• このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛って肌へのダメージ、肌荒れの心配はないの?

知っておくと安心、正しいアフターケアを知ろう!

脱毛による肌へのダメージはある?自己処理とどっちが良いの?

脱毛による肌へのダメージはある?自己処理とどっちが良いの?

肌が敏感な方や弱い方は、脱毛に不安がありますよね。

脱毛サロンでは脱毛をする部分に専用のジェルやローションを塗ります。これにより肌への負担が軽減され、敏感肌の方でも脱毛ができるようになります。
痛みは個人差がありますが、ほんの一瞬軽い痛みを感じる程度で、まったく痛くないという方もいるほど。
「剃ったり、抜いたり」する自己処理を続けることのほうが肌へのダメージは大きく、「乾燥」「黒ずみ」などの肌トラブルの原因となります。
脱毛をする事により、自己処理を繰り返すことでのお肌への負担が減りますので、肌状態をいま以上に悪化させるのを防ぐ事ができます。

また、脱毛サロンではほとんどの場合、お手入れ後のアフターケアを行います。脱毛後の肌は敏感になり炎症を起こしやすいため、スキンケアが非常に重要です。光を当てた箇所を冷やしてトリートメントすることで、ダメージをケアします。
それでも「敏感肌なので不安・・・」という方は、カウンセリングの際にご自分のお肌の状態について相談してみましょう。

自己処理による肌荒れとは

自己処理が肌荒れなどのトラブルを起こしやすいことはよく知られていますが、具体的にはどのようなものが見られるのでしょうか。ここではよくみられる肌荒れの症状とその原因をご紹介します。

毛嚢炎(もうのうえん)
毛抜きやワックス脱毛で毛を抜いたあとは、毛穴が開いています。この開いた毛穴から細菌が入り込み、炎症を起こした状態が毛嚢炎です。悪化すると化膿して、ニキビのような膿をもちます。無理に膿を出そうとすると、痕が残ることもあるため注意が必要です。
かゆみ・赤み
カミソリなどでムダ毛を剃ったあとに、かゆくなったり、赤いボツボツが出たりすることがあります。これは、シェービング剤を塗らなかったり、量が足りなかったりすることで、肌表面の角質層を削ってしまうことが原因で起きるカミソリ負けです。 また、カミソリの刃を変えずに古いままだと、切れ味が悪いせいで赤みが出やすくなることも。同じ箇所を繰り返し剃ることや逆剃りすることも、かゆみや赤みの原因になります。
乾燥
ムダ毛を剃ったり、除毛クリームなどの薬剤を使ったりすると、お肌の表面を傷つけて、乾燥しやすくなります。肌荒れの原因にもなるので、自己処理後に保湿ケアは欠かせません。
色素沈着
ムダ毛処理でお肌に刺激を与え続けると、メラニンが沈着してお肌が黒ずんでしまいます。メラニンの発生を抑えるため、お肌にできるだけ刺激を与えないようにすることが大切です。

サロン脱毛前に、肌荒れができてしまったら?

ミュゼプラチナムでは、肌荒れなどがある場合のお手入れについては、下記のように対応しております。

傷跡・ニキビ・痣の場合
お手入れ前に肌をチェックし、該当箇所を避けてお手入れいたします。ただし、範囲が広いなど、肌状態によってはお手入れできない可能性があります。また、肌に何らかの異常がある場合もお手入れができません。
アトピー肌の場合
肌状態が安定していれば、お手入れ可能です。ただし、お薬を塗っている場合はお手入れできません。
お肌が極端に弱い場合
お肌が極端に弱い、ケロイド体質、光過敏症、そのほか皮膚に何らかの異常がある場合はお手入れできません。
ヘルペスができた場合
お手入れ箇所にかかわらず、ヘルペスが完治されるまでお手入れできません。
肌状態が心配な方は、カウンセリング時や事前の肌チェックの際に、サロンスタッフにご相談ください。
脱毛期間中のホームケアについて
ミュゼプラチナムでは肌ダメージの少ない美容脱毛を行っていますが、敏感肌などで肌荒れが心配な方は、事前のカウンセリングでスタッフにご相談ください。万が一肌荒れが起きた場合の対策について、丁寧にお応えいたします。
また、脱毛期間中は、ご自宅でも保湿を徹底していただくことをお願いしております。お手入れの当日以降もしっかり保湿することで、お肌の状態を健やかに保つことができるので、クリームなどで保湿を欠かさないようにしてください。
夏は日焼け対策も必要になります。日焼けはお手入れ後の敏感なお肌にダメージを与えるため、日傘や帽子で紫外線を防いでください。ただし、お手入れ当日の保湿クリーム、日焼け止めクリーム、制汗剤のご使用は、ミュゼプラチナムが推奨する製品を除いてお控えください。

脱毛後のお手入れ方法

脱毛後のお手入れ方法

脱毛後の敏感な肌には、アフターケアが欠かせません。
特に、脱毛直後は肌に刺激を与えないように充分注意しましょう。夏は日焼け対策が必要ですが、脱毛直後は日焼け止めや制汗剤は使用せず、日傘や帽子などで日焼け対策をすることをおすすめします。
また、脚を脱毛した場合は、ストッキングやタイツなど脱毛した場所を締めつけてしまう衣類はなるべく避けましょう。

そして自宅でのアフターケアも重要です。
お風呂に入るときは、湯船には入らずにぬるめのシャワーのみで済ませましょう。体を洗う際はタオルで肌を強くこすらず、手のひらでやさしく洗ってください。
脱毛した箇所の毛は、2週間程度で自然に抜けていきます。気になるからと毛抜きなどで引っ張ると肌のダメージになってしまうので、なるべく触れずにそっとしておきましょう。

脱毛サロンに通っている間に自己処理が必要な場合でも、最低3日間は肌を休ませてください。また、自己処理は入浴後など肌が清潔な状態のときに行い、最後はクリームなどで保湿しましょう。
脱毛後にもしっかりとケアをすることで、次回のお手入れがより効果的になることでしょう。



Expert Voice

ミュゼプラチナム営業本部 営業部長 山田真理子

2015ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリストBC公式コーチ
2016ミス・ユニバース・ジャパン 日本代表公式コーチ
執行役員 営業部
 鎌田真理子

上記のとおり、サロンでお手入れする事により自己処理の回数が減りますので、お肌への負担を軽減することができます。
また、サロンに通っている期間はUVケアや保湿対策など、お肌を健やかに保って頂く事で、より安全にお手入れを受けていただくことができます。

さらにミュゼでは、お手入れ後の敏感になったお肌を落ち着かせるために、美肌効果が期待できるプラセンタ配合のミルクローションでしっかりケアをしています!
お客様一人一人に合ったケア方法を、カウンセリングやお手入れの際にアドバイスさせて頂いておりますので、お肌の状態やお手入れについて不安があるときは、ぜひスタッフへご相談ください。


Profile

山田真理子
美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』営業本部 部長。2015ミス・ユニバース・ジャパン ビューティーキャンプ講師。

長年の店舗勤務時代には、心を込めた“おもてなし接客”を実行。誠実な姿勢がお客様から評価され、副店長、店長、エリアマネージャーとキャリアアップを果たす。『ミュゼプラチナム』が、顧客満足度No.1を獲得した立役者。現在では多くの後輩へ“おもてなし接客”を伝授している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。