脱毛の種類は?光脱毛・レーザー脱毛などの種類や効果を比較|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

脱毛にはいくつか種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。この記事では、今主流の脱毛方法である光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つについて解説します。脱毛の仕組みやメリット、デメリットなどを脱毛の種類ごとに説明します。

おうち時間にぴったりの家庭用脱毛器の効果や、話題のミュゼが採用している脱毛方法についてもチェックしてください。

脱毛の種類は?

1.jpg
広く知られている脱毛の種類として挙げられるのは、光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛などがあります。光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛はライトや熱、電気のエネルギーで毛穴のなかにある毛の組織にアプローチし、毛を生えにくくする方法です。

ワックス脱毛はブラジリアンワックスとも呼ばれ、ワックス剤とシートを使って毛を一気に抜き取る方法です。ワックス脱毛は毛の組織に直接ダメージを与える方法ではないので、効果は一時的なものとなります。
今回詳しく見ていくのは、毛の発育に直接影響を与える光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛です。

なかでも医療レーザー脱毛やニードル脱毛は、永久脱毛も可能とされているので、注目を集めています。

光脱毛について

2.jpg
まずは脱毛サロンで提供されている光脱毛について見ていきます。光脱毛の方法、種類、メリットやデメリットの詳細を説明していきます。

光脱毛の方法

光脱毛は、特殊なライトを肌にあてて毛根にダメージを与える方法です。肌へのダメージを抑えたり、美肌効果を高めたりするため、肌にジェルを塗ってその上からライトをあてていきます。毛のメラニン色素に反応するライトを使用するのが従来の方法ですが、近年ではバルジ領域にダメージを与えるライトも出てきています。

バルジ領域とは発毛の指令を送る組織で、バルジ領域を攻撃することで毛が生えにくくする仕組みです。毛のメラニン色素に反応するライトは、毛周期に合わせて施術するため、1~3カ月に1回ペースで通います。
バルジ領域にダメージを与える脱毛機は毛周期に関係なく通えますが、肌への負担を考えて最短でも2週間に1回の治療がおすすめです。

光脱毛の種類

光脱毛にはS.S.C脱毛、IPL脱毛、SHR脱毛があります。S.S.C脱毛とIPL脱毛は、毛のメラニン色素に反応するライトを照射しますが、SHR脱毛は毛穴にあるバルジ領域と呼ばれる部分に熱を蓄熱させて脱毛します。

S.S.C脱毛とIPL脱毛は毛のメラニン色素に反応させるライトを使用しますが、この2つの大きな違いは、脱毛機自体に脱毛機能があるかないかです。S.S.C脱毛は抑毛効果のあるジェルを使用し、ライトによって毛穴のなかにジェルを浸透させます。

ジェルが毛穴まで行き届くことによって脱毛効果を発揮するので、脱毛機はあくまでもサポート的な役割です。また、ジェルには美容成分も配合されているため、肌に優しく美肌効果も期待できます。IPL脱毛は毛根にダメージを与えられるライトを照射するので、脱毛機が脱毛の主役です。

S.S.C脱毛よりも脱毛効果が高いと言われていますが、その分、痛みを伴うこともあるようです。メラニン色素の濃い太い毛はIPL脱毛のライトに反応しやすく、細い毛よりも効果が得られやすいとされています。
SHR脱毛は毛に発育指令を出すバルジ領域にダメージを与え、徐々に毛を育たなくさせる方法です。

SHR脱毛は毛に反応させるわけではないので、毛の成長サイクルに合わせずに通えます。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、肌に優しく痛みが少ないことにあります。肌が弱い人や痛いのが嫌いな人でも、光脱毛なら大きな負担なく脱毛する事ができます。脱毛初心者でも光脱毛なら気軽に手を伸ばすことが可能です。

また、医療レーザー脱毛に比べると1回当たりの施術料金が安いので、学生さんなどでもある程度気軽に手を出すことができます。

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、脱毛効果が緩やかに現れること、永久脱毛ができないことです。光脱毛は医療レーザー脱毛に比べると、脱毛機のパワーが抑えられています。その分痛みが少なく肌に優しいですが、脱毛効果を実感できるのに時間がかかり、脱毛完了までに長い期間を要します。

脱毛効果を得られるまでの回数と期間は、医療レーザー脱毛の2倍が目安です。また、光脱毛では永久脱毛ができません。脱毛しても毛の再生率が高く、細く弱々しい毛が残ってしまうこともあります。

医療レーザー脱毛について

3.jpg

続いて、医療レーザー脱毛について解説します。医療レーザー脱毛は医療脱毛クリニックで受けられる脱毛方法です。

医療レーザー脱毛の方法

毛のメラニン色素に反応するレーザーで、毛根を破壊していく方法です。医療レーザー脱毛は、原理は光脱毛と同じですが、光脱毛よりも強い出力のレーザーを使用します。肌へのダメージを軽減するため、ジェルを塗ってレーザーをあてますが、脱毛機の種類によってはジェルを塗らずに施術する場合もあります。

光脱毛と同じく毛の成長サイクルに合わせて施術をするため、1~3カ月に1回の頻度で通院することになります。また、光脱毛と同じく、医療レーザー脱毛にもバルジ領域にアタックする蓄熱式がありますが、それは2週間に1回の頻度で通院できるところもあります。

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛の種類はさまざまありますが、日本の医療現場で使用されるのはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つが主流です。アレキサンドライトレーザーは日本人の毛質と相性が良いと言われています。

3つのなかでは波長が最も短く、肌表面のメラニン色素によく反応するため、高い脱毛効果が期待できます。しかし、シミや色黒の肌などにも反応する可能性があるので、日焼け肌や色素沈着がある部分には照射できません。

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも長い波長をもち、照射時の痛みが少ないと言われています。ダイオードレーザーのなかには、毛のメラニン色素ではなくバルジ領域に蓄熱させる蓄熱式のものもあり、肌質、毛質問わず脱毛効果が期待できます。ヤグレーザーは3つのなかで一番波長が長く、皮膚の奥深くにある毛根に効果があると言われています。

他の2つよりも痛みが強いですが、日焼け肌や色素沈着のある部分に照射しても肌トラブルを起こしにくい特徴を持っています。

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛のメリットは、光脱毛よりも早く脱毛効果を実感できること、永久脱毛も可能であることです。医療脱毛クリニックで扱われる医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも強い出力で施術できます。医療機関なのでリスク管理がちゃんとされていることや、肌トラブルにすぐ対処できる環境が整っているなどが理由です。

そのため、光脱毛よりも脱毛効果が現れやすく、脱毛の早期完了も目指せます。毛の再生率が光脱毛より低いので、永久脱毛が期待できるのも大きなメリットです。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは、光脱毛より強いレーザーを使用するため、施術に痛みが伴いやすく、肌への負担も大きいことです。特に太い毛は痛みが強く出やすいので、痛みに弱い人には苦痛となります。火傷や炎症などの肌トラブルを引き起こすリスクも高まるため、注意が必要です。

また、1回当たりの料金が高めに設定されているのも医療レーザー脱毛の特徴。経済的なことが心配で医療レーザー脱毛を選べないという人も少なくありません。

ニードル脱毛について

4.jpg
ニードル脱毛は、針と電気などを用いて脱毛する方法です。一部の脱毛サロンや医療脱毛クリニックで採用されています。

ニードル脱毛の方法

ニードル脱毛は、ライトやレーザーを照射して脱毛する光脱毛や医療レーザー脱毛とは違い、毛穴に直接針を挿入するやり方です。生えている毛を頼りに毛穴を特定して針を挿入し、電気や高周波を流すことで毛根にダメージを与えます。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛は、一度施術された毛穴は毛の再生率が極めて低いと言われているため、光脱毛や医療レーザー脱毛よりも脱毛効果が高いとされています。また、施術前は毛を生やしておく必要があるので、施術前に自己処理をする必要がありません。

毛穴の場所がわかれば施術が可能なので、肌トラブルさえ起こしていなければ毛周期に関係なく通えます。肌質や肌色、毛質に関係なく効果を発揮するため、色黒の人や白髪、細い毛も永久脱毛が期待できます。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつにアプローチするやり方なので、施術に長時間を要してしまいます。スタッフの技術力にもよりますが、1時間の施術で処理できる毛は約600本と言われています。合計約3,600本生えているとされる両ワキでさえ、6時間かかる計算です。

30分~2時間で予約枠を設定している店舗が多いので、全身脱毛ともなるとかなりの回数を通わなければなりません。また、毛穴に針を挿入する方法であることから、脱毛方法のなかで最も痛みが強いと言われているのも大きなデメリットです。

そして、ニードル脱毛は費用が一番高額になる脱毛方法でもあります。毛の本数や施術時間で料金設定されることがほとんどで、全身脱毛に100万円以上かかることもあるようです。

自宅で行う家庭用脱毛器の脱毛効果は?

5.jpg

最近は、自宅にいながら手軽に脱毛できる家庭用脱毛器が流行ってきています。各メーカーが販売している家庭用脱毛器を購入すれば、好きなときに脱毛できるため、サロンで脱毛するよりも簡単です。気になるのは、家庭用脱毛器の脱毛効果。

脱毛効果があるとされる家庭用脱毛器は、フラッシュ式とレーザー式の2タイプです。どちらもサロンで使われる光脱毛や医療レーザー脱毛と同じ原理で、毛のメラニン色素に反応するライトやレーザーを肌にあてることで脱毛効果を発揮します。

しかし、家庭用なので安全性が考慮され、サロンで使われる脱毛機よりも出力が弱いものとなります。そのため、脱毛効果を得るにはサロンでの脱毛より回数や期間を要します。それでも、根気強く使い続ければ自己処理の頻度が減る、毛が細く目立たなくなるなどの効果が得られると言われています。

残念ながら家庭用脱毛器で永久脱毛はできないので、まったく毛が生えてこない状態にまで持っていくのはとても難しいです。また、家庭用脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式以外にサーミコン式・ローラー式・高周波式といった機種があります。

これらは毛を抜いたり一時的に除毛したりするもので、使い続けても毛が減ることはありません。

ミュゼの脱毛方法について

6.jpg

ミュゼの脱毛方法は光脱毛のS.S.C脱毛です。抑毛成分が配合されたジェルの上から、毛のメラニン色素に反応するライトを照射して施術します。ジェルが毛穴に入り込むことで脱毛効果を得るという方法です。
ライトを照射したあと、ミュゼでは脱毛部位にトリートメントを塗って仕上げます。

そのトリートメントは、プラセンタエキスが配合されたミルクローションで、ミュゼが独自開発したものです。光脱毛のS.S.C脱毛は美容効果が期待できる脱毛方法ですが、ミュゼではそれに加えてトリートメントで仕上げてくれるため、回数を重ねるごとに肌が美しくなります。肌への優しさや美肌効果を重視したい人は、ミュゼがおすすめです。

記事まとめ

7.jpg

脱毛には、光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の他、家庭用脱毛器もあります。それぞれにメリットデメリットがあるため、どの方法が良いかは人によって異なります。無料カウンセリングやトライアルプランなどを活用して、自分に合った脱毛方法を探してみてください。

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ