Iラインの処理ってどうしてる?おすすめのお手入れ方法をご紹介

Iラインの処理の必要性やお手入れ方法を知り毎日を快適に!

気になるけれど、人にはなかなか聞けないアンダーヘアのお手入れ。
どこまでお手入れすればいいの?」「Iライン(陰部の両側)まですべき?」など、一人で思い悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

一口にアンダーヘアといってもいくつかの部位に分かれます。Vラインと呼ばれるビキニラインのお手入れ経験者は多そうですが、Iラインについては「知らないことだらけ」という人もいらっしゃるでしょう。

ここでは、そんなIラインの脱毛について、必要性やお手入れ方法、自己処理と美容脱毛専門サロンそれぞれで行うメリット、デメリットなどを詳しくご紹介します。

Iラインのお手入れについて知ろう

Iラインのお手入れのメリットは自信をもって水着になれること

Iラインの脱毛ってどうしてる?

Iラインは、Vラインのさらに奥、陰部の両サイドに生えている毛のことです。Vライン同様、水着や下着姿になったときに目立ちやすい部位といえ、お手入れする人が増えている部位でもあります。せっかくカワイイ水着を着ても、Iラインからヘアが出ていたら恥ずかしいですよね。そんなことにならないためにも、お手入れはしっかりしておいた方がいいでしょう。

Iラインは、自分でそう簡単にお手入れできる部位ではありません。また、粘膜からも近いため、間違ったお手入れ方法によっては、肌が荒れたり黒ずんだりするので気を付けましょう。Iラインをお手入れすることで、「デリケートゾーンを衛生的に保つことができる」、「水着や下着を着用しているときにムダ毛が見えない」というメリットがあります。

Iラインは陰部に近い部分でもあるため、おりものや経血が付着することでムレなどの不快感や、肌荒れを起こしたり、臭いの原因になったりすることもあります。毎日快適に過ごすためにも、Iラインのお手入れは欠かせないのです。また、Iラインをうまくお手入れできると、アンダーヘアを気にすることなく海やプールを楽しめるようになります。

Iラインのお手入れは、実際どのように行っている人が多いのでしょうか。
美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」が行ったアンケートでは、最も多かったのが「脱毛サロン・クリニックでの脱毛」、次に「カミソリ・電気シェーバー」でした。次では、自己処理の方法と美容脱毛専門サロンでの処理について詳しく見ていきましょう。


Iラインの自己処理で人気なのは「カミソリ・電気シェーバー」

ムダ毛を自己処理する方法として「カミソリ・電気シェーバー」「毛抜き」「除毛クリーム」「ワックス」などがありますが、その中でもIラインのお手入れでおススメなのが「カミソリ・電気シェーバー」です。


Iラインを自己処理する場合は、他の人に手伝ってもらうわけにもいかないため、鏡に映すことで見やすくなります。カミソリや電気シェーバーでそる場合は、毛並みの方向に沿ってそるようにした方が、肌が荒れにくくなりますが、デリケートゾーンなので、間違ったお手入れで肌を傷つけてしまう危険があるなど、ちょっとしたことでも大変な事態になりかねません。

間違った自己処理で、デリケートゾーンを傷めると大変なことになります。美容脱毛専門サロンで経験を積んだスタッフにお任せした方が、安心・安全にお手入れできます。


Iラインのお手入れは経験を積んだスタッフに任せるのが一番。
納得して通える美容脱毛専門サロンとは

Iラインはデリケートな部分だけあって、万が一トラブルがあってもどうしたらいいか分かりません。そうならないためにも、経験を積んだスタッフがお手入れしてくれるサロンにお任せするのが一番です。

美容脱毛専門サロンを利用する場合の大まかな流れをご紹介します。


<カウンセリングで不安を取り除きましょう>

美容脱毛専門サロンでは、まず、お客様の不安や悩みをうかがい、解消していくことから始まります。

肌の調子や、毛の状態、脱毛したい部位や形、ご予算などを細かくヒアリングしてから、お客様に合ったメニューの提案をいたします。分からないことは納得いくまで質問をするようにしましょう。


<お手入れ>

一般的な美容脱毛は、ライトを使った機器で行います。お手入れの流れは、以下のようになります。

肌状態のチェック

制毛成分配合の専用ジェル塗布


ライトを当てる


クールダウン


トリートメント

その後、毛周期に合わせて脱毛を行うことにより、キレイなIラインを手に入れることができます。

Iラインのお手入れ方法は?自己処理とサロンそれぞれのメリットとデメリットを知ろう

費用や時間を抑えて行えるIライン自己処理のメリット・デメリット

Iラインの脱毛ってどうしてる?

Iラインは陰部の両サイドに生えている毛の部分です。自己処理は基本的におススメできません。しかし、自己処理なら費用も抑えられ、自宅で手軽にできます。また、比較的すぐに毛が生える部位のため、一時的に蒸れから解放されます。これらが、自己処理するメリットなのだといえます。

一方、デメリットとしては、デリケートゾーンは肌がとても敏感で、自分でお手入れすると、さまざまなトラブルに繋がる可能性があります。

どうしてもIラインを自己処理するなら、お手入れにはカミソリではなく電気シェーバーを使いましょう。カミソリの刃が直接当たらないよう、ガードの付いたタイプを使うのがおススメ。刃が当たらなければ、肌を傷つける心配はありません。

肌に優しく痛みが少ない美容脱毛専門サロンで行うIライン処理のメリット・デメリット

美容脱毛専門サロンのIライン処理は肌の状態をしっかり確認し、デリケートな肌をケアしながらお手入れを行います。ムダ毛のお手入れは、制毛成分配合の専用ジェルを塗布した肌にライトを当てる美容脱毛ですが、より効果が期待できる上、短い時間で完了します。お手入れに伴う負担が少ない点が特徴です。

美容脱毛専門サロンでは、肌の弱い方など、普段から薬を塗っている場合はお手入れできないことがあるのでご注意ください。また、生理中に限っては、デリケートゾーンのお手入れはできません。

その他、注意事項やお手入れできないケースなどについては、「よくあるご質問(Q&A)」で確認いただくか、チャットでのご質問、または、お電話(フリーダイヤル 0120-489450にてご連絡ください。

また、美容脱毛専門サロンには脱毛完了コースを行うところも多く見られます。Iラインを脱毛完了コースでお手入れする場合は、あらかじめ起こりうる肌へのトラブルなどを想定した上でよく検討するようにしてください。


「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」のお申込みはこちら。無料カウンセリング予約

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。