脱毛にはどんな種類がある?自分に合った方法を試してみよう

脱毛にはいくつか種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。このページでは、主流の脱毛方法である光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛・ワックス脱毛の4つについて解説します。

脱毛の仕組みやメリット・デメリットなどを脱毛の種類ごとにご紹介するとともに、家庭用脱毛器についても触れていますので、脱毛方法を選ぶ際の参考にしてみてください。

脱毛の種類は?

1.jpg
脱毛方法の種類として広く知られているのは、以下の4種類です。

①光脱毛
②医療レーザー脱毛
③ニードル脱毛
④ワックス脱毛

光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛はライトや熱、電気のエネルギーで毛穴の中にある毛の組織にアプローチし、毛を生えにくくする方法です。

ワックス脱毛はブラジリアンワックスとも呼ばれ、ワックス剤とシートを使って毛を一気に抜き取る方法です。ワックス脱毛は毛の組織に直接ダメージを与える方法ではないので、脱毛効果は一時的です。レーザー脱毛やニードル脱毛は、医療脱毛に含まれ永久脱毛が可能な方法であるため注目されています。

それぞれの脱毛方法には、メリットとデメリットがあります。特徴を押さえておけば、自分に合った脱毛方法を選びやすくなります。

光脱毛の特徴

2.jpg
まずは脱毛サロンで行っている光脱毛について、光脱毛の方法、種類、メリットやデメリットの詳細をご紹介します。

光脱毛の方法

光脱毛は、特殊なライトを肌に当てて毛根にダメージを与える方法です。サロンによっては肌へのダメージを抑えたり、美肌効果を高めたりするため、肌に美容液やジェルを塗ってその上からライトを当てていきます。

毛のメラニン色素に反応するライトを使用するのが従来の方法ですが、近年ではバルジ領域にダメージを与える脱毛方法も登場しています。バルジ領域とは発毛の指令を送る組織のことで、このバルジ領域を攻撃することで毛を生えにくくする仕組みです。

毛のメラニン色素に反応するライトを用いる脱毛方法の多くは、毛周期に合わせてお手入れするため、1~3カ月に1回のペースで通います。中には毛周期に関わらず脱毛できるサロンもあります。バルジ領域にダメージを与える脱毛方法の場合は毛周期に関係なく通えますが、肌への負担を考えて2週間以上空けてお手入れするのがおすすめです。

光脱毛の種類

光脱毛にはS.S.C.脱毛、IPL脱毛、SHR脱毛という3つのタイプがあります。それぞれの特徴や、どんな方に向いているのかを解説します。

S.S.C.脱毛

「S.S.C.」とは、「スムーススキンコントロール」の略称です。S.S.C.脱毛では、専用の美容液やジェルを塗った肌に、ライトを照射してお手入れを行います。

美容液やジェルに含まれる成分をライトで浸透させることによってムダ毛にアプローチし、繰り返しのお手入れによって徐々に実感へとつながっていきます。肌への負担が比較的少ないので、敏感肌の方や痛みが苦手な方におすすめです。

IPL脱毛

「IPL」は、「インテンスパルスライト」の略称です。IPL脱毛は、脱毛機のライトで毛根のメラニン色素に熱を加えてダメージを与えるお手入れ方法です。産毛のような細い毛よりも、メラニン色素の強い太く濃い毛に効果を発揮しやすいと言われていますが、その分、強い痛みを感じてしまうケースもあります。

なお、メラニン色素を多く含む、ほくろのある場所や日焼けした肌は、やけどの危険性があるためIPL脱毛によるお手入れはできません。

SHR脱毛

「SHR」とは「スーパーヘアリムーバル」の略称で、SHR脱毛は「蓄熱式脱毛」とも呼ばれます。表皮にある「バルジ領域」と呼ばれる部分に熱を与えるお手入れ方法です。

バルジ領域とは毛に発育指令を出す場所で、蓄積させた熱によってダメージを与えることで、徐々に毛を育たなくさせていきます。蓄熱式のため痛みを感じにくく、IPL脱毛で不向きとされる日焼け肌や産毛など、メラニン色素の量に関係なく対応可能です。

また、毛にライトを反応させるわけではないので、毛の成長サイクル(毛周期)も気にすることなく、比較的短いスパンで通えます。痛みに弱い方だけでなく、なるべく短期間でお手入れを終わらせたい方にもおすすめです。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、肌に優しく痛みが少ないことです。肌が弱い方や痛いのが嫌いな方でも、光脱毛なら大きなダメージを感じることなく脱毛することができます。そのため、脱毛に抵抗がある方でも、光脱毛なら気軽にはじめられます。

光脱毛は美容脱毛の手法であり、医療脱毛よりも脱毛を受けられる場所が多く、お手入れの時間が短いのも特徴です。また、医療レーザー脱毛に比べると1回当たりの料金が安いので、学生でも気軽にお手入れを受けられます。

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、脱毛効果が緩やかに現れることです。光脱毛は医療レーザー脱毛に比べると、脱毛機の出力が抑えられています。

その分痛みが少なく肌に優しいですが、脱毛効果を実感できるまでに時間がかかり、脱毛が完了するまでに長い期間が必要です。また、脱毛機の種類によっては産毛などの細く薄い毛に対して効果が低いことがあります。

脱毛効果を得られるまでの回数と期間は、医療レーザー脱毛の2倍が目安です。1回当たりの料金は光脱毛の方が安いですが、通う回数が多くなることで脱毛の総額が高くなるケースがあります。永久脱毛に近い状態にしたい人は脱毛完了までの保証があるサロンや、回数が無制限で通える追加料金のかからないサロンを選ぶのがおすすめです。

空席確認・予約する


医療レーザー脱毛の特徴

3.jpg
医療レーザー脱毛は、医療脱毛クリニックで受けられる脱毛方法です。ここからは、医療レーザー脱毛について解説します。

医療レーザー脱毛の方法

医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応するレーザーで毛根を破壊する方法です。医療レーザー脱毛の原理は光脱毛と同じですが、光脱毛よりも強い出力のレーザーを使用します。肌へのダメージを軽減するため、ジェルを塗ってレーザーを当てますが、脱毛機の種類によってはジェルを塗らずにお手入れする場合もあります。

光脱毛と同じく毛の成長サイクルに合わせてお手入れするため、1~3カ月に1回の頻度で通院するのが一般的です。また、光脱毛と同じく、医療レーザー脱毛にもバルジ領域にアプローチする蓄熱式があり、2週間に1回の頻度で通院できるところもあります。

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛の種類はさまざまありますが、日本の医療現場で使用されるのはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つが主流です。それぞれの脱毛の仕組みや、メリットとデメリットをご紹介します。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を使用した、短い波長のレーザーです。3つの中で波長が最も短く、日本人の毛質と相性が良いと言われ、肌表面のメラニン色素によく反応します。

しっかりした毛が生えやすいVIOや脇の脱毛に効果的な一方で、シミや色黒の肌などにも反応する可能性があるので、日焼け肌や色素沈着がある部分には照射できません。さらに、メラニン色素の少ない産毛に対しては反応しづらいというデメリットがあります。

アレキサンドライトレーザーは、脱毛以外にシミやそばかすの治療に使われることもあるレーザーです。肌のブツブツや、毛穴の開きなどに対する美容効果も期待できるとされています。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーよりも長い波長のレーザーです。毛根に届いてメラニン色素の多い毛乳頭や毛母細胞に作用するショット式(熱破壊式)と、メラニン色素ではなく肌表面のバルジ領域にじんわりと熱を与える蓄熱式のものがあります。

ショット式は、毛根にある発毛組織に、一瞬で大きなダメージを与える仕組みです。太く濃い毛に対してスピーディかつ短期間で効果が出やすいです。その一方で、薄い毛へのアプローチ性が低いことと、出力が高く、瞬間的に強く照射されるため痛みを感じやすいというデメリットもあります。

蓄熱式の場合は、低出力で穏やかに作用するため効果を感じるのもゆるやかです。しかし、照射時に痛みも少なく、色素や肌質、毛質を問わず対応できます。痛みに弱い方や時間に余裕のある方には、蓄熱式がおすすめです。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは3つの中で一番波長が長く、皮膚の奥深くの皮下組織にまで届きます。産毛のような毛にも効力を発揮するほか、硬毛化したムダ毛や、他のレーザーでなかなか抜けなかった毛などにもアプローチしやすい方法です。

他の2つよりも高出力のため痛みが強いとされていることと、照射範囲が広くない点がデメリットです。ただし、他のレーザーと併用し、照射範囲の狭いヤグレーザーを部分使いするというクリニックもあります。他のレーザーの補助や奥の手のような役割といえます。

また、メラニンとなじみやすいため、日焼け肌や色素沈着のある部分に照射しても肌トラブルを起こしにくいです。

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛のメリットは、光脱毛よりも早く脱毛効果を実感できること、永久脱毛も可能であることです。医療脱毛クリニックで受けられる医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも強い出力でお手入れできます。このレーザーは、医療機関でないと使用できません。

医療機関なのでリスク管理がしっかりしており、医師や看護師がいるため、肌トラブルが起きてもすぐ対処できる環境が整っています。

医療脱毛は光脱毛よりも脱毛効果が現れやすいので、脱毛の早期完了も目指せます。毛の再生率が光脱毛より低いので、永久脱毛を受けられるのも大きなメリットです。ただし、永久脱毛と言っても脱毛完了後に毛が二度と生えないということではありません。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは、光脱毛より強いレーザーを使用するため、お手入れに痛みが伴いやすく、肌への負担も大きいことです。太く濃い毛は痛みが強く出やすいので、痛みに弱い方は脱毛に通うのが苦痛になります。そのため、VIOなどの痛みを感じやすい部位では途中でリタイアしてしまう方もいます。

他にも、火傷や炎症などの肌トラブルを引き起こすリスクも高まるため注意が必要です。また、1回当たりの料金が高めに設定されているのも医療レーザー脱毛の特徴です。

経済的なことが心配で、医療レーザー脱毛を選べないという方も少なくありません。ただし、費用が高くなるのは短期的なお手入れの場合であり、脱毛期間が長くなる美容脱毛の方が高くなる場合もあります

ニードル脱毛の特徴

4.jpg
ニードル脱毛は、針と電気などを用いて脱毛する方法です。一部の脱毛サロンや医療脱毛クリニックで採用されています。

ニードル脱毛の方法

ニードル脱毛は、ライトやレーザーを照射して脱毛する光脱毛や医療レーザー脱毛とは違い、毛穴に直接針を挿入する脱毛方法です。生えている毛を頼りに毛穴を特定して針を挿入し、電気や高周波を流すことで毛根にダメージを与えます。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛は、一度お手入れされた毛穴は毛の再生率が極めて低いと言われているため、光脱毛や医療レーザー脱毛よりも脱毛効果が高いとされています。また、お手入れ前は毛を生やしておくので、事前処理をする必要がありません。

毛穴の場所がわかればお手入れが可能なので、肌トラブルさえ起こしていなければ毛周期に関係なく通えます。肌質や肌色、毛質に関係なく効果を発揮するため、色黒肌の方や白髪、細い毛にも永久脱毛が期待できます

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつにアプローチする方法なので、お手入れの時間が長くなってしまいます。スタッフの技術力にもよりますが、1時間でお手入れできる毛は約600本と言われています。合計約3,600本生えているとされる両ワキで、6時間かかる計算です。

30分~2時間で予約枠を設定していることが多いので、全身脱毛ともなるとかなりの回数を通わなければなりません。また、毛穴に針を挿入する方法であることから、脱毛方法のなかで最も痛みが強いと言われているのも大きなデメリットです。

そして、ニードル脱毛は費用が一番高額になる脱毛方法でもあります。毛の本数やお手入れの時間で料金設定されることがほとんどで、全身脱毛に100万円以上かかることもあるようです。

ワックス脱毛の特徴

5.jpg
ワックス脱毛とはブラジリアンワックスとも言われ、ワックスを肌に塗り、固まったワックスを一気に剥がして脱毛する方法です。自宅でもできる手軽な脱毛方法として人気があります。ここからは、ワックス脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛の最大のメリットは、広範囲のムダ毛を一気にお手入れできることです。肌に塗ったワックスは産毛にもしっかり絡むため、適切に塗ることで細かく薄い毛も脱毛できます。

さらに、肌の表面にある古い角質層も一緒に剥がすことになるため、一時的に肌がキレイになるのもメリットです。他にも、除毛クリームが使えないデリケートゾーンなど全身に使えるため、ムダ毛を一気にケアしたい方におすすめです

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛のデメリットは、剥がすときに大きな痛みを伴うことです。大量のムダ毛を一気に剥がすため、痛みが強いだけでなく肌に与えるダメージも大きいので注意しなければなりません。肌が弱い方であれば、ワックスを使った部位が赤くヒリヒリ痛んでしまうこともあります。

また、ワックス脱毛は光脱毛やレーザー脱毛と違い、毛根にダメージを与えるわけではないので、しばらくするとムダ毛が再び生えてきます。ツルツルしたキレイな状態をキープするためには、定期的にワックスを使う必要があり、その度に痛みを伴うので苦痛になりやすいです

自宅で行う家庭用脱毛器の特徴

6.jpg
脱毛サロンやクリニックでお手入れを受ける以外にも、家庭用の脱毛器を使えば自宅でも手軽にムダ毛のお手入れができます。ここからは、家庭用脱毛器のメリットとデメリットをご紹介します。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器の最大のメリットは、自宅で自分の好きなときにムダ毛をケアできることです。サロンやクリニックで脱毛を受ける場合、予約を取る必要があります。せっかく予約を取っても都合によってはキャンセルする場合もありますが、家庭用脱毛器であればこのような手間は必要ありません。

他にも、自分1人でお手入れできる点や、サロン・クリニックに通うよりも経済的な面も大きなメリットです

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットは、脱毛サロンなどで使われている脱毛機よりも出力が弱いことです。出力が弱いため脱毛サロンに通うよりも、時間と手間がかかるので根気よく続けなければなりません。

こまめに家庭用脱毛器でケアしても効果が現れにくいので、脱毛の効果が出る前に諦めてしまう方は少なくありません。早く脱毛を完了させたい方には向かない方法です。また、脱毛器の出力は誰でも手軽に扱える強さのため、永久脱毛の効果は得られません

空席確認・予約する

ミュゼの脱毛方法について

7.jpg
ミュゼプラチナムの脱毛方法は、光脱毛の「S.S.C. iPS care 方式」です。美容液の上からライトを照射することで、肌への負担を抑えながら脱毛効果が得られるという方法です。ライトを照射したあとは、脱毛部位にトリートメントを塗って仕上げます。

トリートメントはプラセンタエキスが配合されたミルクローションで、ミュゼプラチナムが独自開発したものです。光脱毛は美容効果が期待できる脱毛方法ですが、ミュゼプラチナムではそれに加えてトリートメントで仕上げるため、回数を重ねるごとに肌が美しくなります。脱毛効果だけでなく、肌への優しさや美肌効果を重視したい方におすすめです。

脱毛するときに押さえておきたいポイント

8.jpg

脱毛を受けるメリットは多くありますが、効果を適切に得るためにはいくつかの押さえておきたいポイントがあります。ここからは、脱毛を受ける際に知っておきたいことをご紹介します。

毛周期に合わせてお手入れする脱毛方法か確認しておく

毛は「毛周期」と呼ばれるサイクルで生え変わります。毛周期に合わせて脱毛する方法の場合、脱毛機のライトが反応し効果があるのは成長期の毛のみです。成長期の毛の量は全体の10~15%であるため、1つの部位の脱毛を完了させるためには、何回かお手入れを受ける必要があります。

毛周期は身体の部位によって異なり、2~3カ月で生え変わる部位もあれば、2~3年かかる部位もあります。一般的に脱毛のお手入れは毛周期に合わせて行うため、短い期間で何度もお手入れを受けることはできません。毛周期に関わらずお手入れできる脱毛方法もありますが、そのような方法でも一定期間は空ける必要があります。

事前に自己処理をする必要がある

脱毛を受ける前には、ムダ毛を自己処理して短い状態にする必要があります。ムダ毛が伸びた状態で脱毛のお手入れを受けると、レーザーやライトが伸びたムダ毛に反応して熱を帯びてしまいます。

この熱を帯びたムダ毛が肌に触れることで、火傷や炎症に繋がる可能性が高いです。また、脱毛効果を得るためにはレーザーやライトを毛根に当てる必要があるため、伸びたムダ毛に反応するとお手入れの効率は悪くなってしまいます

脱毛前後に控える行動がいくつかある

脱毛前後は、いくつかの行動を控えなければなりません。例えば、脱毛前後の飲酒はNGです。これは、脱毛後にアルコールを摂取すると、肌に赤み・かゆみ・湿疹が現れることがあり、肌トラブルなどに繋がりやすいためです。

他にも、日焼けをすると肌の黒さにレーザーやライトが反応してしまうため、日焼けしないように注意しなければなりません。予防接種や薬の服用、激しい運動や入浴も肌トラブルや体調の異変などが起こる可能性があるので、脱毛前後には控えるようにしてください。

自分に合った脱毛方法を試してみよう

9.jpg
脱毛の種類には、光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛・ワックス脱毛の他、家庭用脱毛器といった、さまざまなものがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、どの方法が良いのかは人によって異なります。特徴を把握しておけば自分に合った方法を選びやすくなります。

脱毛サロンやクリニックでは、無料カウンセリングやトライアルプランなどを受けられるケースがあります。このようなサービスを活用して、自分に合った脱毛方法を探してみてください。

空席確認・予約する