子供は脱毛サロンに通える?注意点も徹底解説|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】


体の毛が目立ってくるのは子供の成長の証ですが、同時に心も成長するため、他人の目を気にしたりおしゃれに気を使ったりするようになります。それに伴ってムダ毛を気にする子供は意外と多く、子供の脱毛にも注目が集まっています。

この記事では、子供の脱毛についてさまざまな面から解説します。

成長期の子供の毛の特徴

1.jpg

子供の毛は、成人した大人とは違う特徴を持っています。まだまだ体は発達段階なので、毛の成長もそれに左右されるのです。子供の毛について知っておけば、脱毛するかしないかの判断材料にもなるため、しっかり確認してください。

ホルモンの影響で毛が濃くなる

早ければ10歳前後で第二次性徴期に入る子供もいます。毛の成長はホルモンが密接に関わっていますが、第二次性徴期は性ホルモンが発生する時期と言われており、子供の毛が濃くなる傾向にあります。顔や体の毛が目立ってきたり、脇や陰部に毛が生えたりします。

生活習慣の乱れやストレスなどによってホルモンバランスが崩れると、毛のさらなる増加や成長スピードの上昇といったことも見られます。第二次性徴期は心が乱れやすかったりホルモン分泌が安定していなかったりするため、ホルモンバランスが崩れることも少なくありません。

成長期は毛の周期が不安定

毛には毛周期と呼ばれる成長サイクルがあり、毛が生えて成長する成長期、毛が成長しきって抜ける退行期、毛が抜け落ちて毛穴に繋がっていない休止期が定期的に訪れます。子供の成長期は体のさまざまな機能が大人になるために発達している段階で、毛が生え変わる機能も漏れなく発達段階です

そのため、まだまだ毛周期が不安定である可能性があります。脱毛は毛の成長期を狙って施術することもあるので、毛周期が不安定だと脱毛効果を実感しにくいかもしれません。

脱毛しても生えてくることがある

子供は成長期にあると、体のすべての細胞が活発化しています。脱毛しても毛が再生することがあり、永久脱毛は難しいと言われています。子供のうちに脱毛する場合は、毛を目立たなくする減毛を目標に行うことになります

ホルモン分泌や細胞の活動が安定してくるのは20歳前後とされているので、20歳を超えてからの脱毛は効果的かもしれません。その頃になると毛周期も不安定ではなくなっているため、子供のうちの脱毛より効果を実感しやすい可能性があります。

自宅でできるムダ毛の手入れ方法とは

2.jpg

自宅でできるムダ毛処理の方法をいくつか紹介します。代表的なのは、カミソリや電気シェーバーで剃ること、毛抜きで抜くこと、除毛クリームの使用です。近年は家庭用脱毛器が普及しており、自宅のお手入れ方法として一般的になってきています。

子供のムダ毛の処理方法①カミソリや電気シェーバー

カミソリや電気シェーバーでのムダ毛処理は一番手軽な方法です。電気シェーバーよりもカミソリで剃ったほうがチクチクと残らず手触りよく仕上がりますが、肌に優しいのは電気シェーバーです

カミソリは肌に直接刃をあてて剃るため、肌を傷つけやすく肌トラブルに繋がる可能性が高くなります。子供の柔らかい肌ならなおさら注意が必要です。

子供のムダ毛の処理方法②毛抜き

毛抜きで抜くと根本から毛を処理できるため、カミソリなどで剃るよりも毛がない状態が長持ちします。しかし、毛抜きで無理やり毛を抜くと毛穴が強引に引っ張られ、傷ついてしまうことがほとんどです

傷ついた毛穴に細菌が入って毛嚢炎を引き起こしたり、埋没毛の原因になったりしてしまいます。肌への負担やリスクが大きい方法なので、あまり推奨されていない処理方法です

子供のムダ毛の処理方法③除毛クリーム

除毛クリームは、除毛剤を毛が生えている部位に塗って5~10分おき、除毛剤が毛を溶かすのを待って洗い流す方法です。効果は約1週間持続すると言われていますが、個人差があるので注意してください。

除毛剤が肌に合わないこともあるので、使用前は必ずパッチテストを行ってください。また、頻繁な使用は子供の肌を傷めることがあるため、各商品が推奨している使用間隔の2倍を目安に使ってください

子供のムダ毛の処理方法④家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、脱毛サロンでの脱毛と同じ仕組みでムダ毛を処理できる機械です。取扱説明書に従って使用すれば、子供の肌に使うのも問題ありませんが、安全性の確保のために保護者の監視の元使用するのが推奨されています

使用し続ければ脱毛サロンでの脱毛と同じくらいの効果が得られると言われており、シェービングの頻度が減るため、肌もキレイになっていくことが期待できます。しかし、家庭用脱毛機は家庭用なので、脱毛サロンで使用する業務用脱毛機よりも低い出力で設計されています。

脱毛効果を実感できるまで根気強く続ける必要があります。成長期の子供は脱毛しても毛が復活することがあるので、大人よりも効果を実感しにくい傾向にあります

空席確認・予約する

子供がムダ毛を処理するメリットデメリット

3.jpg

子供がムダ毛処理をするメリットとデメリットを解説します。子供のムダ毛処理は大人とは違った事情があり、メリットデメリットも子供ならではのものです。

成長期でムダ毛を処理するメリット

ムダ毛を処理すれば、学校などでもムダ毛を気にせず振る舞えるので、ストレスなく学校生活が送れます。気にしすぎるあまりに学校が楽しくなくなったり、クラスメイトの目線が怖くなったりといったこともなくなります。

そのようなことが回避できるのは、成長期でムダ毛を処理する大きなメリットです。心も大人に成長する段階で精神的にも不安定になりやすい時期だからこそ、毛が気になる子供にとってはムダ毛処理が心を健やかに保つひとつの方法となり得ます。

また、水泳など着替えたり肌を露出したりする機会がある授業でも、余計なことに気を取られずに授業に集中できるため、学業をムダ毛のせいでおろそかにしなくて済みます

成長期でムダ毛を処理するデメリット

成長期でムダ毛を処理するデメリットは、肌への負担です。子供の肌は柔らかく、大人よりもダメージに弱いことがあります。電気シェーバーや除毛クリームなど、自宅でできる自己処理は肌に負担をかける方法なので、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そして、自己処理の効果はほんの一時的なものであることも大きなデメリットです。1回の処理でなんともなくても、定期的にムダ毛を処理し続ければ、ダメージが蓄積してなんらかのトラブルが起こるかもしれません。

色素沈着や湿疹などができてしまえば、ムダ毛以外の悩みが増えることになってしまいます

特に成長期は細胞が活発化する時期なので、毛の生えるスピードが早かったりしっかりした毛が生えたりということもあり、自己処理の頻度は高くなりがちです。炎症など目立ったトラブルが見えなくても、頻繁なムダ毛処理で肌を傷つけ続けると、肌が硬くなるなどの変化があるかもしれません。

子供が脱毛サロンに通うのは早すぎる?

4.jpg

エステサロンは大人が通うところというイメージがあるため、子供が脱毛サロンに通うのは早すぎるという見解も少なくありません。しかし、子供のムダ毛に関する悩みに応えるべく、子供にも脱毛を提供している脱毛サロンが増えてきています

3歳から脱毛できるサロンもあれば16歳以上と定めているサロンもあり、脱毛サロンによって年齢制限はさまざまです。(※ミュゼプラチナムの場合、年齢制限はありませんが、生理をむかえられ毎月順調に生理がきていることがご契約の条件となります。あらかじめご了承ください。)

共通しているのは、未成年者がひとりで勝手に契約することはできないということ。子供でも脱毛サロンに通うことは可能ですが、お金さえ払えば脱毛できるというわけではありません

ここでは、子供が脱毛サロンに通うために必要なものと注意点を紹介します。

親の承諾書があれば脱毛サロンに通うことはできる

子供が脱毛サロンに通うには、親権者の同意が必要です。契約の際に、親権者に同席してもらうか、難しければ親権者のサインが入った承諾書を持っていかなければなりません

これはどの脱毛サロンでも同じです。承諾書は同意書と表現されることもあり、各脱毛サロンの公式サイトからダウンロードできます。サロンによっては契約時に親権者の同席が必須であるところもあるので、事前によく確認してください。

また、親権者が契約時に同席しなくても同意書さえあれば契約できるサロンもたくさんありますが、本来は施術の注意点や契約内容をしっかり親権者にも確認してもらったほうが安全です。後々のトラブルを防止することにもなるので、なるべくカウンセリングは親子で行くのが望ましいとされています。

子供が脱毛サロンに通う際の注意点

子供が脱毛サロンに通う際の注意点は、大人とあまり変わりません。脱毛サロンは毛のメラニン色素に反応する脱毛機を使用しているところが多いので、日焼けをして肌が黒くなってしまうと脱毛機が肌の表面に反応してしまいます。火傷に繋がるため、日焼けには十分注意してください

また、肌が炎症を起こしているところに脱毛機をあててしまうと炎症が悪化してしまう可能性があるため、虫刺されやニキビなどは肌が元に戻るまで照射してもらえません。
子供は外遊びや部活などで大人よりも外に出る機会が多く、日に焼けたり虫に刺されたりすることが大人よりも多いので、特に注意が必要です。

そして、施術前は毛をシェービングしなければなりませんが、慣れていないと怪我をする恐れもあるので気を付けなければなりません。日焼けや虫刺され、施術前のシェービングなどに気を使って脱毛を進めたとしても、子供の場合は脱毛効果が出にくかったり、脱毛完了したと思っても再生したりすることも留意してください。

子供の毛は毛周期が安定しない、成長期で活発化する細胞が再度毛を生やしてしまうなどがあるためです。

子供の脱毛ならミュゼがおすすめな理由

5.jpg

子供の脱毛は、ミュゼプラチナムがおすすめです。肌に優しい、痛みがほぼない、料金が安いという点が代表的なおすすめ理由となっています。それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

子供の脱毛でミュゼがおすすめな理由①肌に優しく痛みがほぼない

ミュゼの光脱毛はS.S.C方式で、最も肌に優しい脱毛方法と言われています。抑毛成分が配合されたジェルを肌に塗り、特殊なライトをあてて毛穴に浸透させていく方法です。

ジェルが毛根に渡れば、抑毛成分が毛根に作用して毛を生えにくくします。ライトが毛根に直接ダメージを与える方法ではないので、肌への負担はあまりありません。
痛みもほぼないと言われているので、子供の脱毛に最適です。

ジェルには美容成分も配合されており、毛がなくなるだけでなく肌自体をキレイにする効果も期待できます

施術後はミュゼ独自のトリートメントでアフターケアをして終了です。アフターケアにはプラセンタ配合のミルクローションが使われるので、脱毛後の肌を優しく労わることができます。

子供の脱毛でミュゼがおすすめな理由②料金が安い

ミュゼは毎月ご新規様限定で格安キャンペーンを行っています。キャンペーンをうまく利用すれば、気になる部位をワンコインで脱毛できることもあります。

子供でも自分のお小遣いで脱毛でき、子供が初めての脱毛に踏み出しやすいようになっています。

まとめ

6.jpg

子供の脱毛は大人の脱毛とは事情が違い、成長期ならではの注意点があります。それを踏まえた上で脱毛する場合は、ミュゼプラチナムがおすすめです。肌に優しい脱毛で料金もリーズナブルなので、子供の脱毛を支援する環境が整っています。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ