陰毛は自己処理したほうが良い?脱毛する場合のメリットもあわせて解説

身体のムダ毛の中でも陰毛(アンダーヘア)は気にしている方が多いです。定期的に処理をしないとデリケートゾーンが不衛生になりやすく、不快感が増してしまうので注意しなければなりません。また、デリケートゾーンは名前の通り肌が繊細で刺激に弱いため、間違った方法で自己処理をすると肌荒れの原因にもなります。

そこでこのページでは、陰毛の自己処理方法についてご紹介します。陰毛を脱毛するメリットについても触れるので参考にしてみてください。

陰毛は適切に自己処理する必要がある

1.jpg
陰毛を放置することには、さまざまなデメリットがあります。例えば、毛のボリュームが多いとデリケートゾーンが蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいです。その結果、嫌なニオイやかゆみが発生することが多いです。

また、自己処理をしていないと着替えるときに下着や水着などからはみ出してしまい、恥ずかしい思いをしてしまうことも。そのため、陰毛は適切に自己処理する必要があります。

また、間違った方法で自己処理をすると、肌を傷つけたり肌トラブルに繋がったりするため注意が必要です。デリケートゾーンを清潔に保ち、キレイな肌を維持するためにも、適切な自己処理方法を押さえておくのがおすすめです。

陰毛を自己処理する主な方法

2.jpg

陰毛を自己処理する方法はいくつかありますが、いずれも特徴が異なります。自分に合った自己処理方法を実践するためにも、メリットとデメリットを押さえておくのがおすすめです。

ここからは、陰毛を自己処理する主な方法をご紹介します。

カミソリ

カミソリは代表的な自己処理方法の1つです。お風呂のついでなど、手軽に自己処理できるだけでなく、値段も安くお手頃なのがメリットです。また、毛抜きなどと違い、ある程度広い範囲を一度にケアできます。

しかし、デリケートゾーンは繊細なためカミソリを使うと傷つけてしまったり、肌の表面を削ってダメージを与えやすいです。剃った後に生えてきた毛によってチクチクしたり、剃る刺激によって黒ずみができたりします。手軽な方法ですが、適切に扱わないと肌トラブルが起きやすいため注意してください。

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリと同じように刃によって毛を短くするアイテムですが、電気の振動によって刃が細かく動き、肌に直接触れないためカミソリよりも肌に優しい自己処理ができます

肌の表面を傷つけることが少なく、乾燥もしにくいため脱毛サロンなどでも推奨されています。ただし、カミソリほど深剃りはできないため、こまめに自己処理が必要になるのがデメリットです。

ヒートカッター

カミソリや電気シェーバーを使うと、毛先が尖ってしまうためチクチクする原因になります。このような刺激が気になる方は、ヒートカッターを使うのがおすすめです。ヒートカッターは電気の熱でムダ毛を焼き切る方法で、熱により毛先が丸くなるのが特徴です

ただし、ヒートカッターは広い範囲のムダ毛を処理するときに時間がかかってしまいます。そのため、急いで自己処理したいときには向かず、丁寧に仕上げたいときにおすすめです。また、熱によって毛が焦げる独特なニオイがするのもデメリットです。

陰毛を自己処理するデメリット

3.jpg
陰毛は定期的に自己処理する必要がありますが、頻繁に処理をしていると肌がダメージを受けてしまうので注意しなければなりません。ここからは、陰毛を自己処理する際に起こり得るデメリットをご紹介します。

カミソリ負けしやすい

陰毛をカミソリで自己処理すると、カミソリ負けが起こりやすいです。シェービング剤を使ったとしても、カミソリの刃が直接肌に触れるため、肌の表面まで削ってしまうことが多いです。デリケートゾーンは敏感で刺激に弱いため、カミソリ負けが起こりやすい部位でもあります。

カミソリ負けが起きると肌がヒリヒリするだけでなく、ニキビなどの肌荒れが起こるリスクも高くなります。肌を保護するためにも、カミソリ用のシェービング剤を使い保湿するようにしてください。

色素沈着が起きやすい

デリケートゾーンはカミソリなどの自己処理によって色素沈着が起きて肌が黒ずみやすいです。肌に自己処理の刺激を頻繁に与えていると、肌を守ろうとする防御反応でメラニン色素が生成されて肌が黒っぽくなります。

デリケートゾーンは身体の部位の中でも刺激に弱く、反応が起こりやすいため黒ずみやすいです。通常であれば、肌が生まれ変わるターンオーバーにより黒くなった古い皮膚は排出されていきます。しかし、繊細なデリケートゾーンに自己処理の刺激が蓄積されると、ターンオーバーは乱れ、ますますデリケートゾーンが黒ずんでしまいます

チクチクしたりかゆみが出たりする

前述の通り、カミソリなどで自己処理をすると毛の断面が尖ってしまいます。その状態の毛が伸びると肌に触れたときにチクチクと感じたり、かゆみが出たりしてしまいます

毛の流れとは反対側から剃ると深剃りできますが、尖った毛が皮膚の下に埋まってしまいやすいです。この尖った毛が成長して表面に出ようとするときにもチクチクと感じてしまうことがあります。場合によっては、肌の表面に出てこられない埋没毛になる可能性もあるので注意してください

空席確認・予約する

陰毛は脱毛するのもおすすめ

4.jpg

陰毛の自己処理にはさまざまなデメリットがあるため、かゆみなどの肌トラブルに悩む方は少なくありません。そのようなお悩みを解消するために脱毛するのもおすすめです。

ここからは、陰毛を脱毛するメリットをご紹介します。

ムダ毛を気にせずに過ごせる

陰毛を脱毛すれば、長く伸びたムダ毛を気にする必要がなくなります。デリケートゾーンの中でもIラインは目が届きにくく確認しづらいだけでなく、手が届きにくいため自己処理が難しい部位です

そのため、下着や水着からはみ出してしまうリスクが高いです。普段から着替える機会が多い方であれば、ムダ毛の処理忘れを気にして自己処理の回数が増えてしまうこともあります。脱毛すればキレイに仕上がるだけでなく、日常生活の中でもムダ毛を気にせずに過ごせるようになります。

デリケートゾーンを清潔に保てる

陰毛が長く伸びていると、デリケートゾーンが不衛生になりやすいです。毛のボリュームが多いと蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすくなるため嫌なニオイが発生しやすくなります。他にも、かゆみや肌荒れの原因にもなります。

また、Iライン・Oラインは排泄物や経血などが付着しやすいです。そのため、ムダ毛を脱毛することでデリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。

自己処理の手間がなくなる

陰毛を脱毛すると、自己処理の手間が減ります。キレイにムダ毛を処理するには時間がかかるため、こまめにケアしようと思うと、自己処理にかかる時間は膨大になってしまいます

デリケートゾーンの自己処理は面倒に感じやすく、忘れてしまうことも多いです。脱毛をすれば、自己処理の手間から解放され、ムダ毛の処理忘れに悩むこともなくなります。

肌トラブルが少なくなる

デリケートゾーンの肌トラブルの主な原因は、間違った自己処理です。肌トラブルが起こらないように自己処理をするためには、しっかり準備し処理後は保湿するなどアフターケアが欠かせません。

そこで、陰毛を脱毛すれば、自己処理によるダメージが軽減され、かゆみ・乾燥・色素沈着・埋没毛といった肌トラブルが少なくなります。

陰毛を適切にケアして快適に過ごそう

5.jpg
陰毛はお手入れするのが手間に感じやすいですが、定期的に処理しないと蒸れの原因になり嫌なニオイやかゆみが出てしまいます。水着や下着姿になったときにも気になりやすい場所です。

尚、デリケートゾーンの脱毛箇所については以下の記事でも詳しくご紹介しております。ぜひ参考にしてみてください。

Vライン脱毛について
Iライン脱毛について
Oライン脱毛について

自己処理が手間だと感じている方や、カミソリなどによるダメージで肌荒れにお悩みの方は脱毛を検討してみてください。処理の手間が省けるだけでなく、肌トラブルの予防にも繋がります。

空席確認・予約する

このページのTOPへ