であろうと長袖であろうと、腕~手の甲はモノを持ったりスマホやパソコンの操作を行ったり、常に肌の露出をしている部位です。仕事中や学校の授業中、遊んでいる時などに、ふとしたタイミングで「指毛が生えている」「腕のムダ毛が伸びている」と気づく女性が少なくありません。腕~手の甲は細かな部分ですが、自分にも他人にもよく見られがちなパーツであるからこそ、毛深いことを気にしてしまう方が多いです。

③脚

特に、夏場になると、脚を露出するファッションを楽しんだり、海やプールへ水着を着て行ったりする女性が増えます。脚は自分の目にもつきやすい部位であるため、普段からしっかりと自己処理を行っている人も多いです。しかし、毛深い場合、いくら自己処理をしても、すぐにムダ毛が生えてきてチクチクしてしまい大変な思いをする人も少なくありません。いくらムダ毛を剃ってもすぐに生えてくるため、毎日のように自己処理を続けている人も多いです。

VIO

VIOのムダ毛は、恋人とのお泊りデートや、友人との温泉旅行などのシーンで毛深いと実感する人が多いです。できることなら、恋人や友人にVIOが毛深いと思われたくない方も多いです。また、プールや海へ出かけて水着になった時に、ビキニラインからムダ毛がはみ出ているというケースも珍しくありません。普段は他人に見せる部位ではないからこそ、旅行やお泊りなどのイベント時にVIOの毛深さについて改めて実感する人も。

毛深くなりやすくなる原因は?

46c1aa04e4cd0fd3b6fc8c8650aa574a_m.jpg

ここまで、毛深いとお悩みの女性が抱えるお悩みについてお伝えしました。では、毛深い女性は、なぜ毛深くなるのでしょうか?大きく考えられる3つの原因についてご紹介します。

①遺伝

思い返してみると、幼い頃からすでに毛深かったという方は、遺伝で毛深くなっている可能性が高いです。ご両親や親族の方も、どちらかと毛深いのではないでしょうか?体毛の濃さは、遺伝によって影響を受けます。また、幼少期の頃から遺伝として体に現れることが多いため、幼い頃から毛深い場合は遺伝であるケースがほとんどです。

②ホルモンバランスの乱れ

体毛が濃くなる大きな要因として、体内の女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位に立つことが挙げられます。そのため、通常時には男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が優位である方であっても、以下のことが原因でホルモンバランスが乱れてしまい、毛が濃くなってしまうことも少なくありません。

ホルモンバランスが乱れる原因とは?

●加齢

●ストレスが溜まる

●食生活の偏り

●睡眠不足

⑴加齢

20代後半にかけて、特に女性ホルモンが多く分泌されます。しかし、30代以降になると、徐々に女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

⑵ストレスが溜まる

人間の体内にストレスが溜まると、自律神経に影響を及ぼします。その結果、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンを分泌する成分が減少するため、女性ホルモンも同時に少なくなってしまいます。

⑶食生活の偏り

特に、脂質の多いメニュー(肉や揚げ物など)ばかりを摂取していると、体内で男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

⑷睡眠不足

睡眠時間が十分でなかったり、睡眠の質が悪かったりすると、体内のホルモンバランスの乱れにつながりやすくなります。

③外部刺激

外的刺激として、具体的に以下のようなことが挙げられます。

●カミソリや毛抜きによる自己処理

●衣服や下着による摩擦

●日差しを浴びる(紫外線を浴びる)

●肌をこすったり引っ張ったりするなどの強い刺激

このような外的刺激を与えてしまうと、肌トラブルの原因となり、結果として毛が濃くなることも少なくありません。

体毛を薄くするための対策は?

12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_m.jpg

では、毛深いと悩む女性の方々は、具体的にどんな対策を行うと、体毛を薄くすることができるのでしょうか?

①脱毛

脱毛サロンで受けられる「光脱毛」や、医療クリニックで受けられる「レーザー脱毛」を受けることで、ムダ毛を減らすことができます。ライトやレーザーを肌に照射することで、毛が生えてくる部分を弱らせたり破壊したりすることで、ムダ毛が生えてこなくなるからです。自己処理では、ムダ毛のないつるつるな肌を保つために月に何度も繰り返す必要があります。一方、脱毛は一度完了させると、長期間ムダ毛が生えてこなくなりやすいです。また、脱毛を行うことで、毛深い体質の原因である自己処理の「摩擦」を避けることが可能です。カミソリや毛抜きなどで、肌に強い刺激を与えることもないため、肌に優しくムダ毛を処理することができます。

光脱毛とレーザー脱毛の違いは以下の通りです。

●光脱毛:痛みが少ない、完了までの期間が長い、肌への刺激が弱い

●レーザー脱毛:痛みが強い、完了までの期間が短い、肌への刺激が強い

できるだけ痛みを少なくしたい方や、肌にダメージを与えずにお手入れを行いたい方なら、光脱毛がおすすめです。一方、痛みが強くても、なるべく早く脱毛を終わらせたい方には、レーザー脱毛がおすすめです。

②生活習慣を見直す

食生活が偏っていたり、質の良い睡眠が足りていなかったりする人は、一度生活習慣を見直す必要があります。

●栄養バランスの良い食事を摂る

●大豆食品を摂取する(豆腐、豆乳など)

●一日7~8時間、良質な睡眠を取る

以上のように、生活習慣を整えることで、ストレスが減ったり体内のホルモンバランスが乱れにくくなったりします。

③過度なダイエットをしない

極端に摂取する食事を減らしたり、水分のみの生活を送ったり、激しい運動を継続したりするような過度なダイエットを続けていると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。また、体内の脂肪を一気に減らそうとすると、生成されるホルモンの分泌量が減少してしまうことに。過度なダイエットは、毛深い体質にしてしまう原因になります。そのため、ダイエットをしたい場合には、食事内容を見直したり、継続できる程度の運動を取り入れてみたりするなど、適度なダイエットに留めておきましょう。

毛深くても脱毛の効果はある?

2098503_s.jpg

最後に、毛深い人の脱毛効果についてご紹介します。結論、毛深い人は脱毛効果を感じやすいです。その理由として、以下の要因が考えられます。

●照射できるムダ毛が多くあるから

●ムダ毛にライトやレーザーが反応しやすいから

毛深い分、ライトやレーザーを照射できる本数が増えます。また、ムダ毛が多く生えていることで、ムダ毛のメラニン色素にライトやレーザーが反応しやすくなります。その結果、比較的すぐに「ムダ毛が減った」などの脱毛効果を実感しやすくなります。もちろん、回数を重ねていくごとに脱毛効果をより実感できるようになるでしょう。

毛深い原因を知って適切な対策を行おう

2780661_m.jpg

今回は、毛深いとお悩みの女性に向けて、女性が毛深くなる理由や具体的な部位、毛深さを解決する対策方法、脱毛効果についてご紹介しました。なぜ自分が毛深いのか、原因を理解して適切な対策を行うことで、ムダ毛のない美肌を目指しましょう。

このページのTOPへ